タグ:近畿 ( 18 ) タグの人気記事
 
2013年 02月 03日
週末終わり
 
という話。


今日の最後はTRIUMPH京都へ立ち寄り、店長のKさんと2004年振りの再会。
いつも通るのが夜遅くてお店が閉まっていて今日も遅かったか、と、メソメソしていたのですが、今日は早めに立ち寄れて、既にお店は閉まっていたけれどお邪魔させてもらう事に成功。
ほんの短い間だったけれど(全然時間が足りない)、頑張っている姿が見れて良かった。


で、あれ?電車は撮ってないの?
もちろん撮ってますとも。
滋賀に住んでいた頃の記憶を辿って、住宅街の中をググッと曲がっているポイントで撮影。
京阪石山駅から出てほんのちょっと石山寺方面です。
しかし、滋賀に住んでいた頃は完全に車が足だったので電車とは無縁の生活。
JRには何度か乗った記憶はあるけれど、京阪石山坂本線に乗った記憶は無い。(京津線も同じく...)
by bananaoka | 2013-02-03 00:00 | Comments(0)
2013年 01月 27日
カニを食べに行く-Vol.3
 
という話。

うーむ、またしても間が空いてしまった...


で、たっぷりカニを堪能して寝て起きたら朝ごはん。
なんて素敵なんだ。


ご飯はもちろんカニごはん。


焼き物も出てきて、朝から再びマンプク丸が完成する訳です。


そして、お世話になった、ふじやさんを出発。
佐津の小さな集落は今日も平和です。


その後は、車を走らせ付近の駅近くの撮影ポイント探し。


柴山駅でキハ47。


カメラの設定間違ってて超絶露出オーバーからの救出...
こういう時、RAWで撮ってて良かったと思う訳で。(誤)


その後、鎧駅に行ってみる...
トンネルからの飛び出しを撮ってみるかなと思いつつ、はまかぜを撮るべく柴山駅に戻り...


柴山駅の近くにあるお寺の脇ではまかぜを撮影して一旦終了。


一山越えて城之崎温泉まで戻り...


ふじやさんで前日予約の後に受け取ってきたお弁当を駅で電車見ながら食べるのも駅弁というカテゴリーとして考えて良いのだろうか。


どっちも美味しく頂きました。


そして最後に城之崎温泉駅より少しだけ来た道を戻り、目をつけていた撮影ポイントから、はまかぜを撮って終了。


と思いきや、城之崎温泉的な写真を撮ろうと車を降りると丁度キハが走ってきたので一枚。


帰り道に寄った海の駅で軽くお土産物を購入し帰路に。


海の駅ではさすがにもうカニは要らんと思いつつも...


持って帰ってきたゆでカニを有り難く頂く後日の晩御飯。

そんな訳で、来年のカニに続く。
by bananaoka | 2013-01-27 00:00 | Comments(2)
2013年 01月 19日
カニを食べに行く-Vol.2
 
という話。

Vol.1から幾日、いつまでカニ食べに行ってるんだって感じなので続きを...


焼きガニを堪能した後は、これまた絶妙なタイミングで出てくるカニ味噌。
嗚呼、このビジュアルだけでたまらん。


そんな感じで進行していくカニ三昧はいよいよ鍋ゾーンに突入!
鈴鹿で言うと130Rって感じでしょうか。


ポロリと殻を剥がしたカニ様をお鍋のダシにひたりひたりとさせて食!
美味いとしか言いようがない。


うーん、たまらんと言いながら130Rを立ち上がると待っていたのは天ぷら。
天ぷらまで食べていいんですかいぃ~んです。


そして最後のシケイン、そして最終コーナーは雑炊!
泣く子は黙り、黙ってた子は泣くというカニ雑炊。


女将さんによそってもらい素早く完食。
因みに、ご飯の量はお好みで調整してもらえるので、自分のマンプク具合にジャストフィットさせる事が可能であります。

という訳で、主にカニしか視界に入らない素敵な晩御飯終了。
で、お風呂も入った、カニも食べた、となると、後は寝るだけ!

おやすみなさい!
by bananaoka | 2013-01-19 00:00 | Comments(0)
2013年 01月 07日
カニを食べに行く-Vol.1
 
という話。

なんて素敵なタイトル!
という訳で、去年カニを食べに行った話をツラツラと書いてみようと思います。


で、先ずは洗車機で洗車。
手洗い洗車なんてもう何年してないやろ...


