<< 修理完了 代車で決行 >>
2018年 08月 16日
オアハカ
 
という話。

今回の駆け抜ける歓びの目的地はオアハカ(Oaxaca)。
カメラ(α9)は激しく忘れたけれど、カメラ(α6300)は持って行っていたので何とか生きていけました…

b0166783_08202884.jpg

そんなオアハカのでは孫悟空と思われる男が12:00を物凄くアピールしていました。
12:00に何があるってんだ。



そんな訳で、土曜日のおまえにチェックインはオアハカのセントロにあるHotel Casa Antigua。
Antigua(英:Antique)というだけあって、19世紀の古い邸宅を改修してホテルとして使っているそうで…

b0166783_08203286.jpg

メキシコの色んな所にある5月5日通り(Cinco de Mayo)に面しているHotel Casa Antigua。
ホテルの前に仮駐車してチェックインした後は、契約駐車場まで係のお兄さんが車を移動してくれる系。
これ系は楽ではあるけれど、ホテルを拠点にして車で近場をウロウロするには不便。

b0166783_08203557.jpg

例によって中庭というかロの字形の建物になっていて、ポッカリと開いた中央部から差し込む光で中が明るい。

b0166783_08204194.jpg

でもって部屋はこちら。
通りに面した部屋は既に埋まっていたので窓は無し。
天井のむき出しの梁がイイ感じ。
予約サイトにはバスタブが写っていたのでホンノリ期待していたけれど、どうやらそれはスウィートルームの装備なのか、この部屋の設備は普通のシャワーのみ。

b0166783_08204455.jpg

階段を上がるとテラス(天井)に出れるというので出てみると、見事に夕立が迫っているのが分かる。(笑)
嗚呼、まさに雨期。
左手に見えるのは聖ドミンゴ教会。



そんな訳で、日曜日のおまえにチェックインはクエルナバカの郊外にあるCamino Real Sumiya。
Kyotoなんて通り名のある居住区の中にある瓦屋根のレストランやスパ施設のあるホテルです。(長)

b0166783_08205368.jpg

オアハカを楽しみまくりingしたのもあって到着は午前2時。(笑)
居住区そのものに入るのに一度セキュリティゲートを越えるのですが、そこからinして先ずホテルがどこにあるのか分からないシステム…
で、それっぽい所に進むと奉行所の入口がありました。(違)

b0166783_08205639.jpg

チェックインした後はレセプションを越えて森の中の通路を下るとマンションのような建物が現れ、どうやらこれがホテルの部屋達のようです。
そうか、瓦屋根の建物に泊まる訳ではないのか。

b0166783_08210085.jpg

ズゴゴゴ…
一体何部屋あるんだって感じで並ぶ扉扉扉。
左右に対になった扉ユニットをカードキーでオープン的な。

b0166783_08223238.jpg

そしてお部屋はこんな感じ。
うむ、箱である。
がしかし、がしかしですよ。
和風を演出(?)しているこのお宿、きっと浴室はヒノキのカホリに溢れていて午前2時半だけどせっせとお湯を入れてですよ、たっぷり休む訳ですよ。
さあ!ヒノキ!カモン!

b0166783_08223802.jpg

ですよね!
やはりヒノキの苗を買いに行く所からスタートしないといけないのか…
若しくはドラム缶をどこかで調達してだな。
道は長い。



b0166783_08225225.jpg

そんな訳で、最終日月曜日のおまえにチェックインはここ。
ん?見覚えがあるここは自宅じゃないか?
そして椅子の上にポツンと置かれたカメラ(α9)と感動の再会。(笑)
時々帰って来てはいるものの自宅のベッドに寝るのはいつぶりだっただろう…
by bananaoka | 2018-08-16 00:00 | Comments(0)
<< 修理完了 代車で決行 >>