タグ:航空機 ( 65 ) タグの人気記事
 
2017年 10月 31日
B747退役
 
という話。

b0166783_13014714.jpg

出張ベースでアメリカに行っていた頃から、ミシガンでの赴任の時、等々何度もお世話になったデルタ航空のB747(デトロイト便)が退役との事で...
就役からの飛行時間何時間だったのだろう。

b0166783_13015202.jpg

成田便ではなく、まだ関空から飛んでいた頃の帰国便から降りて三ノ宮までのリムジンバスで、帰国便に搭乗していたびっくりする程の美人CAさんと乗り合わせて、ずうずうしくも隣に座らせてもらい話をした時の「大丈夫ですよ、古いけど丈夫だし、軍人パイロットが飛ばしているので、私は好きですよ」といった内容の会話が印象的だったな~、と、いやホント美人だった。(でも、ノリは関西人)

b0166783_13015933.jpg

ん?何の話だ?
お疲れ様!B747!
by bananaoka | 2017-10-31 00:00 | Comments(0)
2016年 08月 27日
一通りRAW現像終了
 
という話。

b0166783_12484911.jpg

1,200馬力×2の爆音に包まれながら寝ようと思い升。

**********

そして...

b0166783_12490032.jpg

仕事に行く→仕事終わる→アルバム日記書くぞ~!→その前にちょいと疲れたし寝るか(仮眠ing)→ご飯食べ行こ→飲む→ゴロゴロ→よし寝るか(イマココ)
by bananaoka | 2016-08-27 00:00 | Comments(0)
2016年 08月 25日
Rosie the Riveter
 
という話。

b0166783_12393566.jpg

写真の女性のポーズはWWII中に作られたポスター(※1)で有名なポーズ。

という訳で、この女性のお母さんは軍需工場(※2)で働いていた俗に言う「Rosie (the Riveter)(※3)」だったそうで。
胸に下げているペンダントには、そのお母さんが若かった頃の写真が入れられていました。
同じテントの中にはおそらく80代後半から90歳頃かと思われる元Rosieが5名程座っており、直接話を聞く機会が設けられていました。

どこのエアショーでもこのタイプのイベントを行っている訳では無いのだけど、Willow Run Airportのエアショーではいつも何らかのイベントが行われていて、身近に戦後を感じる事が出来るようになっています。

※1
「We Can Do It!」
https://ja.wikipedia.org/wiki/We_Can_Do_It!

※2
撮影地のWillow Run Airportの近くにはB-25を生産する軍需工場があり、タイトル詳細のWikiの「背景」に書かれている“ミシガン州アナーバーの工場”はまさにそれではないかと。

※3
「Rosie the Riveter」
https://en.wikipedia.org/wiki/Rosie_the_Riveter

***********

けしからん写真達をボチボチ現像中です。

b0166783_12463167.jpg

写真はB-17 Flying Fortressのフライトエンジニアの座席から上にある旋回銃座の天窓を見上げた所。(色々取っ払われているのでスッキリ見える...)
機内は割と暗く外は薄曇りながらも一部晴れという明を取るか暗を取るかどどどどないしよ~の条件の中でもお祈りしながら(笑)RAWで撮ってLightroomで調整するとあら不思議。(照)

b0166783_12470454.jpg

jpegで撮っていたらこの写真のようにオヨヨの所がRAWデータの中にはハイライト部にここまで情報が残っているなんて素敵ing!
by bananaoka | 2016-08-25 00:00 | Comments(0)
2016年 08月 21日
もはや何も言うまい...
 
という話。

b0166783_10542649.jpg

もはや何も言うまい...

b0166783_16205309.jpg

うーむ、写真のレーティングしていたら真夜中3時になってしもうた。
しかしあれだ、どう考えてもいい夢が見れそうだ。(照)
よし、寝よう。

by bananaoka | 2016-08-21 00:00 | Comments(0)
2016年 08月 19日
B-17 Flying Fortress
 
という話。

b0166783_13314077.png

突然ですが、明日、Boeing B-17 Flying Fortressに乗って(飛んで)きます。(搭乗券を買えば搭乗券の表紙を飾るB-25 Mitchellにも搭乗出来る)

飛べる機体があるってのも凄いけど、割と普通に搭乗券が買えて中に乗って飛べるってのがなんともスバラシイ。

ボマーになるかガンナーになるかナビゲーターになるか、迷う~...

