<   2019年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
 
2019年 03月 31日
登るしかありません
 
という話。

泣こうが喚こうが高度4,100m地点に来てしまいました。
ここからはもう登るしかありません。
というか登りに来たので登るんですけど。(何言ってんだお前は)

b0166783_00161460.jpg

先ずは登山口からテクテク登ってカルデラを見下ろす縁へ。
ここで大きく道が分かれて、真っすぐカルデラに降りて太陽の湖や月の湖に降りるコース(そしてその先に更に進むと登頂コース)と、左に行って一番近いピークまで真っすぐの道を上るコースと、右に行って北のピークを目指すコース。(そしてその先に登頂コースが続いていると信じていた)

b0166783_00161594.jpg

いい感じに雲も出てきて素晴らしい。
因みに今回の撮影機材はα6400+SEL1018です。
ペペッと風景を撮るだけならα6300とそう変わるもんじゃない系です。

b0166783_00161553.jpg

峰歩きコースという事で、バッチリルートが見えています。
がしかし、その先の黒いエリアが何か言ってますね。
うん、聞こえない。

b0166783_00161644.jpg

平和だ、平和過ぎる…
が、平和なのはこの先暫く先で終わり割と登りのザレ場がWelcomeしているのであります。

b0166783_00161675.jpg

砂利よ、あなたはどうして砂利なのよ。
三歩進んでも二歩下がる的ザレ場をジワジワ登って最後にちょっとガレ場を登って再びボーナスステージの峰歩き。
という訳で、ここでバナナモグモグタイム。

b0166783_00161603.jpg

このままの峰歩きがずっと続くと、そう思っていた時が僕にもありました。
すぐに終わりました。

b0166783_00161649.jpg

そしてさっきの写真から暫し、後に北のピークと分かるクサリ場にアタックを始めるパーティと途中で分かれて真っすぐ進んだ後に大小様々な石から岩やらがこれでもかとあるザレ場に突入する訳なんですよ。
で、それから暫し、写真を撮る余裕もなくズルズルザクザクズルズルゼェゼェ。(照)
下に見える景色は凄く平和で太陽の湖も澄んでいて綺麗なのに、僕はザレ場にへばり付いてナニをしているんでしょうか?
と、右端に見えている奥の方の岩場まで行けば後もう少しなんじゃなかろうかという事でそこまで行ってみたのだけども、いやいやまだまだあるぞ。(照)

b0166783_00161734.jpg

という訳で…
1.上に登って岩場を伝って山頂を目指す。
2.このまま真っすぐ進んで山頂を目指す。
3.下に下りてハイキングコースを伝って帰る。
4.来た道を戻って帰る。
という選択肢。

で、岩場はワンミスで余裕でアレな感じでどう見ても来ちゃダメって言ってる。
で、このまま真っすぐは時間を掛ければ行けるけれど帰って来なきゃいけない時間(夜にはメキシコシティに居なくてはならない)を考えるとこれは無理だな。
で、下に下りるってのは降りた先はカルデラの底なので帰るには再び登る必要があるのがしんどさUP。
という事で、来た道を戻って帰るを選択。
ああしんどい。(疲)

b0166783_00161426.jpg

普段標高1,800m付近で生活しているとはいえ、ここは標高4,500mなのでゼェゼェです。
それにしても岩場の実に痛そうな尖り具合よ。
そしてこの角度。(ズルズル…)

b0166783_00225557.jpg

あともう一つ、山の天気は云々って言う通り、昼を過ぎると雲が増えてきて風も強くなってきました。
この頃視線の先には、北のピークから下りてきたパーティーの一部が真っすぐカルデラに下りていく様子が見える。
うーむ、こっちのパーティに参加ingして北のピーク登れば良かった。(疲)

b0166783_00161426.jpg

写真真ん中辺りの凸が北のピークですねえ。
そしてその奥の凸のふもとまで戻る訳で。
嗚呼。(疲)

つづく…
by bananaoka | 2019-03-31 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 30日
メキシコで4番目
 
