タグ:ペンシルバニア ( 10 ) タグの人気記事
 
2012年 11月 06日
ピッツバーグ Vol.10
 
という話。

ようやく最終回となりますピッツバーグ紀行。


一発目はお決まりのCSXトランスポーテーション。
力強い三重連でどうぞ!


本当はCSXTの車両は撮った事があるので、もう一つの路線を走るNORFOLK SOUTHERNの車両が撮りたかったのだけど、いつ来るか分からないってのがホントにギャンブル的で、今回は諦めて次のポイントへ移動です。


そしてやって来たのはココ!
道路工事でお馴染みの特殊車両がデーンと空き地に!
じゃなくて、HEINZの本社工場。
1890年から操業しているこの工場は上にも書いた通りHEINZの本社工場。
そして、今でも生産を続けているってんだから凄い。


HEINZと言えばトマトケチャップ。
日本ではあまり見ないHEINZのトマトケチャップですが、北米ではメジャーブランド。
ホテルやレストランで当たり前のようにHEINZの逆さケチャップがデデーンと置いてあります。


そんなHEINZの本社工場の撮影場所の裏はブルワリー(Penn Brewery)。
こちらは1986年創業で建物は1848年に創業したEberhardt and Ober Breweryの物を再利用した物らしい。


と、古い煉瓦造りの工場を見た後は再び小雨の降り出したダウンタウンに戻り、ライトレールが地下に潜っている区間に突撃。


天候の良くない日曜の日没も過ぎ、人もまばらです。


走っている車両は昼に見た車両と同じ。


何本もの車両をあちこちで見たけれど、どれも同じ型で同じカラーリング。
1984年からの運航開始した路線なのですが、新車両導入で割と一気に入れ替えが行われるのかもしれない。


ライトレールという名前から来る「都市部を小回り良く運行している」という印象を越える程に郊外のノンビリした区間まで線路が伸びているので、今度行く機会があったらその辺りで撮ってみるのもアリじゃないかと思いつつライトレール撮影終了。

で、次は夜景の撮影を終了させる為に、昼間に来たドゥケーヌ・インクラインのアッパー駅へ車で向かい...


雨交じりの屋外に出ると風が強い上に激寒くてガクブルなので先ずは室内から一枚。
なんてモタモタしていると、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう的に雪というか吹雪に。


こりゃタマランばい、と、扉を開けて外の様子を見ては直ぐに扉を閉めるという行為を繰り返しつつ、駅内に所狭しと飾ってあるピッツバーグの歴史的写真を眺めたりしつつ、無駄な抵抗と思いつつも雪が落ち着くのを待ってみる作戦に...


時折やってくる観光客は寒い寒いと動き回り、時折やってくる地元の人は迎えに来てもらう為に家に電話を掛け...


そんな様相の中随分と待ったけれど、吹雪は止む気配どころか強くなる気満々な様子。
もう諦めて三脚を目見当で調整した後に強風吹き荒れるデッキに突撃して阿鼻叫喚の記念撮影をする観光客に混ざりながら何とか一枚撮って即非難。


最後の一枚を撮影した時間は21時半。
もちろん次の日は仕事なので直ぐに帰路に就く訳ですが、例によって眠くなる訳で...
仮眠やらREST AREAでの休憩やらを繰り返してホテルに帰り付いたのは朝でそのまま仕事にin!という感じで一泊二日のピッツバーグ観光を終えたのであります。

これにて長々と書いたピッツバーグ紀行終了。
ご清聴ありがとうございました。
by bananaoka | 2012-11-06 00:00 | Comments(0)
2012年 11月 03日
ピッツバーグ Vol.9
 
という話。

夢の2桁までもう少し!
記憶容量の少ない自分の為の記録も兼ねて書いている備忘録のようなピッツバーグ紀行ですが、4月の頃の事を今頃書いてたら世話ないって感じで...


