<   2014年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
 
2014年 05月 31日
散歩に出てみるという行為
 
という話。

シンシナティのオハイオ川を挟んでケンタッキー側に泊まっているので、ちょっと歩くとニューポートの賑やかゾーン。
という訳で、いつまでたっても暗くならないのでホテルの部屋でモソモソ晩御飯を食べた後で散歩に出てみるという行為。

b0166783_2304767.jpg

Dick's Last Resort。
どうやら最近出来たようで賑わっていましたよ。

b0166783_231135.jpg

風船(?)の中に入ってゴロンゴロン。
お一人様$8でございます~、って、暫くジタバタしたら筋肉痛バリバリの予感。
で、真面目にやったらバランス感覚が凄く鍛えられそう。

b0166783_2305110.jpg

レストランのオハイオ川側はもちろんオープンデッキになっていて凄くいい感じ。
これは次来た時に行かねば。

b0166783_231222.jpg

この景色を見ながら美味しいシーフードが食べれるって事ですよ奥さん。

b0166783_2313583.jpg

神戸でいうハーバーランドみたいな感じ。

b0166783_2315570.jpg

これはホテルへの帰り道にある大型リカーショップ。
小さな小瓶のウイスキーも大量の品揃え。

b0166783_250659.jpg

酒なら何でもあるぜ的な圧倒的な量で、試飲コーナーも完備。

b0166783_2502528.jpg

奥の方にはウイスキーじゃなくてビールが飲みたい人用のスペースもあるという抜かりの無さ。

b0166783_2503948.jpg

そして更に自分でビールを作りたい人用のコーナーまでもある抜け目の無さ。

b0166783_2495483.jpg

という訳でチョイ飲みキットを買って帰ってきたので早速グテングテンだ!
うん、ウイスキーの味の事なんて全然知らないんだけど。(照)
by bananaoka | 2014-05-31 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 30日
Pontiac Trail '14.05.25
 
という話。

b0166783_437519.jpg

日曜日のシングルトラックは数多くある公園内のMTBトレイルコースの中のひとつとなるPontiac Trailを選択。
早速、シーズン通して有効な入場料金(11ドル)を支払い、公園内の駐車場へin。

b0166783_438062.jpg

今日は無謀(?)にもシティサイクルでシングルトラックに挑戦するあの人の自転車にベルを装着。
歩行者やランナーに追いついた時にチリンチリンする為に、という事だったけれどそのどちらとも遭遇する事のないシングルトラック...
まあいい。

b0166783_438178.jpg

という訳で先ずはのんびりペースで一周約15kmのコースをスタート。
導入部の林を抜ける平坦路を抜けると、今までゴキゲンだったあの人が急に寡黙になったのは言うまでもない。

b0166783_5133277.jpg

そんな訳で上り下りを経つつ見晴らしの良い所で休憩を挟んだりしつつ距離を稼ぎます。
ここPontiac Trailは小枝や木の根だけでなく岩や小石や砂も登場するというバリエーション豊かなコース。

b0166783_1215297.jpg

まだ1/4程しか来ていないのに既に来るんじゃなかったという雰囲気に包まれているあの人に、「あとウンkm」と励ましたい所だけど、「あと11km」とか言っちゃうと倒れてしまいそうなので我慢。
それにしても、ちょっと走るのを止めると物凄い蚊の集団がやって来て脚から腕からお祭り騒ぎになるという恐怖。

そんなこんなでキコキコ進んでいると、高回転で回る小型エンジンの排気音が断続的に聞こえてきました。
この音は芝刈り機もしくはラジコン飛行機!

