<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
 
2011年 09月 30日
プレゼント
 
という話。


ハヌーの親友の息子ちゃん2人にプレゼント。
前回はプリントした写真だけだったけど、今回はラミネートして耐久力UP!
将来、何鉄になるか楽しみです。(笑)
by bananaoka | 2011-09-30 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 29日
行ったつもりでおフランス その1
 
という話。

昨日、お姉さんと二人でおフランスに10日程行っていたハヌーが帰国。
この旅行の為にプレゼントしたLUMIXの7-14mmも大活躍したみたいで、GF1から抜き出したSDカードの中には写真がいっぱい。
ってな感じで、自分の北米日記はほっといて、行ったつもりでおフランス日記いってみましょう。


ANAの直行便でズドン。
行きはエコノミーコンフォート、帰りはビジネスにアップグレードされたというなんて幸運。


通しで借りたアパートメントは川を挟んでエッフェル塔の向かい側という素敵過ぎる立地。
キィィィー!


蚤の市でカメラとか蓄音機に群がるおっちゃん。
この手が好きなのは世界共通か。


昔のネガ入れと、昔のネガ、プリントがガッサーと売っていたとか。


メトロに乗って。


これが普通のショッピングモールってんだから困る。


回数券買ったどー。


ベルサイユ宮殿にテクテク。


鏡の間。


庭園広過ぎでしょう。

う、羨ましい!
キィィィー!
by bananaoka | 2011-09-29 00:00 | Comments(2)
2011年 09月 28日
トランスルーセント
 
という話。

トランスルーセント:半透明


そんな用語を使うトランスルーセントミラーなんてのを採用したデジタル一眼レフカメラを最近リリースしているSONYさん。
最新機種はα77って事で。
webサイトの紹介をふむふむと見ていると結構良さそうですね。
そりゃ、良さそうだなと思わせるように書いてあるから良さそうに思うのが当たり前なのですが。

でもって、今までの一眼レフと違い、ミラー(最早普通に思うミラーですらない)を動かす必要が無いって事で、高速連射が可能だったり、ファインダー像の消失も無いって、いい事ばっかじゃないですか先輩!って事ですが...
機械的なミラーの動作感だったりとか、動作音だったりってのは当然無くなるのですよね。

あとは、α77で世界初となる有機ELを使った高解像度・高コントラスト電子ビューファインダーってのは見てみたいし、webサイトに紹介されている電子ビューファインダー周りの機能紹介の中に書かれている事も(ミラーレス機やコンパクトデジタルカメラの液晶モニタでは)既に一般的な事ながら、もしそれがレンズを通して見ているのと見間違う程の物だったらそれは凄い事だな、と思う訳で。

10月14日発売予定ですが、既に銀座のショールームに展示してあるようですので東京の人はそちらで。
大阪の人は、梅田のソニーストア大阪で。(というか、ついこないだ行ったのに見てくるのをすっかり忘れていたという体たらく)
で、αの中級機種も固まった感があるので、そろそろα900の次を作るんですかね?

対するNikonさんは、今回発表したレンズ交換式アドバンストカメラでCMOSセンサー単体での位相差AF(結構速い)を作ったので、将来出すデジタル一眼レフスタイルの商品にこのセンサーをAPS-CサイズにUPした物を仕込んで、デジタル一眼ってのを作るのかな?作らないのかな?

うん、まあ、その辺は今となっては割とどうでもいいのですが。
オチの無い話でげめんなさい。
by bananaoka | 2011-09-28 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 27日
ストラップ的な何か
 
という話。

予告日記書いておきながらアレですが、昨晩中途半端に営業停止したせいで何となく目が冴えてしまい、買っておいてあった材料を使ってチョイと工作。


材料は樹脂製コネクタと金属リングとナイロンテープで200円も掛かってない感じ。
まさかのポロリは嫌なので、何重にも縫い合わせてフィニッシュ。
金属リングもカメラのストラップホールに入るリギリギの太さのやつ。


こんな感じで、グリップ側の反対側に取り付け。
って、黒に黒で分かりにくいですねコノ野郎。

で、何に使うんだい?コノ野郎って事ですが...


樹脂製コネクタを外して...