面舵を切るバス。


鉄橋を渡る車両。


自転車を漕ぐ人。


橋をくぐる船。


行き違うインクライン。


という訳で、ピッツバーグに残っている2つのインクラインのもう1つ、ドゥケーヌ・インクライン(1877年~)に乗ってみます。
(往年の写真が載っている素敵なwebページ)


チケットは片道2.5ドル、往復5ドル。
下の駐車場に車を止めているので往復5ドルお買い上げ。
でもって、ゴトゴトと揺られアッパーステーション着。
(乗車の様子は動画を撮っていたので写真無し)


アッパーステーションの脇にある展望デッキからの眺めはアメリカでも有数の景観だとか。
というか、この写真の中にケーブルカーを入れていないのは、タバコを持っているのにマッチが無いとか、ビール買ったのに栓抜きが無いとか、キャンプに来たのにテント忘れたとか、そんなアレじゃないかと思えてガッカリだよ。
石炭運搬用のバージも素敵に見切れてるし...


で、アッパーステーションでは、インクラインの動力部を見学する事が出来ます。
無人なので、案内を読みながら勝手に見て回る感じで...


出発の合図と共にグルグル回る直径4m近い大きなケーブルドラム。
その裏にあって見切れているメインモーターは75馬力(1932年製)。
モーターの動力をケーブルドラムに伝えるこれまた大きなドライブギアは1877年製(って事は創業以来のオリジナル)で、それに備わっているギアの歯は何と木製。
木製の歯を穴に差し込んで横からくさびを打ち込んで固定しているらしく、ドライブギアの前(写真下端中央)には、1933~2006年まで使用されていた歯が置かれていました。
うむむ、素晴らしい。


と、ここで一旦ドゥケーヌ・インクラインとお別れ。


日が落ちて夜景になってから戻ってくる計画であります。
で、この時点で既に16時半過ぎなので、アンディ・ウォーホル美術館ハインツ歴史センターも閉館間際。(というか既に無理)
これらは、次回来る時の宿題といった感じで...


そんな訳で一旦戻ってきたドゥケーヌ・インクラインの無料駐車場の対岸には、朝に見た潜水艦レクゥイン。
割と色々と意匠のある船体と比べて、取って付けたような艦橋が妙にアンバランス。


で、駐車場から車を出す前に、インクラインが跨いでいる貨物路線を走る貨物列車を撮ろうと線路脇でスタンバイする訳ですが、待つと来なくて諦めて離れると来るというのを繰り返し...


待っていない客が来た所で諦めて、駐車場脇のもう一本の路線に集中する事に。(ぐぬぬ)
by bananaoka | 2012-11-03 00:00 | Comments(0)
2012年 10月 31日
ピッツバーグ Vol.8
 
という話。

長々と書いてるピッツバーグ日記ですが、実際の滞在は1泊2日。


そんな訳で、カーネギー科学センターで他の展示物には目もくれず潜水艦レクゥインだけを見た後は、市内中心部を南に抜けたとある街角へ移動。
写真は、川を挟んで見る市内中心部。
味の無いコンクリ橋が目立つ日本と違い、鉄鋼産業の街であった事を誇らしげに浮かべる素敵な橋が掛かっている。


そこから180度グルリと回って南側を見るとこんな風景。
何か、トンネルの中にバスがinしていってます。
え?何か線路があるじゃない?
さすがお客様、お目が高い。


ここは、市バスとトロリー(ライトレール)だけが共用で使う専用トンネル。


一般車は進入禁止で、進んでいった先のサウス・ヒルズ・ジャンクション駅までの1キロちょっとの間ずっとトンネルという男前な区間。


路線は市内中心部から南方面へピッツバーグ市を越えてのかなり広範囲に広がっている。


そんなピッツバーグ市の南方面には18世紀後半から19世紀中期の間、ピッツバーグが鉄鋼産業の街として大きく発展した頃に資材運搬に利用されたMontour Railroadという鉄道の廃線跡を再利用したMontour Trailという舗装路面(レクレーション用として1989年から拡張中)もあったりしたのですが、一日じゃ全然時間が足りないのでやり残しリストにin。