b0166783_5142520.jpg

という訳で、公園内にあるRC飛行機場に到着。
距離的にもちょうど中間地点で日差しを防ぐ屋根もあるし椅子もあるという事で休憩です。

b0166783_5143795.jpg

エナジーバーを食べて水を飲んで昼寝モードに突入したあの人ですが、RC飛行機が飛んでいるとなれば寝ている場合ではない。
しかも、Bf109とあっては更に寝ている場合ではない。

b0166783_514499.jpg

そんな訳で、飛行を終えてメンテナンス台に乗せられたBf109を飛行場のルールが不明なので遠目に見ていると、「近くに見に来ればいいじゃない」って事で柵を越えて一歩中へ。

b0166783_5145775.jpg

何て言うんですかね、フルスケール機って言うんですかね?
着陸時にはフラップも可動して主脚ももちろん引き込み式。
アンテナ線はそのままラジコン用のそれになっているのかもしれない。

b0166783_51554.jpg

そんなBf109を飛ばしていたMikeはPontiac Miniature Aircraft Clubという飛行クラブの会員という事で、貰った名刺の裏には色々なフライトスケジュールが書かれていて、1月にはSnow Fly、2月にはIce Flyと休む事は知らないらしい中でも、6月のWarbird Dayや9月のScale Fly Inがアツそうだ。

b0166783_5151589.jpg

そしてこちらは新しいエンジンに換装したばかりという第一次大戦世代の三葉機フォッカーDr.I。

b0166783_5152623.jpg

メンテナンス台でエンジンの慣らし運転を行っている段階との事だったけれど、「写真撮るなら下ろさないとね!」と、メンテナンス台から下ろし、ディスプレイ用の機銃まで装着してくれるというサービス精神。

b0166783_5153641.jpg

Bf109も同じくメンテナンス台から下ろした所をもう一枚。
うーむ、素晴らしい。

b0166783_5154553.jpg

綺麗にメンテナンスされた芝生が美しい飛行場を軽々と離陸して飛行する姿も素晴らしい。

b0166783_5155836.jpg

実機同様着陸は難しいのかもしれないけれど、綺麗に着陸して足元までタキシングで帰ってくる...
いい趣味だなあ、これも。

と、他にも前の写真にも写っているスタント機やF-16を模したダクデッドファン機、C-130を模したスチロール製の双発モーター機(4発ではなかった)等も居た。
スチロール製のダクデットファン機は離陸は手投げ、着陸はグライダー的に降りてきて芝生に胴体着陸という手軽さでちょっと予想外だった。
フルスケールのジェット機になると全然違う難易度なのだろうけど...

b0166783_5161069.jpg

という訳で、シングルトラック走行とRC飛行機のどっちがメインか分からない感じになってしまいましたが、この後、昼寝から起きてちょっと元気になったあの人と残り半分をキコキコ進んであの人と別れ、二周目は超速いMTB野朗にズバーンと抜かれ、ちょっと後ろから走りっぷりを見せてよ兄さんと思うもあっと言う間に見えなくなる速さっぷりに言葉を失いながら何とか走りきり、ビキニ姿のお姉さん達が居る公園内の砂浜ビーチのパトロールを念入りに行いPontiac Trail終了。

b0166783_5161511.jpg

何でもない平坦路の轍にハンドルを取られてヌッ転んだあの人だけど、キツい場所は押し歩きしているとはいえ木の根や小石でヌッ転ぶ事も無く、「もちょっとプロっぽいやつ買っとけば良かったかも」という心境に至っているようです。
by bananaoka | 2014-05-30 00:00 | Comments(6)
2014年 05月 22日
デトロイトGP
 
という話。

b0166783_13345021.jpg

このGPSログデータを診て何か思い出す事はありませんか?
という訳で、日曜日の往復120kmデトロイト市街地までのサイクリングの目的の一つは1980年代のアメリカにおけるFormula 1最盛期に設定されたデトロイトGPのコースを辿る事。
現在は公園になって車道として残存しない区間や、一方通行となりコース順に辿れない区間も自転車なら余裕。
ほんの一部だけ金網で仕切られていて辿れなかった部分(ターン1)がありましたが、セナプロマンセル(懐かしい...)が駆け抜けたコースを楽しめました。

