<< インク切れ CaptureNX2 >>
2014年 08月 16日
バックアップ
 
という話。

b0166783_1805346.jpg

HDDのバックアップは大事。
という事で、作業用HDDをHDDの寿命を考えて500Gから1TBの物に交換し、バックアップ用の2TBのHDDを1つ追加。
作業用HDD(交換)→バックアップ用HDD1→バックアップ用HDD2(追加)→バックアップ用HDD3(2から3に移動)という感じにしました。
RAID的な物を構築すれば意識する事無く自動的に強力なバックアップ状態が保てると思うのですが、万が一故障した時の復旧が大変そうという感じを受けるので、単純な外付けHDDによる人力バックアップです。

人力と言ってもエクスプローラー開いてファイルやフォルダをコピーしている訳ではなく、RealSyncというそのままやんけ!という名前を持つフリーソフトウェアを有難く使わせてもらっています。

で、写真等のデータに次いで(次いで?)大事な仕事で使うデータやソフトウェアが含まれた3つの環境(現場用Win7,職場用英語Win7,旧職場用WinXP)は全て仮想マシン化(VMWare)しているので仮想化ファイルをそのままバックアップしておけば、もしノートPCが吹っ飛んだとしても最短距離でリストア出来るという計算です。

※HDDの寿命は3年が大きなターニングポイントと言われています。(3年を経過すると故障率が大幅に上がる)
by bananaoka | 2014-08-16 17:59 | Comments(0)
<< インク切れ CaptureNX2 >>