という話。

二度目の挑戦となるNevado de Tolucaはメキシコで4番目に高い山。
一度目はゆた母さんの弾丸メキシコ旅行の最後にねじ込んでみるも弾丸なだけに時間切れにて下山、そして今回…(まあ結果は既に書いているんですけどね)

b0166783_00514550.jpg

そんなこんなで、座っているだけとはいえ朝から真夜中まで主に車を運転していたもので、朝はゆっくり目に出発。
これが後々。(照)

真正面に見えているのが、Nevado de Toluca(標高4,680m)です。

b0166783_00514570.jpg

今回も夜の間にメキシコシティまで移動しなくてはならなく、そして翌日の予定は朝7時行動開始という特急パターン。
そして何気に登山口への道を一度見落として直進してしまい、30分のタイムロス。
これが後々。(照)

b0166783_02094904.jpg

そんな訳で未舗装路を暫く走り、麓の公園というかキャンプ場というか駐車場というかの施設に到着。(標高3,600m)
うむ、今日もいい天気である。
駐車場代は50ペソ。(300円)

b0166783_00514698.jpg

そしてここからは乗り合いタクsh…トラックに乗って標高4,100m地点まで運んでもらいます。
トラックは50ペソ(300円)で、たまに居るタクシーは1台200ペソ。

b0166783_00514677.jpg

I love Zinacantepecという事らしい。
Zinacantepecはここの行政区の名前。
と、写真を撮っていると、乗り合いトラックが定員になったようで、出発です。

b0166783_00514595.jpg

トラックにはナンバープレートが2枚。
一枚はメキシコのやつで(なぜかゲレロ州)、もう一枚はアメリカのネバダ州のやつ。
Nevado(雪が多い,Snowy)の女性形がNevadaって事で、ワンポイントお洒落なのかそうなのか。

b0166783_01072379.jpg

で、満員の荷台ではなく助手席に乗せてもらいます。
うむ、快適である。
とはいえ、キャブ定員の3名までキッチリ乗るのがメキシコ流。
時々3名以上が知恵の輪みたいにして乗っているのもメキシコ流。

b0166783_01072312.jpg

先の公園エリアからクネクネと続く未舗装路はそのままトレイルも兼ねていて(所々ショートカットがある模様)、ある人はトレラン、ある人はトレッキングで登っている。
体力あり過ぎじゃありませんか?

b0166783_01072366.jpg

途中、標高4,000m付近にあるアンテナ群を過ぎるともう少しで終点。
この辺りまで来ると森林限界を超えているので視界スッキリ。

b0166783_01072333.jpg

体力あり過ぎの人達はMTBでも登る。
12インチのミニベロを鬼のようにペダリングしていたお兄さんも居たんだけど、肺活量を計測させてもらいたいレベル。

b0166783_01072407.jpg

そんなこんなで標高4,100m地点に到着。
カルデラの反対側にある山頂はここからは見えない。
ギリギリ見えている黒い部分が北のピークか?

b0166783_01072467.jpg

登り始める前にトイレを済ませ、準備完了。
GSのペアが居たので一枚。
バイクなら自家用でもここまで登ってきて良いみたいです。
車はNG。

b0166783_01072259.jpg

遥か眼下に見えるのはトルーカの市街地。
さて、ボチボチ取り掛かりましょう。

因みに、携帯は思いっきり圏外です。
ついさっき通り過ぎてきたアンテナ群は一体…
携帯のアンテナが一本くらいあってもいいと思いません?

つづく…
by bananaoka | 2019-03-30 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 29日
往復1,000km
 
という話。

パスポートを500km程離れたハウスにヌッ忘れてきた為に土曜日をまるっと使った往復1,000kmのドライブを強制された訳なのですよ。

b0166783_07520109.jpg

元々の予定が土日を現在地のTolucaで過ごす予定(土:Nevada de Tolucaに登る,日:ロボコップ休暇)だったので、レンタカーを予約していたのですよ。
中型車クラスを。
画面上では、三菱ランサー若しくは同等と書かれていたので、まじかよ2リッターターボ四駆かよ、同等になった場合はスバルのインプレッサWRXだよなあ、もしかしてまさかのSTIだったりするんだよなあどうしようとソワソワしつつハーツのカウンターに向かうと、可愛らしいお嬢さんがポツリ。
「小さいのしかないよ」
だよね、うん、だいたいそうなんだよ。

