タグ:ミシガン ( 128 ) タグの人気記事
 
2019年 03月 19日
帰路の途中
 
という話。

b0166783_02012865.jpg

という訳でシカゴ・オヘア国際空港に到着。
乗り継ぎのヒューストン行きはゲートBなのでテクテク移動。
スターバックスのマグカップの新シリーズを買うべきか買わぬべきか、迷う。
前シリーズは57個中6個集めきらなかった…

b0166783_02012863.jpg

と、元は公衆電話があったであろうスペースにSIMの自販機。
日本では成田でも羽田でも空港内にひしめいているので海外に出て初めてSIMを買わなければならないというパターンは少なくなっていると思うけれど、アメリカの空港にも、ある。

b0166783_02012834.jpg

で、お昼はどこぞで食べないとダメなパターンなので2時間の乗り継ぎ時間のあるここで食べるべきである。
としてテクテク移動していると、ターミナル1に入った所に中良さそうなお寿司屋さんがあるではないですか。
そしてツラツラとメニューを見ると、なんと生牡蠣があるではないですか。

b0166783_02012785.jpg

うむ。
グビグビ。

b0166783_02024295.jpg

そして生牡蠣到着である。
おいしい。

b0166783_02024289.jpg

そしてお寿司も及第点であり、牡蠣も寿司もパクパク食べて無事まんぷく丸完成。

b0166783_02024204.jpg

まんぷく丸ヨタヨタとゲートBを目指します。
窓が広くて素晴らしく開放的です。

b0166783_02024165.jpg

真っすぐ伸びるターミナル1の中の1本であるゲートB。
おや?なんかある。

b0166783_02031135.jpg

でかい骨格標本がドーンと。
この奥は博物館のアンテナショップ的なお店。
かっこいい展示だな。

b0166783_02031152.jpg

さすがに2時間もあれば余裕でターミナル間の移動も出来る訳なのだけど、空港のどこかにあるF4F wildcatの展示を見に行けば良かった…

b0166783_02031192.jpg

という訳でシカゴ・オヘア空港より離陸。
メキシコまでは行かず、真ん中辺りのテキサス州ヒューストンへ向かいます。

つづく…
by bananaoka | 2019-03-19 00:00 | Comments(4)
2019年 03月 18日
ギリギリ間に合う?
 
という話。

α6400は2月22日発売。
アメリカ出張の滞在は3月4日まで。
ギリギリ間に合う?

b0166783_07010433.jpg

という訳で待つ事暫しFedExに3日前(金)に届くも気が付かず土曜日にFedExに行くも、オフィスでお留守番をしているオバチャン曰く「土日配送オプションが指定されていないから荷物は大きなコンテナの中にあってどこにあるか分からないワ」という話。
だので、月曜日の朝9時にもっかい来るからその時にオフィスで受け取るから配達に出ないでホールドしておいてとお願いして月曜日11時半の飛行機に併せてホテルをチェックアウトしてFedExに向かうと、別のオバチャン曰く「荷物はトラックに乗ってるわヨ」っておーいおいおい。
で、最終的にオバチャンに配送ドライバーに電話してもらいオフィスに荷物を戻して貰えるようにお願いして9時半にようやく荷物受け取り。
この30分はでかいでぇ。(誰)

b0166783_07010487.jpg

そんなこんなで搭乗終了時間は11時20分なんですが、預入れ荷物がある場合は30分前にチェックインカウンターで荷物を預けないとダメよってな事で、10時50分にはチェックインカウンターでしょ?、で、今回はレンタカーだからレンタカーを返却してシャトルバスに乗って…
いやもうタマラン。
という訳で10時半にレンタカーオフィスに滑り込みin(総走行距離2,174km)からの北ターミナルにinしたのは10時40分。
あの30分はでかかったでぇ。(誰)

b0166783_07010452.jpg

実は途中のハイウェイがパレードだか何だかで閉鎖している区間があったりして(脇道で回避)ヤメテーとなっていたのだけど、いやほんと、どうなるかと思った。
とまあ、またしても無駄な成功体験を積んでしまい、チェックイン時間ギリギリどこまで攻めれるかというダメ人間になってしまう訳で。

b0166783_07010305.jpg

まあここまで来れば安心。
余裕ですよ余裕。
ここからシカゴまでは当然だけど国内線。

b0166783_07014497.jpg

とはいえ、シカゴはともかくヒューストンでの乗り換え時間は割と短い。
シカゴは2時間,ヒューストンは58分。
大丈夫かな?まあ大丈夫か。(グビグビ)

