<< 台湾撮影旅行 Vol.5 ~淡... レンタカーゲット >>
2011年 07月 22日
台湾撮影旅行 Vol.4 ~足が棒に~
 
という話。

のらりくらりと続く台湾日記。
一体いつ終わるのか、はたまた終わらないのか...
そんな危機感に包まれながら書いています。


という訳で淡水の先っちょへ向けて淡水福佑宮→紅毛城と移動し、次は滬尾砲台です。


1886年に建造された大砲の砲台跡だそうで、大砲そのものは全て無く完全な跡地となっていますが、保存状態は中々良さそうです。


それにしても中々の暑さで攻撃してくる台湾。
思わず、道行く台湾の人にタマランチ?と問い掛けそうになります。(なりません)

え?
写真とキャプションが合ってない?

そ、そうですかね...
(もちろん撮っていいか聞いてから撮ってます)


で、リア充さんは置いといて、ゴロゴロと引っ張っているペリカンケース。
いや~、失敗でしたね。
重いよ!(激照)
撮ってる時とか移動中にドンと地面に置いておけるのは楽だけど。


そうそう、ペリカン1510は砲弾ケースにスッポリ入るサイズなので、作戦時も砲兵さんのじゃまにならず最高です!


じゃなくて、施設案内のおっちゃんも思わず陰で涼む暑さ...


なので、こちらも砲台間の通路で涼もうと立ち止まると日は射さないしヒンヤリとするものの、汗が大量に噴出ingで余計に暑いわ!という事でロクに立ち止まらず次、次だあ。


英語の注意書きより全然読める不思議。


そんな感じで滬尾砲台を後にし、北西へ北西へ...
ファミマは全家と書くようです。


淡水周辺はリゾート的な開発の波があったようで高層マンションが沢山建っていまして。
そこから180度通りを挟むと、営業終了して寂し~い感じになった国道沿いのサービスエリア的建物があったりして。


と、というか、先っちょまだ!?
と、Gooooooooooooooooooooooooooogleマップを見てみると...
まだまだのようです。

で、思わず立ち眩みになりそうになった所で救世主(バス)が登場。
の、乗せて!

15TYD(約40円)


その安さに驚愕しつつあっという間に着。
バスに乗って一つ曲がった瞬間に見えた真っ直ぐな道...
あれを歩かなきゃならんかもしれなかった事を考えると...

いや既に足が棒になっているのだが。(照)

そんな感じで到着した淡水。
お目当ての夕景まではまだ暫く時間がありそうなので、休憩がてら、淡水名物?の激長ソフトクリームを探す事に。(駅近くの商店街で激長いのが買えるらしいが見当たらずメソってた)


数件のソフトが売っているお店をあたるも本日終了とかなんとか...
これで最後とあたったお店でようやくゲット!
何気に初ソフト?

食。

うん、普通に美味しいね。
ネットで見た激長ソフトには届かない長さだけど、まあそれはそれで。

が。


コーンが...
コーンが...
そんな感じで生涯初のソフト未完食を記録しつつ、淡水の夕景を待ちます。

つづく...
by bananaoka | 2011-07-22 00:00 | Comments(0)
<< 台湾撮影旅行 Vol.5 ~淡... レンタカーゲット >>