<   2012年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
 
2012年 04月 30日
Behind the Scenes Tours - Chapter 1
 
という話。

Behind the Scenes Tours...
舞台裏ツアーです。
何の舞台裏かって?
それは、National Museum of the USAF(国立アメリカ空軍博物館)の舞台裏。

その舞台裏で何が行われているのか...
それは、展示予定機やその他の機体のレストレーション(レストア)。

そんな舞台裏ツアーが開催されるのは毎週金曜日の午後。
来訪3度目の昨日は丁度金曜日。
いやむしろ、金曜日が移動日になるようにゴニョゴニョしたのですが。(照)
ええ、もちろん仕事の為の移動です。(照)

と、前置きはともかくスケジュールが全く読めなかった今回の北米出張だったので、本来なら事前にwebサイトから予約しておかなくてはならないこのツアーへの予約は無し。
webサイトのツアー案内にあったimited number of "stand-by" registrationsに希望を託して、ダッシュでツアーデスクに駆け込んだ訳であります。
先日の日記に書いた超重要案件とはこれの事だったのです。


自分が駆け込んだ時には既に5名の男達が予約組の締め切りは今か今かと待っている状態でして、さてどうなる事かとムググしていたのですが、何とかツアーに参加する事が許可されました。


そんな訳で、前回のR&Dツアーと同じく、先ずは別室でのミーティングに参加。
実際にレストア作業を行っている現場への訪問なので、その辺りに置かれているネジやパーツ類は実機の物、若しくは職人の手によって復元/複製された貴重な部品達。
「どうか持って帰らないでね、後で探すの大変だから、hahaha!」
「何か質問がある時は何でも聞いてください、でも僕は元海軍、hahaha!」
こういうノリ、いいなあ。


と、そんな感じの和やかなミーティングを終えた30数名のツアーゲストはシャトルバス"Blue Bird"に乗り込み、空軍基地内にある別棟のハンガーに向かい...

到着したレストレーションハンガーの中で6名のツアーガイドによってグループ分けされ、各々のツアーが開始されます。
自分は、退役軍人(元空軍メカニカルエンジニア)ボブさんの率いるグループにin!


そして早速始まったのはB-17D "Swoose"の解説。
この機体は2008年からレストアの始まった機体で、シャークフィンと呼ばれる垂直尾翼とバスタブと呼ばれる下部銃座が特徴のD型。


1942年1月に参加した作戦で、日本軍機から尾部に受けた大きなダメージを他の機体からの移植パーツで補修した?(その時に愛称が"Ole Betsy"から"Swoose"に変わった?)話等々、ボブさんの話の中からチョイチョイだけしか理解出来ないのが実に残念...
※SwooseはSwanとGooseを足した造語だそうで。


バスタブと呼ばれる下部銃座は新しいパーツでリビルドされている最中で、直ぐ上の隙間から覗くと、スライドレールに乗った1基の機銃があり、平常時は奥にスライドさせて収納し戦闘時は押し出してバスタブ後部の開口部から機銃を覗かせる、という機構が見れました。


そこから視線を上げれば後部銃座までシースルー。
レストアが終わってしまい展示されるようになると見れなくなる部分がじっくり見れるのはこのツアーの醍醐味の一つだと思う。


それにしても、この機体のノーズアート(実際には腰回りに描かれているのでウェストアート?)の写真を撮るのを忘れていたのはホントにバカ若しくはアホとしか言いようがなく...


こうして写真を撮っている間にも側面銃座部に被さられているプレキシガラスの加工工程についてボブさんの素晴らしい講義は続いていて...


ただでさえネイティブ向けのグッドスピードな英会話な上に話の中でちょいちょい出てくる気圧や温度の単位を頭の中で素早く単位換算する事も出来ず、ぼんやりとした翻訳イメージを脳裏に浮かべつつ...


webでもwikiでも探せない、ここでしか、ボブさんからしか聞けない裏話が随所に散りばめられていたであろうと思うと、ホントに自分の英語力に泣けてくる。(メソメソ)


と、そんな感じにメソりつつも、無造作に置かれていながらもレストア職人が一つ一つ手作業で作り上げている細かな部品達が放つ力に圧倒される次第で、これぞ正に“撮り応えのある被写体”ではないかと。
買って良かったD800、持ってて良かったAF-S24-70mmF2.8Gってなもんです。(というのはリップサービス的なアレで、写真は撮りたい気持ちで撮るのが基本で、機材を買うのはまた別の趣味です(照))


専用の治具の上に規則正しく並んだリブを見ると、それだけで幸せになれるのが幸せ。
きっと今日は晩メシが美味いぞ。


被弾した痕がリアルに残る尾部パーツ。
現在、どのようなレストアと展示がこの歴史的な機体に対してベストか決断しようとしている中、これらはどこまでリビルドされ、どこまで再利用されるのだろう。
ボブの話によると、フライアブルにする訳ではなさそうなので、このようなパーツも程良く再利用されるのではないかな、と。