で、いつもの佐津(香住の近くね)に向かっているといい感じに雪がチラホラ。
車洗った意味無し!(笑)
まあいい、気持ち良くカニ食べ紀行をスタートしたかったから洗ったんだ。


で、折角電車じゃなくて車で来てるのだから、良さそうな撮影ポイントがあったら撮りたくなるのが人情ってものですよね。
車を止めて時刻表をチラチラと見て... いける!


雨がポツリポツリと降る中、どうせだったら雪の方がいいのにね。


降り積もったフワフワの雪を風で飛ばしながら疾走する後姿なんて、素敵じゃないですか。


足元注意で...


その後は、城崎を越え、いくつかの峠を越え...


もう少しで今日のお宿という所で、前回目を付けていた撮影ポイントに到着。
そして念の為に時刻表を見てみると、はまかぜが来る~、って事で撮影。
ご馳走様でした。


じゃなくて、いつもの(といっても2回目だけど)宿に到着したら先ずは暫しの休憩とお風呂を頂いて、いざ!カニをご馳走様しに行きます!


これこれ、これですよ奥様。
カニフルコースですからね。
この時点で並んでいないアレとかコレとかも後で登場するってんだからもう立っていられないですよね、だのでさっさと写真撮って着席。


日本海の魚にカニ刺し用のカニという隙のない写真が簡単に撮れちゃう、そう、佐津ならね。


前回の反省点を踏まえて、茹で蟹はそのまま持って帰り後で食べる事に。
待っててね、後で食べるから。


小鉢も色鮮やかに並べられていて目にも美味しいとはこの事。
食前酒をキュッと飲んだら(その前についビールを飲んでしまった事は置いといて)、いざ!


カニ刺しに突入。


醤油って、どうして醤油って言うんだろう、と、醤油のある食卓に幸福を感じずにはいられない写真をプルプルしながら撮った後は沈黙のまま口に放り込めばもう、ね。


と、そんなこんなでワキワキしているとどこかで絶対様子を見ているに違いないという絶妙なタイミングで焼きガニが運ばれてくる訳で。


うーむ、たまらん。


遠慮なく頂きます!

つづく...
by bananaoka | 2013-01-07 00:00 | Comments(0)
2013年 01月 07日
カニを食べに行く-Vol.1
 
という話。

なんて素敵なタイトル!
という訳で、去年カニを食べに行った話をツラツラと書いてみようと思います。


で、先ずは洗車機で洗車。
手洗い洗車なんてもう何年してないやろ...


で、いつもの佐津(香住の近くね)に向かっているといい感じに雪がチラホラ。
車洗った意味無し!(笑)
まあいい、気持ち良くカニ食べ紀行をスタートしたかったから洗ったんだ。


で、折角電車じゃなくて車で来てるのだから、良さそうな撮影ポイントがあったら撮りたくなるのが人情ってものですよね。
車を止めて時刻表をチラチラと見て... いける!


雨がポツリポツリと降る中、どうせだったら雪の方がいいのにね。


降り積もったフワフワの雪を風で飛ばしながら疾走する後姿なんて、素敵じゃないですか。


足元注意で...


その後は、城崎を越え、いくつかの峠を越え...


もう少しで今日のお宿という所で、前回目を付けていた撮影ポイントに到着。
そして念の為に時刻表を見てみると、はまかぜが来る~、って事で撮影。
ご馳走様でした。


じゃなくて、いつもの(といっても2回目だけど)宿に到着したら先ずは暫しの休憩とお風呂を頂いて、いざ!カニをご馳走様しに行きます!


これこれ、これですよ奥様。
カニフルコースですからね。
この時点で並んでいないアレとかコレとかも後で登場するってんだからもう立っていられないですよね、だのでさっさと写真撮って着席。


日本海の魚にカニ刺し用のカニという隙のない写真が簡単に撮れちゃう、そう、佐津ならね。


前回の反省点を踏まえて、茹で蟹はそのまま持って帰り後で食べる事に。
待っててね、後で食べるから。


小鉢も色鮮やかに並べられていて目にも美味しいとはこの事。
食前酒をキュッと飲んだら(その前についビールを飲んでしまった事は置いといて)、いざ!