b0166783_07014485.jpg

いやはや外は寒いねえ。
このドンヨリとヒシヒシを鉛色で寒いのが高緯度ならでは。

b0166783_07014314.jpg

エア・カナダのカエデマークがいい感じに寒々しいのであります。
が、カナダの冬は美しいのであります。

b0166783_07014374.jpg

ですが、ターミナル内なんかは快適そのものでありまして。
ちょっと寒さを感じるのはボーディングブリッジをテクテク歩いている間だけ。
化石燃料は一体いつまで地球の資源としてあり続けるのだろうか。

b0166783_07021757.jpg

そんなこんなで無事搭乗完了。
燃料用のポンプ寒空の下ポツネン。

b0166783_07021869.jpg

だがしかしこれくらいでは閉鎖せず余裕のデトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(長)。

b0166783_07021887.jpg

FedExのMD-11も寒そう。
燃料凍らないか心配です。(凍りません)

b0166783_07021707.jpg

とはいえ、補助翼が凍って動かなくなってしまう可能性があるので、防除氷液という液体を吹き付けている訳であります。

b0166783_07030192.jpg

これから処理に向かうサウスウェスト機。
ピカピカですねえ。
新塗装?

b0166783_07030158.jpg

そして我々の下にもスノーバーが忍び寄ってくる訳ですよ。

b0166783_07030217.jpg

そして翼端からブシャーと。
先ずは解氷剤。

b0166783_07030051.jpg

キタキタ…

b0166783_07034755.jpg

目が、目がぁ~!

b0166783_07034817.jpg

嗚呼…

b0166783_07034848.jpg

そして続いて緑色のドロドロとした液体をネットリとコーティングされて終了し、ようやく滑走路へ。

b0166783_07034803.jpg

北ターミナルからの離陸は長く伸びるマクナマラターミナルを見ながら飛び立つ訳であります。
あれ?緑のドロドロどこいった?(笑)

b0166783_07034707.jpg

という訳で先ずはシカゴ・オヘア国際空港まで。

つづく…
by bananaoka | 2019-03-18 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 16日
Outdoor World
 
という話。

b0166783_10022379.jpg

ミシガンに出張に行く時に泊まるホテルの直ぐ横にはショッピングモールがあって、その一部がOutdoor Worldという店舗になっていて(以下略
雪が降る中久し振りに行ってみる。

b0166783_10082623.jpg

いやはや相変わらずの広さ(東京ドーム1/4個分の広さ!)。
Bass Pro Shopsと同居している感じで、その広さの中の1/5程は大小のバスボートやリビングボートが占めている。
フレークタップリのキラキラ塗装のバスボートにはどデカイ魚群探知機が標準装備。

b0166783_10022444.jpg

そしてお決まりの剥製ディオラマ。
流れた水が注ぎ込む水槽は淡水魚が泳ぐ水族館状態で子供に大人気。

b0166783_10022329.jpg

自分はおぢさんなのでそれらを横目に見つつ、寝袋のインナーを見たり…

b0166783_10025248.jpg

薪の値段を見たり…
この量で4千円?
ガソリンスタンドの店先で売ってるやつよりえらい高いな。

b0166783_10025292.jpg

などと程々に巡っていたら前の会社の同僚にバッタリ出会って近況を聞いたり云々。

b0166783_10025280.jpg

そしてここにもあるシューティングレンジ。
撃ちたくてたまらない紳士淑女がカウンターに詰め掛けている訳で。
ここにはアーチェリー(そしてボーガン)も売っているので試せるみたいだ。
果たしてアメリカ発行ではないIDでイケるのかどうかは分からない。

b0166783_10025203.jpg

なんかこうも雑に立て掛けられているとオモチャみたいに見えてしまう。
そして背後には大量の弾丸コーナーがあって…

b0166783_10033036.jpg

何か普通に実包が棚にポツネンしてるんですけど。
9mmルガー250発で70ドル。
1発約25セントか。

b0166783_10033059.jpg

.22LRに至っては、まるでソフトクリームのお得パックみたいな勢いである。(80ドル)
Bucket of bullets、もはやウン発入りという概念すらない。(約1,400発入りらしい)

