<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧
 
2011年 07月 31日
F4U Corsair
 
という話。

色々と忙しく、今日も写真一枚です。
50's AMERICAN GIRLSが出ましたが、それ以前の年代の航空機も飛来しており...


逆ガルウイング,逆ガルのカーブに沿って三分割で下がるフラップ,主翼折り畳み機構...
ジェットもいいけどレシプロ最高ですよね、皆さん。
by bananaoka | 2011-07-31 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 30日
A-4 Skyhawk
 
という話。


今日の一枚はアメリカ海軍の小型攻撃機A-4 Skyhawk。
筒(胴体)に板(翼)付けました!みたいなMiGと比べると、実に現代的。
で、詳細はまた後日。(汗)
by bananaoka | 2011-07-30 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 29日
MiG-17 Fresco
 
という話。


先日のカタリナ飛行艇の後の話ですが、ナカナカええもん見れました。
詳細はまた後日。(汗)
by bananaoka | 2011-07-29 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 28日
台湾撮影旅行 Vol.7 ~十分へ行く~
 
という話。

そんな訳で行ってきたんですよ、十分に。


って感じですっかり慣れた地下鉄に乗り先ずは台北駅へ。


で、十分に行くのに全線鉄道ルートもあるのですが、途中までバスの方が早いというアレで、その途中の基隆までのチケットを購入。
暫し待ってバスの時間...


文字の通りもぎりの兄さんにもぎ取られ無残になったチケットを持ってバスに乗車。


遠足の小学生並みに最前席をがっつり確保でgo!基隆!


バスに揺られる事数十分(アバウト過ぎ)、大きな港を抱える基隆へ到着。
日本へのフェリー航路もあるってんだからもう。
ですが、ここは先ずは一直線に台湾鉄道の駅を目指し...


ファンタオレンジと台湾鉄道の根付を購入!
じゃなくて、十分までの乗車券を購入!


そこに電車来てるよ!ってな駅員に誘われ近代的な車両が待つホームへ向かいつつ一枚。


白く清潔な車内でマッタリと出発を待つ台湾オヤジと台湾マダム。


壁の電気機器はシートゥルー。
ブレーカーは三菱電機製だったと記憶が叫ぶ。


でもって基隆から2駅の八堵火で一旦乗り換え。
列車の数は結構ある感じで、時間に合わせてレンズを交換していたら素敵なタイミングで貨物列車が駅に進入、進入、しn... レンズ交換が間に合わくぇdrfgtyふじこl!


メソメソ


で、時間通りに到着した列車に大人しく乗り換え...


ちょっと寝たりしながら十分着!
こじんまりとしていて味のある駅舎。


台北から気軽に日帰り出来る観光地なのもあってか、かなりの賑わい。
そんな感じで多くの人々が線路を横切ってホームから駅舎へ、駅舎からホームへ。
踏み切り等は無く、安全はユアセルフ。
この感じいいなあ。


で、先ずは駅近くを散策しつつ鳥団子的何かを買っている人を横目に...


これ、これが見たかったシーン。
ホームから溢れる人、線路際々まで並ぶ建物の隙間を縫って走る気動車。
グッときた!


で、もうチョイと鉄道風景を撮って...


そういえばお昼ご飯じゃね?と、いい加減線路から離れ、もう少しだけ散策しつつお昼を食べるお店を探すのでありました。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-28 00:00 | Comments(2)
2011年 07月 27日
台湾撮影r...
 
という話。

次はVol.7でようやく3日目の日記となるのですが...
仕事から帰ってきて日本と色々連絡したり日報メールしたりなんやらかんやらしてから日記用写真を用意した所でそろそろ眠らなきゃならんのですよ、うん、今、午前3時半。


って感じで、3日目に行ったのは十分方面へ行ったのですよ。
台北から東へ東へと。


だので、お世話になった台湾鉄道のイメーヂを貼って残りは明日。
オヤスミなさいませ。
by bananaoka | 2011-07-27 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 26日
台湾撮影旅行 Vol.6 ~士林夜市~
 
という話。

分かんねえ!分かんねえんだよ言葉が。
もっとゆっくり喋ってくれよう。(ゆっくりでも分からんのだけどってほっといてつかあさい)


って感じで、淡水夕景の後は士林夜市。
台湾の夜は長いのです、異様なまでに。

で、あまり良く分からず士林駅に降り立ち、ナイトマーケットはどこ?と質問した学生風のカツプルの掛けていた眼鏡はまさかのフレームだけだった。
その後もちょっと良く見るとフレームだけの眼鏡を装備した男女多数。
流行ってるのか?