カニ刺しに突入。


醤油って、どうして醤油って言うんだろう、と、醤油のある食卓に幸福を感じずにはいられない写真をプルプルしながら撮った後は沈黙のまま口に放り込めばもう、ね。


と、そんなこんなでワキワキしているとどこかで絶対様子を見ているに違いないという絶妙なタイミングで焼きガニが運ばれてくる訳で。


うーむ、たまらん。


遠慮なく頂きます!

つづく...
by bananaoka | 2013-01-07 00:00 | Comments(0)
2012年 12月 12日
ちょっと日本海へ
 
という話。


今日明日と有給休暇を取ったので、これ(の新型)に乗ってどっか行く予定を組んでみました。
(写真は2010年10月に撮った先代キハ181系はまかぜ)


でも、電車で行くとなると電車が撮れない(駅撮り除く)というディレンマ。
だので、急遽車で行く事に。


目的地は日本海側。
先日降った雪がザンザン残っていましたが、まだまだノーマルタイヤで大丈夫。(だと思いたい)


目的地はカニの宿。
一昨年お世話になったふじやさん。
その他美麗カニ画像は後程。(おなかいっぱいマンプク丸)
by bananaoka | 2012-12-12 00:00 | Comments(0)
2012年 09月 13日
帰り道は滋賀京都
 
という話。

土曜日、鈴鹿サーキットでのMini-moto 4h耐久ロードレースの撮影が終わった後は、鈴鹿市内の病院に入院している優香夫人のお見舞いに行きますが病室から脱走中だったのでお見舞いを置いてメソメソしながら立ち去ろうとしたらエレベーターホールで確保!が、ちょいとその前に晩御飯を食べに...


優香夫人が紹介してくれたミスターリブ(Mr.RIB)にin!
優香夫人の情報によると、オーナーがカナダで食べた本場のスペアリブを日本でも!と始めたが、リアル本場のスペアリブは脂MAXで日本人には合わないという事で試行錯誤(試行錯誤についてはお店で聞いてみよう!)の末に辿り着いた絶品スペアリブを食する事が出来るそうだ。


麦とろ飯も美味だぜ!という話だったので、これも美味だぜ!という噂のクラムチャウダーも食。
美味い!(麦とろ飯も美味くて一瞬で無くなった)


そしてメインのスペアリブは、初心者らしくリブ三昧。
塩と味噌と醤油の三種類を味わいます。
ものっそい美味い!
モリモリ食べれる系の食感です。
自分は塩が一番良かった。


と、そんな感じで絶品スペアリブを堪能した後、再び病院へ戻り優香夫人との語らい。
例によって何の役にも立たないのではないかという流れるような言葉のキャッチボールを結構長い事やりあい、まるで戦いが終わった後みたいなスッキリ感に包まれつつ帰路に、
(お見舞いに買って行ったぶら下げられる系のお菓子類はお気に召して頂いただろうか)

と、帰路と言っても既に12時近く。(照)
真っ直ぐ帰るのも勿体ないので、先ずは鈴鹿市内で温泉にin&outしてから道の駅いがまで進んで営業終了。

チュンチュン...


そして日曜日!
早速70-200mmが活躍ですよ奥様。


何となく立ち寄った場所でしたが、素敵ingなロケーションでした。
(関西本線柘植駅~新堂駅)


そして更に70-200mmが活躍ですよ奥様。


何となく立ち寄った場所でしたが、素敵ingなロケーションでした。
(近江鉄道本線水口松尾駅~日野駅)


その後は琵琶湖湖畔まで走り、近江八幡の喫茶シャーレ水ケ浜にin!
到着する15分位前は丁度良い感じの雲の量でいい感じの写真が撮れそうだったのですが、到着してみると一面薄曇りで場所によっては雨雲というちょっぽり残念な天候に...


