<   2018年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
 
2018年 03月 31日
Semana Santa
 
という話。

復活祭(イースター)の前の1週間を受難週(Semana Santa,セマナ サンタ)と言ってスペインやメキシコでは祭日としてお祝いしている訳です。
どうやら公休日ではないみたいですが、多くの会社は休みとなるようで、今日、仕事に向かう為にホテルを出て先ず思ったのが、「車が少ない…」といった具合で。
もしや、スーパーも休み?食料は買ってあるからいいのだけど。

という訳で、そんなSemana Santaにinする直前に家から車で3時間程の町、Queretaro(ケレタロ)へ行ってきた訳ですよ。
町が出来たのは1531年、1996年に世界遺産に登録という感じで、自分が住んでいるAguascalientes(アグアスカリエンテス)よりちょっと古い。

とまあ、先ずはあれですよ、お昼ご飯。
いわゆる旧市街の中心部の地下駐車場(深い!)に車を止め、観光で賑わう可愛らしい街並みの中にあるレストランにin。
スペイン料理のレストランだって事で…

b0166783_04275232.jpg

サングリアです。(美味しい)

b0166783_04280007.jpg

イカ&イカスミです。(美味しい)

b0166783_04280737.jpg

生ハムです。(美味しい)

b0166783_04281392.jpg

出来立てパエリアです。(美味しい)

黙って聞いてたらどんだけ雑な紹介ですかって感じですが、美味しいのね、どれも。
あるんですよ、美味しいレストランが、知らないだけで。
いかに普段「おっちゃん、タコス2個ね!」で済ませているかが分かりますね。(汗)

b0166783_04282365.jpg

最後はアイスクリームで〆で、お決まりのまんぷく丸完成です。

b0166783_08023410.jpg

たまにはちゃんとレストランで食事をしよう。

b0166783_04283717.jpg

という訳で、散策開始。
週末とあって程よく人が出ていて丁度いい感じ。

b0166783_04284460.jpg

ケレタロはスペイン人と先住民(チチメカ人)の共存/共生が実現して出来た町とか。

b0166783_08030657.jpg

観光地的エリアとあって、綺麗にまとまっているお店が多い。

b0166783_04285833.jpg

小さな露店が並ぶ細い路地もある。
どこかで見た事のある絵柄なんだけど、思い出せない…

b0166783_04303230.jpg

家庭内手工業的な製品が並ぶお店が多いのも可愛らしい観光地の魅力かなと。
ここで買わなかったら二度と手に入らない的なやつ。

b0166783_04303890.jpg

セマナサンタ待ったなし。
これは日本的に言うとお神輿的なポジションなのだろうか…
装飾もそれぞれ趣向を凝らしているようで。

b0166783_04304501.jpg

世界遺産に認定されるだけあって歴史的な町なので、当然のように教会もあちこちにあって、そのスタイルも様々。
Templo de Teresitas(テレシタス教会)は白い漆喰が明るい。
中では、女の子の15歳を祝うQuinceanera(キンセアニョーラ)が行われていて、鮮やかなオレンジ色のドレスを着た主役が中央に居ましてね。
写ってないんですがね。

b0166783_04305076.jpg

外観はパッと見て教会じゃないみたいなのだけど、教会です。
反対側にちゃんと鐘が吊ってありました。
そして、その教会と同じ建物の奥の方はどうやら音楽学校になっているようで…

b0166783_04305558.jpg

いいからそのサックスを私に返しなさい。
しかしこの銅像、西日をガンガンに受けてアツアツ…
超アツアツで触れない程に。

b0166783_04310245.jpg

そして街歩きと言えば電力メーター!
奥には水道メーターもあって、一度で二度嬉しい配置。

b0166783_04310830.jpg

そして街歩きと言えば謎の電気店!
オムニ電気!
何が売っているのか良く分かる。
このパターンの場合、その辺を見回すと実店舗の店員からの熱い視線に気が付く事が出来る。(笑)
と、そんな激アツなOMNI ELECTRONICAを後にして更に歩く歩く。