雨が降り出しそうで降らないようでやっぱりホンノリ降ってくるペンシルバニア州ピッツバーグ。


鉄鋼産業で栄えた街だけに、重厚過ぎるモニュメントがドンと置かれた裏には今でも稼働中の貨物列車の路線と、客車路線もあった頃に使われていた客車や貨車の展示。


昔の駅舎を改装して作られたステーション・スクエア(という名前の商業施設)からは水陸両用車が利用出来るようだけど、4月も終わりに近いのにスゴク寒くていまにも雨が降り出しそうな屋外には人も少なく利用者ゼロという寂しさ。


そんなステーション・スクエアには色々なお店やレストランやカフェも入っていて、中を見るとそれなりに人が入っていて昼ご飯食べたりしてる感じですが、所謂ぼっちなのでその辺は華麗にスルーして斜面に伸びるインクライン(Monongahela Incline)を撮りに。


レトロで可愛い車両が行ったり来たり。
その昔、石炭や労働者の運搬用として使われていたインクラインも今は観光用。
(写真のケーブルカーはパッセンジャー用で、古くは直ぐ手前側に石炭運搬用の路線が併設されていたようです)


と、こんな感じで、ライトレールのステーション・スクエア駅を中心に暫くウロウロ。


曇り空と寒さと体調の悪さでいまいちテンサヨンが上がらなかったのが今更に残念に思えるピッツバーグ周遊だったようですが、もう暫くだけここで写真撮ってから次の目的地へ向かったそうです。(他人事かよ)
by bananaoka | 2012-10-31 00:00 | Comments(0)
2012年 10月 25日
ピッツバーグ Vol.7
 
という話。

潜水艦の中にこもりっきりでピッツバーグ関係なくね?って感じですが、レンズを60mmマイクロに交換してから最後の縦断!行ってみよう!


DC300V、楽に逝けそうです。


大西洋方面を巡っていたのでしょうか、司令室に置かれた海図は大西洋方面。


時差...
アメリカ国内でも時差があるのだけど、有事の時はどこの時刻を基準にするんやろ?
ローカルタイムで諸々の時間を管理?どちらにしてもとても面倒。


横から射し込む電球の色の素敵さ加減といったら。


Inlet、そして...


Exhaust...
当時最新鋭のアナログ感。


こちらもいい感じの存在感を醸し出していて...


そんな中、時計という物は余り変わらない安定感。


ピンナップカレンダーの日付は1958年5月。
これって、オリジナル?


こちらの時計は1周で24時間の24時間式時計。
好みのデザインの24時間式腕時計があったら欲しいのだけど。


そして最後はエンジン部。
4基のエンジンを積んでいながらそれらは全て発電用で、推進装置とは機械的にリンクしていないという事に不思議な感覚を覚える訳で。


重厚なコンロッドの合わせ目にはポンチでナンバリング。


と、こんな感じで狭い艦内を何往復もしてしまった訳で。


いやむしろ一晩くらいお泊りさせてもらいたかった。


その後は、ちょっとだけギフトショップを見てカーネギー科学センター(Carnegie Science Center)を後にした訳であります。
カーネギー科学センターには、Miniature Railroad & Villageなんていう素敵なアトラクションもあるのだけれど、そこはまた次に来る時のお楽しみって事で。
by bananaoka | 2012-10-25 00:00 | Comments(0)
2012年 10月 24日
ピッツバーグ Vol.6
 
という話。


という訳で戻ってきたのは船首の魚雷室。
このUSS Requin(SS-481)においては、姉妹艦の船首6門/船尾4門から船尾は造船後の工事で撤去され、船首も6門から4門と大幅に魚雷発射管が減らされ、搭載魚雷数も10発と減らされたそうです。


とは言え、鈍い光を放つMk23魚雷が装填スタンバイ状態で置かれた魚雷室は本物だけが放つリアルな緊張感につつまれていて凄いです。


奥まで光が届いていない不気味な魚雷発射管...
うち、1門だけが閉じられていました。


そんな潜水艦内には所々にタッチパネル式の学習装置が付いていて、メニューを選びながらUSS Requinについて学ぶ事が出来るようになっています。
残念ながら、マルチバイリンガルではありませんでしたが...


