タグ:メキシコ ( 173 ) タグの人気記事
 
2019年 04月 05日
就労ビザ面接
 
という話。

チュンチュン、朝です。
今日はいよいよ就労ビザ面接の日。

b0166783_07163892.jpg

今日は昨日と違い、在メキシコ米国大使館にて就労ビザの面接です。
Where are you from?と聞かれるやつです。(聞かれない)

大使館は厳重に警備員に固められており、建物の撮影も禁止。
電子機器,携帯電話,その他諸々は建物の周囲にある預かり所に預けてからの入場となります。

で、ここのアポイントの時間は8時半となっていたけれど、例によって大行列なので時間は全く関係ないやつです。
日本にある米国大使館やメキシコ大使館に就労ビザの面接に行った時は、本当に小さな受付&待合室だったので、確かに面接の時間ピッタリに行かないと迷惑なレベルだったが…(というか入れてくれないはず)

b0166783_07163816.jpg

遠目に一枚…
なかなかの行列です。
通りの手前側には付き添いで来たと思われる家族達が待っていたりして人人人です。
で、中に入っても人人人で、毎日毎日これだけの人数を右から左に捌いているのかと思うと感心してしまいますよ。
って感じで、申請料金500ペソを支払って面接を受けて終了。
面接は特に込み入った事を聞かれるまでもなく、何でメキシコに居るの~?何しにアメリカに行くの~?くらいの内容でアッサリ終了ですよ。
でも、たまに発給拒否される事もあるので油断はならんのですよ。
という感じで、11時過ぎに全てが終了したので、後は帰るだけです。
が、どうも昨日、指紋採取やら写真撮影をした所に、メキシコの在留カードを落としているみたいなので、後で様子を見に行く事にします。(滝汗)

b0166783_07163823.jpg

もし紛失していたら即再発行しないと、就労ビザが出来ても受け取る事が出来ないという事に。(身分証が無いと受け取れない)

ん?これは引っ越し屋さんですね?
そう、そうなんですよ、また引っ越ししなきゃなんですよ。
こっちに来る時は段ボール2個くらいに詰め込んで来たけれど、色々買ったし、アメリカに送るのは段ボールいくつ分くらいになるのだろう?
MTBも送らなきゃねえ。

b0166783_07163806.jpg

とかなんとか考えながら目指すのは、この前シティに来た時にお世話になったホテル専属のハイヤーのおいちゃんに教えてもらったポソレのお店。
絶対絶対行ってね!って事だったけれど前回行けなかったので今回行きます。

b0166783_07163775.jpg

そして到着、La Casa de Toño(トーニョおじさんの家)です。
おじさんかどうかは知らないけれど、雰囲気的にトーニョおじさん。
2年前に改装したばかりという新しいお店です。
因みにチェーン店で、メキシコシティ内に数店ある模様。
トーニョおじさん、やりましたな。

b0166783_07165401.jpg

早速お店にinすると綺麗に整った店内で、ガラス貼りのテーブルの下にメニューが置かれているという合理的手法。
そそくさと各種辛いやつが並べられ、さあどれを食べるんだい?という流れ。

b0166783_07165430.jpg

昔ながらのという雰囲気は無いけれど、スッキリとしたお店です。

b0166783_07165399.jpg

写真入りメニューのなんと有り難い事か。(笑)
分かる、分かるぞ!

b0166783_07165375.jpg

で、頼んだのは、ポソレ(鶏肉&野菜)の小サイズ。
シンプルにいきますよ。

b0166783_07165325.jpg

パリパリのトルティーヤ・チップス(トトポス)とライムも到着。
お好みでパリポリしても良し、ライムを絞っても良し。

b0166783_07181943.jpg

The おいしい。
スープ系は外しが無くて有り難い選択肢です。

b0166783_07181937.jpg

今回、普通に口頭で注文したけれど、どうもテーブルの脇に置いてある注文シートに数を書き入れて手渡すのが正しい方法みたいだった。(照)
タッチパネルが導入される前の回転寿司スタイルです。