b0166783_10033184.jpg

そんな棚が写真の他にもう一列。
なんてこったい。

b0166783_10033020.jpg

ライフル用の実包まで無造作に転がっている。
も、持って帰ろうかな。(色んな意味でダメ)

b0166783_10040518.jpg

そして更に奥に歩を進めるとそこにあるのは「俺は既製品は使わねぇ、俺は俺様の弾を作る!」という漢の中の漢の為の空薬莢…

b0166783_10040549.jpg

そして弾頭…

b0166783_10040560.jpg

そしてガンパウダー。
その他、リロードに必要な冶具などの機材は全て揃っており完璧である。
何がどう完璧であるのかは置いといて。
by bananaoka | 2019-03-16 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 06日
The HUB Stadium
 
という話。

いつもミシガンに出張に行っている時に気になっていたレストランというか何というかHUB Stadiumという施設があったので行ってる事に。
激寒なので外の写真は無し。(照)

b0166783_08461088.jpg

で、ヌクいというか暑いレベルに暖房が効いているエントランスを抜けてヌクヌクの中に入ると、どデカイ空間の中央に謎のゲーム場が。
これは何だ。

b0166783_08461002.jpg

激寒で誰も外になんか出たくないデーなのでお客さんは少なく、店員もやや帰りたいモード。
右奥にあるのは、手斧を的に向かって投げつけるストレス発散系ゲーム。
銃を撃ったり手斧を投げたり、どんだけストレス発散したいんだ?
というか、ストレス溜まってないでしょう?
それ、ネセサリー?

b0166783_08460982.jpg

更に奥にはボードゲームコーナー。
写真に写っていないけれど、4人同時対戦可能なエアーホッケーがあって、これは実に楽しそうな予感。

b0166783_08460980.jpg

うーむ、ピカピカ光ってやがる。
ピンボールも液晶画面が加わって進化しまくっているのですね。
昔懐かしの完全アナログなピンボールはやはり絶滅危惧種なのだろうか。

b0166783_08462671.jpg

これはなんだろうね、ラグビーボールみたいのがあるって事は、向こうとこっちで分かれて投げあってピンを倒す的なやつか。
一人でやってたら恥ずかしいやつだ。

b0166783_08462633.jpg

そんな感じで、デカイ三角屋根の建物の奥半分がゲームコーナーで、手前半分がレストラン的な構造。
そして今、更に奥に半屋外のテラスというかデッキを増設中だった。
どんだけ遊びたいんだ。

b0166783_08462682.jpg

バーコーナーもバッチリで、ちょっと食べてゲームして飲んで飲んで飲んで飲んで飲んでUber呼んで帰る、みたいなやつか。

b0166783_08462601.jpg

と、ひとしきり感心した後はフィッシュアンドチップを食べて大人しくホテルへ。
久し振りにちょっと早めの帰ホテルだったのだけど、パソコン開く事もなく朝チュンチュンという行為でした…
今度は手斧を投げに行こう。
by bananaoka | 2019-03-06 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 05日
銃を撃つ週末4撃目
 
という話。

映画館でランボーを見終わって出てきた来館者の実に3割がそのままミリタリーショップに行き、通称ランボーナイフを買い求めたという興味深い統計がある事から示される通り、実弾射撃を楽しんだ我々は、隣にそびえ立つ銃砲店では飽き足らず、近くのミリタリーショップJoe's Army Navyに向かうのです。
同行のお客さんの希望と自分の趣味が完全に一致した、Win-Winの極みなので、向かわざるを得ないのです。

b0166783_01224941.jpg

そんな訳で入店し、先ずチェックしたのがこの場所。
工具入れにしていたお気に入りのポーチが中に入れていた一部の工具を除いて行方不明になるというイリュージョンを発動た後に買い直そうにもAmazon.comのアカウント削除(泣)によりどれを買ったのか分からないという状況だったので、実物を見て思い出すシカという所。
だがシカし、見つけた同タイプのポーチの在庫に希望の色が無いというやつ。
まあいい、メーカーと型式が分かればこっちのもんだ。(後日、Amazon.comで無事購入)

b0166783_01224855.jpg

そして次は、状態のいいのが入っていないかチェックに行った放出品のメスキットやキャンティーンカップのある場所。
で、ちょうどいい感じのヤレ具合のUSGIメスキットがあったのでお買い上げ。

