<< ゲリラ的撮影 ついカッとなって >>
2009年 02月 20日
A GOGO
 
という話。

先日、仕事が終わりホテルに帰ってきた瞬間に電話が鳴りましたよ。
出てみると、滞在先でお世話になっている方からで、あと10分位で迎えに行くから~、と。

でもって車に乗り込み、グングンと北上します。
30分も走った頃でしょうか、街の様子が随分と変わってきましたよ。
パタヤという観光都市のようですね~...って凄いよ奥さん。
タイ到着後、空港から直行で今の滞在地に行ったもんだから、首都バンコクの様子は知らないのですが、ものっそい観光都市ですよ奥さん。

暫く街中を走った後、ショッピングセンター的なお店に入り、フードコートで晩ご飯。
世界の料理が食べれる~的な触れ込みですが、まぁ普通です。


そう言えば最近牛肉を食べてないねって事で、ステーキを注文してみましたよ。


お米は大事なので、お米もよろしくって感じで。
ビールもジョッキで頂いちゃったりしてね。


観光地なだけに、白人の姿も多く~...っていうか殆ど白人。
最近はロシアからの観光客が殆どらしい。
Nikon D80とシグマレンズの組合せで写真撮影していたこの家族は英国のお方でしょうか。


ってな感じで晩ご飯を済ませ、テクテクと歩いて行きます。
をを!分かりやすい屋台!
が、同行者が居るので、写真撮るだけで精一杯、泣く泣く付いていきます...


南国の観光地的だね~。


南国のk...
スコーピオン!(汗)
が、同行者が居るので、写真撮るだけで精一杯、泣く泣く付いていきます...


そうそう、タイの電柱は丸じゃなくて四角です。
ある程度太くなると、断面がH断面だったりします。


こんな感じのゲートを潜り、歩行者天国的地帯に入ると...


The歓楽街へinしたようですよ。


こ...これは一体、一体これは!と思う暇も無く、慣れた足取り(笑)の同行者に連れられるまま、とあるお店にin!
ってスゲー!奥さん!
お店に入った瞬間にですよ。
うん。
で、ドリンク代を払い、ビール飲みつつカウンター席に座って眺めておりました。
世界は広いなぁ。
店内の様子は...って、普通に写真撮ってたら闇の世界に葬られるゾーンだのでありません、げめんなさい。


と、そんな感じで、コレがオトナの観光なんだね!と感動しつつ店をout。
来た道を戻っていると、何か撮影やってた。


誰?
モデルさん撮影スタッフ共に韓国の方的顔立ちでしたが...
カメラはCanon EOS1Dっぽかった。


そんな感じで歓楽街を出た後は、海岸沿いの写真をパパーッと撮って退散。
タイのまた一つ違った顔を見た夜でありました。




乗り降りのシステムが良く分からない交通インフラ。
by bananaoka | 2009-02-20 23:09 | Comments(0)
<< ゲリラ的撮影 ついカッとなって >>