b0166783_07181996.jpg

よし!食べた!(まんぷく丸完成)
アンケートはもちろんBueno連発ですよ。
トイレは使ってないけど、きっと綺麗にされていることでしょう。

b0166783_07185338.jpg

と、ここらでそろそろ帰りの話。(在留カードの話は置いといて…)
飛行機?バス?レンタカー?タクシー?
今回の選択はバスです。
という訳で、一等バスであるPrimeraPlusのwebサイトにアクセスしてメキシコシティからアグアスカリエンテスへの直行バスを選択して購入。
もちろん座席指定も出来ます。
料金は594ペソなので、3,500円くらい。
距離は500kmなので、日本で言うと、新宿のマップカメラから大阪堺筋本町の鳥貴族くらいの距離です。

b0166783_07181943.jpg

すぐに電子メールの添付でチケットのpdfファイルが送られてくるので、ホテルのビジネスルームで印刷して準備完了。
早速バスターミナルへ!

じゃなくて、指紋採取やら写真撮影をした所に在留カードの落とし物がないかを聞きに行かなくては!(弱)

つづく…
by bananaoka | 2019-04-05 00:00 | Comments(0)
2019年 04月 04日
晩御飯
 
という話。

そんな訳で就労ビザ取得への1日目は申請受付の確認と指紋の採取と写真の撮影だけで終了。
疲れを取る為にホテルで気絶し、夕方になってからモソモソと行動再会。
そう、晩御飯です。

b0166783_02501509.jpg

朝から晩まで一日中楽しそうですね、貴方たち。

b0166783_02501690.jpg

という訳で、今回もやってきました。
Rokaiです。
和食屋さんです。

b0166783_02501616.jpg

しっかりとした和食を出してくれるのでナイスなんです。
前回のメキシコシティに来たら系列のお店に行くのが日課となっているのです。

b0166783_02501615.jpg

今回は、ちゃんと余裕のある時間に来ているので全部のメニューから選択可能ッ!
だがしかし、完全に放流されると無限に頼んでしまい、カウンターに並ばなくなってしまうので、セットメニューからいかせてもらいます。(照)
いやはや、美味しくてペロリですよペロリ。

b0166783_02501638.jpg

お次はお鮨9種がスタンバイ中。
話し相手も居ないので凝視ですよ凝視。
と思いきや気さくな板さんが話し相手になってくれて有り難い。

b0166783_02501560.jpg

これを目の前にして心拍数が上がらない日本人は果たして居るのだろうか、と、私は問いたい。
そしてもちろん有り難く頂きマウス。(美味)
板場では、メキシコ人の板さんもテキパキと調理をこなしていて頼もしい限りです。
Guadalajaraの系列店も日本人の板さんと同列で素敵な仕事っぷりで握ってくれるメキシコ人の板さんが居てて最高なんですよ。

b0166783_02515188.jpg

そして〆に(?)ネギトロ丼をババッとかき込んで終了です。
隣の系列のラーメン店にハシゴするか迷ったんですけど、ここは中々他ではお目にかかれないネギトロ丼で。

b0166783_02515139.jpg

そんな訳でまんぷく丸になったので、幸せ一杯の油断しきったノヘラ顔(どんな顔や)で引き続きややロボコップ状態でテクテク歩いてホテルまで帰ります。
メキシコに春を告げるハカランダも日本の桜と同じくパッと咲いてサッと散る系ですね。
いや、春と言うか既に夏なんだけど。

b0166783_02515111.jpg

巨大二重ロータリー(ラウンドアバウト)を仕切る交通警察官。
信号のタイミングで車が来ない時の皆でワイワイ世間話と、信号が変わって車が来るようになった時の仕事っぷりの温度差が激しくて笑える。
まあ、油断して世間話してたら車が突っ込んでくるという緊張感に満ちているのかもしれないけど。(笑)

b0166783_02515133.jpg

という訳で、夕暮れ時の独立記念塔。
実に立派なモニュメントですよ。
で、上の女神(?)の台座部分にある扉が昼間は半開きに見えて心配していたのだけど、夜に見たらちゃんと閉じてて安心。


b0166783_02515046.jpg

そしてこちら、レフォルマ通りをひっきりなしに往復している二階建てバス。
二階建てバスが走っているのはこの路線だけだと思うけど、別の路線では2連結とか3連結の長いタイプのバスも走っていて、少しでも車渋滞を減らそうという当局の気合を感じる訳ですよ。(と言いつつ廃止になったトロリーバス路線もあったりする)

b0166783_02521819.jpg

おや、こんな所にKawasaki ER-6fさんじゃありませんか。
ここで頑張っていたんですねえ。

b0166783_02521874.jpg

メキシコシティは大都会ですよ、皆さん。
そして、わざわざ行ってはいけない所に突入しなければ、世紀末マッドシティでもなんでもないです。
しかしながら、リアルマッドシティが直ぐ近くにあるのは事実なのでご注意って感じでもあります。

