<< 右肩と左肩 研修 >>
2017年 10月 09日
Mavic Proでデトロイトを空撮
 
という話。

b0166783_07463645.jpg

MAVIC Proのカメラには、絞り固定(f2.2)なのでシャッター速度のコントロール用にNDフィルターを装着して動画におけるシャッター速度の推奨値fps×2となる1/60sec(30fpsの場合)なんかに設定している訳ですが、となると、動画の時は良いのだけど、写真の時には速い被写体がブレちゃう訳であって。
添付の写真の場合は、モノレール(People mover)がブレている。

b0166783_07465274.jpg

うーむ、やはり動体を狙う時は一度下してND外してまた飛ばす必要があるな...
動いている要素の無い風景ならば、ジンバルが頑張っているのもあって1/60secでもブレて使いようが無いシャッター速度では無いのだけど、絞り固定はあの小さなカメラ&ジンバルとのトレードオフだし、しょうなないですな。(でもやっぱり欲しかった)



b0166783_07470253.jpg

そんな訳でMavic Proを下してカメラに持ち替え...

b0166783_07470816.jpg

テクテクと駐車場まで戻ります。

b0166783_07471384.jpg

と、ふと空を見ると、ドローンが2機飛んでいる。

b0166783_07471879.jpg

1機はPhantom 4 Proで、もう1機はTyphoon H。

b0166783_07472663.jpg

Phantom 4 ProはABC Newsの映像素材を撮影していました。(最後の写真の左下に止まっているバンがABC Newsの中継車)



b0166783_07474406.jpg

米国で$815の買い物をして送ってもらうと$4221.23の税金が課せられる国を知っていますか?
僕は知っています。
単位がメキシコペソで良かった。
いや、良くないし、凄い勝率で税関でパカリされて税金徴収される。(そういうもんです)
しかも、一度税関職員が荷物を手に取ってしまうと1週間とか余裕で税関の中で謎の動きをしていて配達が遅れる。(何も無ければ即日税関から出荷)
うーむ、これはもしや...

因みに、日本から送った別の荷物は、税関から「輸入者ライセンス,内容物の価格の証明,内容物の輸出許可証,発送者の納税者番号」の提出を要求され「そんなもの個人で取得するのはほぼ不可能でしょう?しかも荷物は個人使用品ですが」と抗議するも聞き入れられず、「それなら日本に送り返してどうぞ」と言ってから1週間後くらいにようやく返送してくださいました。
まあ、無くならないだけマシか...(いや、税関で既に抜かれてるかもしれないけど)
by bananaoka | 2017-10-09 00:00 | Comments(0)
<< 右肩と左肩 研修 >>