<< サフランボル 第1話 続・迷路のような >>
2008年 07月 28日
ようやくホテルへ
 
という話。

一体いつまで彷徨ってるんですかってな事で、ようやくホテルへ向かいます。
いや、結果的に向かう事になっただけですが。


ドゥンドゥルマ売りの屋台と


横に居た役割不明の彼と


トルコが大好きなおいちゃん


そんな人々を見守るイェニ・ジャーミィを後にし


警察署っぽい建物の横を通過し、シィルケジ駅へ戻ります。


駅にてコインロカーから荷物を取り出す事に大成功!
シィルケジ駅には諸外国のバックパッカーが沢山。


時折走っている警察官はBMWに乗ってますねぇ。
二人乗りなのが良く分からないシステム。


そんでもって、シィルケジ駅の近くのアクビル売り場を見てみると...
openしてる!ついさっきはcloseしてたのに!
と思いin!
前に並んでた姉さんがアクビルを買ってる!ヨシ!
僕にもアクビルを! くれ!

!?

今ので終わり!?

...(泣)

と、ボロ雑巾のように桟橋へ...。
ボルポラス海峡を渡り、アジア側のハマムのオトガルへ行こうって事ですよ。

もちろん、海峡のこっち側(ヨーロッパ側)からもバスは出ているのだけど...
船に乗ってみたかっただけ!


ザザーンと出航です。
さらば!ヨーロッパ!


タコフェリー的なフェリーには人間も車もじゃんじゃん乗ってます。
うーむ、広い海峡だぁ。


って感じで、フェリーの客室にてチャイ休憩。
ものの15分位で対岸へ到着。


ハマムの桟橋からオトガルは直ぐ横。
テクテク歩いて直ぐに到着ですよ。

さて。

アダパザル行きのバスはあるかな~ってな事で、声を掛けてきたおいちゃんにアダパザル!と言うと、こっち来い!と返事。
ヘイ!
って事で、VIBってなバス会社のオフィスに行き、アダパザル行きのバスが終わるのは何時だと聞いてみると...
17時半!?
なんか... ものっそい早くないか?
多分聞き間違いだと思うんだけど。


時間がタップリあったら、ここで荷物を預けて、更にアジア側の街をウロウロしようと思ってたのだけど、まぁ、初日からウロンウロンし過ぎも良くないか、足も疲れてきたしって事で、13時半のバスの切符を買い、バスに乗り込みます。


バスに乗る時に、係りの兄さんに行き先を告げると、兄さんがイロイロ考えて荷物を積み込んだり、運転手とコミュニケーションしてくれます。


そんなバスはおベンツ製。


でも、運転席の正面らへんのガラスが割れてる。

そんな事はお構いなしにガンガンと高速を飛ばし、2時間半位でアダパザルのオトガルへ到着。
うむ。
見慣れた景色だ。


オトガルからタクシーでホテルに直行!でも良いのだけど、ここらでご飯を食べる事に。
てか、朝の機内食以来何も食べてないからね。

オトガルに居たポリスメンに、荷物預かり所は無い?と聞いたら、こっち来い!と。
ヘイ!
と、優しそうなアンネの居る小さな一角へご案内。
番号札を貰い、荷物よろしく~。

再び身軽になり、トルコの熱い交通を流し撮り。


ガンガン走ってる。


ガンガン走ってますよ。


スーパーキング!


と、街角では工事cy...


危ないYO!


ん? ダイジョウブだよ。


ウソばっかり~。

orz


てな感じで、街角のロカンタへin。
米粒が食べたかったので、ピラフ。
奥のサラダはサービス。
あと、パンもサービスで出てくる。
モフモフ食べながら待つ事暫し。


ピデ到着。
モフモフ食べるぞ。


ケバブ到着。
モフモフ...

頼み過ぎた。

激しくお腹イッパイになり、若干の敗北感を味わいつつ、ロカンタを後に。

その後、タクシーに乗り、ホテルへin。
イイ ゲシェレル!(おやすみなさい!)

てな感じの長い長い一日でした。

そうそう、飛行機の中で、隣のシートに置いていたD200。
シンガポール航空のステキCAさんにオレンジジュースをパシャリと掛けられた。
ものっそい謝ってくれました。
うん、大丈夫!僕はとっても元気だから!
by bananaoka | 2008-07-28 00:00 | Comments(0)
<< サフランボル 第1話 続・迷路のような >>