史上最強無敵傘。
ホンマかいな。


で、↑のカツプルが教えてくれた方に歩いて行くとありましたよ、入り口が。
それはそうと、どえりゃあ人が居りますよ。
盆と正月とGWとSWとクリスマスと誕生日と体育の日と卒業式が一緒になっちゃった感。
なんじゃこりゃ...
さすが台湾一と言われる夜市...


と、とにかく突撃じゃい。


うむ、美味い。
がしかし、メイン通りを避けて路地に入らないと落ち着いて食べれん(撮れん)がな。


その後もめぼしい所をチラ見しながら進みます。


夜市に繰り出して晩御飯を食べて帰る、みたいな生活スタイルなのですかねえ。
その辺は日本の祭りとは違う感じで。

毎晩激開催される夜市。
日本の祭りの屋台が毎日開催されたら毎日焼きそばにりんご飴に金魚すくい?
家にどんだけ金魚鉢並べれば許してくれますか?ってねえもう。


お寺さんも絶賛営業中。
でか何で下切ったんやろ。(構図)


取締役?
見ての通りの服屋さんでしたが。


そんな感じで、もみくちゃになりながら1本の通りを歩いてきた感じですが、そろそろ通りの終わりが見えてきましたよ。


って事で良く分からんけどお店にin!


取り敢えず台湾ビール一気飲み。


良く分からん料理が到着したので食べて飲んでちょっと落ち着いた感を味わい...
と思いきや、鬼のような流れで客をさばく渡辺直美的なお姉さんに圧倒されるようにあ~れ~と店外に放出され...

何か、もうちょっとツマミたいよね?
って事で...


横に立ってた白人兄さんが食べてた半月焼という(箸巻き的な)食べ物をチョイス。


co鉄ちゃんは、キャラが強過ぎるおっちゃんがザックザック作っているイカ系をチョイス。
おっちゃんのキャラと真っ向勝負なイカ系激辛涙目。
半月焼は熱過ぎて暫く握れないという、もうね、何でこう一筋縄ではイカンのかという台湾事情。


毎日がフェスティバル。
小銭が宙に舞う。


いやだから熱いんだってもう!

と、一旦、士林夜市から抜けて大通りに沿って歩いてみます。
すると、どこからともなくあの匂いが...
いやいや、どこからともなくじゃなくてここからだあ!


そんな勢いで臭豆腐のお店に激in!
お母さんがガンガンに揚げてくれています。


そして到着。
こ、これが臭豆腐...
がしかし、各所でまことしやかに言われている程の物では無いように自分は感じた。


いざ、食。

...

うん。
普通。
ちょっと刺激的な揚げ豆腐という感想を述べさせてもらいます。
ちょっとの度合いが人やお店によって激しく上下するかもしれませんが...


といった感じで台湾2日目の夜は暮れ...
怪しい日本語と英語と中国語を駆使するおいちゃんの運転するタクシーでグルリとユース近くまで瞬間移動した後は...


ComeBestで明日への活力(笑)を補給しつつシャワー浴びて寝たのであります。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-26 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 25日
50's AMERICAN GIRLS
 
という話。


オーブンの中に居るかのような晴天の下6時間立ちっ放し。
行ってきました撮ってきました燃え尽きました。
詳細はまた後で...
by bananaoka | 2011-07-25 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 24日
ひとめぼれ
 
という話。

あ、すいません、コシヒカリでした。
え?何がって?もう。


ミシガン初日の仕事明け、早速日本食材店へin!
滞在しているNoviには日本人が結構住んでいるらしく、日本食材のお店や(本格的な(ちゃんとした))日本料理店もチラホラ。


普通のショッピングセンターで購入した食材と並べて記念撮影。(誤)
今回は長いので晩御飯は自炊作戦です。
テキサスのホテルは自炊しようにもキッチン無かったし...
これで、Save Moneyとなるか?
というか、毎食外食だと体(胃腸)が持ちません。