リュックサックのハーネスやらカメラバッグのショルダーストラップやらベルトやらその他色々にパチンと出来る訳です。
ストラップを首や肩に置いてブランブランさせるのはあまり好きではないので、いつもハンドストラップに指を掛けてまさかのポロリ防止をしつつの手持ちなのですが、カメラバッグに収める程ではなく一時的に両手を使いたい時とか疲れた時(照)にカメラバッグの上にそっと置いたりしているのですが、そんな時のポロリ防止にもなるかな、と。
上の写真の状態だと、ストラップ的なのが無かったらテーブルにゴロンです。

または、サーキットでの撮影等でカメラ2台使用が必要な場合に使用していない方のカメラをベルトから下げたり、とね。
これが普通のストラップだと、屈んだ時や体勢を変えた時に振れてどっかにぶつかってメソメソする可能性が高いので。(気をつけりゃいいって話ですがそうノンビリ出来ない時もある訳で)

もちろん、過度の荷重はポロリの元なので、普通のストラップ同様に走ったりする時はカメラに手を添えて抱える訳ですが。

うん。

という訳で、面白そうやんって方は作ってみると良いと思います。
by bananaoka | 2011-09-27 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 26日
予告日記
 
という話。

今日が終わろうとするこんな時間ですが、定時帰宅後ラーメニングへ行きマンプク丸で帰宅し北米土産の発送準備をして、さて、日記用写真の準備でもと思ったら、ViewNX立ち上げた所でカックンと営業停止しておりました。(照)

そんな訳で次回の日記(テキサス回想日記Vol.3)では...


色んな事を知り過ぎてカッサカサになった貴方の心を、「ママー、あれなにー?」と無邪気にへんなおぢさんの方を指差していた色んな事を知らなさ過ぎる頃の心に戻してくれるかもしれない場所に行った日の話を書きます。


美味しい珈琲でも淹れてから読んでください。



先日は岡山国際サーキットへ行きAE86フェスティバルの撮影をしていたのですが、さすが一時代を築いた(現在進行中でもある)日本を代表する車が大集合するイベントだけあって、会場の盛り上がりは異常なまででした。
これは、イベント主催者の上手さもあるなあと思いながらファインダーを覗く事丸一日。
イベント撮影や一部コース撮影にD3sも使いましたが、コース撮影においてD3sはD300と比べてAFの性能が一枚、いや、二枚三枚上手だなと感じました。
同じシーン(同じコーナー)で同じレンズ同じ焦点距離で同じSS及びAFモードで撮影していたのですが、ピントの追従性が違う...
気がするだけか、機械的性能差からくるファインダー像消失時間やレリーズタイムラグの違いによって機械的なハンドリングが良くなったからそうなったのか...
はたまたその両方なのか。
ともあれ、良い収穫でした。(感謝)
by bananaoka | 2011-09-26 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 25日
F4までオッケーよ
 
という話。


という訳で、曰く付きの13階にあるニコンプラザ大阪へ再び突撃。
今回は、先日のエラー(と思われる症状)の撮影データを持参しての突撃。


電動ズームを備えたズームレンズをいぢいぢするお姉さんと話したり、操作説明を聞いたりしつつ、SSの方では撮影データの検証。
が、ここでは答えには辿り着けずNikonの品質保証部へ先ずはデータを送ってみますという事になりました。
それで答えが出なかったら、エラーデータの数増しや条件の絞込みテストとなるのか。
今回は、スポット光が数個直接入射する感じのフレーミングだったけど、いつもそんなパターンの時にエラーが起きている印象も無いし、うーむ。(ま、こんな感じで曖昧にエラーを捉えている時点でSSの人にとってはヤヤコシイ案件ですねごめんなさい)
そんな感じでニコンプラザ大阪終了。

後は惰性で歩き回りながらポツポツ撮影してラーメニングして帰宅ing。




アンダー部。


猫!


エクスプレス!


奈良交通!


新生大阪駅!