しかし治安は人それぞれの肌温度ってのがあるのでちょっと置いといて、メキシコシティがなんとも魅力的なのは、このような都会的なビルと16世紀からの歴史的な建物が混在していて、更にメキシコらしいごちゃごちゃとした色々(端折る)がその隙間を縫うように混在していうという所。
これは是非来て実際に見てもらいたいところ。

b0166783_02521876.jpg

ってな感じでテクテク帰ります。
ちょっと挑戦するモチベーションが無くてやっていないけれど、このシューって走るやつどうなんだろうね。
特定のステーションも無い感じで、どこでも乗っていってその場にポンで良さそうな感じなんだけど。
ムムム…
日本でもこういうのやってみると良いのかもしれないけど、何かしらんけど無茶苦茶しよる奴が一定数居るんだよね、多分。

b0166783_02521724.jpg

おっと言い忘れていました。
メキシコシティ…に限らずメキシコ全般、思わぬトラップが色んな所にあるので歩く時にはご注意ください。
このお兄さんも一歩間違ったら華麗に前転ですからね。
マンホールの蓋がどっか行ってたり、側溝の蓋があると見せ掛けて錆びて朽ち果て寸前だったり。
まあ、色々と仕掛けが施されていますので。
車でも同様ですよ。
交差点曲がったらいきなり大胆に道路工事してたりするので。

という訳でホテル着。
熱いシャワーで滝行を行い体を温めた後は、会社から送られてきためたくそ分厚い書類の中から重要な部分を抜き出して明日の予習をしながら寝る事とします。
by bananaoka | 2019-04-04 00:00 | Comments(0)
2019年 04月 03日
就労ビザ
 
という話。

さて、アポイントの時間なので出発です。
何のアポイントかというと、アメリカの就労ビザ。
働かなきゃおまんま食い上げです。

b0166783_06171661.jpg

メキシコシティのメインストリートであるレフォルマ通り(Avenida Paseo de la Reforma)には色々オブジェが置かれていて、都市空間が広々している訳で。
いつもこの楽しそうなオブジェを見てフッと思う訳で。

b0166783_06171636.jpg

で、ホテルから歩いて15分。
街角のジューススタンドでは絞りたてのフレッシュジュースを提供中。
もちろん、タコスにトルタにトウモロコシにチュロスもあるでよ。

って事でジューススタンドでフレッシュ極まりないオレンジジュースを補給した後に向かうのはCAS Centro de Atención a Solicitantes CDMX通称ASC。
アメリカ大使館のVISA業務を行う出先機関のようです。
先ずはここでVISA申請受付の確認と指紋の採取と写真の撮影です。

b0166783_06171685.jpg

アポイントの時間は7:40になっていて、更に、15分以上前には来るなって書かれていて、気合入ってんなと思いながら到着したらコレですよ。

アメリカに行く為のVISAを求める人がどれだけ多いのかというやつですね。
日本はVISA無しで行ける国が多くて有り難いですね。

赤いジャケットを着ているのは職員で、彼らに7:40なんだけど大丈夫?と聞くと、全然問題ないようで。
えっと、早起きしなくても良かったのかな?

b0166783_06171791.jpg

あまりにも行列なので、5分10分関係ないね!と思ってチュロスもモグモグ。
奥にある缶に入っているのはお米ジュースオルチャータ(Horchata)で意外と美味しい。

で、再び行列に並んで並んで、空港のそれと同じセキュリティを越えて更に並んで、名前を呼ばれて指紋を採取して写真を撮って終了。
カメラはCanonのこっちにしか売っていない廉価モデル一眼レフだった。

b0166783_06171704.jpg

とまあ今日は受付と指紋採取と写真撮影だけなので並んでいる時間以外は直ぐに終わって1時間も掛からずに終了。
さてどうするべ?どっか遊びに行くとか?
オタクの館に再突入するとか?
いやいや、明日の面接の為の予習をしとかないと。
じゃなくてシンプルに寝たい。

