<< そうだ京都行こう 第3話 そうだ京都行こう 第1話 >>
2009年 08月 12日
そうだ京都行こう 第2話
 
という話。

インクライン/水路閣の撮影を終え、地下鉄東西線へ乗り次に向かうのは...


嵐電天神川駅。
西大路四条~嵐山を結ぶ嵐山線の中でごく最近出来た新しい駅です。
何でも、昭和31年から数えて52年ぶりの新駅だそうで。
といっても、駅に用事がある訳では無く...


浴衣の女性(宇治の花火大会にでも行くのかな?)に用事がある訳では無く...


電車に用があるのです。

しかし、撮り鉄というジャンル、難しい。
ホント、イメージした絵が撮れない。

メソメソ


だので、チョイと移動します。


ゴトゴトと可愛い一両の車両に揺られ、西院駅まで移動します。


西院駅で下車したら、次の電車が来るまで街の風景で楽しみます。
なぜか鏡文字の看板を付けたギター教室や...


リアカーのおぢさん。


そうこうしていると踏み切りが閉まり、電車の合図。
またこの踏み切りの音がいいんだ。
是非聞いてみてください、いい音ですよ。


その後、西院駅を離れ、東へ向かいつつ、路面電車になったり普通の電車になったりを繰り返す嵐電を撮ります。
踏切が閉まるギリギリまで粘ってもまだ遠い。
もっと手前で閉まってもいいやんか~、嵐電のいけずぅ~。
って感じで500mmクラスが欲しいです。(寝言)


と、寝言を言ってても誰も聞いてくれないので踏み切りのイメージを撮ってまたまた移動です。
古い商店街の路地がありましたが、お店の人に『四条大宮はここ抜けて行けますよね?』と聞いたら、『道がヤヤコシイから大通り通った方がいいよ』ってな事なので、素直に大通りを進む事に。
京都の路地散策は、後で会うシャムロックさんよりヒントを得たので、その時の楽しみに。


俯瞰で見る嵐電のノスタルジー塗装車両。


京都嵯峨方面には雲が立ち込めていますが、雨の気配は無し。
台風も何事も無く通り過ぎたようで良かった良かった。


大きな四条通りも一筋入ると一気に小さな路地になり...
これも京都らしさなのかもしれない。


と、ここでいきなり何という車でしょうシリーズ。
何て言うんですかね、このカラーリング。


そんな訳で、西院からトコトコ歩いて東へ東へと四条河原町を目指します。
この界隈へ来たのは何年振りだろう...
途中、古い旗屋さんの前でしげしげと中を覗いていた外人さんや、新京極付近でNikon D3+24-70mmF2.8Gで京の空気を切り取っていたインドな人と話をしてみたり。
が、ついつい普通に別れてしまい、一枚お願いするのを忘れちゃうダメなオイラ。

メソメソ

という感じで、次の第3話(最終話)へと続きます。
by bananaoka | 2009-08-12 22:45 | Comments(4)
Commented by iz3 at 2009-08-14 22:42 x
何と言う車でしょうシリーズ。
これってsmartじゃないですか?
違ってたらげめんなさい。

香川でも見た事があるような気のせいのような・・・。
ラッピングカー的なものかと思ってました。

しかし、一眼。。。
たのしそうですねぇ・・・。
Commented by バナOKA at 2009-08-16 09:22 x
iz3さん>
おぉ~!大正解!
そちらでも展開されているのですね。
なかなか勇気のあるカラーオーダー...
撮影場所は歯科医院の駐車場だったので、もしかしたら半分広告的においてあるのかもしれません。(笑)

一眼レフ、いいですよ~。
いらっしゃいませんか?コッチの世界へ。
Commented by iz3 at 2009-08-16 23:43 x
今すぐにでも行きたいです、一眼の世界・・・。

しかし今は軍事予算が足りないのです。
諭吉級兵士たちがもう少し集まれば・・・。
Commented by バナOKA at 2009-08-19 20:02 x
iz3さん>
飛び込んでしまうと、次から次から飛び込みポイントがあるのがアレなんですよね...
う~む。
<< そうだ京都行こう 第3話 そうだ京都行こう 第1話 >>