<< アレが到着 荷物どこ?シンパイシナイデ! >>
2011年 03月 28日
最悪のタクシーの見つけ方
 
という話し。

※グダグダ愚痴日記注意。

だうも、モーガン・バナーマンです。(誰)
あ、嘘、ジャック・バナルソンです。(誰)

早速ですが、私が昨晩体験した話、いや、正確には、昨晩またしても遭遇した話を語らせてもらおう...




最悪のタクシーの見つけ方。(写真はタクシーのイメーヂで本文とは一切関係ありません)

とある日、そう、500系こだまに乗ってホクホクしながら到着した西明石駅のタクシー乗り場。
タクシーに乗り込み、行き先を聞かれるタイミングを待っていると...

「どこ」

ですよ。
いきなり強烈なジャブ。
どうやらこの運ちゃんは大事なニホンゴをどこかに忘れてきている模様だ。

そして到着したいつものローソンの駐車場。
もちろん車内での会話は一切無し。

で、スルスルと駐車場に入ったかと思うと、横向きに思いっきりドーンと停車。
買い物客が駐車している車の後ろにドーンと横向きに威風堂々とした停車っぷり。

「1120円」

おっとまさかの横付けドーンでの支払い要求。
うーむ... 1000円 + 100円玉2枚 or 500円玉という布陣。
と、1500円をアームレストに置くと...

「細かいの無いの?」

と、まさかの要求。
しかも上から。

「コンビニで崩してきて」

何だこのコンビネーション!
初めてだ。

そうこうしているうちに、買い物を終えた客が乗った車がバックランプ点灯アピール。

「ホンマややこしいわ」

ややこしいのはお前だタコ野郎!
舌打ちしながら車を前に寄せるタコ野郎。

と、ここまでくると、だいたい36フィート程の長さを誇る気の長さを持つ自分でも、1秒でも早くラナケイン状態だったので、コンビニに行き、せめてもの大好物『大きなツインシュー』を購入して1120円払って終了。

タクシーの運ちゃんに「ありがとう」と言わなかったのは史上初の快挙だったかもしれない。

でですよ。
聞いてくださいよ奥さん。
洗い物はいいから聞いてくださいよ奥さん。

昨晩、またしてもタコ野郎タクシーに乗ってしまったのですよ。(悲)

丁度同じようなタイミングでタクシー乗り場に到着した自分とおじさんとおばさんのタッグ。
そこへスルスルとやってきたタクシーの運転手を見た瞬間にタコ野郎だと分かったので、満面の笑みでおじさんおばさんタッグにウエシマ作戦を発動したにも関わらず、更に上手のウエシマ作戦を繰り出され敗北。
2人同時攻撃とは...

で、タコ野郎は相変わらず大事なニホンゴをどこかに置き忘れたままで...
で、タコ野郎は相変わらずローソンの駐車場に横付けで...
で、タコ野郎は相変わらず客に両替を要求で...

お主はいつも釣り銭用意しとらんのかい。

バタバタだった出張業務に加え、操業しておらず冷え込んだ工場の片隅で仕事してたからか若干熱っぽかったせいもあり、気の長さが1.5インチ程に短くなっており、流石に一言、いや、二言言わせて貰いましたよ。
そして、断固両替を拒否。
いいから釣り出して、と。

「ブツブツ... 荷物まであるしブツブツ...」

あ!?新幹線止まる駅のローターリーで客待ちしてて客の荷物に文句あるなら飲み屋街で流せやタコ野郎!
意地でも両替拒否や。

「おっちゃんこないだもそうやって両替行かせたけどなんなん?くぁwせdrftgyふじこl!」

「ブツブツ... 10円玉でもいいか?」

てか、アンタ何者だよ。
もう何でもいいから払って。
いやむしろお釣り要らんし。

とかなんとかで、結局10円玉10枚を含む大量の硬貨を手にして(貰ったんかい(笑))下車。
あーもう、書いてて腹立つ。

次乗ったら乗りながらタクシー会社に電話やね。
by bananaoka | 2011-03-28 00:00 | Comments(0)
<< アレが到着 荷物どこ?シンパイシナイデ! >>