<< 24H A6M3 Zero >>
2011年 08月 06日
台湾撮影旅行 Vol.8 ~十分を歩く~
 
という話。

牛歩の歩みでジリジリと続く台湾撮影旅行日記。
最早日記でも何でもない。
北米写真1枚日記やら何やらで忙しいですが心を台湾に切り替えてご覧ください。


という訳で、割と簡単に誰でも手軽に切り換えれそうな切換器を脇目にいい感じにこじんまりとした駅前商店街を歩きます。


と、十分名物のランタンですね。
ツラツラと願い事を書いていますね。


お姉さんも綺麗に光を通す緑色の紙にツラツラと...


膨らませたランタンに暖かい空気をタップリ溜め込んだ後、爆竹が付いた導火線に点火して手をそっと離すとフワリと浮き上がるランタン。


結婚順□
美満人生
永遠開心快楽
我至真愛

いいね、うん。
きっと、こんな感じに、わおどうしてくれよう!的な願いが四面に書かれているのでしょうねえと思うと、きっとこのVR70-200mmF2.8は現場検証で鈍器扱いになるんだろうからどしよう、レンズを軸にボディで一撃、いやいや、D3sもたいがい鈍器扱いだしなどうしよう、と、一瞬脳裏に過ぎったりもする訳で。
良かった、マーダーライセンスバナじゃなくて。(誰)

で。


ランタン祭りの時はそれはもうえらい事になるという十分の街も土日で観光客が多いとは言え、割と自由に動き回れ、程好い感じのお店にin。

牛肉麺 50元

分かりやすくていいね、って事で食べてみよう。


帽子の渋いおっちゃんがとてつもなく忙しそうに休む暇無く働いています...
こうやってここで何年作り続けていて、この先あと何年店先に立つのだろうね、なんて考えるのも旅の醍醐味って感じですよね。


で、暑いからやっぱり飲んでしまうのですよ。
昼間っから。
して、この、一体何年前から使われているのだろう?と思わせる塗装がヤレた電話ボックスの栓抜きがまたいい感じで。
思わず持って帰って、このお店での活躍に終止符を打ってやろうかと思ったくらいで...


と、無駄にモヤモヤしていると、先ずは小籠包が到着。
う、美味い、美味すぎるがな。
やるな、おっちゃん!

で、おっちゃんが作る麺はどんどん店内に運ばれていき、店先のテーブルで待つ自分らの所にはまだまだ来そうに無いのでイソイソとVR70-200mmF2.8にレンズ交換してちょっと撮りに。


路線は立ち入り禁止で罰金タップリ貰っちゃうから!と書かれていても全然関係無く立ち入りまくりのランタンあげまくり。


台湾カメラ女子多し。
ペンタの赤ボディ初めて見た。


こちらの2人は中国からフェリーで渡って来たとか。
スクーター天国の台湾にあって珍しいリッターバイクで颯爽とね。


そうこうしていると牛肉麺が来ていた。(笑)
真っ黒なスープに一瞬戦慄が走ったけれど、驚く程にいや、ホントに驚く程に薄味。
麺が完全に主役。
逆に濃い味の牛肉と麺をハフハフしながら薄味のスープで流し込む構図。


そんな感じでハフっていると気動車がまた来る訳で。
こ、この距離感!
構図でこの写真にしていますが、ド真正面まで迫れる大迫力!
ファインダー覗いていると距離感の見極めに不安があるので後追いですが、広角付けて距離1mでも撮ろうと思えば撮れる!(割と命知らず)


そんな台湾十分鉄道事情フリーダム!
これが日本なら、路線内立ち入りの超危険行為で槍玉にあげられ候ですよ。


で、十分に来た目的はもう一つありまして...


姉さん、ちょっと目的地まで歩くのしんどいからスクーター貸して!
え?駄目?そっか~。

つづく...
by bananaoka | 2011-08-06 00:00 | Comments(0)
<< 24H A6M3 Zero >>