いや、ボールターレット一択か?(悶々)
by bananaoka | 2016-08-19 00:00 | Comments(0)
2016年 05月 04日
Air Show
 
という話。

b0166783_912189.jpg

去年はヨーロッパを駆け抜ける喜びをしていたので参加出来なかった地元のWillow Run AirportでのAir Showですが、もちろん今年もある訳で。

b0166783_932299.jpg

今年はなんじゃらほいと見てみると、目玉はMiG-23 Flogger先生そしてMi-24 Hind兄貴という感じ。
そして今年はBlue AngelsでもThunderbirdsでもなく、Breitling Jet Teamが参加みたいです。

b0166783_934865.jpg

という事は、機体はAero L-39 Albatros。(1枚目の写真の機体)
という訳で、ちょっと出遅れてしまった感があるのだけれど、2014年に参加したTaxiway Photographに再度申し込みのメールを出してみました。

b0166783_941167.jpg

まだ席が余っていたら良いのだけど~...
by bananaoka | 2016-05-04 00:00 | Comments(0)
2016年 02月 15日
Boeing 747
 
という話。

今日はちょっとした手違い(汗)により、デトロイトの空港に12時間居たりする訳なのですが、仕事したり寝たり飛行機撮影したり...

b0166783_73718100.jpg

という訳で、デトロイト空港12時間耐久レースの始まり~。

b0166783_7372283.jpg

久々の空飛ぶお姉さんはヒースロー行き。

b0166783_7372652.jpg

一連の写真の中のB747は到着/出発ゲートに目的地や出発地の表示は無く、最後から2枚目の写真に一緒に収まっている2機のB747は同じゲートにさっきまで駐機していた一機と、その機体がゲートから離れて直ぐに入ってきた一機。

b0166783_7372971.jpg

入ってきた一機からはちょっとだけコンテナに入った荷物のような物が下されただけで、ゲートからは誰も出てこないしゲートに地上係員も居ない...

b0166783_7373165.jpg

これは、回送?

b0166783_7373421.jpg

で、最後の一枚は空港の窓ガラスのドット模様が憎い!
撮影はSONYのDSC-RX100III。
F1.8の明るいレンズでも換算24mmだとレンズ押し付け大作戦でもドット模様が存在をアピールする訳で...

という訳で、ようやく搭乗時間が迫ってきた感じデス。(疲)
by bananaoka | 2016-02-15 00:00 | Comments(0)
2015年 09月 20日
水上機
 
という話。

b0166783_11422715.jpg

日ごとに日没の時間が早くなってきている予感に溢れる今日この頃...
仕事から帰って来ていつものトレイルに行くとなると、深い林の中のトレイルなので周りがまだある程度明るくてもガッツリ暗くなって視界が極端に悪くなる感じなので、日没までいくとほぼ真っ暗なレベルに...
雪が降るまではまだ少しあるけれど、快適に乗れる時間はどんどん減っていきますなぁ。

b0166783_11413757.jpg

何で夕日の写真2連投?
いいえ、良く見ると水上機が...(汗)
という訳で我が家の近くの湖の湖畔には立派なオウチが建っていたりして、恐らくその土地とセットになっている私有地的水辺には船だけでなく水上機が浮いているという。
嗚呼、オトモダチになりたい。(笑)
by bananaoka | 2015-09-20 00:00 | Comments(0)
2015年 07月 01日
ここ最近
 
という話。

ここ最近出張が続き、その中に予定外の出張も入って徹夜で書類作ってちょっと仮眠してそのままケンタッキーの現場に入ったり、その現場が終わったら直ぐに夜通し走ってカナダのケンブリッジの現場まで走ったりで、ホテルに帰って来てもご飯食べるとついつい寝てしまい個人用のPCを開くのも久し振りという感じで。
んでもって、このままこちらの夏休み工事期間に突入してしまうという感じで今年はまとまった休みが取れていない。
うーむ。

b0166783_644934.jpg

写真は、カナダからの帰りにいつも脇目に見る地方空港に水上機が駐機しているのを見掛けたので撮影した一枚。
手を伸ばして金網の上にカメラ(α6000)を持ち上げてギリギリ見える液晶画面を見ながら撮ったのだけど、こういう時にこそWiFi接続のリモートアプリを使うんだなと今気が付いた。(照)
by bananaoka | 2015-07-01 00:00 | Comments(0)
2014年 08月 11日
Taxiway Photograph
 
という話。

b0166783_15551255.jpg

先週金曜日、カナダ出張期間中に1日だけ休みを貰ってミシガンに帰り、地元のエアショーの前日に設けられたTaxiway Photographというプログラムに参加してきました。

b0166783_15552145.jpg

数ヶ月前にプログラムを主催している方宛にEmailを送り参加登録を行い、その後の案内に従い郵便で小切手を送り、といった感じのアナログ感溢れる申請。

b0166783_15555315.jpg

D800を追加したのは、旅行時の撮影もですがこっちがメインな感じ。

b0166783_15551836.jpg

b0166783_15554228.jpg

写真と違い24-70ではなく70-200mmと300mmの2台体制で。

b0166783_15551026.jpg

そして、Taxiway Photographというだけあって、滑走路への往来に使用するタクシーウェイ脇から自由に撮影出来(終盤絶妙なタイミングで規制が入りましたが)、朝9時頃から夕方6時過ぎまで一日のんびりと出来ました。

b0166783_15575614.jpg


b0166783_15552312.jpg

案内には一般向けのエアショー期間ではないので飲み物や食べ物のサービスは無いので各自で持ってくるようにとの事でしたが、飲み物の無料(!)サービスがあり、食べ物も途中でフルーツとお菓子が出てくるという有難さ。

b0166783_15553572.jpg

こりゃ来年も参加か?
by bananaoka | 2014-08-11 00:00 | Comments(2)