そして学芸員もEnglish only。


この装置について聞きたかったけれど、残念ながら英語力が及ばないのですなあ。
というか、数種類に分類される米人の非英語圏人に対するコミュニケーションパターンの中で一番ガックシくる“メンドクサイやつが来たぞ”の対応をされたので速攻諦めた感じですが。(泣)
で、この装置が何なのかってのは“The Signal Flare Ejector is located on the port side, forward of the torpedo tubes. Operated similarly to a torpedo tube, this 3" diameter tube was used to fire surface pyrotechnics for signaling.”って事だそうです。
(救難信号用?)の照明弾射出装置?


その反対側にあったのは火器管制用の何か。
中が見えるように一部がアクリル板化されていてサービス精神満点です。


そんな感じで、16-35mmという超広角レンズの次は...


60mmマクロレンズに交換して各部のディテールに迫る最後の仕上げです。(長)
by bananaoka | 2012-10-24 00:00 | Comments(0)
2012年 10月 23日
ピッツバーグ Vol.5
 
という話。

引き続き、ピッツバーグにて見学したUSS Requin(SS-481)の話。


前傾壁収納マグカップ。


食堂?のテーブルはゲーム盤にもなり、壁にはピンナップ。


そんなピンナップが飾られている額の反対側には映写機。(額を裏返したらスクリーンが出てくる仕組みっぽかった)
食べて観て遊んで、全てが大集合。


でもここは戦う密閉空間。


次の寄航日を指折り数えながら静かに海を進む訳です。


樹脂(松脂?)のような物を染み込ませた紐が巻かれたホイール。
先日見た自衛隊の潜水艦にも同じようなホイールがあった...
何だろう、濡れても滑らないように?


迷路のように張り巡らされた配管,配線...


司令室の棚の扉には色々なシーンに対する操作方法が書かれていると思われるステンレス板製のマニュアルが。
内訳は上から、EMERGENCY,SNORKEL,DIVE,SURFACE,DEEP,INPACT,DEPTH CHARGE,QUIET,AIR PURIFICATION。
見てみたかったけれど、タイラップで結んであって開けなかった...


そんなこんなで計器満載の司令室を抜け...


艦長の部屋...


士官の部屋...


と、順路を思いっきり逆走(汗)していたら前方から学生さんっぽい子達が進んできたので、チョイと出演交渉。


作戦会議をやってもらいました。


いや~、メリケン娘と話なんてどっと疲れる。


で、狭い通路で鉢合わせすると(それはお前が逆走しているからだ)すれ違えないので脇の小部屋に退避する訳で。
ホント、ごめんなさいね。


って事で再び船首側に。
こちらでは魚雷発射管がバッチリ見学可能。
学芸員のおじさんに問い掛けた質問は全く通じなかったけど、いいんだ。(号泣)
by bananaoka | 2012-10-23 00:00 | Comments(0)
2012年 10月 18日
ピッツバーグ Vol.4
 
という話。

Vol.3から幾ヶ月、ようやくUSS Requin(SS-481)に乗艦です。(照)
因みに、Requinってのはフランス語で鮫だとか。


で、先ずは艦首から艦尾へ移動し、先ずは16-35mmを付けて艦尾から撮っていきます。
ここはディーゼルエレクトリックの制御を行う場所のようです。


そして電気室を抜けると...


