<< 黒部の車窓から 日本屈指のパワースポットへ >>
2010年 08月 24日
ゆた母さんの指令
 
という話。

知る人にとっては絶対的な存在である、ゆた母さん。
そんな母さんに聞いてみた。

バナ「新潟で何か美味しい物は?」
ゆ母「へぎそば」

了解、食べてくる。

って感じで、えっと...
8月13日の日記です。(照)

チュンチュン...


道の駅クロス10十日町にて起床。
今日はのんびりいきますえ~って感じでかなりマッタリと準備。
で、道の駅クロス10十日町ですが、地産品をたっぷり扱う巨大な物産ホールがあり、その中では、おじさんが草鞋等の製造直売的商店を営んでいたり、更に、駐車場を挟んで反対側にある『越後妻有交流館キナーレ』という複合施設(温泉施設/体験工房/歴史館等々)もあってかなり大規模な道の駅。


で、そんな道の駅クロス10十日町をようやく離脱し、『小嶋屋総本店』へin!
程好く混んだ待合室にて、メニューの後ろに熱く書かれた蕎麦へのこだわりを読みながら待つ事十数分後座敷に案内され、へぎそばと天ぷらのセットをオーダー。


暫くして出てきた生山葵をスリスリ...
いい香りだ!
がしかし、へぎそばは山葵でなくカラシで食べるのが通例だそうだ。(この地方では山葵の栽培が困難だったとの事)


程無くして到着したへぎそば。
布海苔(ふのり)をツナギに使った滑らか~な蕎麦ですよ。
そしてこの美しい盛り。
視覚的にも楽しめちゃうのですよ。

たっぷりとツユにつけて食べましょうという指南の通りに食べてみると美味いです。
山葵でもカラシでも美味い。
でも、カラシの方がいいかな?そうやって食べられてきた物だからそりゃそうか。


天ぷらも美味しゅう御座いましたって感じで、まんぷく丸完成。

ゆた母さん、情報ありがとう。(照)



まんぷく丸になった後は、フォトジェニックなポイント美人林へ。
しかし、またしても雨が降ってきましたよ。(弱)
と言ってもサラッと流すのも勿体無さ過ぎるので駐車場で雨の様子を見つつ暫し待機。
駐車場脇のトイレにはツバメが巣を作っていて、何羽かで代わる代わる餌やり中。
今年2回目の子育てですな。
それにしても見事な飛翔だ。


で、小雨になったチャンスに美人林にin!
見事に真っ直ぐに育ったブナの木達がひしめく美人林です。


縦位置でも一枚。
そういえば、最近Fisheye使ってないな。
てか、家から持ち出してない。
ここで使ってみたかったかも。
と言いつつ、レンズを上に向けると盛大に雨が降りかかってくるのでそそくさと撤収。(弱)
ホント、今回の旅は雨にヤラレてます。

で、今日はもう早速温泉にinです。
これから夜の移動が長いのでね。
でもないか。(どっちでもいい情報)


って事で、『まつだい芝峠温泉雲海』という微妙に長い名前の温泉施設へin。
雲海と付いているように、展望露天風呂からは山間に広がる雲海が見える...という話です。
周囲には、棚田を持つ集落,小川,ブナ林等々自然が溢れ、写真愛好家も多く訪れるとか。
宿泊施設もある温泉なので、ゆったり泊まって朝方の雲海撮影ing!?と思いつつもそうもいかないのが住所不定流浪の身の悲しさ。(なんのこっちゃ)


嗚呼...
ビール!アルコール抜きで!


あ、あと、カリーもね。
って感じで『まつだい芝峠温泉雲海』を後にして移動開始。


途中、日本海沿いに走る旧北陸本線のトンネル跡(現在サイクリングロードになっている)を広角で撮ったり...


望遠で撮ったり。
で、長いトンネルの奥で何か影が動いている事にウスウス気が付いてたけど気が付かない振りをしながら広角で撮った後に望遠で見てみると、サイクリストだった。(弱)
えらい長い事自らの自転車を眺めたりした後、スーッと音も無く消え去っていきましたよ。(怯)

それからは暫く日本海沿いを西へ西へ。
日本海沿いの道の感じとか、島根~山口の感じととても似てて走りやすい。
適度なアップダウンとカーブ、そして時折あるトンネル、ホント似てる。


で、翌14日未明に目的地の駐車場着。
夜ならではの写真を少々頂いて明日朝イチに備えて営業終了!




時間:8月13日11時21分04秒~8月14日00時39分16秒
距離:188.491km ※GPSログデータより
by bananaoka | 2010-08-24 12:12 | Comments(0)
<< 黒部の車窓から 日本屈指のパワースポットへ >>