b0166783_06193476.jpg

という訳で来た道を通りホテルに帰ります。
レフォルマ通りの大きなラウンドアバウトの中央にそびえる独立記念塔、いつも車で通り過ぎるだけだったので立ち寄って一枚。

b0166783_06193473.jpg

メキシコの歩行者用の信号の大多数は残り秒数の表示+歩く人のタイプ。
もちろん残り時間が少なくなると徐々に速足になって最後は走る。

ハカランダが満開(?)で綺麗ですな。
風が強いと実にホコリっぽいメキシコシティだけど緑が多くていい。

b0166783_06193402.jpg

そんなメキシコシティ中心部にはチョイ乗りに使えるこの手の自転車スタンドが至る所にある。
そして朝晩はメンテナンスのおっちゃんが作業に追われている。

b0166783_06193578.jpg

そして新しいスタイルのやつ。
これに乗って、スーツを着た会社員とかワンピースのお姉さんとかがシューっと水平移動しているんですよ。
マリオカートみたく色々なトラップが仕掛けてあるメキシコシティの小道でトラップに掛かったら大怪我しそうなのだけど、そこはシティ慣れしていれば平気なのだろう。

b0166783_06193345.jpg

これもその一種。
メキシコにも色々と規制はあるのだろうけど、我が日本国と比べると柔軟なのでしょう。

Soy gratis(私は無料)!?

b0166783_06193316.jpg

こちらもまた別のサービス。
一体なんなんだメキシコシティ。
GPSでトラッキングしているみたいだけれど、1台くらい無くなっても平気なんじゃなかろうか。(ダメ)

b0166783_06193385.jpg

所々にある公衆電話はLadatelという所謂テレホンカードを使って使うみたいです。
そして、テレホンカードと言えば、多種多様な柄がある(あった?)訳じゃないですか。
そう、分かりますね、収集癖の人には。(笑)
まあでも記念に一枚買ってみようかな的な。

b0166783_06193470.jpg

と、軽くロボコップ調でテクテク歩いて帰って来てホテルの斜め向かいのテント村。
これは何かというと、あれです、2014年にゲレロ州イグアラ市で大学生43名が行方不明になった事件。
恐らく背景は麻薬関係じゃなかろうかという事実上の未解決事件なのだけど、今でもこうしてメキシコの中枢部で抗議のキャンプ生活を続ける学生の一団が居る、と。
軽く横を通ってみると、普通に朝ご飯の炊き出しをしていました。
で、43名の学生が行方不明となっているその大学はちょいとばかり過激な話を持つタイプの、小学校教員を養成する全寮制の学校という話。
うーむ、これは普通の事件じゃないよなあ。
事件ってだけで既に普通の事ではないんだけど。

という訳で、先ずは今日の分をクリア。
明日はドッキドキの面接です。(ヘタするとVISA配給拒否待ったなし)
Where are you from?とか聞かれるのかー!(聞かれない)

の前に晩御飯!
by bananaoka | 2019-04-03 00:00 | Comments(0)
2019年 04月 02日
デロンデロン
 
という話。

デロンデロンに疲れてメキシコシティのホテルに到着するもシャワーが出ないという快挙。

b0166783_06301634.jpg

ホテルの横にはモールがあって、ホテルのロビーで聞くとレストランも色々入っているとか。
が、がしかし、昨晩すき家を逃してしまった自分にはもはやすき家しか見えていない。
そう、メキシコシティにもすき家が、ある。
しかも歩いて直ぐの所に、ある。

b0166783_06301605.jpg

到着。
メキシコシティなんでもあるな。(なんでもあるなのレベルの低さよ)
という訳で早速inして注文して気が付いた…
カメラのバッテリーレヴェルが0な事に。
という訳で、すき家の牛丼と豚汁とから揚げの写真は無し。
嗚呼、なんという役立たず。