テラス席からは琵琶湖が一望。
北の方は少しだけ青空が見えますが、さすがに光の回りは悪いです。
で、オーダーが立て込んでいて食事メニューは1時間以上時間が掛かりますスミマセンって事だったので、早く出せるというケーキセットを頼んで待つ事にします。


小さな友達とのんびり待つ事1時間。
ん?食事メニューでも良かったんじゃ?(笑)


って事で、ペロリとチーズケーキとレモンスカッシュを楽しんで更にのんびり。
この頃にはお客さんも落ち着いてきたのですが、お店の下にあるBBQ(が出来る)スペースでBBQを楽しんでいたグループだけが雨が降ってくると屋根の下に避難し雨が上がると元の場所に戻り(屋根の下だとBBQの煙が上にあるテラス席に直撃(笑))を繰り返していて落ち着いていなかった。(汗)


と、いいかげんのんびりし過ぎたのでようやく出発という事になり、琵琶湖大橋を渡って湖西道路→山中越えで京都へ。
廃業したびわ湖タワーのシンボルだったイーゴス108は未だ解体されず残っていて、今でも時々保守メンテの為に稼働しているらしい。


で、京都に寄ったのは晩御飯を食べる為。
いつもの03 Slow Cafeです。
ホンノリ模様替えされていました。


サラダ(&スープ)、メイン、デザート全部セットのディナーセットを注文して待ちます。


メインはブロッコリーとツナのパスタ。
パスタメニューの多さ(そしてどれも美味そうで困る)に、よくぞこれだけの種類を一人で切り盛り出来るなと感心しちゃいます。


そしてデザートは抹茶プリン。
カリッと焼かれたカラメルを割りつつ頂きま~す。
デザートは日替わり?で訪問した日その時々の味が楽しめる感じ。
そんな03 Slow Cafeは近所のファミリーの晩御飯から女子会の会場まで幅広い層から愛されてるお店。
また行きますね~。

と、これにて土日の予定コンプリート。
後は京都南ICから高速乗って帰宅して終了。
激アツ晴天,曇り,雨,豪雨と、目まぐるしく天候の変わる週末でした。
by bananaoka | 2012-09-13 00:00 | Comments(0)
2012年 08月 27日
最後の〆は川カリー
 
という話。

ビアグラスを買ってかっぱ寿司でガッと食べて帰宅して早速ビアグラス使ってグテングテンして気が付いたら寝ていて起きたら出発!


先ずはドライブイン的な食堂で丼食べてカロリー補給。


加古川BPで建設中のヤヤコシイジャンクションはもう直ぐ完成か?


と、西へ暫く走り姫路からは夢前川に沿って北上。
人家がまばらになってきてから更に夢前川の支流に沿って走る林道を少々走って目的地着。
早速テーブルを置いて陣地の確保!というか誰も居ない。(笑)


うむ、何も焦る事は無い。
激冷たい川に買ってきたビールを突入させてのんびり準備です。
何をって?


カリーに決まってるじゃないですか。
激晴天の昼間なんだけど、いい感じに木陰なのでパラソル要らずで実に快適。
というか、川に入ると寒くてたまらんレベル。
(写真対角右半分は川面なんだけど水が綺麗過ぎて認識不能!)


だので、かまどの火にあたりつつご飯が炊けるのを待ちます。


炊けた!
蒸らす!


同じくしてルーを投入。
もちろんジャワカレー辛口。


おこげ完備でバッチリな炊け具合にテンサヨンUP!


カリーも完成で御座います。


後は、食べるしか!
と、川の流れる音を聞きながらマッタリとモングモング...


デザートはスイカ。
さすがに多いかなと玉で買ってこなかったのだけど、玉で買ってきて川にドボンしていても良かったかもしれない。(カット済みスイカを買ってきてクーラーボックスで冷やしていたのでヌルスイカじゃなかったのですけどね)


と、マンプク丸になってボヘーっとしていると、ちょっと気になっていた羽音が結構気になってきたので音のする方へ行ってみると...


ハチミツ採集だったのですなぁ。
若干遠めから刺激しないように暫く観察...
なるほどねぇ。


で、暗くなってから花火して帰ろうという計画だったので、時間調整と称して暫く営業停止。
ひぐらしの鳴き声を聞きながらウトウトで御座いますよ。
ですが、あまり風が抜けない鬱蒼(うっそう)とした中なので何気に湿度高め。
シイタケ栽培には最適かと思うけれど、除湿無しの仮眠には向いていないかも。
なので、朝から来て昼に向けて川遊びとキャンプな昼メシで夕方少し日が傾く頃にここを出て風の抜ける河原に移動するのが吉かもしれない。


