<< 超絶煮え切らない電子辞書の話 お土産は無事故d... >>
2011年 12月 18日
女の敵は女/ナローゲージ
 
という話。



女の敵は女

東京行きの新幹線の車内、京都駅にて指定席E席に座る自分の隣りに同じ歳くらいの女性が隣りに座った。
スルスルと走り出す新幹線の中、「横いいですか?」と言って座ってきた。
指定席なので、いいも悪いも貴女には座る権利があるし、うん、なんて育ちの良い人だ結婚してください!

とかなんとか思っていると米原を超えた辺りで新幹線の車内改札が始まり、女性車掌が巡ってきまして...
先ず自分が切符を見せた後、隣の女性が「あっ...」。
どうやら素で自由席車両だと思っていたらしく、女性車掌も「隣の車両からが自由席になります」といった感じでして。
そそくさと隣へ移動する準備をしつつ隣の女性が小声で一言「名古屋まで... なんですけど...」と、すかさず女性車掌が「ここは指定席なので別途料金が必要です」とバッサリ。

そんな一連を横で聞いていて思った。

女の敵は女、容赦無し。



ナローゲージ


朝もはよから名駅から桑名までJRで移動。


東海道(いわゆる1号線)の鉄橋と長良川の河口堰の粒粒が絶好に見えるタイミングにカメラが間に合わず朝から絶好調にメソメソ。

で、桑名からはナローゲージ(762mm)が可愛い三岐鉄道北勢線に乗って蘇原まで。


この狭さがタマランとです。


日本でナローゲージで普通に運行しているのは近鉄内部(うちべ)八王子線と黒部峡谷鉄道と三岐鉄道北勢線の3つだけ。
黒部峡谷鉄道は去年乗ったし、残る近鉄内部八王子線は四日市からの路線なので、ちょっと走れば見に(撮りに)行けるかなといった感じで。

パンタグラフの右後ろに見える白い山肌は太平洋セメントが石灰を採掘している藤原鉱山(藤原岳)。
今は周辺の山が雪を被っているのであまり違和感が無いのだけど、雪の無い季節は周辺の緑と露天掘りの真っ白な山肌が何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
by bananaoka | 2011-12-18 00:00 | Comments(4)
Commented by muu at 2011-12-20 08:00 x
ええ、秘かに期待しておりました。バナ様がこの路線乗ったら電車の中でプランクしてくれることを。幅の狭さを表現するために長身のバナ様がねっころがって、もしくは網棚から網棚へ、身を挺して、、というシチュエーションを。
もうボク、読者辞めます!プンプン
Commented by takasuuuuenoo   at 2011-12-21 00:05 x
バナナさんのひざの上に乗せてあげればよかったのに…。
もぞもぞしちゃダメよ。
明後日からミャンマーに行って来ます。
よいクリスマスとお正月を。

ホモ的な愛を込めて。

takasuuuui
Commented by バナOKA at 2011-12-21 22:35 x
muuさん>
もちろん。
ドン引きした乗客が全て隣の車両に移動するまで、アクロバティックな撮影に勤しみましたよ、セルフタイマーで。
ですが、ですがですよ。
脳内作業だった為か、SDHCカードは微動だにしていませんでした。
なので、どうか、どうか引き続きご観覧ください。(泣)
Commented by バナOKA at 2011-12-21 22:39 x
takasuuuuiさん>
ギャフン!やっぱリッチ!
それが一番スマートな解決方法でしたね。
winwinの関係とでもいいますか...

ミャンマーですって!?
まぢですか。
今のミャンマーは乾季ですよね、確か。
思う存分ミャンマーしてきてください!
ホモ的な餞別を届けられずズビバゼン。

webサイト、鼻血が出るかとおもいました。
あ、今出ました。
<< 超絶煮え切らない電子辞書の話 お土産は無事故d... >>