<< お散歩セットアップ 忘れた頃に届くシリーズ >>
2017年 05月 11日
+20
 
という話。

ある日寝ていると、神様という名のチャック・ノリスが枕元に現れて直接脳内に語り掛けてきました。
チ「カメラを買う時は同じボディを2台買いなさい」
おぉ、神よ。

という訳で、D800+D800に共に10をを加算し、D810+D810となりました。

b0166783_01185964.jpg

今更?という感じですが、夏に出るっぽいD810の後継は更に高画素(46MP?)になって価格もUPUP的な話。
もう暫くはD800的画素数で十分なので、よっぽどなその他の機能UP/利便性UPが無ければD810で良い訳で。
D500的なチルト液晶(タッチパネルはイランけど)とかが搭載されたら、ちょっとだけうどーん、違う、うそーんってなるかもしれないけど、その辺はSONYさんがあるからいいか。
どんな後継機が出てD810の相場がどう変化するか分からないけれど、気にしてたらいつまでもカッ出来ないのでね...

そんな感じでドドンと到着したD810にD800で使っていたL字ブラケットを移植。
端子カバー周辺の寸法変更により端子カバーが開けられないけど、端子カバー開ける事は滅多に無いので問題無し。
DIY的ハンドストラップもそのまま移植。
早速試写といきたい所だけど、サンニッパとニーヨンヨン以外のレンズは全て修理&メンテナンス中。(今週末帰って来る予定)
充電でもするか。(メソメソ)



オフカメラ ライディングという言葉があるじゃないですか。
ストロボ(スピードライト)をカメラから離して光らせるやつ。
Nikonさんは、内蔵のスピードライトがコマンダーを兼ねるので、内蔵スピードライトの前にIRフィルターをヌッ付けて赤外線通信で云々しています。
SONYさんは、内蔵のストロボにはコマンダー機能が無く、また、こないだまで、コマンダー機能のみの小さな送信機的な物は無かったのです。(コマンダー機能付きの外部ストロボはあった)
が、ちょいと前に、純正のストロボシステムが、赤外線通信式から電波通信式にチェンジしまして、その時に、電波通信式のコマンダーと、それ用の受信機も発売されました。

が...

なかなかいいお値段。

b0166783_01191353.jpg

そんな訳で、うーむ、どうした事か...としていると、ストロボ界の有名所Nissinが電波通信式のストロボシステムを出してきました。

そして安い!(SONY純正のコマンダーの価格で、NISSINのコマンダーと受信機がカッえる)
機能は必要十分。

という訳で、今日から我が家のSONYさんは電波通信式と相成りました。
by bananaoka | 2017-05-11 00:00 | Comments(0)
<< お散歩セットアップ 忘れた頃に届くシリーズ >>