と、そんな事を思いながら花火を楽しんで退散。
線香花火も忘れずにね。

とまあ、こんな感じで2012年の盆休み終了。
お盆前に実家から電話あった時に、お盆休みに帰るって言ったのを思い出してももう遅い。
来年の盆休みはどこに行こうかな。(たまには帰省しなさい)
by bananaoka | 2012-08-27 00:00 | Comments(0)
2012年 08月 18日
デカンショ祭
 
という話。


兵庫県にはデカンショ街道という街道があります。
なんぞ?といった感じですが、更に、デカンショ祭りという祭りもあります。
なんぞ?といった感じなので、お盆休みに行われるその祭りにin!です。


の前に、お祭り的には夕方からなのでそれまでは丹波篠山周辺をウロウロする事にして、先ずはお昼ご飯で石釜ピザのお店、クワモンペへ。


ロードバイクと玉ねぎの関係。
小屋の中には整備中のオートバイが2台。
オーナーの趣味と思われ。


そんな趣味を持つオーナー(多分そうだよいう予想)が居るのと、周辺の田舎道はロードバイクに乗るにはとても良い環境なのもあってか、ロードバイクで訪れるお客さん多し。


開店時間を30分程誤って開店30分後にお店に到着し、1時間程待ってようやくテーブルへ。
注文してからの待ち時間は短く、食べたお客さんも行列ぶりを見てか早々に出て行くので、混雑時でも客の回転は良さそうな感じだった。


ジンジャーエールがシャキッと濃くて素敵ing!
“炭酸水”ってどうですか?の問いに「炭酸水は私は余り好きじゃないわ~」と、素直な店員さんも素敵ing!


マルゲリータは熱いうちに!


夏野菜のピッツアも熱いうちに!

そんな感じで熱々石釜ピザを楽しんだ後はちょっと移動し、今日のデカンショ祭りメイン会場である篠山市内を視察しつつ喫茶店でマッタリ。
さて、そろそろ駐車場を目指しますか?と車に向かい運行前点検(皆さんやってます?)をやっていると何か運転席側の前輪がやる気をなくしているのを発見。


いか~ん!と、最寄のガソリンスタンドにヌルッとinして調べてもらうと、ムシがヘタってるって事で交換してもらって復活。


そんなこんなでようやく篠山の中心部の駐車場にin!
花火があるって事だったけど、盆踊りやら屋台やらもあるので身軽に三脚持たずに出撃です。


古い町家というか、古い町並みが残っていていいですなあ。
岐阜の美濃みたいです。


そんな中、超コダワリアンティークなカフェへ向かう途中、とある骨董屋さんへフラリとin。
一部は江戸時代からの屋敷(一部は大正時代)だとかで、どこから商品でどこまでが生活空間なのか良く分からない骨董屋さん独特の雰囲気の中、キラリと光る蓄音機。
オーナーさんが気前良く何度も何度もゼンマイを巻いてレコード(って言うんですかね?蓄音機の場合でも)を鳴らしてくれました。
針を置いた時のザーと聞こえるノイズが何とも心地よく、ゼンマイがきれてきて回転数が落ちてきた時の切ない感じもまた心地よく。
で、そんな骨董屋さんの奥が目指していた超コダワリアンティークなカフェだったのですが、コーヒー一杯1.5kとやらで、「まぢでか」と、骨董屋さんのオーナーお勧めのカフェへ進路変更。


夕暮れ迫り強くなってきた西日を避けるように町家の塀沿いに進み、そのカフェへinして甘い物補給と長い長い時間調整。
同じように恐らくデカンショ祭りに向けて時間調整をしているであろうお客さん多数の中に、何も頼んでいないにも関わらず、皆にクッキーとお茶を振舞ってくれる素敵カフェで御座いました。(感謝)


で、そろそろですかな?とお店を後にし、メイン会場となっている篠山城跡を目指します。


よし、間違いなくここらでデカンショ祭り開催中。


100円きゅうりを補給して準備OK。


おっちゃんも...


お、お、お姉様も準備OK。


式典では、篠山の杜氏が歌う酒造り歌に併せて...


鏡開きが行われ...


振る舞い酒を求める長い列の先頭がベロンベロンで顔真っ赤なおっちゃんで誰もが「アンタはもうええやろ」と思う中でも笑顔でお酒を振舞うデカンショ娘に涙し...


