<< とある薄暗い路地 予報は雷雨 >>
2018年 11月 04日
メキシコシティの楽しみ
 
という話。

メキシコシティの楽しみ、それは駆け抜ける歓び。
グイグイヌッ込んでくる車たちと仲良く駆け抜ける歓びです。
15mmで撮っているので距離感がアレですが、15mmの距離感を補正して見てください、めちゃくちゃ近くてとても楽しいです。(笑)
メキシコシティでタクシードライバーに転職しよかな。

b0166783_23262991.jpg

死者の日の週末、交通規制も相まって更にカオス度数高し。
運転しているだけで笑えるのはなかなかない。

b0166783_23263048.jpg

取り敢えず頭ヌッ込めば後は通れるでしょ?という猫みたいな考えでヌルッとin。
メキシコのドライバー達、車両感覚凄いと思う。

b0166783_23263020.jpg

メキシコシティど真ん中のソカロにて、ママンが最強なのはどの国も同じである。
とにかく頼もしいのである。

b0166783_23263057.jpg

宮殿や大聖堂のあるソカロから数分、アルパタド通りは所狭しと市が出る歩行者最強エリア。

b0166783_23263122.jpg

一方通行なのか何なのか分からないけれど、向こうからバイクがじゃんじゃん突っ込んでくる。
こちら、バイクは自転車と同じ感覚です。

b0166783_23265101.jpg

途中、道は続いているのだけど自然と(?)歩行者天国になっていて、人と台車とバイクが四方にワサワサしている交差点を謎の誘導員(普通のおっちゃん)に誘導されて右折。
窓開けろというので開けながら声聞きながら曲がると、水居るか?チップくれ、って。
やっぱりただのおっちゃんかい!

って感じで、別の交差点を直進していったタクシーは…

b0166783_23265081.jpg

数秒後にはもう見えない。(笑)
これだからメキシコシティは止められない。
ほんと是非とも来てもらいたい、そして運転してもらいたい。
若しくはタクシーで自由に走り回ってもらいたい。
by bananaoka | 2018-11-04 00:00 | Comments(2)
Commented by こばまん at 2018-11-05 09:50 x
ふらっと、遊びに行きたい衝動に駆られる。
そして大笑いしたい。
行ってみるか?
行けるのか?
Commented by バナOKA at 2018-11-06 12:04 x
こばまんさん>ぜひぜひふらっと気が付いたらANA若しくはアエロメヒコの直行便に乗ってみてください!
後は、空港でちょっと両替してレンタカー屋さんに行ってあとは大笑いするだけです。(笑)
<< とある薄暗い路地 予報は雷雨 >>