b0166783_04311775.jpg

デデーンと現れたのはTemplo de Santa Rosa de Viterbo(サンタ ローザ デ ビテルボ教会)という教会。
同じ模様の繰り返しがどことなくイスラム調。
他のいくつかの教会と同じく中では結婚式が行われている(準備中?)ようで、聖なる週間を迎えた週末の教会は結婚式ラッシュ。
きっとメキシコ中の教会も大混雑なはずである。
そして、良く見るのは色とりどりに塗られたやつとは違う真っ白な地名のオブジェ。
プロジェクトマッピング用ではないかという考察。

b0166783_04312288.jpg

ゴージャス!
シャッター速度1/5秒でブレてます。
ごめんなさい。

ケレタロにある最もゴージャスな教会は現在改装中で中に入れず…

そういえば、結婚式ってのをやってないんですよ。
ごめんなさい。

b0166783_04313138.jpg

そしてこちら。
ブーゲンビリアが凄い事になっている通り。
Calle Pino Suarez(ピノ スアレス通り)って事で、この時期にメキシコに来る事となった場合、覚えておいて損は無いはず。
Templo de Santo Domingo(サント ドミンゴ教会)を目印に、どうぞ。

b0166783_04331310.jpg

ピンク色の壁、鮮やかなブーゲンビリア。
こんな感じで写真を撮れば、もう、完璧じゃないですか。

b0166783_04332032.jpg

メキシコ(スペイン)あるあるで、外観や入口はしれっとしているけど、中に入ると物凄い事になってるパターン。
こちらもその一例で、通りに面した扉からチラッと中を見るとセマナサンタ待ったなし。
新品の蝋燭も今か今かと。
早く灯りたいと。

マリア像の前には、Virgen de Dolores(ドロレスの聖母)を意味すると思われる心臓とそれに刺さる剣が色の付いたおが屑で作られていて、中々手が込んでいる訳なのだけど、更に周囲を囲う柚子に似た何かについつい目が行ってしまうのはしょうがない。
柚子を浮かべたお風呂に…(モゴモゴ)

b0166783_04332682.jpg

そして今回の最長不倒はTemplo y Convento de la Santa Cruz(サンタクルス修道院)。
この修道院はケレタロにある水道橋の終点に建っているという話。
地図で見ると、水道橋の橋たる部分は幾らか手前で終わっているのだけれど、水路的な部分で繋がっているのだろうか?
次にケレタロに来る時にドローンでその全長1km以上ある水道橋を空撮する予定。
No Fly Zoneでない事は既に確認済みなので。(今日はサッカーの試合とかで、旧市街を含むエリアが数時間の間だけNo Fly Zoneになっている…)

b0166783_04333370.jpg

そんな感じで、再びセントロへ向かいつつ、これまた家庭内手工業的な革製品を作るお店。
きっと、カスタムメイドもお手の物でサクッと作ってくれそうな予感。
そうそう、ここの金具は金メッキじゃなくてくすんだ感じの真鍮にしてくださいな、的なやつ。
理想のカメラバッグはここにあるのか?

b0166783_04334288.jpg

そんな街歩き最後は出発地点に程近いTemplo de San Francisco(サンフランシスコ教会)の祭壇を遠くから70-200mmGMで一枚。
静かな教会の中でも、完全無音の電子シャッターで撮れるのが有り難い。
デカくて白いレンズ持って何言ってんだって感じですよ。
ごめんなさい。

そして最後にちょっとだけグ(グテングテンのグ)ってケレタロ終了。
昼過ぎからイイ感じに歩き倒してケレタロの旧市街を巡ったのですが、またしてもGeo Trackerを立ち上げるのを忘れていましてね…
でも、あれですな、Googleマップのタイムライン機能、GPSログとまでは言わないまでも、結構細かく残ってるんですな。

b0166783_04334801.jpg

お土産はケレタロ人形と冷蔵庫に貼るマグネットにする予定の小皿。
by bananaoka | 2018-03-31 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 30日
牛丼
 