まあ、日本で食べるのと同じものが食べれると言えばいいというレビューですよ。
日本にはないラーメンの提供もあるのだけど、それは食べていないのでまた機会があったら食べてみようかという話で。
そうそう、生卵無いです。
そうそう、紅ショウガ無いです。

b0166783_06301686.jpg

チュンチュン…
そんな訳でシャワーから出てくるお湯の滝に打たれて修行した後、超睡眠。
ベッドから起き出して部屋をウロウロ…
無事ロボコップ完成。(照)
と、いい天気の朝を迎えたので、今回メキシコシティに来たメインイベントに凸です。

b0166783_06301736.jpg

そう、月曜日と火曜日の2日連続で朝イチでアポイントが組まれているのです。
そして、それ以外の予定は無いのでそれが終わったらフリーで自由。
フォ~、どうしてくれようその時間。

b0166783_06301599.jpg

そんなこんなでメキシコシティの中のメインストリートであるレフォルマ通り沿いのホテルから見える素敵なペントハウスはこちら。
ガラス張りのビルが並ぶ都市空間の一歩裏の異空間に住むのもいいよなぁ~。
無線LANも選び放題ですよ。(違)

と、そんな感じでホテルの部屋から写真を撮っているとアポイントの時間になったのでお出掛けです。
by bananaoka | 2019-04-02 00:00 | Comments(0)
2019年 04月 01日
1秒でも早く
 
という話。

1秒でも早くザレ場を脱出して安定した足場に戻りたい訳で、ちょっと進んでは休み、休んでは進みを繰り返し…

b0166783_14291894.jpg

そんな訳で引き返す事を決めて2時間(!)、ようやく戻ってきました普通に歩ける稜線。(祝)
ここで最後のバナナとパンを補給して元気になります。
そう、後は下るのみ。
(2本目のバナナとパンは引き返す事を決めた時に食)

b0166783_14291878.jpg

とはいえ全部下りではないのだけども、往路でしんどかったザレ場も下りでは滑り落ちるように下りれるのでめたくそ早い。
そんな訳で帰りはあっという間です。

b0166783_14291849.jpg

そんな訳で最初のカルデラの縁に戻ってきました。
ここまで来ればもう後は乗り合いトラックに乗って帰るのみ。
で、ここで北のピークに登頂した後にカルデラに下りてここに戻ってきたパーティと再会。
どうだった?と聞かれて、あの辺まで行ったけどもう無理って感じで帰って来たって感じで報告会。

b0166783_14291912.jpg

報告会の後はタクシー乗り場まで戻り乗り合いトラックに乗り込んで駐車場まで戻ります。
帰りは荷台でゴトゴトです。

b0166783_14291966.jpg

そんな帰りのトラックの荷台から見上げるNevado de Tolucaには雲が掛かって暗くなっています。
山頂に向かっていたら真っ只中か…

b0166783_14291854.jpg

トラックの中ではドイツからの移民のママンと、ママンの義理の妹とその家族と一緒でして、聞くとママンは冒険家(ダイバー)で、メキシコ各地の地底湖やカルデラ湖に潜りたくて潜りたくて30年前にドイツからやってきたそうで。

b0166783_14302897.jpg

そんな感じでワイワイと下って駐車場着。
時間は17時。
レンタカーの返却時間は17時。
だめじゃん急げ。

b0166783_14302869.jpg

とまあ急いでもしょうがないので小雨の中レンタカーを借りたトルーカの空港へ向かい、特に何を言われる事もなく返却終了。
いいのか?
いいのか。(メキシコだから)

で、ここからメキシコシティへ移動する為にUberアプリを起動しドライバーを呼びます。

b0166783_14302938.jpg

近くに数台のUberタクシーが走っている中、稀少車三菱ミラージュが向かってきました、が、ドライバーからカカードの支払いじゃなくて現金にしてという問い合わせ。
まあ現金でもいいのでそのまま乗ってUberの乗車はキャンセル。
何気に白タク状態でメキシコシティに入る山岳部の渋滞にヌッ込みます。

b0166783_14302767.jpg

メキシコシティ市内はそれ程の渋滞もなくスルスルと進み、いつも泊まっているホテルへ向かいます。

b0166783_14302725.jpg

そして無事に20時過ぎ、本日のおまえにチェックイン完了。

b0166783_14302844.jpg

早速疲れを取るためにジャグジー…はない、バスタブ…もない、シャワーでいい、温まるだけでいい。
で、水が出ない。
どうもホテル全体のポンプの故障復旧中とか。
もうこれはしょうがない、メシでも食べに行くか。

つづく…
by bananaoka | 2019-04-01 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 31日
登るしかありません
 