そんな訳で、絞りをF4まで絞ってみると、更にシャープに!
ハッとしてグッとくる感じです。




本日のお買い上げ。
SB-600の赤い所は116円ですので安心してヌッ壊してください。(誤)
by bananaoka | 2011-09-25 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 24日
F値は2.8から動かしてはいけません
 
という話。

いや、動かしていいんですけどね。(なんやねん)
今回は、F値2.8固定で意地でも固定で操作方法忘れちまった程に固定でお出掛け。
というか、早起きして出張の準備している時に出張中止の電話てどうよ。
あと5分で家出るとこだったよって事で平和に二度寝しながら不発に終わった諭吉狩りにメソりながら見た夢は『24-70mmF2.8のF値2.8固定しか見たくない!4時間』でした。


そんな訳で、Nikon SSへinしてNikon 1の特設ゾーンに突撃ドキュンした訳ですよ。
ま、まあ、あれですね、GF2持ってるから買う必要は全く無い訳でして。
微妙にまだ操作方法を熟読していないお姉さんとあーでもないこーでもない、えっとこのボタンじゃないですかね、ポチ(同時にボタンに指が伸びる)、あっ(照)みたいな青春の1ページをしたり、手馴れた熟練Nikon SSお姉さんとNikon 1についてWhat do you think?したり。
※Nikon 1 アリ? ナシ? → 今の2台はナシ

じゃなくて、タルコフスキーの露出オーバー現象の話とか、SB-600の部品購入とか、60mmマイクロのAF不調(泣)の話とか、そっちがメイン。
タルコフスキーに関しては、その時の撮影データを持ってきてくれると助かりますというごもっとな意見で終了。(その後の撮影で症状が出たので今日もう一度持って行く予定)


そんでもってその後は、近くのSONYの聖地へ行き、もしかしたらNEX-7があるカモ?と探すも先行展示は10月1日からよ残念でしたねバナナさんみたいな感じでメソメソ。
その代わりに展示してあったソニータブレットってなのをイヂイヂして終了。
左利きをバッサリと切り捨てた多数決社会デザインに泣いた。


その後は暫く同じ建屋内で...


何やら撮って...


終了して...


地下鉄で心斎橋行きつつも心斎橋をテクテクスルーして難波のビックカメラでちょっと小物パーツを買いつつカメラコーナー行ってみたのですが、実にやる気の無い展示ですな。
カメラの防犯防止のコードとかもうぐっちゃぐちゃのままでちっとも手に取れない状態。
なんじゃこりゃ、品数も少ないし、よくぞこれで売れるもんだ、と。


で、再び心斎橋に歩いて戻り撮影再開。
警備員のおっちゃんに「メッ」された。
商業ビルの中だからね、ごめんちゃい。
でも、シャッターもう押してたんだ。
どうよこのレスポンス。
やっぱいいわニコン。


でもってアメ村周辺をウロウロ。


周辺減光ほんのちょっと。(ヴィネットコントロール:H)


このカットを撮った時にタルコフスキーに異変。
ゴルゴ13におけるギラン・バレー症候群的な何かだろうか。(ちがう)
このカットはSS1/125秒なのだけど、異変カットはSS1/13秒。
ウホッ!超オーバー!
電源OFF→ONで復帰。

と、ここらで人物もと思い...


ベルギーから来たそうです。
じゃなくて見てください、彼のどや顔。
最高ですね。


で、買い物しにお店に突撃する彼女を店先で暇そうに待つ彼。
そこは万国共通なのか。
というか、背景どうにかならんかったんかい自分。(メソメソ)


アンダー部。


まだまだ足りんですか?
因みに、今回の写真は全てWB:オート,ピクチャーコントロール:スタンダードでRAW現像時のトーンカーブの変更等無しです。


連続した被写体の場合、手前側にピント合わせないとピンボケ感マキシマムな例。
そんな感じで東急ハンズ経由の御堂筋線でMAVつぁんと晩御飯ミーティング。
略して晩ミ。


晩ミのお店着。


もう一杯おあがりやす、という事でお言葉に甘えまして...


色々な種類がある酒類(おっと)の中から厳選セレクト。


そ、そうなの~?じゃ、ハイボールいっちゃおっかな!
え?トリスもあります?
菅野美穂 vs 吉高由里子
うぐぐ、甲乙つけ難し!


すいませ~ん、バナナ梅酒くだちゃい!