1986 Detroit GP
https://www.youtube.com/watch?v=Pn6wnhb2Vpg
by bananaoka | 2014-05-22 00:00 | Comments(4)
2014年 05月 21日
ミッシングリンク
 
という話。

b0166783_12405135.jpg

日曜日に雨の中を走ったので洗車の後でチェーンも洗浄。
世界を駆け巡っているママチャリ達のチェーンの事を思うと過保護な気もするけれどまあそれこそが趣味な訳で。
で、気持ち良く洗っていたらミッシングリンクをミッシングしてしまったので買いに行くという行為。(照)
by bananaoka | 2014-05-21 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 20日
分かった事
 
という話。

b0166783_12344327.jpg

デトロイト市内中心部往復約120kmを走って分かった事。
・デトロイトの道の悪さはエクストリームリー。
・今日も安心のデトロイトメタルシティ。
・デトロイト市内のガソリンスタンドにはレッドブルが売っていない。
・デトロイト市内のガソリンスタンドには5Hour energyも売っていない。
・デトロイト市内のガソリンスタンドにはあんパンも売っていない。
・風が吹くと進まない。
・雨が降ると寒い。
・エネルギーが切れると漕げない。
・エネルギーを補給すると漕げる。
・若いお姉さんが手を振ってくれる。
・GARMIN EDGE810のバッテリーは9時間で切れる。
・焼き肉定食がすぐ無くなる。
・バスタブに肩までつかりたいけど無理。
・疲れる。
by bananaoka | 2014-05-20 00:00 | Comments(2)
2014年 05月 17日
代休ライド
 
という話。

金曜日は来週からの出張に先立って(?)代休で休み。
天気は雲が多めながら晴れ。
という事は?

b0166783_12181183.jpg

という訳で、あの人はESLへ出掛けたので一人で自由な時間!フリー!フリーダム!
何しようかな何しようかな、よし、買い物だ。
で、MTBに跨りキコキコしてアウトドア用品店へ。(クリートのテストは後日)
何やら買い込んで終了。
で、そのまま帰るかと思ったけれど何だか勿体無い?のでぐるりと遠回りして帰る事に。

b0166783_12183232.jpg

GARMIN EDGE810で目的地を探すより、Android端末のGoogleマップで探してその場所をGARMIN EDGE810の地図に落としていった方が何かと早い感じなので、先ずはちょっと前に行ったこのMTBを購入したお店の姉妹店を目的地に設定して走行再開。

b0166783_12181364.jpg

と、気がついたらお昼を過ぎていた...
どりでお腹が空く訳で。
という訳でIHOPで軽く食べて~、というかパンケーキ3枚は食べれん!
1枚だけ食べて再出発。

b0166783_12182011.jpg

そして折り返しの目的地に設定していたバイクショップ着。
特に買う物もないのでチョイとだけ店内を回りつつファットタイヤバイクの価格.comにまぢでか!となりつつ終了。
雪が降り出したらファットタイヤバイクで遊ぼうかと思っていたのだが...
装着出来る最大幅のMTB用スパイクタイヤの方が良いかも?

b0166783_12184016.jpg

後はひたすらキコキコですよ。
帰宅渋滞が始まる時間帯だったのだけど、GARMIN EDGE810が選択したルートに従って走っていたら幹線道路を外れ森の中を走るルートを選んでいたりしてナイス。
それにしても広い家に綺麗な芝だ。

b0166783_1223172.jpg

そんな訳で走行距離は74.7km。
デトロイト市内まで往復しようとすると約100kmなのでもう少し距離を伸ばせば行けそうです。(デトロイトまで行きは下り勾配帰りは...)
by bananaoka | 2014-05-17 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 16日
チェーン洗浄という行為
 
という話。

b0166783_245738.jpg

ナイスな感じに汚れたチェーンを切断。
最初からミッシングリンクで連結されていて工具要らず。

b0166783_245918.jpg

そのへんにあったトレイに置いて~...
って、ステンレスバットどこ行った?

