<< お腹が空いたので 突撃!はるかと晩御飯 >>
2011年 09月 16日
テキサス回想日記Vol.1 ~初日から撮り歩き~
 
という話。

ようやく台湾撮影旅行日記が終わり、さあ次はテキサス編だ!と思い、写真フォルダを見直してみると、仕事で行ってたんだよね?という疑問が湧いてくるのですが、ま、いっか。


って事で関空から出国。


そうでした、あの日は小雨の降る日でした...
窓の外にはA340...


日!付!変!更!線!(叫)


で、シアトル → ソルトレイクを上空から眺めつつホンマやーとか心の中で叫びながらソルトレイク → そしてテキサス州サンアントニオ着は夕方。


デ!ル!タ!(叫)


今回のホテルはキッチン無しですかそうですか。
次回の出張は飯盒炊爨セット持参ですな。
あとサバ缶。


で、早速翌日お出掛け。
20時半過ぎでこの明るさ、時間の感覚が狂いまくり。


サンアントニオは観光都市ってだけあって超豪華なホテルがありまして。
いやなんかもう、でか過ぎ。
でか過ぎと言えば、テキサス州は肥満率No.1!らしく、道行くお母さんの半数が戦車。


そんなテキサス州サンアントニオの中心にある、リバーウォークなる界隈にin。(徒歩5分)
VR70-200mmF2.8をスチャッと構え、般若心境を唱えながら無の境地になれば、周囲の空気に溶け込んで存在すら無かった事になるので、デカイレンズ構えててもバレない!(バレます)


ブツブツ言いながらスチャッとレンズを16-35mmに変更して、鉄柵に上ってリバーウォークを遊覧する遊覧船を撮ってもバレない!(バレます)
ISO12800,F4.5でやっと1/30秒... 案外暗い船着場。


でもって、ここいら一帯はショッピングモールやらホテルやら遊歩道やらレストランやら、もう色んな物が集合。
でも均整が取れていて整然としている...
ほんと、何なんだろうね、この文化的な土壌とでも言うんですかね。
京橋駅裏みたいなゴチャゴチャしたカオスっぷりも好きなのだけど。


で、ちょっと離れて船着場。


で、更に離れて近くにそびえるタワー・オブ・ジョイトi... タワー・オブ・アメリカの先っちょ。
200mm,ISO3200,F2.8,1/20秒手持ち。
頼りになりますD3s、じゃなくてタルコフスキー。


そしてこれは暗闇に浮かび上がる市庁舎。
素敵な市庁舎がライトアップされているのをどこか高い所から障害物を避けて撮れないかと、立体駐車場の最上階まで上ってから撮影。
日本で市役所ライトアップしてもこうはならないという例です。


そんな感じで再びリバーウォークに戻り、遊覧船がグルリとターンする所の真正面で般若心境を唱えながら空気になりつつカメラを構えます。


ですが、どうやらモロバレのようで...


そのポーズは何だい?


やっぱりモロバレのようで...
貴方の写真、日本の小市民の日記に使われてますよ~!


とまあ、こんな感じで約2時間の撮り歩きの後撤収。
寝て起きて仕事して、夜は再びリバーウォークに行くのであります。
by bananaoka | 2011-09-16 00:00 | Comments(0)
<< お腹が空いたので 突撃!はるかと晩御飯 >>