運営側もいつでも準備OKって感じになってきました。


踊る方も気合十分です。


売る方も気合十分。


見る方はちょっと休憩(照)って感じで...


焼きそばと鳥焼きを買って一旦避難。


いい感じの規模の地方のお祭り。
程好く人ごみで、周囲は友人知人で盛り上がり。
まあ、ある意味超アウェーですが。


と、いい感じに日も暮れいよいよヤグラ総踊りの時間。


遠くに見える木造ヤグラの上で各地のゆるキャラが踊っているのが見えたけどまだだ、まだ粘るぞと避難場所で粘り、ようやくin。


木造ヤグラを囲むように二重三重の輪になって踊る人々を眺めたり撮ったり。


プロというか師範というか、踊りなれたデカンショ節マスターの流れるような身のこなしも、ダイナミックに踊るお兄さんの身のこなしもどちらも見ていていいもんですね。


まあ、浴衣で踊るお姉さんが一番良いのは言うまでもありませんが。(照)


で、花火。
木造ヤグラに花火が映えるようにか、かなり低い地点で開くように設定されてる?
数は少ないながら、ポンポンとテンポ良く打ち上げてくれたので良かった。
手持ちなので殆ど撮らずに最後のスターマイン的なのを撮って終了。


まだまだヤグラ総踊りは続いているのですが、夜も遅くなるのでここらで引き上げ。


近くの温泉でサッパリした後は、もう一日ここらで予定があるのでちょっとだけ舞鶴若狭道に乗って西紀SAにin。


もちろん、車中泊の為であり、ビールの為であり。
24時間営業のSAが日本にどれくらいあるのか分からないのですが、ここは24時間営業(券売機タイプじゃない普通のレストランや一部店舗を覗く)だったので夜中に起きても安心やなあと思っていたら朝までグッドスリープというアレで24時間営業の恩恵全く無し!

続く!



で、デカンショ祭りて何やねん。 → 丹波篠山デカンショ祭
by bananaoka | 2012-08-18 00:00 | Comments(0)
2012年 08月 13日
夏をあきらめて
 
という話。

潮風が騒げば やがて雨の合図...

セルフカバーなサザンより本家研ナオコバージョンのが好きです。
という感じで。


未明に出発した和歌山行きですが...
(当初の予定は長野方面でしたが準備不足等々諸事情で中止に)


明け方の猛烈な雨に起こされ。


それでもと、とれとれ市場に避難するようにinし...


解体ショーの前のお仕事に勤しむお兄さんを見たり...


解体ショーを見たりした後は...


長い列を作る丼コーナーを横目に寿司コーナーで数点選んで、市場で買ったウニイクラの二色丼とで軽い朝食のような昼食のような。


そして、目的地の最南端に向かうか?という中の更なる豪雨。
これは、このまま向かっても晴天は先ず無理だろうし、第一見知らぬ土地の慣れていない川辺に降りて過ごすのは危ないと判断し思い切ってその後の予定を全てキャンセルしてのUターン帰宅。
もしかしたら、曇り空で決行出来たかもしれないけれど、折角のキャンプは条件の良い時に取っておこうという事です。


帰りは、ガチガチの渋滞でなければノロノロ渋滞にでもハマった方が早いという話ですが、アクティの調子が悪く(冷却系に難アリで水温計がおかしな動きを見せ、水温計がHを示す(実際は水温Hではないと思われる))強制エアコンOFFになるので遅くとも走行風が欲しいのもあって渋滞情報を見ながら渋滞していない区間を縫って高速乗ったり下道に下りたりと割とウロウロしながら帰宅。

で、往路復路共に反対車線にて事故発生直後の様子、そしてそれから伸びる伸びる事故渋滞の様子を何度か見ました。
普段運転に慣れていないドライバー達がそこかしこを長時間運転しているこの時期、皆様におかれましても自身そして周辺に十分注意し、交通安全でお盆連休を乗り切って頂きたい次第であります。




往路
時間:8月12日22時36分06秒~8月13日8時28分39秒
距離:211.834km ※GPSログデータより


復路
時間:8月13日10時56分52秒~15時49分35秒
距離:236.365km ※GPSログデータより
by bananaoka | 2012-08-13 06:54 | Comments(2)