という訳でChevrolet Aveoがお出迎え。
ま、まあいい、アクセル踏んで前に進めばいいか。

b0166783_07520179.jpg

そんな訳でグングンと北へ向かいます。
誰でも運転できるようにか、こちらのレンタカーにもATが普及してきており、ヨーロッパのレンタカーでMTとATの選択が出てこなくなる日も近いのか。
で、肝心のこの車は懐かしの(?)4速ATながらも、高速道路でちゃんとスピードが出る。
ドアを閉めるとバイ~ンとポップな音が響き、ガタガタ道を走るとインパネ奥からビヨヨヨヨンと聞こえてくるのは徹底した低コストのなせる技か。

b0166783_07520183.jpg

それにしてもいい天気でして、ドライブ日和ですよ。
本当だったら三菱ランサーEVOか、スバルインプレッサWRX-STIだったのになあと、そこだけが残念なのですよ。
いやもしかしたら、FORD FOCUS RSだったかも?

b0166783_07520182.jpg

そんな事を考えつつ心を無にしてハイウェイをひた走り、お昼には順調にケレタロ着。
そしてここでお昼ご飯。
ケレタロの市街地から少しだけ離れた南の方にあるデリ牡丹でポキ丼。
ちょうど開店から2ヶ月という日だったのでお祝いも一緒に出来てなんともいいタイミング。
色々な美味しいが混ざったポキ丼もウマウマでもう、実にありがたく疲れも回復ですよ。

b0166783_07520243.jpg

そして本日のおまえにチェックインはここ。
ホテル太陽。
いやいやそうじゃない。
まだ家にも到着していないではないか。
というかこの車、リアドア交換してるね!
まともな生産ラインならば車体とドアは同時に塗られるので色がずれる事は無い訳で。

b0166783_07520260.jpg

そんなこんなで家に着いてパスポートを握りしめ復路スタート。
往路でお昼を食べたケレタロを越える頃には22時過ぎ。
まだまだ先は長い。
だがしかし、ここから少し進んだSan Juan del Rioには、日本の牛丼チェーン店すき家がある!
Googleマップ情報によると23時まで営業しているという優良店!
メキシコなのに!土曜日なのに!

b0166783_07520254.jpg

そうそう、メキシコの現在のガソリン価格はレギュラーでリッター約116円となっており、日本と比べてそう安い訳ではない。
因みにアメリカは今安くなっていてリッター60円後半とか。

b0166783_07520040.jpg

で、すき家は閉まってました。
閉店作業をしていたお兄さんによると22時までとの話。
だよね~。

という訳で、素早く車に乗り込み走り倒して0時半にホテル着。
往路558km(9時間44分),復路513km(4時間58分),合計1,071kmの強制駆け抜ける歓び終了。
復路は不要な休憩も食事もしなかったからさすがに早かった。
往路で途中気分転換に下道を走らなかったらすき家の22時に間に合っていたかもな~…という感じで、就寝!
明日のNevada de Toluca登山に備えます。
by bananaoka | 2019-03-29 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 28日
まるで新くなったカメラ
 
という話。

b0166783_07463171.jpg

まるで新くなったカメラがここにあるのですが無駄にバタバタしていてジックリネチネチ触る時間が無いという行為。(照)
by bananaoka | 2019-03-28 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 26日
4,557m
 
という話。

b0166783_07443049.jpg

Nevado de Toluca、今回は4,557mで制限時間一杯。
どうもルートの決定にも失敗していて、参考にした記事はどうやら北にある4,620mのピーク①へのルート。
つまり①に向かって最後に頂上に向けて崖登りをして登頂してリターンというルート。
そこを自分はピーク①へ向かうパーティと別れて最高地点と思っていた②(ここも普通に4,600m越えのピークの一つなんだけど)に向かって傾斜45度くらいの砂利道をヒーヒー言いながらズルズル滑りながら進んで気分的にはあと少し(実際は2/3くらい)という所で、帰りの時間,残りのバナナの本数(あと1本)を考えて引き返す事に。
帰りに再会した①へ向かったパーティの話によると、最も標高の高いビーク(4,680m)は③で、そこへのルートは緑の矢印が普通との話。
メキシコのGoogleマップのピンはあてにしていないのだけど(過去に散々違う所に連れていかれた)、ここはドンピシャか~い。
なんて日だ!そのパーティに混ぜ混ぜしてもらって①に行っとけばヨカタ。
メソメソ…
さて、どうするよ。
by bananaoka | 2019-03-26 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 24日
取り敢えず寝よう
 