牛丼

という話。

b0166783_09301522.jpg

日本の何がアレって、こう、焼き鳥屋さんで食べて飲んでそろそろ終電の人が居るんじゃね?となってお開きになって駅まで歩いて、何だよ携帯お店に忘れたよって取に行って普通に携帯お店に置いてあって終電調べてまだ余裕で間に合いそうでちょっとお腹にスキマあるなって時にペロッとそこらで牛丼食べれる所。(長)
by bananaoka | 2018-03-30 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 29日
知ってるんすよ
 
という話。

ぼかぁね、知ってるんすよ。

b0166783_06525085.jpg

こういうのが好きな兄さんも居るってね。
知ってるんすよ。
by bananaoka | 2018-03-29 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 27日
サングリア
 
という話。

日曜日は部屋(ホテル)から出たくないでござるデーだったので、色々片付けしたり写真現像したり。
が、いまいち片付いていない気がするのは…

b0166783_00152924.jpg

しかし、このサングリアっちゅーやつは美味いですな。(おっさんか)



色々と撮影済みの写真が唸っている訳ですがちょっと戻りまして、何故、各種あるモータースポーツの中で、ラリー競技(完全ターマックを除く)とモトクロス(AMAスーパークロス等のスタジアム観戦型を除く)が着飾った彼女とのデートに向いていないかを以下で示したいと思い升。

という訳で写真内のコメント…は、イランな。

b0166783_00155336.jpg


b0166783_00155760.jpg


b0166783_00160239.jpg


b0166783_00160713.jpg


b0166783_00161738.jpg




違う、そうじゃない
という声が聞こえてきました。
どうしてだろう?

b0166783_00164956.jpg

これかな?

b0166783_00165247.jpg

それともこっちかな?
by bananaoka | 2018-03-27 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 26日
Dia de las Floras
 
という話。

Dia de las Floras、日本語的には「花の日」。
ふとInstagramを見ていると魅力的な写真のポストが目に入り、んを?と見てみると、現在出張で滞在しているSilaoから車で30分程の距離にある世界遺産の町GuanajuatoにDia de las Florasという伝統の日が訪れているという事。
これは、行かねば。

という訳で…
b0166783_16272675.jpg

先ずは、賑やかであろうCentroを目指しつつ程よい場所に駐車。
今回は24-70mmGMという事で、カメラを掴み散策開始すると、車で駐車場を探している時に見掛けた旅行者と見える家族に再会。
ドイツから来ているようで、お父さんと話をして写真を撮らせてもらう。
状況的に車道に出て撮る訳だけど、「あ、写真撮ってるのね、イイヨイイヨ!」って笑顔で車を止めて待ってくれるセニョール、最高。

b0166783_16354641.jpg

再び散策開始。
だよね、スペイン系だからね。

b0166783_16355464.jpg

町には沢山のPapelpicado(切り絵飾り)があって、鮮やかでいい。

b0166783_16360554.jpg

で、またもさっきのドイツからの家族とすれ違いつつ、「あっちでまだやってるよ!(笑)」という言葉を貰いつつ一筋進むと、いつもと違う雰囲気。
(彼らは通りの人込みを避けてホテルへの早道を辿る為に逆行中であった)

b0166783_16361638.jpg

人の流れが凄い。
そうか、金曜日の晩でもあるのか。

b0166783_16362384.jpg

そんな中で建物の中を覗くと、綺麗な花に飾られたドロレスの聖母(Virgen de Dolores)の姿。
街の喧騒の一歩裏にある美しい風景。

b0166783_16363620.jpg

きっと昨日はもっと多かったと思われる花飾りの露店。

b0166783_16371289.jpg

いつもあるレストランのテーブルの上にも可愛らしい花飾りの付いた置き物。
雰囲気最高である。
このテーブルに一人座るおっちゃんは、きっとママンが来るのを今か今かと待っている様子。
目が確実にハート形になりつつ電話しているおっちゃんをチラリと見ると、メキシコの男性がパートナーの女性に対して目がハートなのがひしひしと伝わる訳で。