b0166783_01224909.jpg

米軍の物だけでなく、チェコやおフランスの物もちょっと売っている。
暖かそうな分厚いフェルト生地のポーチに包まれている様がリアル。

b0166783_01224905.jpg

同行のお客さんは各々ウロウロしているのでヨシとして自分もウロウロ。
砲弾のカットモデル…
勉強になるなあ。(棒読み)

b0166783_01245053.jpg

めたくそでかいスキレット。
因みに、比較対象として右にあるLODGEのスキレットは12インチ(30cm)。

b0166783_01245055.jpg

MREも相変わらずタップリ在庫。
全部セットから、中身のバラ売りまで。
なんなんだ。

b0166783_01245048.jpg

内容物の構成もディスプレイされている親切さ。
去年のいつだか食べたやつ(賞味期限切れ)は、まあ食べれるかな?という感じでした。
どれか買って帰って早速メスキット使って食べるかなと思ったけど今回はパス。(汗)

b0166783_01244973.jpg

その他、保存用の水やら謎のレーションは1200カロリーと3600カロリーの2種類をラインナップ。
謎のレーションの中身は、カロリーメイト的なやつなのだけど、美味しいのだろうか今度試してみよう。(汗)

b0166783_01281890.jpg

なんという物騒な投げ斧…
銃刀法違反に真っ向から勝負を仕掛けていますね。
こんなん飛んで来たら避けるしかないじゃないですか。(そうだよ)

b0166783_01281843.jpg

同行のお客さんが1,000ルーメンのLED懐中電灯を買ったりしている中、自分は55ルーメン(照)のミリタリー仕様タクティカルLEDライトの中古品を買って終了。
このタクティカルLEDライトにはミリタリー仕様らしく不可視のIRライトが付いているのだけど、使い道が分からない。(棒読み)

これにて本編おわり。
ご清聴ありがとうございました。(多謝)
by bananaoka | 2019-03-05 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 04日
やっぱり我が家が一番
 
という話。

b0166783_12084364.jpg

3.6リッターV型6気筒286馬力にAWSと8速ATというクライスラー300sをレンタルして2,100キロちょい走った後(借り出し時のオドメーターが3マイルという新車をレンタル)…

b0166783_12084353.jpg

メキシコに帰って安心の2.0リッター直列4気筒118馬力に5速MTという聞きなれた(?)スペックのVW Jettaに戻り、「あ~、やっぱり我が家が一番(誤)」と言ったとか言わなかったとか。



b0166783_12084214.jpg

牡蠣を食べましたという報告をするという行為。
by bananaoka | 2019-03-04 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 03日
銃を撃つ週末3撃目
 
という話。

Shooting range(射撃場)にて射撃を楽しんだ我々は、そのまま歩いて隣にある銃砲店へ。
なんという偶然!(笑)

射撃場に来て撃って銃や関連製品が欲しくなって銃砲店で購入するもよし。
銃砲店で購入した銃を早速射撃場に行って撃つもよし。

b0166783_12395456.jpg

狩猟用のライフルから…

b0166783_12395585.jpg

45口径リボルバーから…

b0166783_12395536.jpg

拳銃各種…
なんだここは銃ばっかりじゃないか。

b0166783_12395455.jpg

そしてAR15の子孫(?)達…
お店の兄さんに、何種類あるのか聞いたら「ワカラン」と言われた。(汗)

b0166783_12433250.jpg

なんというかこの完成されたスタイル。
(痛恨のピン抜け)

b0166783_12433341.jpg

マガジンが必ずトリガー/グリップの前にある訳じゃないという訳。

b0166783_12433362.jpg

値札の付いていない謎の銃と、スパイ映画に出て来そうな小さな拳銃。

b0166783_12433247.jpg

銃身と機関部や…

b0166783_12452456.jpg

トリガー/グリップ部だけとか、もちろん部品でも売ってるんだよねえ。
ここにはトリガーの軽さと動きの種類別で並んでいる様子。
これで2~2.5諭吉か。

b0166783_12452462.jpg

壁やガラスケースに収まらないやつは割と雑~に床近くに並べられていたりして触り放題やないかい。

b0166783_12452452.jpg

MADE IN CZECH REPUBLICってだけでグッと来る。
そんなとこないですか?

b0166783_12452301.jpg

ミシガン州の銃購入のハードルはどうなんだろう。
まあ自分で実銃を保有する必要性は今のところ全くないんだけど。
今のところ?