という話。

b0166783_07411994.jpg

土曜日の朝から未明にかけてトルーカ~アグアスカリエンテス間の往路558km(9時間44分),復路513km(4時間58分),合計1,071kmを、パスポートを取りに帰る為の駆け抜ける歓び完了。

b0166783_07411873.jpg

ええ、週明けにどうしてもこうしてもパスポートが必要なのに思いっきり家に忘れて出張先のトルーカまで来てしまいやがりましたんですよ。
よし、取り敢えず寝よう。(疲)
by bananaoka | 2019-03-24 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 22日
メキシコ暑い
 
という話。

b0166783_09261282.jpg

シカゴを飛び立ち、NASCARのビデオ録画(ラスベガス戦?)をウトウト見ながら南下…

b0166783_09261318.jpg

ハッと起きると既に着陸態勢。
遠くでUNITEDのERJが同時並行進入。

b0166783_09261301.jpg

当機は間もなく云々…

b0166783_09261396.jpg

ん?
Il-76?

b0166783_09282917.jpg

エミレーツのA380。
A380と言えば、ANAが受領しましたね。
5月からハワイ航路に就航とか。

b0166783_09261418.jpg

ヒューストンでは乗り換え時間は58分。
ターミナルが違うので、無人運転のシャトルに乗って移動なのですが、どこだっけ?

b0166783_09261423.jpg

あの、どこですか?

b0166783_09261402.jpg

なんかウッカリ見過ごしてしまいそうな所に案内があったものの、見落とす事無くシャトル乗り場へ。

b0166783_09261533.jpg

ターミナルCからターミナルBへワープ。
歩いては行けない。
しかし天気悪いですな。

b0166783_09261509.jpg

ここから先はグッと小さいERJに押し込まれてメキシコです。

b0166783_09282733.jpg

搭乗ゲートはターミナルBの先っちょ。
一気にメヒカノ率UP。
ヒューストンはUNITEDでのメキシコへの乗り継ぎ便が集中するので、日本からの駐在員や出張者の利用も多く、日本人もチラホラ。
隣のゲートはプエブラ行き。
こちらは観光で行く感じの米人がチラホラ。

b0166783_09282851.jpg

スロープを歩いて登って搭乗です。
寒くない?ヒューストンってテキサス州なんだけど。
天気が悪いだけか。

b0166783_09282894.jpg

という訳で、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港(長)より飛び立ち、リセンシアド・ヘスス・テラン・ペレド国際空港(長)に向かいます。
ていうか、どちらとも、ヒューストン空港だったりアグアスカリエンテス空港といった感じで空港のある地名で呼ばれていて、正式名称っぽいこれらの名称で呼んでいる人見た事無いというパターン。
伊丹空港=大阪国際空港って、どちらとも地名じゃないですか。
リセンシアド・ヘスス・テラン・ペレドとは、とある時期のアグアスカリエンテス州の州知事の名前らしい…(知らんがな(小声))
って事は!
伊丹空港=横山ノック国際空港という図式か。
(DSC-RX100M6,ISO6400,RAW,ノイズ処理はLightroom標準パラメーターから触らず)

b0166783_09282838.jpg

そろそろ国境超えたかね、って所で夕日。

b0166783_09282857.jpg

隣の席は日本からの同年代の出張者だったので、ちょいちょい話をしながら過ごしてアグアスカリエンテスくうk…違う、リセンシアド・ヘスス・テラン・ペレド国際空港に到着。
安定の暑さにジャケットをンバッと脱ぎ去って空港タクシーに乗って帰宅。
メキシコの空港は、空港内のタクシー用のキオスクに行って行先を告げてタクシーのチケットを貰い(若しくはその場で決済)、その金額に沿って目的地に連れて行ってくれるので安心です。
流しのタクシーは空港内には入って来れない模様。
そういう意味では、東南アジアやヨーロッパの方が最初のハードルが高いと思う。
ホテルはどこだ?どこに行くんだ?と、こっちはまだ何も言ってないのにガツガツ寄ってきてスーツケースを奪いに掛かってくるあのスタイル。
その前にアンタは誰だよと。(照)