と、そんな感じで楽しく晩ミしてたらなんと終電ですよ奥さん。
しかも、ただの終電ではなく、大阪駅までしか行かない終電ですよ奥さん。
どうしましょう。(照)
漫画喫茶?カプセル?ビジネス?試写室?否!(照)
取り敢えず始発までの4時間程歩いてみました。(照)
ズッシリと肩に重たい機材一式を引き摺り尼崎まで行けました。(照)
そして、妙なテンサヨンの中この日記を書いている次第で。

さて...

風呂入ろ...




いつもの食べ物写真と同じくグレーカードでホワイトバランス取ったバージョン
24-70mmは最短38cm(70mm域は最短40cm)なのでそれ程寄れないです。
というか、手前のシソ巻きが何か高速でガタガタガタガタ~って振動してるみたいで怖い。
by bananaoka | 2011-09-24 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 23日
ADORAMAさんからコンニチワ
 
という話。

b0166783_13105468.jpg

そんな訳で、円高な昨今、勢い余ってカッてしまいました。
国内最安販売価格より2.8諭吉程安くで購入したのはADORAMA CAMEARの5年保証付きUSシリアルNo.品。
ヌッ壊れた時に米国まで修理依頼をしないといけなかったりしますが、5年保証だし、それはそれでネタにもなるだろうし、2.8諭吉の価格差を考えると寧ろアドバンテージ。
決済手続きに時間が掛かってしまい、在米中にホテルに届かなくなってしまうというアクシデントの末、4kの送料と3kの関税を取られる悲劇ックスというおまけ付きで今朝到着。

メソメソ

b0166783_13110089.jpg

で、修理(何も修理されてないけど)上がりのタルコフスキーに合わせるとこんな感じ。
思ってたほど大きくないし重くもない。
D3s+フード逆付けの状態で手持ちのカメラバッグ(ThinkTankPhoto レトロスペクティブ30)に縦に入るので、VR16-35mmF4+このレンズ+VR70-200mmF2.8+60mmF2.8マイクロという主戦力の持ち運びが可能。

b0166783_13111116.jpg

取り敢えず撮ってみる。(70mm,F2.8)
ちゃんと撮れました。
絞り開放からカッチリフワッと使えるという話なので、早くその威力を感じてみたいものです。
って事で、後は、Nikkor大三元の一角を担うこのレンズを生かした絵が撮れるのか撮れないのか、撮れない!とレンズに粘土とカビ胞子を塗りたくってゴロンと無力に横たわり目には薄っすらと涙となるのかならずに済むのか。

でもって、こうなるといよいよ大三元アガリ?って感じですが、14-24mmF2.8と手持ちのVR16-35mF4を比べると、ワイド端2mmの差は結構デカイのだけど超広角で(自分が)撮るであろう対象を考えるとF2.8は必ずしも必要ではなく、VRが付いてて14-24mmF2.8程に前玉に神経を使わずに済み1本で超広角からスナップまでイケるVR16-35mmF4がベストという結果に。

という訳で、どこかに被写体になってくれる素敵なお姉さんはいませんか?(照)
お兄さんはノーテンキューです。(弱)

※禁止ワード:全裸,ちょうだい,NC,けしからん,そんな事より聞いてくれ
by bananaoka | 2011-09-23 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 22日
お帰りタルコフスキー
 
という話。


修理に出していたタルコフスキーが北米出張中に帰ってきていました。
さてさて、気になる修理内容は?

ご指摘の現象につきまして、作動の点検を繰り返し行いましたが、正常に動作しておりました。
再度現象発生の場合には、ご使用になられたレンズも一緒に預からせて下さい。

だそうです!(照)
幻のエラーかのか?(汗)
露出が狂う症状は発生パターンが分からないのでSS持って行っても再現するかどうか...

メソメソ



でもって話は変わって...


嗚呼、SB-600...
貴女はどうしてこうも壊れる。
そんなにスーツケースの中で大暴れしていたのかい?
ポーチに入れていたのにそんなのは無視するかのごとく大暴れていたのかい?

メソメソ
by bananaoka | 2011-09-22 00:00 | Comments(0)
2011年 09月 21日
Hi Guys!
 
という話。


写真一枚で~...
全てが伝わる~...
事もある~...

※無事、日本に帰ってきました。
by bananaoka | 2011-09-21 00:00 | Comments(0)