b0166783_12462905.jpg

その他拳銃たち。
金色のやつ、どうしてこうなった。
いわゆるガンメタ色もいいけれど、拳銃ならシルバータイプ(艶消し)もいいねえ。
リボルバーならシルバーの艶有り希望で。

b0166783_12463091.jpg

なんか色々付けてしまった系。
お値段もいい感じになっております。
お値段が999系になるのはどこも一緒か。

b0166783_12462921.jpg

おお、いわゆるM16的な。
そして、どうやらクレー射撃が出来る射撃場も近所にあるっぽいので今度はそっちもやってみたいですなあ。
とまあそんな感じで、このお店に居てもどんなに居てもどんなに粘っても銃は買えないので割とサラッと後にして次に向かいます…

つづく…
by bananaoka | 2019-03-03 00:00 | Comments(2)
2019年 03月 02日
何かが
 
という話。

b0166783_13163768.jpg

何かが今こっちに向かっています頑張れFedExという行為。
by bananaoka | 2019-03-02 00:00 | Comments(0)
2019年 02月 28日
銃を撃つ週末2撃目
 
という話。

b0166783_22245733.jpg

という訳で、22LR弾100発を撃ち終わった我々は次のレベルへ向かう為に一旦カウンターに戻って、ギブミーモアーを発動。
すると選ばれたのは9mm弾とSTIというメーカーの2011というモデル(いわゆるコルト・ガバメント?)。

b0166783_22245827.jpg

こちらもインストラクターからの丁寧なレクチャーがあって安心。
銃ごとに少々違いがあるって事ですね。

b0166783_22245862.jpg

黒と艶の無いシルバーの組み合わせがいい感じですよ奥さん。
こちらも弾丸は100発で、価格は26ドル。
パッケージの包みにVALUE PACKと書かれているのが何ともシュールでして。

b0166783_22245749.jpg

先程の22LR弾と違って、立派な銃弾って感じです。
20発入るマガジンに詰める時のスプリングの反発も中々重たい。

b0166783_22255395.jpg

そんでもってこんな感じ。(距離は7m)

b0166783_22255379.jpg

グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国って感じですね。(なんのこっちゃ)

b0166783_22255409.jpg

その頃、隣のレーンでは45口径の銃弾が発射されており、後ろに向かってカランカランとアツアツ薬莢が飛んでくる訳で…
22LR弾がパンなら9mm弾がバンで45口径がドン、発砲炎もなかなかのものです。
薬莢の大きさの比較はこんな感じ。

b0166783_22255222.jpg

2巡目はターゲットを10mに持って行ってこんな感じ。
イカン!集中集中!
というか、こっちの銃は更にトリガーが軽い。
ちょっと左手人差し指に力が入ると発射される感じで軽い。
(左撃ちで、もちろん効き目も左。 でも、右でも普通に出来る。)

b0166783_22270342.jpg

その頃、更に隣のレーンではバババババババとお祭り騒ぎが発生しており、薬莢が床で踊っている訳で…
9mm弾だか38口径だかが31発入るマガジンを装着した拳銃を今まさに撃ち終わったお兄様が実に爽快な面持ちで立っておりました。
皆と仲良くしなきゃな~と、決意を新たに。

b0166783_22270232.jpg

そして我々の弾も残りわずか。
最後はターゲットを一番奥の15mのちょい奥まで持って行って3発。
ちょっと狙いより下に当たっていたのを補正してちょい上を狙って撃ったら上に集まった的な。

4人で順番に撃っていた最後のターンが巡ってきた時点で1時間を少々超えていたけれど、取り敢えず購入した弾は最後まで撃たせてくれるシステムっぽい。
これにて射撃場でのアクティビティは終了。
射撃場を出た我々が向かうのは…