対向10気筒ディーゼルエンジンが鎮座。


前後2つの区画の両脇に4基あるエンジンの1つだけ蓋が外されていてクランクが見えるようになっていました。


それにしてもいたる所に計器やスイッチやバルブがあってタマラン。


1945年に進水してかれこれ半世紀の鈍い輝き。


1つ1つのパーツが重厚で存在感があって凄くリアル。(本物です)


レバーの片側が可倒式になっていて、広げればトルクが掛けられ倒せば早回しに便利。
さすが、良く考えてある。


何か無造作にHEINZの缶が置かれていた。


使い込まれた洗面台の色、タマランと思いませんか?


そして水兵さんのベッドルーム。
最大潜航深さ122m...
どこかから聞こえる軋み音の中で果たして熟睡出来るのか?
いや、そんなに潜るのは平時じゃないから寝てる場合じゃないか。


でもってキッチン。


グリルにフライヤーと充実した装備。


キッチン脇の通路の下には食料の貯蔵庫。
こんな感じで、見学に行ける通路以外にも見えるだけの色々な区画が...
そんな狭くて広い潜水艦の中を更に巡ります。
by bananaoka | 2012-10-18 00:00 | Comments(0)
2012年 06月 27日
ピッツバーグ Vol.3
 
という話。

Vol.2を書いたのはいつの事か。(6月2日)

いい感じになってフラリと郊外のモーテルに帰宅ingして即寝!

チュンチュン...


宿泊したモーテルは、チェーン展開しているMotel 6
ハイウェイを走っていると、Exitの周辺にチラホラとあって、場所によって綺麗(建ってから新しい)かたったりくたびれて(古くから建ってる)いたりで随分と差がある感じのMotel 6を見かけるのだけど、ビッツバーグ郊外のそれは...


くたびれている方だった!(照)
ギシギシ言うベッドのコイルスプリングは中央部がヤレていて、まるで蟻地獄のように寝る物を中央へ中央へ追いやる蟻地獄仕様夜露死苦。
まあでも、普通に屋根がある所で安全に寝...
ちょっと目付きの怪しいブラザーが泊まってたけど...
う、うん。
なんだろう、もう少し出せば普通(普通?)のホテルに泊まれるので、敢えてモーテルに泊まるメリットは無いと見た。
価格.com的目線では、ユースホステルの方がいいかも。

と、Motel 6を後にし、ピッツバーグ市内へ向かい、今回の目玉スポットであるCarnegie Science Center(カーネギー博物館)へin&in!

博物館?そんなキャラじゃないだろう?

正解!(照)


でも、ここにはあるんです。


潜水艦が。


第二次世界大戦期のアメリカ海軍の潜水艦が。


USS Requin, SS-481
1945年1月1日に進水し1968年12月3日に退役、1990年6月からここに展示されているとの事。
どんよりとした天気の下、静かに佇む旧世代の潜水艦の木製デッキを歩き進み、いざ...


乗船!!

つづく...
by bananaoka | 2012-06-27 00:00 | Comments(0)
2012年 06月 02日
ピッツバーグ Vol.2
 
という話。

そんな感じで、大盛りサラダにやっちまったなあしていると、話し掛けられた。


東芝関連の日系企業に勤めているというおいちゃんと奥さん。
何かカウンターで一人で黙々と食べてたから、って。(汗)
そんな感じで、おいちゃんと話してたら...