b0166783_16371983.jpg

そしてこちら。
花に囲まれたドロレスの聖母,タバコ休憩中のセニョール,ATMでお金を引き出すセニョール、そして、構図を決めて撮影するまでに何回キスしたか数えたろかと思った程のセニョール&セニョーラ。
しかも動きが素早過ぎてブレてる。
参ったねこりゃ。

b0166783_16372627.jpg

という訳で、そろそろもう一つの目的であるGuanajuatoにある日本料理のお店にinして、昨日寒空の下で寒い寒い言いながらグテングテンになった結果、仕事を放棄した末に荒れ荒れになった胃腸を癒す為にラーメンを食する為に来た道を戻ります。
ほら、あれじゃないですか、大抵の事はラーメン食べたら治るじゃないですか。

b0166783_16392458.jpg

因みに(?)、折角こんなにキュッとしてて可愛い町に訪れたら、その中にあるキュッとしたホテルに泊まって欲しい。
夜中まで歩き回っても、そこに宿があって、ちょっとだけ早起きしたら、誰も居ない昨日見た素敵な路地に再び出会える。
時にはハズレもある、それも込みでinするのがまたいい思い出になる訳で。
トルコ弾丸旅行で泊まった超地元の宿も寝て起きるだけの部屋だったけど今でも覚えているもんな~…
お風呂は隣にあるハマム(トルコ式お風呂)に行ってネってやつ。
おっちゃんに力一杯垢すりしてもらって力一杯お湯で流されたやつ。
まだやってんのかな?
まだやってるよね、既に何百年もやってんだから。

b0166783_16392815.jpg

そんなキュッとしたホテルのレセプションはこんな細い回廊の途中にあって、スーツケース通るかな?と思いながら、お兄さんの笑顔に迎え入れられる訳ですよ。
もしかしたら、素敵なお姉さんかもしれないし、陽気なママンかもしれない。

b0166783_16393368.jpg

で、チェックインして身軽になったら、そう、「酒、どこか頼む」ですよ。
(因みに、目的の日本料理のお店は本日の営業を終了しておりました…)

b0166783_16394081.jpg

とまあ、さっきから黙って聞いてたら何言ってんだって感じですが、そんな感じで、いつもより賑やかな町の様子を見ながら車の所まで戻りつつ…
(そう、この日は、シングルの男女が一同に集まり、花を持ち寄り歌い踊りお互いを見定め、意中の相手に花をプレゼントしつつ、「アララ、後はお二人でウフフ」になるのを良しとする由緒正しき伝統行事なのヨ、と、この写真を撮る為に上った路地に座っていたグランマとママンが教えてくれた)

b0166783_16394643.jpg

ここぞとばかりに愛の言葉をささやき合う恋人達の近くにそっと近寄り、さり気なく弾き語りを始めるよかにせ(鹿児島/宮崎の方言)の写真を撮った所で本日終了。
ご清聴、どうもありがとうございました。

■補足
ホテルに帰っていそいそとラーメンを作って食べつつ花屋さんのwebサイトに行き、鹿児島に居るあの人とお蓉さんに届ける花を注文せずには居られない状況になった事を報告致します。
by bananaoka | 2018-03-26 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 21日
飛行中のエアブレーキ作動
 
という話。

b0166783_00191764.jpg

ふとTwitterを見ていると、#飛行中のエアブレーキ作動祭 が開催されていたので参加してみるという行為。

b0166783_00192117.jpg

ひとつ前の写真が合成みたいに見えるゾ~という事で、4秒前の進入時のカットを投下!

つい先週末にアリゾナ州フェニックスのLuke AFBにて行われたLuke Days 2018より。

元ネタ?と言えば、つい先日、某沖縄の新聞に嘉手納基地所属のF-15 2機(うち1機がエアブレーキを展開)が接近している写真と共に、元空将補(自称)の話として「着陸時の減速で使うエアブレーキを空中で使うのはあり得ない。他の方法では間に合わないくらい危機が迫っていたとみられる。」という記事を掲載した、という流れ。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、なんだかな~。

b0166783_00194727.jpg

更に、爆炎が作った煙の中をバレルロールで突き進むA-10 Thunderbolt II。
たまらん。
そしてこれもエアブレーキ作動してる?
A-10はエアブレーキとエルロンの機能がミックスされているけど、エアブレーキ掛けながらロールも出来る?よね?(誰に聞いてる)
by bananaoka | 2018-03-21 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 21日
出来る!
 
