<< 天津飯という食べ物 1泊2日和歌山の旅 第1話 >>
2010年 10月 16日
HD動画対応10倍ズーム
 
という話。

先日、20mmパンケーキレンズを追加したLUMIX DMC-GF1ですが、標準レンズ14-45mm(35mm換算28-90mm)では望遠側がもう一歩欲しい!という意見が。


LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
で、いもの大海原で14-140mm(35mm換算28-280mm)にトレード。
広角側が標準レンズと同じ14mmってのがいいね。

ハイビジョン動画撮影の全ての機能に対応していて、静かで高速なAFと絞り動作が動画撮影にもグッド、と。
で、ご覧の通り本体と比較してデカイですが、安定してガッチリ持てるようになるという利点も。
って感じで、天気が良いので、和歌山第2話を激しく放置しつつ作例撮りにバナナビーチへ。

先ずは、14-140mmという10倍ズームのテスト的作例。


14mm,ISO100,F8,1/500sec


45mm,ISO100,F8,1/500sec


140mm,ISO100,F8,1/640sec

標準レンズのテレ端45mmより激寄れる。(そりゃそうだ)

そんでもって歪曲収差テスト的作例。


14mm,ISO100,F8,1/320sec


45mm,ISO100,F8,1/320sec


140mm,ISO100,F8,1/320sec

マイクロフォーサーズのレンズは自動補正が入るので、レンズ単体ではなく自動補正の掛かるシステムとしての歪曲収差な感じですが、実に優秀だと思う。

最後は適当に。









うーむ。
次はLUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.か。

え?
by bananaoka | 2010-10-16 00:00 | Comments(0)
<< 天津飯という食べ物 1泊2日和歌山の旅 第1話 >>