<< ビアブルグとシルキータッチ 赤穂恒例牡蠣夕日 >>
2011年 01月 24日
マーケット徘徊
 
という話。

いやいやあれですね、何でもありますね。
あまねくアプリケーションがゴロゴロ。
そんなアンドロイドマーケットを徘徊してきた現在の様子を徹底的にレポートしようという今日の日記。

ここまで読んで、脊髄反射でブラウザの戻るボタンを押そうとした貴方、正解!
でもそんな事には構わず書いちゃう!
出張帰りの新幹線の中から書いちゃう!


・Automatic Task Killer
先ずはキラーアプリ。
黙っていると裏でしれっと動いているアプリをスリープモードに移行する時に強制終了。
次第に重くなるアレを回避。

・Dolphin Browser Mini
タブ操作やジェスチャーによる操作がイカス(笑)ブラウザ。
標準ブラウザと共生的に。

・ES ファイルエクスプローラー
いわゆるファイラー。
メニュー等々、日本語表示で安心。
複数ファイルの選択も出来るので多い日も安心。

・Extended Controls
トグル操作でポータブルWiFiや機内モード(通信系全OFFになるので便利)の切換が可能なウィジェットが追加出来る。
沢山の設定が選択でき、最大10個ホーム画面に置ける。

・FlickWnn
フリック入力対応日本語IME。
QWERTYなローマ字打ちでいいのでフリック入力は使ってませんが。

・Ghost Commander
左右画面構成のに対応したファイラー。
昔のDOSマシンみたいなアレで思わずインストール。

・GPS Status
GPS衛星の補足状況や、緯度経度高度速度等々が見れるアプリ。


・GPS Status - Donation
↑の有料バージョン。
広告出ない出させないダメ絶対。

・MoreLocale 2
必須日本語化ツール。
これが無いと始まらない。

・My Trucks
GPSロガー。
単体のロガーあるので多分使わないと思うが、あると嬉しい。
gpxデータとしてmicroSDHCに記録してくれる。

・MyBackup Pro
アプリとデータのバックアップアプリ。
microSDHCカードにバックアップing!

・ガススタ!
地図中心半径ウンキロ以以内のガソリンスタンドの価格やブランドを検索して表示!
ウホッ!いい値段!

・ガススタ!+(Donate)
↑の有料バージョン。
広告出ない出させないダメ絶対。

・QRコードスキャナー
何気にこれが標準装備じゃないので追加。
微妙に使う時がありますよね。
このオヤッサンの頭髪はおいくらか?とか。


・radiko.jp
ラヂオの時間!
Docomoの3G回線で遅延無し。

・RMaps
Googleマップで十分かもね。
何となくインストール。

・TkMixiViewer
軽量mixiビューワー。
HTC Desire HDなら、ブラウザでPC画面表示させても十分読めるので要らないかも。

・Voice Recorder
とっさのメモはテキストエディタでもメモ帳でもなく音声!
恥ずかしがらずに大きな声で。
小さな声でも録れるよ!
標準のレコーダーと違い、メール等に素早く添付可能。

・Xmarks
Firefoxの同名アドオンで同期しているブックマークが読める!
フォルダ構造にもバッチリ対応。
一時はサポート終了とアナウンスされたが、祝!継続中!

・マップ
問答無用のGoogleマップ。
最新戦闘機F-Xの航法エンジンの基幹システムがGoogleマップと言うのは実は余り知られていない嘘。
いつの間にかGoogleアカウントで作成したマイマップに対応していて素敵さ加減がUPしまくり。

・ヤフオク
もはや何も言うまい。
闇夜の航海も安心安全。


・乗換案内
終電検索でギリギリまで遊ぼう。
列車通過時刻を調べる鉄支援的アプリかもね。
貨物も出てくれんかのう。
というか、オンライン時刻表(書店に売ってるアレのオンライン版)アプリって無いかな?

・日本のお天気レーダー
雨雲レーダー画像が過去3時間分見れる。
未来は予想だ。
文字の天気予報よりある意味直感的!
嵐が来るぞ~。

・名刺認識王
手にした名刺は直ぐに撮影してOCRに読ませよう!
有料アプリ納得の認識力が嬉しい。



と、現状のインストール状況でした。
レビューかと思えば全然そうじゃない独り言でしたが、それはいつもの事だので、アン・ドロイドな皆様のアプリインストール状況やオヌヌメアプリを教えてくれるといいかもと思っています。
アン・ドロイドではない皆様におかれましては、さっき食べた昼御飯の事や、思い出せない昨日の晩御飯の事なんかを書いてくれるといいかもと思っています。
by bananaoka | 2011-01-24 00:00 | Comments(0)
<< ビアブルグとシルキータッチ 赤穂恒例牡蠣夕日 >>