そんな感じで絶賛レストア中のB-17D "Swoose"の作業完了予定は2年後か3年後か...
ボブにも正確な答えは分からない。

続く...
by bananaoka | 2012-04-30 00:00 | Comments(2)
2012年 04月 28日
デジャヴ的な何か
 
という話。

金曜日の今日、ミシガンからインディアナへ移動。


ハッと起き、いかーん!とものっそいスピードでチェックアウトしちょっと大きな声では言えない速度をマークしつつデイトンでの萌え死に必至の超重要案件(後日UP)をクリア。


その後はいつもの道をただひたすら走り続けていた訳ですが、やはり眠たくなる訳で。(照)
そんな時は営業停止する為にハイウェイを下りるのですが...
デイトン手前で昼食の為にハイウェイを下りた時も、夕方に睡魔マキシマムでハイウェイを下りた時も、何故か前に下りた所と同じで、同じバーガーキングで昼食を買い、同じレストラン兼小売店兼ガソリンスタンドでレッドブルを買い...
日本の都市高速並みに出入り口がある亜米利加ハイウェイなのに...


怖い、デジャヴ怖い。(誤)
イワノフはもっと怖いんだけど。


疾走する機関車を疾走車から撮影した意欲作。(笑)
三重連なんて豪華じゃないか。
もちろんノーファインダー。


更に走り夕日を迎え...


初めてインディアナへ来た時に泊まったホテル着。
そして即、隣にあるTexas Roadhouseでステーキ食べて終了!




時間:4月27日8時31分10秒~4月27日20時50分03秒 ※終了時刻は時差-1時間補正無し
距離:803.315km ※GPSログデータより
by bananaoka | 2012-04-28 00:00 | Comments(2)
2012年 04月 27日
キ、キ、キター!
 
という話。

ちょっと前につぶやきでキター!のは...


日本で安く買える海外パッケージ版のSandiskのメモリーカードでもなく...
(日本で買うよりほんのちょっとだけ安い)


動画用に用意したマイクに付けるウインドジャマーでもなく...


アーカンソー州!
遂に残り1枚(ミズーリ州)。
そろそろ頼むよう。



で、↑に出てきたマイクは...


Nikonの純正ステレオマイクME-1。
超本気の動画マイク程かさばらないコンパクトさ。


ほんのりフローティングになっていて、操作ノイズを拾いにく... い?か?イカ?
まあいい。

そんな感じで、寝て起きたらインディアナ州エバンスビルまで超ロングドライブです...
すんごい暇なんですよ、ハイウェイ一直線。(弱)
by bananaoka | 2012-04-27 00:00 | Comments(0)
2012年 04月 26日
HOOTERS
 
という話。

昨晩は誰もが知っているセクシー居酒屋(笑)HOOTERSへ行ってきました。
今日もHOTなカワイコチャンとワッショイワッショイ!


ブリタニーちゃん。
日本で言うドジっ子に分類されるであろうキャラに思わずビールおかわり!
よーし、おじさんいつもより飲んじゃうぞ。(笑)


じゃなくて、普通にピリ辛ガーリック海老ちゃん食べたり...


小さいバーガー×4の4BURGER食べたり...


こんな感じでぽつねんしていました。(照)

え?嘘ついちゃイカンよ君?


げめんなさい。
by bananaoka | 2012-04-26 00:00 | Comments(0)
2012年 04月 25日
Wild Goose(Canada Goose)
 
Wild Goose(Canada Goose)

という話。


最近の写真にチラチラ写っていましたが、D800購入と同時に色々と機材を入れていた中でセレクトした雲台は、マンフロットの055マグネシウムフォト-ムービー雲台Q5付き(長過ぎる商品名)。
商品名からも分かるように写真と動画のどちらでもイケますよ奥さんという感じで、長いパン棒が一本付属していました。


が、何となく、写真メインだったら短いパン棒でもよくね?と思い型番検索でwebを彷徨い、エゲレスの通販サイトからパン棒だけ購入してキコキコして短い人完成。
うむ、何となく微妙。(照)
長いパン棒には意味があるね!やっぱり!(照)


で、写真用とあるだけあって、カメラを傾ける事も可能。




そんな雲台にセットしたD800+70-200mmで撮影したWild Goose動画。(DXクロップを更にクロップ)(後半の2カットは標準レンズ手持ち)
望遠で動画となるとちょっとした操作のブレがありのままに記録されてますなあ。
静止画では分からないアレが。(照)
もちろん、それを防ぐ鬼のような三脚やレンズサポートや雲台が用意されているのですが、それはまた別の話で...
by bananaoka | 2012-04-25 00:00 | Comments(2)
2012年 04月 24日
ガレージライフ
 
という話。

ちょっと前に同僚をピックアップに空港へ向かった時に時間が余ったので空港の近くをウロウロしていると、半開きのガレージの中に鎮座している開腹中のマシンを発見。
どうすっかな~と思ったけれど、ピンポンアタックを敢行し、玄関先に出てきた奥様に交渉。


快く写真を撮らせて貰えました。
閑静な住宅街ののどかな午後、いきなり謎の外国人の訪問にビックリしていましたが...