という話。

泣こうが喚こうが高度4,100m地点に来てしまいました。
ここからはもう登るしかありません。
というか登りに来たので登るんですけど。(何言ってんだお前は)

b0166783_00161460.jpg

先ずは登山口からテクテク登ってカルデラを見下ろす縁へ。
ここで大きく道が分かれて、真っすぐカルデラに降りて太陽の湖や月の湖に降りるコース(そしてその先に更に進むと登頂コース)と、左に行って一番近いピークまで真っすぐの道を上るコースと、右に行って北のピークを目指すコース。(そしてその先に登頂コースが続いていると信じていた)

b0166783_00161594.jpg

いい感じに雲も出てきて素晴らしい。
因みに今回の撮影機材はα6400+SEL1018です。
ペペッと風景を撮るだけならα6300とそう変わるもんじゃない系です。

b0166783_00161553.jpg

峰歩きコースという事で、バッチリルートが見えています。
がしかし、その先の黒いエリアが何か言ってますね。
うん、聞こえない。

b0166783_00161644.jpg

平和だ、平和過ぎる…
が、平和なのはこの先暫く先で終わり割と登りのザレ場がWelcomeしているのであります。

b0166783_00161675.jpg

砂利よ、あなたはどうして砂利なのよ。
三歩進んでも二歩下がる的ザレ場をジワジワ登って最後にちょっとガレ場を登って再びボーナスステージの峰歩き。
という訳で、ここでバナナモグモグタイム。

b0166783_00161603.jpg

このままの峰歩きがずっと続くと、そう思っていた時が僕にもありました。
すぐに終わりました。

b0166783_00161649.jpg

そしてさっきの写真から暫し、後に北のピークと分かるクサリ場にアタックを始めるパーティと途中で分かれて真っすぐ進んだ後に大小様々な石から岩やらがこれでもかとあるザレ場に突入する訳なんですよ。
で、それから暫し、写真を撮る余裕もなくズルズルザクザクズルズルゼェゼェ。(照)
下に見える景色は凄く平和で太陽の湖も澄んでいて綺麗なのに、僕はザレ場にへばり付いてナニをしているんでしょうか?
と、右端に見えている奥の方の岩場まで行けば後もう少しなんじゃなかろうかという事でそこまで行ってみたのだけども、いやいやまだまだあるぞ。(照)

b0166783_00161734.jpg

という訳で…
1.上に登って岩場を伝って山頂を目指す。
2.このまま真っすぐ進んで山頂を目指す。
3.下に下りてハイキングコースを伝って帰る。
4.来た道を戻って帰る。
という選択肢。

で、岩場はワンミスで余裕でアレな感じでどう見ても来ちゃダメって言ってる。
で、このまま真っすぐは時間を掛ければ行けるけれど帰って来なきゃいけない時間(夜にはメキシコシティに居なくてはならない)を考えるとこれは無理だな。
で、下に下りるってのは降りた先はカルデラの底なので帰るには再び登る必要があるのがしんどさUP。
という事で、来た道を戻って帰るを選択。
ああしんどい。(疲)

b0166783_00161426.jpg

普段標高1,800m付近で生活しているとはいえ、ここは標高4,500mなのでゼェゼェです。
それにしても岩場の実に痛そうな尖り具合よ。
そしてこの角度。(ズルズル…)

b0166783_00225557.jpg

あともう一つ、山の天気は云々って言う通り、昼を過ぎると雲が増えてきて風も強くなってきました。
この頃視線の先には、北のピークから下りてきたパーティーの一部が真っすぐカルデラに下りていく様子が見える。
うーむ、こっちのパーティに参加ingして北のピーク登れば良かった。(疲)

b0166783_00161426.jpg

写真真ん中辺りの凸が北のピークですねえ。
そしてその奥の凸のふもとまで戻る訳で。
嗚呼。(疲)

つづく…
by bananaoka | 2019-03-31 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 30日
メキシコで4番目
 
という話。

二度目の挑戦となるNevado de Tolucaはメキシコで4番目に高い山。
一度目はゆた母さんの弾丸メキシコ旅行の最後にねじ込んでみるも弾丸なだけに時間切れにて下山、そして今回…(まあ結果は既に書いているんですけどね)

b0166783_00514550.jpg

そんなこんなで、座っているだけとはいえ朝から真夜中まで主に車を運転していたもので、朝はゆっくり目に出発。
これが後々。(照)

