<< 台湾撮影r... 50's AMERIC... >>
2011年 07月 26日
台湾撮影旅行 Vol.6 ~士林夜市~
 
という話。

分かんねえ!分かんねえんだよ言葉が。
もっとゆっくり喋ってくれよう。(ゆっくりでも分からんのだけどってほっといてつかあさい)


って感じで、淡水夕景の後は士林夜市。
台湾の夜は長いのです、異様なまでに。

で、あまり良く分からず士林駅に降り立ち、ナイトマーケットはどこ?と質問した学生風のカツプルの掛けていた眼鏡はまさかのフレームだけだった。
その後もちょっと良く見るとフレームだけの眼鏡を装備した男女多数。
流行ってるのか?


史上最強無敵傘。
ホンマかいな。


で、↑のカツプルが教えてくれた方に歩いて行くとありましたよ、入り口が。
それはそうと、どえりゃあ人が居りますよ。
盆と正月とGWとSWとクリスマスと誕生日と体育の日と卒業式が一緒になっちゃった感。
なんじゃこりゃ...
さすが台湾一と言われる夜市...


と、とにかく突撃じゃい。


うむ、美味い。
がしかし、メイン通りを避けて路地に入らないと落ち着いて食べれん(撮れん)がな。


その後もめぼしい所をチラ見しながら進みます。


夜市に繰り出して晩御飯を食べて帰る、みたいな生活スタイルなのですかねえ。
その辺は日本の祭りとは違う感じで。

毎晩激開催される夜市。
日本の祭りの屋台が毎日開催されたら毎日焼きそばにりんご飴に金魚すくい?
家にどんだけ金魚鉢並べれば許してくれますか?ってねえもう。


お寺さんも絶賛営業中。
でか何で下切ったんやろ。(構図)


取締役?
見ての通りの服屋さんでしたが。


そんな感じで、もみくちゃになりながら1本の通りを歩いてきた感じですが、そろそろ通りの終わりが見えてきましたよ。


って事で良く分からんけどお店にin!


取り敢えず台湾ビール一気飲み。


良く分からん料理が到着したので食べて飲んでちょっと落ち着いた感を味わい...
と思いきや、鬼のような流れで客をさばく渡辺直美的なお姉さんに圧倒されるようにあ~れ~と店外に放出され...

何か、もうちょっとツマミたいよね?
って事で...


横に立ってた白人兄さんが食べてた半月焼という(箸巻き的な)食べ物をチョイス。


co鉄ちゃんは、キャラが強過ぎるおっちゃんがザックザック作っているイカ系をチョイス。
おっちゃんのキャラと真っ向勝負なイカ系激辛涙目。
半月焼は熱過ぎて暫く握れないという、もうね、何でこう一筋縄ではイカンのかという台湾事情。


毎日がフェスティバル。
小銭が宙に舞う。


いやだから熱いんだってもう!

と、一旦、士林夜市から抜けて大通りに沿って歩いてみます。
すると、どこからともなくあの匂いが...
いやいや、どこからともなくじゃなくてここからだあ!


そんな勢いで臭豆腐のお店に激in!
お母さんがガンガンに揚げてくれています。


そして到着。
こ、これが臭豆腐...
がしかし、各所でまことしやかに言われている程の物では無いように自分は感じた。


いざ、食。

...

うん。
普通。
ちょっと刺激的な揚げ豆腐という感想を述べさせてもらいます。
ちょっとの度合いが人やお店によって激しく上下するかもしれませんが...


といった感じで台湾2日目の夜は暮れ...
怪しい日本語と英語と中国語を駆使するおいちゃんの運転するタクシーでグルリとユース近くまで瞬間移動した後は...


ComeBestで明日への活力(笑)を補給しつつシャワー浴びて寝たのであります。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-26 00:00 | Comments(0)
<< 台湾撮影r... 50's AMERIC... >>