<< Feria de San Ma... 伝書鳩 >>
2018年 04月 28日
Feria de San Marcos Vol.2
 
という話。

b0166783_01314054.jpg

会場の安全を守るPoliciaに敬礼の後、騎馬警察が待機している所へ戻ると人だかり。
オフィシャル的なカメラマンも多数。
これは、何かあるぞ。
それにしても最近は人が集まる所にカメラ(大きな一眼レフやミラーレス)を持って来る人が多くていい。
ちょっと昔はカメラと言えば(日本人だ)、とか、(日本人は)どこでも写真撮ってる、とか言われていたのにね。
お陰で多くのカメラの中に紛れて写真を撮る事ができる。

b0166783_01314080.jpg

と、プリンセス来た。
しかも何人も。
だがしかし撮れん、撮れんのじゃー。

b0166783_01314068.jpg

そんなプリンセス一行が移動する先は、このフェアーに協賛(?)しているお店というかブースというか。
フェアー2日目という事で、本格始動を前にテープカット&内覧といった所でしょうか。

b0166783_01313932.jpg

そしてもちろん踊ります。
皆さん集まって見ていってくださいねってトコでしょうね。
真ん中のおいちゃんはフラッと飛び入りでひとしきり踊って帰って行きました。(凄いね)

b0166783_01325247.jpg

そんなこんなで昼を過ぎると徐々に人が増えてきていい感じに。

b0166783_01325251.jpg

どこかでフェイスペインティングをやっているのか、ファイスペインティングを施したお嬢さんを連れた家族。
パパンにお願いして一枚。

b0166783_01325106.jpg

パパンにお願いされてもう一枚。

b0166783_01325287.jpg

そうそう、うちのロボットがNISSANのブースでデモンストーレーションのお手伝いをしてましたよ。
という訳で、そろそろ帰ろうかね今日は下見だし…、と、車を止めた通りの方に歩いていきつつまだ入場の始まっていない闘牛場の横を通り過ぎつつ、試しに「(中に)入っていい?」と、ゲートに居たお兄さんに聞いてみたら「イーヨー!」って、いいんかい。(笑)

b0166783_01332918.jpg

有り難いねえ。
という訳で、ドドーンと誰も居な~い写真。
そうそう、闘牛のチケットはすり鉢の下の方の価格が高くて(当たり前か)、最上段は自由席の最安値。
そして、太陽に背を向けるゾーンと太陽の方を向いたゾーンでも値段が違うという感じ。(その境目にフェンスがあるようだ…)

b0166783_01333041.jpg

最上段の自由席からこうやって全体の雰囲気を眺めるのがいいような気がする。
人気闘牛士が登場する試合(?)ではアミーゴやアミーガ達で溢れるのだろう。
ところで、入場に際してお酒OKなのかな?OKじゃない訳ないよな。

b0166783_01333083.jpg

そんな最上段から下を見下ろすと、牛さんが待機中。
今日も16時から闘牛が行われます。

b0166783_01340554.jpg

最上段から降りつつ、会場の別方向を眺めてみる…
ちょっと人が落ち着いてきたような?

b0166783_01340551.jpg

闘牛場の中にも売店が少し出ていて、闘牛士の衣装や絵画が飾ってあった(もしかしたら買えるのかもしれない)。

b0166783_01340590.jpg

そしてその横には…

b0166783_01340507.jpg

仕込みに余念がないママン達。

b0166783_01342963.jpg

この闘牛場(モニュメンタル闘牛場)は1974年に建設された二代目の闘牛場を1992年に改築した建物らしい。
初代は1896年に建てられたとか。

うむ。
そういえば小腹も空いた事だし、ちょっと何か食べて帰るか。

つづく…
by bananaoka | 2018-04-28 00:00 | Comments(0)
<< Feria de San Ma... 伝書鳩 >>