という話。

今日もいくつかRally Méxicoの写真を現像していたりしてまして。
例のリトアニアからのお姉さんはず~っと先の谷になったポイントで撮影していたっぽいです。

b0166783_00253139.jpg

0カーに対して全く撮影する意思を示していないのが何とも。(笑)

b0166783_00253883.jpg

そして、このようなシーンを低い目線の正面から撮っていたのですな。
そこからなら、もうもうとした砂塵に巻かれる事も小石が飛んでくる事も無く迫力のあるショットが撮れるって訳か!

b0166783_00254361.jpg

さすが!出来る!(誰)
by bananaoka | 2018-03-21 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 14日
起承転結
 
という話。

四文字熟語、起承転結。

b0166783_02513527.jpg


b0166783_02542755.jpg


b0166783_02543335.jpg


b0166783_02544763.jpg


今回の撮影は秒20枚連写&歪みの無い電子シャッター&ブラックアウトフリーを存分に使いました。
まるで動画を撮るようにファインダーで追いながら高画質の写真が撮れる。
コンマ数秒単位で表情が変わるスポーツシーンの撮影においてはコマ数が多くて困る事は無い。

一方、連写と切っても切れない記録媒体については…

SONYさんお願いします。
次のα9先生のファームウェアアップではスロット間の順次記録モードの追加を…
そう、α7RIIIと同じように…
ううう。
今のままではスロット2は単なるSDカード置き場に…



b0166783_02550003.jpg

定期UP。(何のだよ)

Rally MexicoはCoronaビールがスポンサーになっていたようで、会場で売られているビールはCoronaビールが殆どという感じでした。



b0166783_02553562.jpg

今回のRally Mexicoで自ら購入したビールは2日目の朝と最終日のスタジアム内での計2本のみ。

b0166783_02554108.jpg

それ以外は近くで観戦していたアミーゴや通り掛かりに写真を撮ったアミーゴが「そういえばビールはどうした?」と、持ってきてくれた。

b0166783_02554734.jpg

ビールだけでなくテキーラも持ってきてくれた。
もはや何本飲んだか分からないビール達。(テキーラは4杯)

b0166783_02571969.jpg

仲間や家族でワイワイと来ているので、クーラーボックス完備でどのビールも冷え冷え。
SSが始まるまでの時間も無限に出てくるビールを有り難くも遠慮無く頂きながら待てばあっという間。
もはやラリーの撮影に行ったのか、ビールを飲みに行ったのか分からない。(誤)

b0166783_02563344.jpg

因みに、この写真のアミーゴ達は、朝に一度撮影場所を仮確保した時に話をしたグループで、その後に別の場所を見つけて移動し、午後になって同じ場所に戻った感じで再会したアミーゴ達。

b0166783_02564766.jpg

その時にはSUBARUシャツの兄さんは既にグテングテンで、グテングテンなのにどんどんビールを持ってきて自分と同じペースで飲むもんだから更にグテングテンが加速し、「街でアジア系の女の子を見ても日本人と韓国人と中国人の見分けが出来ない」って言うので、「化粧と靴を見ればいいと思うよ」と教えたり、「君は相当酔ってるように見えるけど大丈夫か?」って何度も言うから、「それは兄さんだよ?」と何度も教えたり。

b0166783_02565724.jpg

それから暫し、様子を察したアミーゴ達に連れられて文字通り転げ落ちるように観戦場所の斜面を降りて帰って行くという。
これだからメキシコは面白い。
by bananaoka | 2018-03-14 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 13日
Rally Guanajuato Mexico
 
