<   2019年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
2019年 08月 31日
'18.04 Real de catorce Vol.4
 
という話。

b0166783_05031946.jpg

ってな感じで半分クラッチを酷使しながら人間トラクションコントロールで走る事暫し、遠くに見えていた煙突(望遠で撮っているので写真では近くに見えるけど)の所まで到着。
そう、この煙突はかつてReal de catorceが鉱山の町として栄華を極めていた時代の名残。


b0166783_04412446.jpg

今でも観光資源として残されているというか放置されているというか、スローなペースと予想される感じで観光用の建屋が建設されている様子でした。

b0166783_04502841.jpg

で、ようやく町の入口あと一つ角を曲がれば町に入る!って所で…

b0166783_04370436.jpg

ダンプさん!何やってんの!
って、どうも瓦礫を運び出しているようで、聞くと今からお昼だそうで、話すとどうも今からメシに行くから13時に戻ってきてだそうで。
まあそのダンプじゃメシ食べに町に行けないヨネ。
って事で車をほんのり横に避けつつダンプの後ろに付けて先ずは徒歩で、in!(なんなのこれ)

b0166783_04384003.jpg

という訳でいきなりですがReal de Catorce(意味的には十四のReal? RealはRoyalで王だから十四の王?)の町を空から一枚。
因みにこの町の正式名称はReal de Minas de Nuestra Señora de la Limpia Concepción de Guadalupe de los Álamos de Catorceという事で、ちゃんとMinas(Mine,鉱山)が入っているというか長い長過ぎる。
ここの小学校ではちゃんと正式名称を習うんだろうなあ。

b0166783_04383934.jpg

更にもうちょっと空撮写真を。

b0166783_04384013.jpg

町の全体でこんな感じでプラスもう少し家々が山肌にあったりする程度。
因みに自分の車は写真奥の黄色の建物の辺りにある訳で。

b0166783_04383923.jpg

で、今回裏側(?)から町にinしようと試みたのは、インターネッツの情報によると「町に来るには数キロのトンネルを抜けてくるしかない」「トンネルまでバスで来てトラックに乗り換える」というような情報がチラホラしていて、あれ?もしかして観光で来た自家用車はトンネル抜けれないのかも?ってのがあったんですよね。

b0166783_04412494.jpg

まあそんな事は無く普通に自家用車OKだったのだけど。

b0166783_04412579.jpg

で、ドローンを下ろして町の散策開始。

b0166783_05142871.jpg

ついでにお昼も食べちゃおうかなというやつです。

つづく…
by bananaoka | 2019-08-31 00:00 | Comments(0)
2019年 08月 30日
'18.04 Real de catorce Vol.3
 
という話。

b0166783_03013553.jpg

BNSF(バーリントン・ノーザン・サンタフェ鉄道)とNF(ノーフォーク・サザン鉄道)の機関車とメキシコの内陸部で出会った事にニヤニヤしつつ、目的地Real de Catorceへの裏口(?)までの最後のガソリンスタンドでガソリン補給。

b0166783_03013524.jpg

あとは向こうに見えている山のどこかにある村まで一直線。

b0166783_03013651.jpg

うんうん…

b0166783_03013662.jpg

分かるよ!

b0166783_03013610.jpg

もちろん未舗装だよね!

b0166783_03013643.jpg

さあ、盛り上がって参りました。

b0166783_03013708.jpg

どんどん普通のセダンが似合わない道になってきました。

b0166783_03013793.jpg

行けるのかいどうなんだい?
そこまで登るには眠れない夜もあっただろ!(意味不明)

b0166783_03013562.jpg

いやホント行ける?まあ行くしかないんだけど。

つづく…


by bananaoka | 2019-08-30 00:00 | Comments(0)
2019年 08月 29日
'18.04 Real de catorce Vol.2
 
という話。

b0166783_03110887.jpg

ちょっとよそ見していたら穴に落ちて落ちた瞬間にプシューって聞こえて…

b0166783_03110819.jpg

そのまま路肩に止まってタイヤ交換ですよ。
まだ初日の半分の行程も済んでないってのに。(照)

b0166783_03110861.jpg

とまあ言っててもしょうがないので名も無い交差点を曲がり…

b0166783_03110789.jpg

小さな村を越え…

b0166783_03113961.jpg

細っそい橋を抜けひた走ります。

b0166783_03113923.jpg

で、気が付いたらめちゃくちゃ晴れてました。
極端過ぎないかい?

