<< タクシードライバー ソフOKA >>
2010年 02月 21日
困ったら中華
 
という話。


朝の仕事前の風景っていいね。


って感じで、行き慣れていない土地で食事に困ったら中華という話。


まあ何と言うか、歩いてたらあったんですよ、パキスタン料理と中華料理のお店が、並びで。


お決まりのように客のテーブルで寛ぐ店員が店先から見えるパキスタン料理店と、厨房の中に全員集合でアイヤ~な中華料理店、どっちに入りますかって話。


海鮮おこげは音も楽しむエンターテイメント。


タップリ大皿にて提供される炒飯は小皿に分けて頂く感じ。


余った炒飯はお餅帰りキットで安心。
翌朝、冷めてもオイシイ炒飯補給で寝起きもOK!
さすが世界のどこでもお店を開く中華の文化。
有難い事で御座います。
by bananaoka | 2010-02-21 12:38 | Comments(2)
Commented by iz3 at 2010-02-24 23:52 x
冷めた炒飯は激美味し。
冷ご飯にアッツ熱のカレールーをOnするのもこれまた美味し。

讃岐のうどんみたいに、「ひやあつ」でカレーをいただくのが結構好きであります。
Commented by バナOKA at 2010-02-26 22:53 x
iz3さん>
冷めても2度美味しいニクイやつですね~。
さすが、ひやあつを生んだ四国ですね!その感覚!
<< タクシードライバー ソフOKA >>