という話。

いやもう大変、人人人、人三つで轟です。
周りは99.99998%メキシカンとかなりの純度。
歌うし飲むし肩組んでくるしどっからそのスピーカー持ってきた!(笑)

b0166783_02301328.jpg

そんな中、α9先生のブラックアウトフリー連写の威力を思い知った訳で。
アミーゴも「それスゲーな!」ですよ。
でもって「タバコ吸う?マリファナ!」ですよ。
あるんか~い。(笑)

b0166783_02301862.jpg

そんな感じで、金鉱脈で栄えた世界遺産の都市Guanajuatoに設定されたSS1でRally Guanajuato Mexicoスタート!

b0166783_02302327.jpg

こちら、体力と気力の続く限り追っかけていきたいと思い升!



b0166783_02341200.jpg

よし!シトロエンだ!セバスチャン・ローブだ!復活した王者の走りを見せてくぁwせdrfgtyふjきぉ!
というWRCらしい写真が撮れました。
もちろん全身砂塵に覆われ背中に小石がinです。(照)

b0166783_02352520.jpg

こちらが被害が少なくて安心して見ていられるパターン。
少なくとも小石は飛んでこない。(笑)

b0166783_02353607.jpg

そろそろ「おい、あれはどうした、撮ってるんだろう?」というお兄様方が荒らぶってしまうので…リトアニアからのお姉さん2人組み!
ここでまさかのバルト三国リトアニア。
リトアニア駆け抜けてビルニュスに泊まったよ!綺麗な町であの人が凄く喜んでたよ!と、Too shy shy boyな僕がリトアニア美女と話が出来てあまつさえ写真まで撮っちゃうのもカメラのおかげ。

うん。

ここをご覧のお姉様方におかれましては、ナイスガイ(冗談抜きの本物というか、王者)の写真も撮っておりますので、今しばらくのご辛抱。

そして明日は4時起き。
起きれるのか?
起きれなかったらSS入れなくて超ショックなんですけど。
朝6時半にゲートが閉まるし…
というか、SSの中で寝る?
そうしよう…(今日寝坊して死ぬかと思った)



b0166783_02360636.jpg

緑の中を走り抜けてくToyotaのYaris♪

さて、一人旅の私はどうやってハンドル切るのが正解?
A,気ままに
B,ゼロカウンター

昨晩は結局ホテルで寝ずにSS内の撮影ポイントの駐車場で寝る事にして向かったのですが、パーリィピーポーが大音量スピーカーを寝ずの番していて、総天然色のディスコティックなライトに飽き足らず大出力サーチライトまで絶賛稼働中。
これは、もしかして、寝れないパターン!(泣)



b0166783_02362298.jpg

Rally Mexico最終日の今日の撮影ポイントはココ!(どこ!)
最後のSS20/21 Las Minas(The 鉱山)の最後の180度ターン、その頂点部分に建つメキシコに点在する「永遠の作りかけ住宅」の1階?2階?それとも屋上?

b0166783_02362875.jpg

答えはオーナーのおじちゃんの「No problema」を頂いた全部使い。

b0166783_02364212.jpg

α6300もスタンバイOKでいつでも走ってきてくださぁ~い状態で10時のSSスタートを待つ訳ですが、既に激暑でこの先が思いやられます。(結果35℃程に…)
by bananaoka | 2018-03-13 00:00 | Comments(0)
2018年 03月 09日
一時帰国ダイジェスト,復路編
 
という話。

b0166783_10024993.jpg

ホノルル国際空港での5時間の乗り継ぎ待ちをクリアし、次はロサンゼルス国際空港まで~。

b0166783_10025605.jpg

ホノルル国際空港から5時間程でロサンゼルス国際空港に到着。

b0166783_10030782.jpg

特に何も考えず、Baggage claim へ向かいボケーっと待つ事暫し。
荷物が出て来ないんですけど~(汗)、と、良く考えたら国内線乗り換えか。(照)

