<< 旅の準備を... A GOGO >>
2009年 02月 21日
ゲリラ的撮影
 
という話。


換算300mmそしてF2.8+VR。
まさにゲリラ撮影向きスペック。(笑)

って事で、モリモリ仕事をした後に街へin!
早速街角に佇み、ゴルゴ13ばりにスチャッと構えてみましたよ。


人間3人位マイペンライです。


バスターミナル周辺は夜でも人が多いですよ。
右の彼の持っている袋の中にはeccと書かれた本が。
何語を学んでいるのでしょうね。


片側2車線の幹線道路を挟んで向こう側の露店の様子もご覧の通りですよ。
車線間の柵が写っているのがアレですが。


遠くからでも写せるので、生きた表情が捉えられるのがイイです。


F2.8+高感度でも暗いモンは暗いのでシャッター速度に余裕が無いので被写体ブレはしょうがないとしても、高性能なVRがホントに有難い。
テクテク歩いていて、アッ!と見つけた被写体にサッとレンズ構えてシャッターを押し切るだけの操作に答えてくれるレスポンスの速さ...
もう、撮れない世界はない。


街に点在する祠(ほこら)は綺麗に管理されており、通り過ぎる人々が手を合わせてお祈りをしています。
日本で言うお地蔵さんみたいな感じでしょうか。


カブ等の小排気量車にサイドカー(というか荷台)を組み合わせた露店も点在。
もちろん、商売タイムが終わったらそのまま走って帰るというシステム。
ホントに何もかもそのまま乗せたまま走ってるから面白いですよ。(笑)


まぁ、あれですよ、一般的には、コンパクトさと重量面で(交換レンズで言うと)VR18-200mmやVR70-300mmの方が圧倒的に旅行向きなのですけどね。


高倍率コンデジや高倍率ズームレンズと比べると当然でかいし重たいし気軽じゃないけど、撮ってて気持ち良いのでヨシとします。

というワケで、落下防止にハンドストラップを持ち、ボディとレンズをタオルで軽く包んだ状態で持ち歩きつつ行った1時間程の撮影のレポートでした。
by bananaoka | 2009-02-21 19:45 | Comments(0)
<< 旅の準備を... A GOGO >>