<< 鉄道模型のお店 その2 バッテリーの寿命 >>
2016年 09月 13日
鉄道模型のお店
 
という話。

ケンタッキー出張の途中に立ち寄ってみた鉄道模型店の立地が素晴らし過ぎて泣けるという行為。

b0166783_04124096.jpg

家の一階をお店にしちゃった的な建物の壁には御覧の通り「鉄道模型のお店ですよ」感を前面に押し出した絵が描かれていて泣ける。

b0166783_04131544.jpg

そんなお店の真正面には踏み切りがあるだけに留まらず、右手奥に伸びる線路の先にはヤードがあるのもあって列車が速度を落として走ってくるおかげで一度踏切が下りると列車が通過するまでが凄く長くて泣ける。
で、この後7~8分くらいしてようやく最後尾から押してくる機関車が見えたと思ったら実は編成の中間にある機関車で、更に10分程待たされてようやく最後尾の機関車が通り過ぎて踏切が開く頃には全米の中のここの踏み切りで待っていた全員が号泣き。

b0166783_04134194.jpg

お店の中にはこの手の細かな電子パーツも程々に置かれている感じでナイスだったので、お店のおっちゃんと相談してDCC用のコマンドステーション(Digitrax製)を購入という行為。
コマンドステーションのメーカーの選択は、ひと昔前のメーカー間の汎用性が殆ど無かった時代のパソコンを買う時(どんだけひと昔前だ...)にどのメーカーのパソコンを買うかに値するかもしれない選択...
さて、どうなるか。
by bananaoka | 2016-09-13 00:00 | Comments(0)
<< 鉄道模型のお店 その2 バッテリーの寿命 >>