「お爺ちゃん(!)が今居なくてで詳しい事は分からないの」というのは奥様談。
これ作ってるの貴女の旦那じゃなくてお爺ちゃんかい!


「いつになったら動くのかしら」って、余裕のガレージライフですなあ、羨ましい!
by bananaoka | 2012-04-24 00:00 | Comments(0)
2012年 04月 23日
ミッションもうすぐ終了
 
という話。


また電車かいという声が聞こえてきました。
ほっといてつかあさい。(弱)

そんな感じで、あと少しミッションを残して1泊2日のお遊びも終わりそうです。
そう、帰りの5時間ハイウェイブッ飛ばしドライブを終えれば。(疲)
by bananaoka | 2012-04-23 00:00 | Comments(2)
2012年 04月 22日
土日連休
 
という話。


僕はいまこの街に居ます。
バナナの宅急便的に言うと、落ち込むこともあるけれど僕は元気です。
(落ち込むことあんの?というのは無しで(照))
by bananaoka | 2012-04-22 00:00 | Comments(0)
2012年 04月 21日
新たなソリューション
 
という話。


デジカメとスマートフォンを繋ぐソリューションに対するNikonの提案が発表されました。
ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」がそれで、5k程のお値段の小さいアイテム。


ボデー側面のカバーの中にある専用のコネクタ?USB2.0?に接続するっぽい。
今後の機種には順次対応させていくような話ですが、ホンノリ先に出ているD800には該当するコネクタが見当たらないので、関係ないアイテムとなりそうです。
もし、該当するコネクタがあっても、専用ソフトウェアが対応しているAndroid OSが2.3以上という時点で、Android OS 2.2.1の自分はさようなら~...
そもそも、遠隔ライブビュー撮影はともかく、モバイル機器へのWiFi接続に関してはFlashAirがあるので全く必要のないアイテムでしたね。(てへぺろ)
しかも、FlashAirならダウンロード側に専用ソフトウェアなぞ不要でSDHCスロットにスッポリinなので多い日も安心な上に互換性もバリバリ。
Nikonさんにとっては、FlashAirとかEye-Fiとか黙ってといて!って感じでしょう。

つまり何かって言うと...


ペリカンケースを背負うというソリューションはどうかなあという事です。(話変わり過ぎ)
by bananaoka | 2012-04-21 00:00 | Comments(0)
2012年 04月 20日
スティンガーな夜
 
という話。

昨日、本日の仕事終了となりかけていた時、背後から忍び寄る影と共に聞こえてきた謎の言葉「Banana-san Let's go to SAKI time」。
よし来た!行こうぜSAKI(酒) time!で、どこへ?

それは、前から気になっていたStingers Bar & Grilだわっはぁ!


早速in!
おお、よろしおすなあ。


で、テーブルに陣取りチビリチビリと始めた訳ですよ。
だがしかし、陣取った(というかそこしか空いてなかった)テーブルが結構店の手前の方にあって、向こう側が良く見えない。
向こう側にはどうやらビリヤードテーブルがあり、お店のお姉さん達もあっち側からこっち側へやってくる感じで、つまり、あっち側の方がHot!だという事に気が付いた時には同じテーブルの面子は若干仕事の話を始めていたのでちょっとばかり御免なすってとキャメラをムンズと掴んであっち側へ。


うむ、やはりこっち側が賑やかだな。


しかしあれだ、キャメラ持っていると色々と話が早い。
AF-S24-70mmF2.8の馬鹿でかいフードもこんな時は目立っていいね。
ビリヤードをプレイしていたグレッグは「俺はイラストを描くのが趣味で、動物とか人物のイラストを描くんだ、でもディズニーは描かないんだぜ?」と、趣味の話を聞きだすにもいい道具になるってもんですよ。
と、そんな中、お客も満員になってきて忙しさマキシマムになってきた店内で...


ちょっと休憩に自分の飲み物を取りに来たお姉さんにお願いして...


2カットの撮影をお願い出来ました。
忙しい中げめんなさいありがとうございました。


で、ミートローフ食べて帰りました。
うそ、そのままホテルに帰ると思いきや!スティンガーミサイルのブースターで加速させられた僕らはホテルを素通りして...
by bananaoka | 2012-04-20 00:00 | Comments(0)