<< ニコン新製品情報! 黒ループ >>
2011年 06月 15日
チラシの裏日記
 
という話。

2009年10月辺りにポチしたUMPC(いわゆるネットブック)。
長期お出掛けの時には持ち出して現場からの日記更新なんかに使っている訳で。
今や、アンさん(Android端末)があるのでちょっとした調べ物に開く必要性はほぼ無くなったのですが、どう頑張ってもアンさんではRAW現像やら写真データのバックアップは出来ない訳で。


そんな感じでMSI Wind Netbook U100 Plusちゃん。
(家に居るくせにわざわざペリカンケースの上に置いてRAW現像なんかしてみるアホっぷり)

インストールするソフトウェアを最小限にし、不要なサービスはギッタンギッタンに停止させ、常駐ソフト?消えやがれコノ野郎状態なので中々軽快に動いてくれます。
さすがにCaptureNX2立ち上げてRAWデータの現像パラメータをゴインゴイン動かしたらちょっと待ってください旦那状態ですが(照)、出張に持っていっている適当に使っている普通のノートPC(Let's NOTE CF-W5)より全然早くてUMPCやるなあと思う訳で。
更に、SSDに換装したらば体感速度がグッと上がるってんだからもう。(やらんと思うけど)
更に、チップセット冷却の為の削りだしヒートシンクもあったりして、いぢりたがりの貴方にも安心設計。(だがしかし今はざっと見て販売しているとこが無くてメソメソ)
※秋葉原のオリオスペックが扱っていたので、誰か、秋葉原にイク予定のとても優しい人、調査or代理購入してもらえると嬉しいなぁ。

だがしかし、弱点は画面の狭さとバッテリーの弱さ。
画面はネットブックにありがちな縦600pixだので、これが縦768pixか800pixの高精細ディスプレイだったらものっそい良いのですがね。
で、バッテリーはコンパクトさとトレードな3セルなので約2時間の駆動時間。
ROWAから出ている互換6セル(価格6k)で単純に2倍の約4時間駆動だそうだが、長時間コンセントの無い所で使う事もそうそう無いので今更6セル買う事も無いだろう...
※同じくROWAから互換9セル(価格8k)のやつもあるがとてもデカイ。

って感じで、まあ、全く内容の無いチラシの裏日記ですみません。(照)
だので、だからどうしたと感じてしまった読者の皆様多数かと思いますが、率直な感想として「だからどうした」とコメントしてくれると良いと思います。(メソ)
後は、最近食べたCoco壱のトッピングの内容とか。
by bananaoka | 2011-06-15 00:00 | Comments(0)
<< ニコン新製品情報! 黒ループ >>