おわり。
by bananaoka | 2019-03-22 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 21日
イギリス四季シリーズ版画「冬」
 
という話。

b0166783_00285265.jpg

一瞬の油断(寝坊)で激しい争奪戦への参戦に失敗したものの何とか購入に成功したロンドン在住アーティスト岡田 葉さんのイギリス四季シリーズ版画「冬」が、安心のDHL氏により南ロンドンのサグラダファミリアより冬という概念がイマイチはっきりしないメキシコ中央高地に到着。
後はミシガンに戻った時に額装して飾るのみ!(叫)

by bananaoka | 2019-03-21 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 20日
断水
 
という話。

b0166783_04520811.jpg

うーむ、シャワー浴びて寝ようと思ったら断水か…
ちょいちょい断水するメキシコあるある。(なのか?)
しょうがないのでこのまま寝ようかと思う訳なのですが、去年の12月にシティで食べた寿司の写真をジーっと見ながら眠りに入ったらすしざんまいの夢見れるかな、と。
うん、あのおっちゃんの方じゃなくて、寿司三昧の方。

あ、そうそう、3日程前から寝室に蚊が一匹おりまして、自分が寝に来ると血を吸いにやってくる訳ですよ。
不必要に耳元で存在をアピールしない健気な奴でねえ、そろそろ名前をつけて可愛がってやろうかと思えてきましてね。
すまんねえ、でろんとした血で。(予想)



うーむ、朝になっても絶賛断水中。
やったね!

b0166783_04522091.jpg

しょうがないのでそのまま出社しようと思う訳ですが、去年の昨日はアリゾナの上の方のオートキャンプ場でタイニーハウスに泊まっていたのですよ。
タイヤが付いていてトレーラーとして牽引出来るタイプのやつ。

b0166783_04522051.jpg

将来は本格的に住所不定になりたいので、これも選択肢の一つだなあ。
by bananaoka | 2019-03-20 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 19日
帰路の途中
 
という話。

b0166783_02012865.jpg

という訳でシカゴ・オヘア国際空港に到着。
乗り継ぎのヒューストン行きはゲートBなのでテクテク移動。
スターバックスのマグカップの新シリーズを買うべきか買わぬべきか、迷う。
前シリーズは57個中6個集めきらなかった…

b0166783_02012863.jpg

と、元は公衆電話があったであろうスペースにSIMの自販機。
日本では成田でも羽田でも空港内にひしめいているので海外に出て初めてSIMを買わなければならないというパターンは少なくなっていると思うけれど、アメリカの空港にも、ある。

b0166783_02012834.jpg

で、お昼はどこぞで食べないとダメなパターンなので2時間の乗り継ぎ時間のあるここで食べるべきである。
としてテクテク移動していると、ターミナル1に入った所に中良さそうなお寿司屋さんがあるではないですか。
そしてツラツラとメニューを見ると、なんと生牡蠣があるではないですか。

b0166783_02012785.jpg

うむ。
グビグビ。

b0166783_02024295.jpg

そして生牡蠣到着である。
おいしい。

b0166783_02024289.jpg

そしてお寿司も及第点であり、牡蠣も寿司もパクパク食べて無事まんぷく丸完成。

b0166783_02024204.jpg

まんぷく丸ヨタヨタとゲートBを目指します。
窓が広くて素晴らしく開放的です。

b0166783_02024165.jpg

真っすぐ伸びるターミナル1の中の1本であるゲートB。
おや?なんかある。

b0166783_02031135.jpg

でかい骨格標本がドーンと。
この奥は博物館のアンテナショップ的なお店。
かっこいい展示だな。

b0166783_02031152.jpg

さすがに2時間もあれば余裕でターミナル間の移動も出来る訳なのだけど、空港のどこかにあるF4F wildcatの展示を見に行けば良かった…

b0166783_02031192.jpg

という訳でシカゴ・オヘア空港より離陸。
メキシコまでは行かず、真ん中辺りのテキサス州ヒューストンへ向かいます。

つづく…
by bananaoka | 2019-03-19 00:00 | Comments(4)