2010年 05月 18日 ( 1 )
 
2010年 05月 18日
神楽を撮りに広島へ行く
 
という話。

※4月24日の日記です。

一体いつの話だよって感じですが書かせてください。(照)

そもそも、何故に神楽を撮りに広島まで?って事ですが。

この日記に出てくる『石見神楽』の撮影データを、とある写真投稿サイトにUPした所、それを見た関係者様よりメールがあり、撮影データを使ってポスターを作らせて欲しいという事になり、有難くOK。
そして更に、次の公演に使うポスターの撮影データを得たいので、それまでに開催される何れかの神楽の演舞を再度撮影してくれませんか?という流れだったのです。

って事で、4月24日に広島県廿日市にて開催される『春選抜第10回吉和神楽競演大会』にターゲットを絞り、4月23日未明にバナナハウスを出発。
いつものように下道をのんびり走ります。
うちから西の方面は無料になったバイパスやらガラガラの国道やらでかなりのハイペースで距離を稼ぐ事が出来るのでね。


そんなこんなで午前4時半、福山のJFE。
見える所はかなり遠くて、寄れる所は立ち木が邪魔で全然見えず、撮影にはキビシイ感じ。

うーむ...
と、ちょっと走ると...


ドーム状の建屋の中でアヤシク動く巨大ロボット発見。
何かの積荷を右から左へ移載しているようだ...
寝静まった真夜中に響くロボットのモーター音...
アヤシ過ぎる。


って感じで更に走り、尾道を越えた辺りで午前5時。
そろそろ明るくなってきましたよ。


そこから更に進んで広島市安芸区にある『スカイレールサービス広島短距離交通瀬野線』なんていう長~い名前の付いたモノレールの麓に到着ing!
『スカイレールタウンみどり坂』なんていう住宅地へのアクセスの為だけ(と言ってもいいだろう)にあるモノレールで、駅数3駅/路線距離1.3kmという規模。
で、聞きなれないスカイレールというのは、懸垂(けんすい)式モノレールとロープウェイを組み合わせた交通システムで、日本唯一ここだけ。
車体の保持を車輪で、移動をロープウェイみたくワイヤーで行うというハイブリッド。
これで、高低差160mの急勾配も余裕でOK!


んな感じで暫く待つと、遠くで聞こえるモーター音と供にレール上のワイヤーが回り始め...
可愛いゴンドラがやって来た!
う~ん、なんだか平和な風景だ。
そこまで時間の余裕が無かったので乗車はしなかったのだけど、結構いい眺めかも。


と、スカイレールを楽しんだ後は、ログハウス風の喫茶店で軽く御飯を食べたりしつつ今回のメインの神楽撮影会場である『県立もみのき森林公園』へ向かいます。


で、そこに向かう国道488が酷い。
まさに酷道。


倒木やガレ場のオンパレードで離合が難しい区間もモリモリ。
本当にこの先に目指す目的地はあるのか?と不安になりつつも、たま~に向こうから走ってくる車に希望の光を見出す事数十分、ようや到着。

到着した時にはホンノリ開演していて、会場となっている体育館からは神楽の音楽が聞こえてきます。
いか~ん!(今頃かよ)


って事で早速撮影開始ing!
最初、受付の人に「写真の撮影は禁止です」って言われ、まぢでか!?ここまで来てまさかの撮影禁止!?と思って問いただしてみると、「フラッシュを使った撮影は禁止」→「三脚の使用は禁止」→「ビデオでの録画は禁止」と、まぁ、普通に写真を撮影するのはOKって事で。
ホントに撮影禁止だったらもう、ねぇ。(照)


で、若干出遅れた感があるので、正面やステージ直近はガッツリ組みが占領済み。
かなりの数の社中(舞踊等の芸能の仲間という意味合いらしい)が参加しており、その関係者達がガッツリ組を構成しているようだった。


会場の雰囲気はこんな感じ。
撮影は主に上の写真左にある固定カメラの脇や、中央の通路脇、奥正面に見える中二階踊り場の上から、と、数箇所で行いました。
使用したレンズはお馴染みのVR70-200mmF2.8。
シャッター速度が求められるのでテレコンは無し。
日記に貼り付けている舞台上の画像はトリミング無しって事で、200mm(35mm換算300mm)あればギリ届くかなって感じだった。

んな感じで自分以外に撮影している人はアマなのかプロなのかは分らないけれど、長玉+一脚でずっと動かず撮り続けていたお姉さんとか、長玉+三脚(!?)でずっと動かず体育館の端っこから撮り続けていたお父さん達が数名。
お父さんに、何ミリ付けてるのか聞いてみると200mmだとか。
きっと、舞台全体を撮ってたんだろう。
後は、関係者と思われる固定カメラが数台と新聞社のカメラマンが1人。


舞台演出のスモークに包まれる観衆。(笑)


競演大会なので、会場の脇には審査員席があり、数名の審査員が真剣な表情で演舞を見ていました。


演目『弁慶』で、絶対あるはず!なこのシーンも何とか無事(か?)撮り、長丁場の撮影終了!


競演大会に携わった皆様、本当にお疲れ様でした。
んでもって、撮影データはRAW現像後に撮影依頼者様へ送付って感じです。


撮影の後は、往路と同じく酷道を走り、バナナハウスにk...
帰るか~い!って感じで、広島市内の知人宅でちゃっかり晩御飯を呼ばれたりしつつ、明日へ向けての移動を開始するのでありました。(つまり寝てない)

つづく...
by bananaoka | 2010-05-18 12:15 | Comments(0)