<< 登るしかありません 往復1,000km >>
2019年 03月 30日
メキシコで4番目
 
という話。

二度目の挑戦となるNevado de Tolucaはメキシコで4番目に高い山。
一度目はゆた母さんの弾丸メキシコ旅行の最後にねじ込んでみるも弾丸なだけに時間切れにて下山、そして今回…(まあ結果は既に書いているんですけどね)

b0166783_00514550.jpg

そんなこんなで、座っているだけとはいえ朝から真夜中まで主に車を運転していたもので、朝はゆっくり目に出発。
これが後々。(照)

真正面に見えているのが、Nevado de Toluca(標高4,680m)です。

b0166783_00514570.jpg

今回も夜の間にメキシコシティまで移動しなくてはならなく、そして翌日の予定は朝7時行動開始という特急パターン。
そして何気に登山口への道を一度見落として直進してしまい、30分のタイムロス。
これが後々。(照)

b0166783_02094904.jpg

そんな訳で未舗装路を暫く走り、麓の公園というかキャンプ場というか駐車場というかの施設に到着。(標高3,600m)
うむ、今日もいい天気である。
駐車場代は50ペソ。(300円)

b0166783_00514698.jpg

そしてここからは乗り合いタクsh…トラックに乗って標高4,100m地点まで運んでもらいます。
トラックは50ペソ(300円)で、たまに居るタクシーは1台200ペソ。

b0166783_00514677.jpg

I love Zinacantepecという事らしい。
Zinacantepecはここの行政区の名前。
と、写真を撮っていると、乗り合いトラックが定員になったようで、出発です。

b0166783_00514595.jpg

トラックにはナンバープレートが2枚。
一枚はメキシコのやつで(なぜかゲレロ州)、もう一枚はアメリカのネバダ州のやつ。
Nevado(雪が多い,Snowy)の女性形がNevadaって事で、ワンポイントお洒落なのかそうなのか。

b0166783_01072379.jpg

で、満員の荷台ではなく助手席に乗せてもらいます。
うむ、快適である。
とはいえ、キャブ定員の3名までキッチリ乗るのがメキシコ流。
時々3名以上が知恵の輪みたいにして乗っているのもメキシコ流。

b0166783_01072312.jpg

先の公園エリアからクネクネと続く未舗装路はそのままトレイルも兼ねていて(所々ショートカットがある模様)、ある人はトレラン、ある人はトレッキングで登っている。
体力あり過ぎじゃありませんか?

b0166783_01072366.jpg

途中、標高4,000m付近にあるアンテナ群を過ぎるともう少しで終点。
この辺りまで来ると森林限界を超えているので視界スッキリ。

b0166783_01072333.jpg

体力あり過ぎの人達はMTBでも登る。
12インチのミニベロを鬼のようにペダリングしていたお兄さんも居たんだけど、肺活量を計測させてもらいたいレベル。

b0166783_01072407.jpg

そんなこんなで標高4,100m地点に到着。
カルデラの反対側にある山頂はここからは見えない。
ギリギリ見えている黒い部分が北のピークか?

b0166783_01072467.jpg

登り始める前にトイレを済ませ、準備完了。
GSのペアが居たので一枚。
バイクなら自家用でもここまで登ってきて良いみたいです。
車はNG。

b0166783_01072259.jpg

遥か眼下に見えるのはトルーカの市街地。
さて、ボチボチ取り掛かりましょう。

因みに、携帯は思いっきり圏外です。
ついさっき通り過ぎてきたアンテナ群は一体…
携帯のアンテナが一本くらいあってもいいと思いません?

つづく…
by bananaoka | 2019-03-30 00:00 | Comments(0)
<< 登るしかありません 往復1,000km >>