<< デロンデロン 登るしかありません >>
2019年 04月 01日
1秒でも早く
 
という話。

1秒でも早くザレ場を脱出して安定した足場に戻りたい訳で、ちょっと進んでは休み、休んでは進みを繰り返し…

b0166783_14291894.jpg

そんな訳で引き返す事を決めて2時間(!)、ようやく戻ってきました普通に歩ける稜線。(祝)
ここで最後のバナナとパンを補給して元気になります。
そう、後は下るのみ。
(2本目のバナナとパンは引き返す事を決めた時に食)

b0166783_14291878.jpg

とはいえ全部下りではないのだけども、往路でしんどかったザレ場も下りでは滑り落ちるように下りれるのでめたくそ早い。
そんな訳で帰りはあっという間です。

b0166783_14291849.jpg

そんな訳で最初のカルデラの縁に戻ってきました。
ここまで来ればもう後は乗り合いトラックに乗って帰るのみ。
で、ここで北のピークに登頂した後にカルデラに下りてここに戻ってきたパーティと再会。
どうだった?と聞かれて、あの辺まで行ったけどもう無理って感じで帰って来たって感じで報告会。

b0166783_14291912.jpg

報告会の後はタクシー乗り場まで戻り乗り合いトラックに乗り込んで駐車場まで戻ります。
帰りは荷台でゴトゴトです。

b0166783_14291966.jpg

そんな帰りのトラックの荷台から見上げるNevado de Tolucaには雲が掛かって暗くなっています。
山頂に向かっていたら真っ只中か…

b0166783_14291854.jpg

トラックの中ではドイツからの移民のママンと、ママンの義理の妹とその家族と一緒でして、聞くとママンは冒険家(ダイバー)で、メキシコ各地の地底湖やカルデラ湖に潜りたくて潜りたくて30年前にドイツからやってきたそうで。

b0166783_14302897.jpg

そんな感じでワイワイと下って駐車場着。
時間は17時。
レンタカーの返却時間は17時。
だめじゃん急げ。

b0166783_14302869.jpg

とまあ急いでもしょうがないので小雨の中レンタカーを借りたトルーカの空港へ向かい、特に何を言われる事もなく返却終了。
いいのか?
いいのか。(メキシコだから)

で、ここからメキシコシティへ移動する為にUberアプリを起動しドライバーを呼びます。

b0166783_14302938.jpg

近くに数台のUberタクシーが走っている中、稀少車三菱ミラージュが向かってきました、が、ドライバーからカカードの支払いじゃなくて現金にしてという問い合わせ。
まあ現金でもいいのでそのまま乗ってUberの乗車はキャンセル。
何気に白タク状態でメキシコシティに入る山岳部の渋滞にヌッ込みます。

b0166783_14302767.jpg

メキシコシティ市内はそれ程の渋滞もなくスルスルと進み、いつも泊まっているホテルへ向かいます。

b0166783_14302725.jpg

そして無事に20時過ぎ、本日のおまえにチェックイン完了。

b0166783_14302844.jpg

早速疲れを取るためにジャグジー…はない、バスタブ…もない、シャワーでいい、温まるだけでいい。
で、水が出ない。
どうもホテル全体のポンプの故障復旧中とか。
もうこれはしょうがない、メシでも食べに行くか。

つづく…
by bananaoka | 2019-04-01 00:00 | Comments(0)
<< デロンデロン 登るしかありません >>