つづく…
by bananaoka | 2019-02-28 00:00 | Comments(0)
2019年 02月 27日
銃を撃つ週末1撃目
 
という話。

b0166783_14163896.jpg

という訳で、銃を撃ちたいという日本から出張中のお客さんを連れてアラモ銃砲店へ。
あ、違った、ACCURATE RANGEというShooting range(射撃場)だった。
駐車場を共有するACCURATE FIREARMSという銃砲店と一緒になっていて、なんだここはヤル気満々じゃないか。
屋内だけ,屋外もあり,クレー射撃場も加えて、そんな所がデトロイト都市圏内に10数ヶ所…
どうなってんだ。
因みにここは屋内だけの射撃場。

b0166783_14163831.jpg

店内(?)に入ると先ずは受付。
壁に掛かっているのはもちろんだけど本物のライフル。
その下の棚にあるのは実包(実弾)。

b0166783_14163820.jpg

振り返ると、その棚には数種類のターゲット。
小さい枠に数が書かれたポーカーターゲットなんてのもあって良くワカラン。

b0166783_14163775.jpg

取り敢えずオートにして撃ち尽くしてターゲットをただの紙切れにしてみなよというお誘いなのだろうか。
いや違うのではないだろうか。
ただ、これにはレンタル価格が載っていなかったので、ディスプレイ用かもしれない。

b0166783_14200181.jpg

レンタル?
そう、我々のように銃を所持していない人は、陳列棚の中から銃を選んでレンタルして射撃を行う事になるのです。

b0166783_14200217.jpg

そしてその値段は20ドル。
どれも20ドル。
22口径用の拳銃だろうが45口径用のリボルバーだろうが20ドル。
なんというバーゲンプライス。
S&W M500まである…
これ撃っていいの?

b0166783_14200276.jpg

という訳で先ずは個人情報の登録。
奥にあるパソコンを使って登録します。
使用する身分証は、免許書であったりパスポートであったり。
自分はメキシコの運転免許所で登録してOKでした。

手前のパンフレットは、全米ライフル協会(NRA)の抽選チケットの案内。
こんな身近に全米ライフル協会。
抽選に選ばれると、書かれている全てが貰える!

b0166783_14200193.jpg

とまあ、そんな諸手続きの後で、各々身分証を店に預けて代わりに銃を受け取ります。
個人所有の銃の場合は、銃弾をここで買ってプラス射撃場使用料、若しくは銃弾も持ち込みで射撃場使用料のみ、それらを支払う感じ。
我々はレンタルなので、諸々全てを支払い、ターゲット代込みで56ドル。
尚、射撃場の使用料は1時間コース。
30分コースもあるようだ。
サッと来てサッと撃ってサッと帰る訳だ。

で、未経験者を含む我々に宛がわれたのは、S&W社のSW22 VICTORY(22口径)という拳銃であった。
弾数は100発。(13ドル)

b0166783_14292080.jpg

満を持して二重扉を抜けて射撃場の中へ。
第一の扉を開ける時は第二の扉が閉まっている事を確認。
第二の扉を開ける時は第一の扉が閉まっている事を確認。
お兄さんとの約束だ。

そしてお次は使用方法のレクチャー。
この辺りは特に値段には含まれてはいないけれど、初心者申請を行うと教えてくれるようだ。
自分も忘れてちゃイカンので一緒に聞きます。

b0166783_14292081.jpg

そんな感じでマガジンにカチャコンカチャコンと22LR弾を詰めてガチャリと装填。
先ずは5mからって感じで全弾撃ってこんな感じ。
いいんじゃないですかね。(誰)

b0166783_14292191.jpg

隣のレーンでは皆さん思い思いに撃ちまくり中。

b0166783_14292159.jpg

更にもう一つ扉を挟んだ背面側の部屋には更に2列あって、こちらでも絶賛撃ちまくり中。
一体どんだけ撃ちまくり中なんだ。

b0166783_14295035.jpg

おそロシア。

b0166783_14295184.jpg

そんなこんなで4人で撃って二巡目。

b0166783_14295174.jpg

今度は7mの距離にターゲットを動かしてこんな感じ。
前に撃ったライフルと比べるとずいぶんトリガーが軽いのだけど、そんなもんなんですかね。
若しくは、かなり軽めにチューニングされているとか。

b0166783_14295147.jpg

そんな我々の横では、セミオートをブッ放しているジェントルメンが居て、一体何が彼をそうさせるのかといった感じだけれど、ブチ抜かれたターゲットを見ると、皆と仲良くしなきゃな~と思う訳で。

b0166783_14295085.jpg

最後はこんな感じ。
ターゲットまでは10mの距離。
止まっている10m先でこれ。
動いているもっと向こうのターゲットに当てるのは相当難しいんじゃないかと。
そして100発を撃ち尽くした我々、1時間コースなのでまだ時間は残っている。
となると、次のレベルに進むのが順当という訳で…

つづく…
by bananaoka | 2019-02-27 00:00 | Comments(0)