2019年 08月 26日 ( 1 )
 
2019年 08月 26日
ブレーキローター交換
 
という話。

番組の途中ですが速報です。
AC COBRA…じゃなくてDelco製のちゃんと防錆処理されているブレーキローター(2007 MAZDA 5用)をeBayで購入。
というのも今付いているのはタイヤショップでタイヤ交換する時に一部工賃セーブ出来るもんで一緒にお願いして交換してもらったローターなんですけど防錆野郎じゃなかったようで見事に錆まくりingなんですよね。(自分でやっときゃ良かった…)
という訳で、やっぱり気になるので気を取り直して自分で交換です。(メソメソ)

b0166783_02073070.jpg

ACDelcoはGMが所有する部品メーカーなのにGMの車両用のみならず何でもかんでも作ってる訳でして、MAZDA 5用のブレーキローターも完備。
所謂メーカー直系のOEM部品を作りまくっている所なので、eBayにゴロゴロしている良く分からない激安ローターを買うより安心でしょう。(と思いたい)
前後で2諭吉ちょいです。
現在の錆び錆びローターのアタリ面がグランドキャニオンになっている訳ではない(謎)ので細かい事は見なかった事にしてブレーキパッドはそのまま使います。
どっちにしても何れレコード盤になるので。

b0166783_02072908.jpg

という訳で、いい感じの薄曇りだったので駐車場で先ずは助手席側リアから持ち上げて固着の様子を見てみたんですけどね。
ふふ、ふふふ…
ビクともしやがらねえ。
アメリカ版CRC5-56であるWD-40(米人曰く「それ塗っときゃ何とかなる」)を吹き付けて2時間待っても返事なし。
ハンマーでガンガンやるにも静かなアパートの駐車場では金曜の夜に燃え尽きて静かに寝ている奥さんに申し訳なく。(照)
って事で、いつものレンタルガレージにヌルッとin。

b0166783_02072922.jpg

えっと…
あっさり外れたんですけど…
ガレージに常備の5tハンマーで軽くコンコンやったら外れやがりました。
奥さんに配慮してコンコンが軽すぎたかなぁ…

b0166783_02073033.jpg

とはいえ一番酷かったのが助手席側リア(さっき駐車場でやってWD-40を浸透させたとこ)で、他のは数回のコンコンであっけなく外れるというやつでした。
外した後は軽くアタリ面の錆びを取って準備OK。
ハブはスムーズにクルクル回りまだまだ使えそうです。

b0166783_02073099.jpg

そんな訳で新品をON!
ぐはあ!眩し過ぎて直視できない。

b0166783_02081770.jpg

でもってフロント。
折角持ち上げて下から丸見えなので各部の目視点検。
助手席側フロントのロアボールジョイントのブーツが一部破れていたので気が向いたら(!)交換です。
それにしても化石かってレベルで錆びてますね。
2007年式ですがエンジンはリビルド品に強制載せ替え済みなのでその他にも頑張ってもらってちゃんとRoute66サンタモニカからの復路を完走しないといけませんからねえ。

b0166783_02081830.jpg

目が、目がぁ~!
それにしても、胸の高さ辺りまでリフトアップした状態での作業はホント楽。
ガレージに2柱リフト付けるか。(やりすぎ)

b0166783_02081854.jpg

そんな感じで作業完了。
センターキャップは塗装が剥げてお疲れだったので新品を注文中。

b0166783_02081760.jpg

それにしても、胸の高さ辺りまでリフトアップした状態での作業はホント楽。
ガレージに2柱リフト付けるか。(二回言う)
奥でチョイ昔のカムリをやっちゃってるのはGMに務めているエンジニアのおいちゃん。
この前はGMのSUVのヘッド周りのガスケットを交換していて、今回はカムリのロアアームの交換。
趣味なのかな?
写真を撮ったりカムリのおいちゃんと話をしたりしつつで約1時間で作業終了。
防錆被膜をゴリゴリ削りながら家まで帰るとしましょう。

b0166783_02081797.jpg

ほんのりレコード盤(照)ですけど、全面綺麗に当たっているのでヨシでしょう。
後はACDelcoのCOOL SHIELD protective coatingがどれ程防錆性能を持続するのかって感じです。
by bananaoka | 2019-08-26 00:00 | Comments(0)