真正面に見えているのが、Nevado de Toluca(標高4,680m)です。

b0166783_00514570.jpg

今回も夜の間にメキシコシティまで移動しなくてはならなく、そして翌日の予定は朝7時行動開始という特急パターン。
そして何気に登山口への道を一度見落として直進してしまい、30分のタイムロス。
これが後々。(照)

b0166783_02094904.jpg

そんな訳で未舗装路を暫く走り、麓の公園というかキャンプ場というか駐車場というかの施設に到着。(標高3,600m)
うむ、今日もいい天気である。
駐車場代は50ペソ。(300円)

b0166783_00514698.jpg

そしてここからは乗り合いタクsh…トラックに乗って標高4,100m地点まで運んでもらいます。
トラックは50ペソ(300円)で、たまに居るタクシーは1台200ペソ。

b0166783_00514677.jpg

I love Zinacantepecという事らしい。
Zinacantepecはここの行政区の名前。
と、写真を撮っていると、乗り合いトラックが定員になったようで、出発です。

b0166783_00514595.jpg

トラックにはナンバープレートが2枚。
一枚はメキシコのやつで(なぜかゲレロ州)、もう一枚はアメリカのネバダ州のやつ。
Nevado(雪が多い,Snowy)の女性形がNevadaって事で、ワンポイントお洒落なのかそうなのか。

b0166783_01072379.jpg

で、満員の荷台ではなく助手席に乗せてもらいます。
うむ、快適である。
とはいえ、キャブ定員の3名までキッチリ乗るのがメキシコ流。
時々3名以上が知恵の輪みたいにして乗っているのもメキシコ流。

b0166783_01072312.jpg

先の公園エリアからクネクネと続く未舗装路はそのままトレイルも兼ねていて(所々ショートカットがある模様)、ある人はトレラン、ある人はトレッキングで登っている。
体力あり過ぎじゃありませんか?

b0166783_01072366.jpg

途中、標高4,000m付近にあるアンテナ群を過ぎるともう少しで終点。
この辺りまで来ると森林限界を超えているので視界スッキリ。

b0166783_01072333.jpg

体力あり過ぎの人達はMTBでも登る。
12インチのミニベロを鬼のようにペダリングしていたお兄さんも居たんだけど、肺活量を計測させてもらいたいレベル。

b0166783_01072407.jpg

そんなこんなで標高4,100m地点に到着。
カルデラの反対側にある山頂はここからは見えない。
ギリギリ見えている黒い部分が北のピークか?

b0166783_01072467.jpg

登り始める前にトイレを済ませ、準備完了。
GSのペアが居たので一枚。
バイクなら自家用でもここまで登ってきて良いみたいです。
車はNG。

b0166783_01072259.jpg

遥か眼下に見えるのはトルーカの市街地。
さて、ボチボチ取り掛かりましょう。

因みに、携帯は思いっきり圏外です。
ついさっき通り過ぎてきたアンテナ群は一体…
携帯のアンテナが一本くらいあってもいいと思いません?

つづく…
by bananaoka | 2019-03-30 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 29日
往復1,000km
 
という話。

パスポートを500km程離れたハウスにヌッ忘れてきた為に土曜日をまるっと使った往復1,000kmのドライブを強制された訳なのですよ。

b0166783_07520109.jpg

元々の予定が土日を現在地のTolucaで過ごす予定(土:Nevada de Tolucaに登る,日:ロボコップ休暇)だったので、レンタカーを予約していたのですよ。
中型車クラスを。
画面上では、三菱ランサー若しくは同等と書かれていたので、まじかよ2リッターターボ四駆かよ、同等になった場合はスバルのインプレッサWRXだよなあ、もしかしてまさかのSTIだったりするんだよなあどうしようとソワソワしつつハーツのカウンターに向かうと、可愛らしいお嬢さんがポツリ。
「小さいのしかないよ」
だよね、うん、だいたいそうなんだよ。

という訳でChevrolet Aveoがお出迎え。
ま、まあいい、アクセル踏んで前に進めばいいか。

b0166783_07520179.jpg

そんな訳でグングンと北へ向かいます。
誰でも運転できるようにか、こちらのレンタカーにもATが普及してきており、ヨーロッパのレンタカーでMTとATの選択が出てこなくなる日も近いのか。
で、肝心のこの車は懐かしの(?)4速ATながらも、高速道路でちゃんとスピードが出る。
ドアを閉めるとバイ~ンとポップな音が響き、ガタガタ道を走るとインパネ奥からビヨヨヨヨンと聞こえてくるのは徹底した低コストのなせる技か。

b0166783_07520183.jpg

それにしてもいい天気でして、ドライブ日和ですよ。
本当だったら三菱ランサーEVOか、スバルインプレッサWRX-STIだったのになあと、そこだけが残念なのですよ。
いやもしかしたら、FORD FOCUS RSだったかも?