b0166783_25223.jpg

先ずは定番商品でやってみようという感じ。

b0166783_25575.jpg

軽く浸る程度にディグリーザーを注いでホンノリ放置して軽くブラッシング...

b0166783_25885.jpg

ディグリーザーを台所用洗剤と流水で流して...
ピカピカやないかい!

b0166783_251031.jpg

前後スプロケットとディレイラーの油汚れをパーツクリーナーを染みこませたウェスで拭いて綺麗にしてから綺麗になったチェーンを組み付け、ドライルブを一こま一こま垂らして余分なルブを拭き取りつつギアチェンジを繰り返し、チェーンを馴染ませて完了。

作業中の写真は無いけれど、フロントフォークのインナーチューブにFOXの推奨品にもなっているSlick Honey(3枚目の写真にチラ出)を軽く塗布。
インナーチューブと言えばCCIのメタルラバーが寝言にも出てきそうだけど、手元に無いのはしょうがないって事で。
by bananaoka | 2014-05-16 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 15日
Holland Vol.2 - '14.05.11
 
という話。

Vol.1へ戻る

Windmill Islandを後にして向かうのはHolland State Parkという州立公園。

b0166783_151772.jpg

湖岸沿いに駐車場があるみたいだったけれど、渋滞になっていたので駐車可能な路肩に縦列駐車しておもむろにMTBを下ろし一度湖岸の様子を見に行き、そのまま折り返してポタリング的にHollandの街まで行ってみる事に。

の前にアメリカンドックで腹ごしらえ。

b0166783_152017.jpg

自転車用の道が綺麗に整備されていて素敵ing!

b0166783_152526.jpg

小さなセスナ機用の飛行場の脇には鮮やかにペイントされたF-80が展示されていた。

b0166783_152685.jpg

そんな感じで50分程走ってHollandの街に戻ると、チューリップ祭りに合わせて移動遊園地が来ていて盛り上がっている一角が。
そしてその横には屋台が並んでいたのでElephant Earsをお買い上げで当分補給。

b0166783_153234.jpg

ガッツリでかいけど甘くてジャンキーな味にぺロリとご馳走様。

b0166783_153682.jpg

糖分補給の後は湖岸の夕日に間に合うように来た道を戻って...
このチビっ子が中々ここを離れてくれない~...

b0166783_153860.jpg

ようやくチビっ子が去っていったと思ったら、奥のおっちゃんが待ってましたかのように立ち上がって仁王立ち。
おっちゃんさっきまでグッタリ座ってたや~ん。

b0166783_154210.jpg

ま、まあいい。
そうこうしている間にもうじき日没だし樹木も傷むし。

b0166783_15458.jpg

いい感じですなあ。

b0166783_154950.jpg

と、ここはミシガン湖に小さな湖が流れ込む(!?)場所なので灯台が設置されていました。
その小さな湖の周辺は綺麗に整備されていてヨットやらボートやらが係留されていたりする訳で。

b0166783_15547.jpg

ミシガン湖に突き出た突堤の上には人人人。
それも太陽が沈む頃には一斉に戻ってきて随分とまばらに。
これからの時間の方が綺麗な色になるのにね~。

b0166783_16121.jpg

という訳で最後に突堤の先端まで行って写真を撮ってHolland State Park終了。

車に戻り自転車を積んで鍋焼きうどんを食べて1時間程の営業終了を挟み真夜中に帰宅。
車に自転車を積み現地で下ろして周辺散策、こんなスタイルもいいと思った週末でした。
by bananaoka | 2014-05-15 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 14日
Holland Vol.1 - '14.05.11
 