チーズステーキ登場でもうね、どうしろと。
まあ、味は美味いのでまだいい。


でもって、さらに黙々と食べ続ける訳ですが、満員の店内でテーブル待ちの間に立ち飲みしようとビアサーバーを目指してくるグループも少なからず居て、そんな人達ともチョコチョコと会話が出来たり。
これで隅っこの席で食べてたら単なる罰ゲームだったかもしれない。(笑)


隣に座ったファミリーのお父さんから「ハングリーボーイ、一人で何してるんだ」と言われつつさらに食べ続け、もうギブ!
後はおビールを終わらせて終了だ。


グビグビ...
も、もう無理。


で、罰ゲームに彩りを添えてくれたお礼に、さっきのおいちゃんのテーブルに挨拶をしにいったらそのまま何故か着席。(笑)
でもって、今日は雨で写真撮るの止めた事とか明日も雨かもですなあとか話しつつ、雨でも楽しめそうな場所を教えて貰ったり、趣味の話をしたり...
何でも、アメリカ人,フランス人,イタリア人のグループでして、+アジア人一人完了!


で、デザートまでしっかり頂いて終了。


と、Superマンプク丸になったので橋の街ピッツバーグを流れる川の畔に三脚構えて暫く休憩してからホテルに戻ります。


宿泊するのは上の写真の橋の向こう側にも写っているピッツバーグの夜景のド真ん中のここ。
うそ。(照)


郊外の安モーテル。(照)
おやすみなさい。
by bananaoka | 2012-06-02 00:00 | Comments(0)
2012年 05月 31日
ピッツバーグ Vol.1
 
という話。

ペンシルバニア州ピッツバーグに行ったのですよ、4月21日に。
一応、今年の4月21日。(照)


土日休みの普通の週末だったのだけど、どっか行かないといつか終わってしまう北米出張って事で今度は東へ!
(ボンネットに乗ってる黄色いのは朝食のバナナ)


ニューヨークやワシントンDCは週末に車で行ける距離じゃないし、飛行機で行ったとしてもたった2日じゃ勿体無いし疲れるだけな予感がしてピッツバーグ。


それでもタップリ距離はあるので、普通にガソリン補給したりしつつハイウェイをヌッ飛ばし...
元々天気予報的にはNGな週末だったので、途中雨に打たれたりしつつピッツバーグ着!

で、土曜日昼間の予定に入れていた場所へ行くも、雨天でテンサヨンがイマイチ上がらずトボトボと撤収してみると何だか風邪っぽい症状が出てきたので深追いを止めて一旦ホテルへチェックインして出直す事に。
レッドブル補給とちょっとの仮眠と晩飯ポイントのリサーチを済ませてちょっと元気になった所で、のそのそと車に乗り込んで再出発。


到着したのは、The Church Brew Worksというビアホール。


教会を改装してビアホールにしているって、何とも豪華な建物じゃないですか。


祭壇があった場所には、デデーンとタンクが鎮座。


満員のビアホール内にてテーブル席にグループで座るにはかなりの待ち時間が必要な感じだったけれど、そこは無敵のお一人様。
どこでも空いてるトコに座ってオッケーよ!って感じで、店左側にあるカウンターに着席!
ここも目の前がタンク。


そして、左に目線を持っていくとビアサーバー。
ちょっとカウンターのお姉さんが目を離したスキにこっそり注いじゃおうという作戦。(ダメ)


で、一体何をどうしたらいいのか訳分からんなりにビール(Pipe Organ Pale Ale)を頼み、ものっそいお腹が空いていたのでピッツバーグスタイルなサラダとチーズステーキをオーダー。


美味いビールをグビグビしながらカウンターのお姉さんの仕事っぷりを撮ったりしつつ待っているとビールを飲み終わったので、さっきから気になっていたサンプラーをオーダー。


デデーンと並ぶ8種類のビールちゃん達。
で、ドゥフフ、どれから飲もうかな?なんて思っていると...


サラダが到着し...
し、しまった...
ここは米国であり亜米利加でありメリケン。
そして基本グループでワイワイと来るお店。
サラダでかいよ...
カウンターのお姉さんの「やっちゃったわね」という微笑みがせめてもの救いだ。
頑張って食べるか。(涙目)

と、そんなバナOKAの背後に忍び寄る影...

つづく。
by bananaoka | 2012-05-31 00:00 | Comments(0)