b0166783_07520182.jpg

そんな事を考えつつ心を無にしてハイウェイをひた走り、お昼には順調にケレタロ着。
そしてここでお昼ご飯。
ケレタロの市街地から少しだけ離れた南の方にあるデリ牡丹でポキ丼。
ちょうど開店から2ヶ月という日だったのでお祝いも一緒に出来てなんともいいタイミング。
色々な美味しいが混ざったポキ丼もウマウマでもう、実にありがたく疲れも回復ですよ。

b0166783_07520243.jpg

そして本日のおまえにチェックインはここ。
ホテル太陽。
いやいやそうじゃない。
まだ家にも到着していないではないか。
というかこの車、リアドア交換してるね!
まともな生産ラインならば車体とドアは同時に塗られるので色がずれる事は無い訳で。

b0166783_07520260.jpg

そんなこんなで家に着いてパスポートを握りしめ復路スタート。
往路でお昼を食べたケレタロを越える頃には22時過ぎ。
まだまだ先は長い。
だがしかし、ここから少し進んだSan Juan del Rioには、日本の牛丼チェーン店すき家がある!
Googleマップ情報によると23時まで営業しているという優良店!
メキシコなのに!土曜日なのに!

b0166783_07520254.jpg

そうそう、メキシコの現在のガソリン価格はレギュラーでリッター約116円となっており、日本と比べてそう安い訳ではない。
因みにアメリカは今安くなっていてリッター60円後半とか。

b0166783_07520040.jpg

で、すき家は閉まってました。
閉店作業をしていたお兄さんによると22時までとの話。
だよね~。

という訳で、素早く車に乗り込み走り倒して0時半にホテル着。
往路558km(9時間44分),復路513km(4時間58分),合計1,071kmの強制駆け抜ける歓び終了。
復路は不要な休憩も食事もしなかったからさすがに早かった。
往路で途中気分転換に下道を走らなかったらすき家の22時に間に合っていたかもな~…という感じで、就寝!
明日のNevada de Toluca登山に備えます。
by bananaoka | 2019-03-29 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 26日
4,557m
 
という話。

b0166783_07443049.jpg

Nevado de Toluca、今回は4,557mで制限時間一杯。
どうもルートの決定にも失敗していて、参考にした記事はどうやら北にある4,620mのピーク①へのルート。
つまり①に向かって最後に頂上に向けて崖登りをして登頂してリターンというルート。
そこを自分はピーク①へ向かうパーティと別れて最高地点と思っていた②(ここも普通に4,600m越えのピークの一つなんだけど)に向かって傾斜45度くらいの砂利道をヒーヒー言いながらズルズル滑りながら進んで気分的にはあと少し(実際は2/3くらい)という所で、帰りの時間,残りのバナナの本数(あと1本)を考えて引き返す事に。
帰りに再会した①へ向かったパーティの話によると、最も標高の高いビーク(4,680m)は③で、そこへのルートは緑の矢印が普通との話。
メキシコのGoogleマップのピンはあてにしていないのだけど(過去に散々違う所に連れていかれた)、ここはドンピシャか~い。
なんて日だ!そのパーティに混ぜ混ぜしてもらって①に行っとけばヨカタ。
メソメソ…
さて、どうするよ。
by bananaoka | 2019-03-26 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 24日
取り敢えず寝よう
 
という話。

b0166783_07411994.jpg

土曜日の朝から未明にかけてトルーカ~アグアスカリエンテス間の往路558km(9時間44分),復路513km(4時間58分),合計1,071kmを、パスポートを取りに帰る為の駆け抜ける歓び完了。

b0166783_07411873.jpg

ええ、週明けにどうしてもこうしてもパスポートが必要なのに思いっきり家に忘れて出張先のトルーカまで来てしまいやがりましたんですよ。
よし、取り敢えず寝よう。(疲)
by bananaoka | 2019-03-24 00:00 | Comments(0)