<< ツバメの巣 車に寝袋 >>
2018年 07月 18日
たい焼きとジャズと夜景の見えるレストランと車中泊とビートル
 
という話。

Queretaro(ケレタロ)にたい焼きがあると聞いて行かずには居られないワケで。

b0166783_03220605.jpg

これは、見まごう事なきたい焼き屋さん!(ダヨネ?)

b0166783_03195555.jpg

これを見て「おいしい」が出てこないワケが無いのですが、何かが違う。
たい焼きってこんなフォルムだった?

b0166783_03195685.jpg

そう、たい焼きに開口部があるんですよ。
そう、空洞のたい焼きのガワだけが焼けるシステムになっているんですよ。
「!?」ですよね。
そんな空洞の中にヌリヌリするのはnutella。
ここでnutella!(笑)
※他に何種類か選べる。

b0166783_03195591.jpg

はっはーん。
なるほどね。

b0166783_03220693.jpg

ドオォオン…
次から次にトッピングされる色々。
もはや最初の姿が分からない。(笑)
トッピングは正義。
もちろん、追いnutellaもお忘れなく。

b0166783_03220680.jpg

ちょっと食べた後だけど、肝心の全体像(?)が抜けていたので慌てて撮影。
これは、まんぷく丸系ですよ奥さん。

b0166783_03220554.jpg

カップに入れるスタイルもあり升。
こちらは、たい焼きが突っ込んでいくスタイル。
世界は広い。



Queretaro(ケレタロ)のセントロでジャズのステージがあると聞いて行かずには居られないワケで。

b0166783_03231947.jpg

ジャズと言えばニューオーリンズに行ったのは2014年なので、久し振りに生演奏を聴く事となります。
聴く専門なのでアレなのですが、なんというか、単純に楽しいのでね。

b0166783_03231930.jpg

セントロにある広場(Plaza de Armas)に設けられたステージでおもむろ始まった演奏。
アーチ屋根の下の座席は既に満席で、僅かに脇にそれた座席で楽しみます。

b0166783_03232073.jpg

数曲の演奏の後の1曲は女性ボーカル付きの演奏。
もちろん歌詞はスペイン語です。
演奏は静かなバーで静かに流れているジャズと言うよりホールに響き渡るスカな感じ。
斜め前に座っていたママンもノリノリである。

b0166783_03232063.jpg

固定やハンディ等々複数台のカメラの映像を切り替えてのカメラワーク等々、演奏以外の所もホヘーと見ているとそれも楽しいワケでして。

b0166783_03234521.jpg

そんな中でも、この写真のフレームの右に見切れているクラリネットのお兄さんの演奏と演奏していない時のノリノリな動きが良かった。
が、写真が上手く撮れなかった。
ううう。

b0166783_03234574.jpg

途中でギターのお兄さんが交代して更に演奏は続き一時間が経過。
音楽できるってホント羨ましいですね。

b0166783_03234625.jpg

そんな感じでタップリ楽しんだ後はちょいと小腹を満たしにいわゆる晩御飯です。



ノリノリ系ジャズの演奏を楽しんだ後は晩御飯を食べないとおうちに帰れないワケで。

b0166783_04210472.jpg

テクテクと街を歩いて目的のレストランへ。
メキシコではレトロな車も走っているし、レトロな自転車もバリバリ現役。
どんな古い自転車でも街の自転車屋さんがしれっと直しているらしい。

b0166783_03241661.jpg

そして到着したのはケレタロの夜景が見えるテラスのあるレストラン。(Carranza 50 Terraza & Grill)
にこやかに対応してくれた店員さんが嬉しいねえ。
で、これはビーフスープ。
お好みで入れる薬味(と言っていいのか?)には非常に危険な物体があるので注意。
1個だけ入れてみたら実に刺激的なビーフスープになった。(辛)

b0166783_03241689.jpg

そしてこれは、サーブしてくれた素敵なおいちゃんお勧めのメニュー。(Chamorro)
ヒツジ肉(?)を48時間かけてじっくり焼き上げたやつ、との事。
身をほぐしてくれたのだけど、ほぐすというか、フォークで押さえたらボロロンと勝手にほぐれる程に柔らかくなっているという具合。

b0166783_03241601.jpg

そんなワケですっかり閉店時間が過ぎてもう誰もレストランエリアには居ない状態になってしまいお開きという流れに。
下のBarはまだまだ人が沢山居て、一体このお方達は何時までグテングテンするつもりなんだ!?と思いつつおうち(というか出張先のホテル)に向かって出発するワケであります。



チュンチュン…
いやはやどういう事かスイマーが凄いのなんの。

b0166783_03195303.jpg

ふと気が付いたんです、そういえば寝袋がトランクに。
そうなったら話は早い。

b0166783_03195371.jpg

清々しい朝を迎えました。
金曜日に寝違えていたので、首から背中への違和感がどこから来たのかは分からずなのです。(照)

b0166783_03195342.jpg

そしておもむろに水分補給でもしようかとハイウェイを走り出すと、ガソリンスタンドの前のタコススタンドに群がる人々。
んもう、朝から腹ペコさんなんだから。
どれどれ?
うーむ、これはいいかな。(温めないスタイル(?)のタコスであったのでパス)

b0166783_03195484.jpg

と、バババ…ババン…とやってきたビートル2台連れ。
2台ともちょっとそこらのヨチヨチ走っているビートルとは違うオーラを放っていまして。
これはあれだな、イッっちゃってるパターン。
ここでガソリン満タンでやる気も満タンですかお兄さん、ええ?(誰)

b0166783_03195424.jpg

どうやらそのようで…
こう、なんていうか、見通しと路面状況が良いエリアは皆と一緒に130km/hくらいで走ったり走らなかったりするのですが、その後ろからシレ~っと迫ってきてファーっと抜いて行く黄色いのとオレンジのやつ。
こりゃタマランですよ奥さん。
こうなったら、伝説のチューナーにEJ20を積んだモンスタービートルを1台お願いしなきゃならんですね。
by bananaoka | 2018-07-18 00:00 | Comments(0)
<< ツバメの巣 車に寝袋 >>