b0166783_03113994.jpg

そんなこんなで一本道をひた走りながら「一体どこに向かってるというんだ」と考えていると、今日の目的地Real de catorceがある市?地域?にinした模様。

b0166783_03114089.jpg

真っすぐな道に沿う真っすぐな線路。
まさかここで列車走って来ないよね…

b0166783_03113966.jpg

まあ、居たんですけどね。
BNSFとNSが仲良く休憩していました。
国境で運転士交代するんですかね。

つづく…
by bananaoka | 2019-08-29 00:00 | Comments(0)
2019年 08月 28日
'18.04 Real de catorce Vol.1
 
という話。

時は2018年4月、激しく4連休を手にした瞬間に考える事はただ一つ。

どこ行こう?
否!
どこまで行ける?

という訳でいつだかの駆け抜ける歓びを振り返り週間に入りたいとおもい升。

b0166783_03192590.jpg

ってな感じで先ずは朝6時起きで出張先のホテルから素早く出発。
ふふふ、さすがにまだ車少ないね。
アメリカ人はなんかやたらと朝早起きだけどメキシコ人は案外そうでもない。

b0166783_03192521.jpg

走っているといえばほぼトラック。
そんな感じで先ずは日が出てくる前にどこまで進めるかってな感じで北上。

b0166783_03192607.jpg

何だか雲が多いけれど、朝方はこんな感じでも太陽が昇ってくると本気出してくるのがメキシコなのでそう言い聞かせつつ進みます。

b0166783_03211300.jpg

さて、そろそろ明るくなってきたので朝ごはんでも?ってな感じでガソリンスタンドの脇の…脇の…なんだろう、屋台?にin。

b0166783_03192520.jpg

そして、メキシコ伝統の朝ごはん(?)タマレスにありついちゃいます。
さぞやアツアツかと思いきやそうでもない。(笑)

b0166783_03211214.jpg

で、青シャツのおいちゃんと謎の言語で話をしつつ…

b0166783_03211211.jpg

今度はこれまたアツアツかと思わせてアツアツではないアロス・コン・レチェのレチェだけっぽい何かを飲んで朝ごはん終了。
うむ、なんてナチュラルなんだ。
ナチュラル過ぎて困るレベルである。

b0166783_03211294.jpg

そんな訳でトラックひしめくガソリネラ(ガソリンスタンド)を後にして更に進みます。

b0166783_03215396.jpg

そして、あの悲劇(喜劇)です。



タマレス:トウモロコシをあーだこーだしたやつ
アロス・コン・レチェ:お米と牛乳をあーだこーだしたやつ
by bananaoka | 2019-08-28 00:00 | Comments(0)
2019年 08月 27日
三連休
 
という話。

b0166783_04121266.jpg

さて、Dream Cruiseの写真投稿が終わった所なのですが今週末は土日にLabor day(勤労感謝の日的なやつ)が合体して三連休。
三連休ならどっか行くしかあるめえ!という事でカナダ(トロント)に行ってイギリスの赤い矢sを撮ってきます。
久し振りのカナダなので食べ物も楽しみなのであります。(照)

b0166783_04121127.jpg

で、週末の宿を…と、いつものBooking.comなんかでツラツラとトロント周辺のホテルの状況を見ていたのですが、さすが大都会トロントなので平均してお値段高め。
そんな中、中心部だのに程良く安くて屋上に出れるタイプのホテルがあったので予約画面を進んでみると、合計が$250となっていて、んぁ?と思って見てみると清掃料金$74とな。
んもう、部屋なんか全然汚さないし、お掃除のおばちゃんに「あれ?このベッド誰も使ってないのかしら?」と思わせるレベルで真っすぐ微動だにせずに寝てシーツをピシーッとして部屋を出るのがポリシーなのに。
という訳で別のお宿へ…



b0166783_04121235.jpg

うっかりしていて危ない所でしたが何とかエクトリーム購入出来たロンドン在住アーティスト岡田 葉さんの令和記念お祝い版画が到着。
アメリカではUSPS(いわゆる郵便局)に一定の安心度があるのでいわゆる郵便配達で送って貰いました。
ケント紙と和紙の選択肢があったので迷わず和紙!
和紙の質感にインクの手触りそして金箔の輝き。
紛れもない豪華な一点ものを迎え、これでようやく我が家にも令和が訪れました。(?)

