<< ピッツバーグ Vol.3 至高のフリーペーパー >>
2012年 06月 25日
22インチ
 
という話。

あれはいつの日の事だったか。
つい最近の事のようにも思える...
が、気が付いてしまったのです...
MultiSync LCD-PA241Wのp-IPSパネルのギラツキが個人的にNo goodレベルな事に。
(これには相当個人差があるようなので気にならない人は全然気にならないらしい)

目が疲れる。
これは参った。

だので、見に行ってみた、新大阪にあるEIZOのショールームに。
三菱もNECもショールーム無いし、ヨドバシには見たい機種置いてないしでEIZO!
あれだ、見てみなきゃ分からない!(割と気が付くのが遅い)

で、ズバーンと扉を開けてショールームにin!
さぁ、EIZOの底力を俺のハートに叩き込みやが...

ん?あれ?誰も出てこない...
セパレーターの奥には人の居る気配もあるし、入り口の自動ドアを入る時に「ピンポォォ~ン」と鳴ったはずなのに。

うん、まあいい。
そっちがそうならこっちは展示機を隅っこまでねちっこく触りまくるまで。

ねちねちねちねち。

そして分かった事は、EIZO最上位機種がColorEdgeの27インチが採用しているIPSパネルでもギラツキがあるという事実。(LCD-PA241Wより全然マシだけど、自分の目が何か狂ってるのか?)
そして更に分かった事は、ColorEdge CG223WのVAパネルが最強に目に優しい見易さだという事と、ちょっと涙が出そうな価格.comであるという事実。


だので、次点のFlexScan SX2262Wにしました。
22インチながら1920×1200(WUXGA)が表示可能なホンノリ高解像度仕様。
CG223Wと比べると流石に落ちるけれど、ここら辺がアレか?(価格.comが倍だもんなぁ)


一回り小さくなった新しい液晶ディスプレイをグッと低く設置してこんな感じでフィニッシュ。
by bananaoka | 2012-06-25 00:00 | Comments(0)
<< ピッツバーグ Vol.3 至高のフリーペーパー >>