米は鍋で炊くかなと思っていたら、ホテルがレンタル炊飯器を持っているヨ!ってな事で早速お借り致しまし候でスイッチポン。


ホッカホカの白米と適当に焼いた鶏肉と卵とお手軽サラダとパッケージ買いした謎のドイツビールで今夜も(一人で)乾杯!日本米最高!
by bananaoka | 2011-07-24 00:00 | Comments(0)
2011年 07月 23日
台湾撮影旅行 Vol.5 ~淡水夕景~
 
という話。

そんな訳でようやく到着した淡水。
ここは台湾でも夕景で有名なスポットらしい。
だもんで、右を見れば家族連れ、左を見ればカツプル、下を見れば地面、上を...
要は四面楚歌な訳で。


でも!カメラは友達さ!と、淡水の夕景を撮ります。


この橋は、情人橋という名前だそうで...
思わず北斗有情拳を思い出しギ、ギモディイー!って情しか合ってませんがな。


そんな情人橋の脇の長~いデッキ(下は商店通り)の上では台湾の人々が思い思いに淡水を楽しんでいまして...
写真撮るのも結構好きなようで、カメラ下げている人をかなり見ましたよ、うん。


怖そうな兄さんが可愛く商売中。


そうこうしている間にも...


夕日は沈み...


沈む夕日に合わせて場所を変え...


桃園国際空港へ向かう旅客機を入れ...


水平線は雲が連なり達磨は見れませんでしたが、これにて淡水終了。


バスに乗って一気に淡水駅。


次の目的地へ向けて電車で移動です。
台湾の夜は長い。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-23 00:00 | Comments(1)
2011年 07月 22日
台湾撮影旅行 Vol.4 ~足が棒に~
 
という話。

のらりくらりと続く台湾日記。
一体いつ終わるのか、はたまた終わらないのか...
そんな危機感に包まれながら書いています。


という訳で淡水の先っちょへ向けて淡水福佑宮→紅毛城と移動し、次は滬尾砲台です。


1886年に建造された大砲の砲台跡だそうで、大砲そのものは全て無く完全な跡地となっていますが、保存状態は中々良さそうです。


それにしても中々の暑さで攻撃してくる台湾。
思わず、道行く台湾の人にタマランチ?と問い掛けそうになります。(なりません)

え?
写真とキャプションが合ってない?

そ、そうですかね...
(もちろん撮っていいか聞いてから撮ってます)


で、リア充さんは置いといて、ゴロゴロと引っ張っているペリカンケース。
いや~、失敗でしたね。
重いよ!(激照)
撮ってる時とか移動中にドンと地面に置いておけるのは楽だけど。


そうそう、ペリカン1510は砲弾ケースにスッポリ入るサイズなので、作戦時も砲兵さんのじゃまにならず最高です!


じゃなくて、施設案内のおっちゃんも思わず陰で涼む暑さ...


なので、こちらも砲台間の通路で涼もうと立ち止まると日は射さないしヒンヤリとするものの、汗が大量に噴出ingで余計に暑いわ!という事でロクに立ち止まらず次、次だあ。


英語の注意書きより全然読める不思議。


そんな感じで滬尾砲台を後にし、北西へ北西へ...
ファミマは全家と書くようです。


淡水周辺はリゾート的な開発の波があったようで高層マンションが沢山建っていまして。
そこから180度通りを挟むと、営業終了して寂し~い感じになった国道沿いのサービスエリア的建物があったりして。


と、というか、先っちょまだ!?
と、Gooooooooooooooooooooooooooogleマップを見てみると...
まだまだのようです。

で、思わず立ち眩みになりそうになった所で救世主(バス)が登場。
の、乗せて!

15TYD(約40円)


その安さに驚愕しつつあっという間に着。
バスに乗って一つ曲がった瞬間に見えた真っ直ぐな道...
あれを歩かなきゃならんかもしれなかった事を考えると...

いや既に足が棒になっているのだが。(照)

そんな感じで到着した淡水。
お目当ての夕景まではまだ暫く時間がありそうなので、休憩がてら、淡水名物?の激長ソフトクリームを探す事に。(駅近くの商店街で激長いのが買えるらしいが見当たらずメソってた)


数件のソフトが売っているお店をあたるも本日終了とかなんとか...
これで最後とあたったお店でようやくゲット!
何気に初ソフト?

食。

うん、普通に美味しいね。
ネットで見た激長ソフトには届かない長さだけど、まあそれはそれで。

が。


コーンが...
コーンが...
そんな感じで生涯初のソフト未完食を記録しつつ、淡水の夕景を待ちます。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-22 00:00 | Comments(0)