という話。

そこに古い風車小屋があると聞けば行くしかあるまい。

b0166783_4553399.jpg

という訳で、家から西へ2時間半程走ったミシガン湖湖岸にHollandという街があり、土曜日までチューリップ祭りが激しく開催されていると聞けば行くしかないでしょうという事で行ってきました。

b0166783_4552391.jpg

途中、カーナビがハイウェイが工事渋滞中という情報を察知し迂回したローカルロード脇で見つけたマーケットに寄り道。

b0166783_4553024.jpg

レンジでチンするホップコーンの素やらリンゴやら鉢植えの花やら買ったりしてヌルンと渋滞回避しつつ目的地のHolland着。
で、街全体がチューリップ祭りになっていて人がワラワラ歩いている訳ですが、大きな風車小屋がハイライトなWindmill Islandへ行ってみようという事に。

b0166783_455446.jpg

駐車場に車を止めて橋を渡り島へ進むと目玉のWindmillがあり、周辺がチューリップ畑に。

b0166783_4551760.jpg

綺麗に咲いたチューリップにただでさえ綺麗な心が更に綺麗になって透明になって心を見失いそうだ。(棒読み)

b0166783_455267.jpg

Hollandの街はインド系中国系の住民が多いらしく、インド系中国系多し。

b0166783_4551712.jpg

で、肝心のWindmillはDe Zwaanという名前の風車小屋で、最初に建てられたのは1761年のオランダのKrommenieという街。
それから1889年にVinkelという街に移設され、その後第二次世界大戦を経た1964年に大西洋を越えHollandの街までやってきたそうです。
その後、6ヶ月掛けて再建(Reconstruct)され現在に至るようで、アメリカにはDe Zwaanを含め30基程のWindmillが現存するようです。
Windmill巡りもいいなぁ。

b0166783_4551260.jpg

そんなDe Zwaanの周りには移動売店もあって、木工製品等の小物が色々。

b0166783_4545820.jpg

組木細工的な木工製品は撮影NG。
これは... クレーパイプ?

b0166783_4552174.jpg

と、特に何を買うでもなく移動売店ゾーンを通過し、隣接する川に掛かるゲートを見たり...

b0166783_4552182.jpg

何かと集合写真を撮るのが好きな集団を見たりしつつ、常設の売店へ。

b0166783_4551251.jpg

ここの中もオランダの民芸品的なお土産物多数。
木の靴はサイズも豊富で... って、実際に履くとどんな履き心地なんだろう。

b0166783_4551098.jpg

という訳で、壁に掛けるぜんまい仕掛けの小さな時計を買って終了。
時計として使うにはカチカチ音が結構煩い(雰囲気は完璧だけど)のでインテリアとして...

b0166783_4552495.jpg

そんな感じチューリップ祭り終了。

b0166783_4552359.jpg

Windmill Islandを後にして次の目的地へ。

b0166783_455983.jpg

Amtrakは来なかった...
(Amtrakの駅が直ぐ近くにある)

Vol.2へ進む
by bananaoka | 2014-05-14 00:00 | Comments(0)
2014年 05月 13日
激晴れ週末
 
激晴れ週末

という話。

b0166783_152584.jpg

雨予報だったのに激晴れの日曜日になったのでKensington Metroparkへ。

b0166783_1525991.jpg

ちょっとばかりリムが僅かに振れているあの人のフロントホイールをテテーと簡易的に調整。

b0166783_1525719.jpg

先日と同じく先ずはあの人のペースに併せて1周、そんでもって一人でゼーハーもう1周。
喉が渇いたの自販機で水分補給しようと思うもクオーター硬貨を無言で飲み込みつつ1ドル紙幣は全く受け付けない(つまり稼働していない(でもコンプレッサーは動いている))鬼のような自販機の前でプルプルしつつ終了。
げふぅ。



b0166783_154023.jpg

ユッケを食べましたという報告。



b0166783_153425.jpg

PONTIAC SOLSTICE
コンパクト2シーターFRでマツダロードスターと真っ向勝負。
ポンティアックブランドが2010年に終了してしまったので後継車が出る可能性はゼロ?

因みに、PONTIACの名前のもとになった街がうちからちょっと北にあります。
by bananaoka | 2014-05-13 00:00 | Comments(0)