b0166783_10031439.jpg

最後のフライトはロサンゼルス国際空港からの深夜便。
寝てたら着くお得便。

b0166783_10032120.jpg

機内食は出ないので、空港内でハンバーガーで済ませます。
Without cheeseは忘れなかったけど、Not crispy baconを忘れていたので、カリカリ野郎が来ました。

b0166783_10033086.jpg

という訳で、UNITED航空に乗り、成田→Honolulu→Los Angeles→Leonというルートで朝の6時過ぎに無事出張先のホテルに到着。

b0166783_10035283.jpg

少しずつ時差を跨ぎつつ特に考えず寝たり起きたりしていたけれど、今夕方の6時過ぎでちょっと眠たい感じでこれは案外いい感じの移動だったかもしれない。

b0166783_10050308.jpg

今回の一時帰国にも連れて帰ったLowepro プロタクティック 450AWですが、新幹線や飛行機での移動時に再認識した良い点が一つ。
それは、天井部の蓋と、付属のディバイダーを使いって蓋の下に作る事が出来るスペース。
ここにモバイルバッテリーや充電器やUSBケーブルを入れておくと、上にある棚等にリュックを置いている時でも写真のように簡単にアクセス出来て内容物も落ちてこない。
既に生産終了品になっている(ハズ)ので在庫限りなのだけど、これは本当にナイスな製品だと思う。
というか、ビックカメラのネットショップを見てみると在庫があったので予備に一つ買ってしまいました。(照)

b0166783_10045211.jpg

帰路の中でスーツケースの空きスペースに埋めるようにセルフお土産的なやつを買って帰った中の一つはコレ。
Nikonな人が金の箱と聞いて「あれかな?」反応するように、熊本の人も金の箱と聞くと「あれかな?」と思うやつ。
陣太鼓ソフトは食べ逃してしまった…(メソメソ)

b0166783_10054407.jpg

今回の一時帰国でレンタルしたのはNISSAN NOTE e-POWER。
レンタカーに出ているので、ベーシックグレードなはず?だけど、なかなか面白い電気自動車。
駆動力は100%モーターで、搭載しているエンジンは発電専用。
いわゆるガス・エレクトリック的なシリーズハイブリッド方式というやつでしょうか。
このシステムの面白いのは、走行モードをSモード,ECOモードにする事により、アクセルペダルだけで一般的な低速域での市街地の走行が出来てしまう所。

b0166783_10055741.jpg

踏み込んでいるアクセルを戻していくと、強いエンジンブレーキのような感覚で減速が行われ(回生ブレーキ)、そのまま停止するまでそれが続くというもの。
言葉にすると長くなるのだけど、慣れると自由に加減速をコントロールする事が出来て楽になる。

b0166783_10060360.jpg

アクセルをON/OFFでやっちゃうタイプの人の乗り方だとちょっとアレだと思うけど、これはなかなか良くチューニングされているなと思った。

b0166783_10061017.jpg

NOTE e-POWERのシフトレバーはハイブリッド車の標準仕様的な「手を離すと定位置に戻る」タイプ。
なぜこれがハイブリッド車の標準仕様的なやつになったのか良く分からないけれど、これはこういう物として認識すればそれ程悩む事はないと個人的には思うけれど、「このモードの時にはレバーはここにある」という通常のAT車の方が自然かなとも思う。

b0166783_10061917.jpg

そして、これは便利だなと思ったのはアラウンドビューモニター。
前後左右にある超広角カメラの情報を統合して、自車の周囲を上空から見たかのように映し出してくれる。(NOTEではバックミラー内に表示される)
車庫入れ時の死角の確認にとても有効。

b0166783_10062908.jpg

がしかし、これに関しては、最初からこれありきで慣れてしまうと運転技術の向上的に問題かな~、と。
無くても車の周囲を(見える範囲で)掌握出来る上でのアシスト的な使い方がベストだと思う。

b0166783_10063781.jpg

しかし、アラウンドビューモニターと各所にある距離センサーの組み合わせを駆使すれば、かなり狭い所にでも一人でグイグイ車庫入れ出来るな、と、ニヤリとなってしまうのであった…
by bananaoka | 2018-03-09 00:00 | Comments(0)