<< 1泊2日和歌山の旅 第3話 カーボン柄 >>
2010年 10月 19日
1泊2日和歌山の旅 第2話
 
という話。

第1話では、一体ナニヲしに?といった塩梅で和歌山電鐵 貴志川線を堪能しました。
第2話は宿泊したお宿の話。

って感じで今日のお宿は、和歌山県北部の紀ノ川市にある米市農園です。
農園に宿泊?
そうです、農家のオウチに民泊です。
だが、ここはただの農家ではなく、築百年を余裕で越える超日本家屋。
何でも、増築されたという記録があるのが百年前で、ベースが建築されたのはいつか分かっていないという感じ。
そんな米市農園さんですが、農業体験,敷地内スペースを使ったカフェ(メインはピザで、石釜や建物は手作り(間伐材を使用))と盛り沢山の内容で絶賛活動中なのです。

で。


今回お世話になる宿泊(大人4,000円(一泊2食付))は、実は現在表立って募集というか予約というかはやっていないらしく(現在、奥様が出産直後という事と、他の事業で超多忙との事)、もしかしたらイケルかも?と電話してみると、いいですよという事で宿泊する事になったのであります。
何人もの国内を始め外国人観光客にも超好評だったというWWOOF(Willing Workers On Organic Farms)ホストの活動も、現在一時休止中、と。

そんな話を米市農園の先頭に立つ高橋洋平氏に聞きつつ用意された素敵晩御飯はこれだ!


高橋氏のお母さんお手製素敵晩御飯!


おからハンバーグの素朴な味に涙しながら食ing。
素材はもちろん自家農園で採れた野菜たち。


料理名は特に無く、その時々に美味しい物を美味しく調理がコンセプトらしい。
強いて言えば「ん~、何か昔からこれ食べてるんですよ」という料理名。


ご飯は自由にオカワリしてくださ~い的な感じでおひつにドン。


いつもの旅と違って今日はもうどこにも出ないので、エビスなんか頂いちゃったりしてもう感激。
いつもは晩御飯の後に道の駅とかに移動するから飲めないんですよね。

嗚呼、幸せなり。

8月半ばでまだまだ昼間は暑いのだけど、この時間になると涼しくなってきまして。
ガッと開け放たれた居間は涼しい空気に包まれているのであります。
そんな居間から見える風景は、土壁の塀と中庭と営業終了したカフェがある手作りの小屋。


昼間に一度来た時に土壁の塀で遊んでいた猫が寛ぎまくりな居間でこちらも寛ぎまくりながら晩御飯終了。

と、高橋氏が「近くにオススメの温泉があるので行きませんか?」いう提案。

喜んで!


って感じで、氏の運転する車に乗り込み30分程走行し、野半の里という施設へin。

同じ敷地内から5つの異なる泉質の温泉が湧き出るという珍しい所みたいだ。
それに加えて、温泉施設『蔵乃湯老鶴館』の建物が、廃業した老舗酒蔵(老鶴酒造)の建物すべてを再利用して移築再現した物という素敵さ加減。

酒造メーカー野半の里としての施設は既に閉館していたのですが、老舗酒蔵ならではの建物達が中々見応えのある施設でしたよ。

そんな感じで温泉を楽しんで帰って来てグヘーとしていると、今度はお酒のお誘い。

喜んで!


マムシ酒。
熟成度合いで2種類。(笑)
残り少ない貴重な超熟成バージョンをおちょこで少々頂きました。(美味)


でもって、まだまだ出てくる酒、酒、酒。
高橋氏は酒飲みでは無いらしいが、お客さんが持ってくるようで。(笑)
同じくお客さんが持ってくる旅雑誌なんかを読みつつ、お酒を飲みつつ、高橋氏とのオモロい話が続くのであります。


話は尽きないながらも、そろそろ寝ないといけませんねって感じで睡眠ing。
蚊帳の中でグッスリ朝まで!って感じでしたが、蚊帳の中に蚊がin!
なぜだ!と思い見回すと、蚊帳の下端一部が思いっ切りめくれてた。(照)

暫くの蚊との格闘の後、こんどこそ朝までグッスリ!と、今度は猫が入ってきた。
グアアァアァ!可愛くてタマラン。
これは寝れんなぁ。(笑)


って感じで寝たのか寝てないのかワカランまま朝。(笑)


朝御飯もモチロン全て手作り。
素晴らしく素朴で素敵な朝御飯を食べて宿泊完了。
普通に日常の生活をする高橋家の家庭の中に普通に親戚みたいなノリでinした感じでした。

これから行われる農業体験&イベントで使うお昼御飯用おにぎりの製作でワーワー盛り上がっている高橋家には、農業体験の方が徐々に集まってきて賑やかな感じに。
猫もどこからともなく集まってきてその辺でゴロゴロ。
カフェもオープン準備でワイワイ。


そんな中、居間にある本棚を少々撮影して...


米市農園というか高橋家を後にし、本日の目的地へ向かうのでありました。



米市農園のカフェで石釜ピザを食したいので、再訪予定です。
その時は、米市農園の外観とかも撮って参ります。
今回、夕暮れの伝統家屋外観を撮ろうと思っていたのですが、ゴロンゴロンの誘惑に勝てず...
by bananaoka | 2010-10-19 00:00 | Comments(0)
<< 1泊2日和歌山の旅 第3話 カーボン柄 >>