<< C11形ディテール C11型227号機 >>
2010年 12月 16日
Run-round loop
 
という話。

Run-round loop【機回し線】
そんな訳で、先程撮影したC11形の走る大井川鐵道大井川線の終点となる千頭駅では、折り返し用に機関車の付け替え(機回し)が行われます。
それに使うのがRun-round loop。
普段その辺で見る事が無い機関車の機回し、しかも蒸気機関車。
これは見とかなくてはならないですよね。
そして見るからには撮らなくては書かなくては!

という訳で。


どうぞ!


左に見えているのは先程引っ張ってきた客車の後ろに連結されていた電気機関車(E10形)。
先ずはこの電気機関車が客車から離れ機回し線に回り...


真っ直ぐ進み(そりゃそうだ)C11形と並び...


そんじゃ始めますかね。
そうかい?もう始めちゃうのかい?


って感じで一度バック。
加減弁ハンドル(いわゆるアクセルレバー)を慎重に操作して...


後方ヨーシ。


ある程度下がったら客車を切り離し、機回し線へ逃げるポイントを越えるまで前進した後、ポイントを切り替えて機回し線へ。


そうすると、機回し線で待機していた電気機関車が一度バックしてからポイントを変えつつ再び前進し本線へ。


そんでもってまたまたポイントを切り替えて...


よーそろー。
そして、客車と連結。
その頃反対側では...


あと1~... 50~... 20~... チョイ押し~... もっかい~...


最後の一押しは運転士がチラッと隙間を見て...


はいヨイショ!

いいなぁ、こういう身に付いたアナログな感覚を駆使しての仕事。
さっき視覚で捉えた情報から脳内算出された加減弁ハンドルを押す量と押す速度の指示に従って、ハンドルに伝わる反発を感じつつ指示を再現させる...


そうすると、いつものようにいつもの音が響いて連結完了。
そして機回し完了。
カッコイイ、カッコ良過ぎる。
これがカッコ良くなかったら何がカッコイイんですか?


いやもう、お見事です。
お疲れ様でした!
折り返し運転までの休憩時間、のんびり休んでください!

のんびりお休み?
という事は?

折り返し運転までの時間撮り放題!
嗚呼、何て素敵な大井川鐵道。
という訳で、早速C11型蒸気機関車及び連結されている客車のディテールに迫ってみようと思いますというか、今日の日記がソレの筈だったのだが...

続く。
by bananaoka | 2010-12-16 00:00 | Comments(0)
<< C11形ディテール C11型227号機 >>