それにしてもメキシコの郵便は…
(メキシコの郵便を使った人には各々苦労話があるはず)



b0166783_04121111.jpg

うちのMAZDA5さんいまいち携帯を置く場所ってのが定まっていなかったのですが携帯の重みでアームが勝手に閉まってホールドされる系のいい感じのホルダーをAmazon.comで見つけたので買って裏のマウント部をヌッ外して平面にして両面テープで貼り付けて完了で…

b0166783_04121212.jpg

いい感じであるという話。
by bananaoka | 2019-08-27 00:00 | Comments(0)
2019年 08月 26日
ブレーキローター交換
 
という話。

番組の途中ですが速報です。
AC COBRA…じゃなくてDelco製のちゃんと防錆処理されているブレーキローター(2007 MAZDA 5用)をeBayで購入。
というのも今付いているのはタイヤショップでタイヤ交換する時に一部工賃セーブ出来るもんで一緒にお願いして交換してもらったローターなんですけど防錆野郎じゃなかったようで見事に錆まくりingなんですよね。(自分でやっときゃ良かった…)
という訳で、やっぱり気になるので気を取り直して自分で交換です。(メソメソ)

b0166783_02073070.jpg

ACDelcoはGMが所有する部品メーカーなのにGMの車両用のみならず何でもかんでも作ってる訳でして、MAZDA 5用のブレーキローターも完備。
所謂メーカー直系のOEM部品を作りまくっている所なので、eBayにゴロゴロしている良く分からない激安ローターを買うより安心でしょう。(と思いたい)
前後で2諭吉ちょいです。
現在の錆び錆びローターのアタリ面がグランドキャニオンになっている訳ではない(謎)ので細かい事は見なかった事にしてブレーキパッドはそのまま使います。
どっちにしても何れレコード盤になるので。

b0166783_02072908.jpg

という訳で、いい感じの薄曇りだったので駐車場で先ずは助手席側リアから持ち上げて固着の様子を見てみたんですけどね。
ふふ、ふふふ…
ビクともしやがらねえ。
アメリカ版CRC5-56であるWD-40(米人曰く「それ塗っときゃ何とかなる」)を吹き付けて2時間待っても返事なし。
ハンマーでガンガンやるにも静かなアパートの駐車場では金曜の夜に燃え尽きて静かに寝ている奥さんに申し訳なく。(照)
って事で、いつものレンタルガレージにヌルッとin。

b0166783_02072922.jpg

えっと…
あっさり外れたんですけど…
ガレージに常備の5tハンマーで軽くコンコンやったら外れやがりました。
奥さんに配慮してコンコンが軽すぎたかなぁ…

b0166783_02073033.jpg

とはいえ一番酷かったのが助手席側リア(さっき駐車場でやってWD-40を浸透させたとこ)で、他のは数回のコンコンであっけなく外れるというやつでした。
外した後は軽くアタリ面の錆びを取って準備OK。
ハブはスムーズにクルクル回りまだまだ使えそうです。

b0166783_02073099.jpg

そんな訳で新品をON!
ぐはあ!眩し過ぎて直視できない。

b0166783_02081770.jpg

でもってフロント。
折角持ち上げて下から丸見えなので各部の目視点検。
助手席側フロントのロアボールジョイントのブーツが一部破れていたので気が向いたら(!)交換です。
それにしても化石かってレベルで錆びてますね。
2007年式ですがエンジンはリビルド品に強制載せ替え済みなのでその他にも頑張ってもらってちゃんとRoute66サンタモニカからの復路を完走しないといけませんからねえ。

b0166783_02081830.jpg

目が、目がぁ~!
それにしても、胸の高さ辺りまでリフトアップした状態での作業はホント楽。
ガレージに2柱リフト付けるか。(やりすぎ)

b0166783_02081854.jpg

そんな感じで作業完了。
センターキャップは塗装が剥げてお疲れだったので新品を注文中。

b0166783_02081760.jpg

それにしても、胸の高さ辺りまでリフトアップした状態での作業はホント楽。
ガレージに2柱リフト付けるか。(二回言う)
奥でチョイ昔のカムリをやっちゃってるのはGMに務めているエンジニアのおいちゃん。
この前はGMのSUVのヘッド周りのガスケットを交換していて、今回はカムリのロアアームの交換。
趣味なのかな?
写真を撮ったりカムリのおいちゃんと話をしたりしつつで約1時間で作業終了。
防錆被膜をゴリゴリ削りながら家まで帰るとしましょう。

b0166783_02081797.jpg

ほんのりレコード盤(照)ですけど、全面綺麗に当たっているのでヨシでしょう。
後はACDelcoのCOOL SHIELD protective coatingがどれ程防錆性能を持続するのかって感じです。
by bananaoka | 2019-08-26 00:00 | Comments(0)