<< IYHは止まらない 最終日はバスフィッシング >>
2010年 10月 01日
IYHerな皆様へ
 
という話。

先日の日記とかコメントとかでNikon COOLPIX P7000について触れていたのを覚えていますでしょうか。
覚えていない?
そんなワケはないはずです、賢明な皆様に限って。

で。

そんな感じで、店頭でP7000をこねくり回してきたのですが、サクサクダイレクトに動くD300の操作感に慣れた自分にとっては、P7000の操作系はやはりモッサリと感じてしまい...
The 萎え、って感じでした。
吐き出す写真としてのデータはハイエンドコンデジらしく良い出来かもしれないのだけど、操作感がダイレクトに写欲に結び付く自分なので...
ホント、げめんなさい。

って事で、出張とかに持ち出すのにやっぱりD300はデカイ!荷物が少ない出張なら全然OKだけど、両手に荷物にカメラバッグはちょっと大変!という贅沢な悩みに対応すべく...


LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
20mmF1.7パンケーキレンズをIYH!
最近、14mmF2.5が発売されましたが、換算40mmとなる20mmF1.7の方を先ずはIYH!


20cmまで寄れるので、テーブルフォトにも使い易いIYH!
手ブレ補正が付いていなかったりするけど(そりゃこの小ささだもんね)、F1.7の明るさでIYH!

マイクロフォーサーズ規格のレンズは、歪曲を補正するパラメータをレンズ毎に持っている(自動歪曲補正)ようで、20mmF1.7はそのような諸々込みで評価の高いレンズですね。
微細な振動を伴ってコココ...と動くフォーカス機構もそういうモンだと思って撮影していると気になるモンでもありません。

そんな20mmF1.7の作例はこちら。


20mm(35mm換算40mm),1/30sec,F1.7,ISO100
うむ、いい感じのボケ具合ですよ奥さん。
夜だったので、NikonのSB-22sなんていうちょっと昔のスピードライトを使って天バン撮影。
他メーカー品だけど、普通に外光オートで使えます。

ん?

N?


同じくF1.7。
比較用に絞って撮れば良かったかな?

ん?

Micro NIKKOR?

という訳で、もう一つIHY!

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

これで、いつもの食べ物写真のクオリティがUPするかもしれません。
というか、GF1用の20mmF1.7の写真はこれで撮りました。
つまり、IYHレンズの同士討ち。(誤)




でもって、そんなテンサヨンを保ったまま近所のインド料理店へin。
相変わらず踊りまくりのテンサヨンUP映画が流れる店内。


シーフードとチキンの2種類のカレー。
辛口をオーダーしても、日本人向けのソフトな口当たりで、でも、やっぱり辛いという絶妙アレンジ。


チキンも激ウマ!
セットメニューに付いてくる1個じゃ足りない可能性があるので、チキン大好きな皆様は単品で頼むと良いと思います。

そんなお店はナマステタージマハル明石店
実に分かりやす過ぎて吹いてしまいそうな店名で、これでインド料理店じゃなかったら何なんだ的です。
そんな、ナマステタージマハル明石店ですが、出てくる料理はボリュームも美味さもグッド!
情報サイトには駐車場無しになっているけど、最近駐車場を借りれたみたいです。
存続が危ぶまれている明石名物タコフェリーへの乗船とセットで、是非!
気さくな店員さん(全員がインド人@日本語可)が待ってます。

どれくらい気さくかって言うと、ナンの作り方について聞いてみると、厨房に案内してくれて、タンドリー釜を見せてくれる気さくさ。
タンドリー釜で使用している炭は\1,300円らしいです。(笑)

※追記

オイラがD300をIYHする切っ掛けを作ってくれた58Caddyさんが、ステキな動画URLを教えてくれました。

牛乳若しくはコーラを口いっぱいに含んで今直ぐクリック!

素敵過ぎ!
by bananaoka | 2010-10-01 00:00 | Comments(0)
<< IYHは止まらない 最終日はバスフィッシング >>