2008年 09月 05日
ギョレメパノラマ
 
という話。

※8月29日序盤の日記です。
8月28日~29日朝の日記はこちら。


ギョレメへ到着し、目玉焼き付きのステキ朝食を頂き一旦落ち着いた所で、ペンションから徒歩で行けるYUKIEさんオススメのギョレメパノラマへ向かいます。


15分程歩いて到着した高台...
これは凄い展望!


ぐるっと360度の大パノラマです。
遠~くまで一望!
日本で言う黄砂のような天候で遠くが霞んで見えるのがもの凄く残念。
それでも凄い。


更に小道を歩いて付近をぐるりと回ります。


YUKIEさんお気に入りの鉛筆岩地帯。


地面から真っ直ぐに巨大な岩がドンドンドンと伸びています。


そんなギョレメパノラマの近くにはぶどう畑が多く、激しく乾燥した地帯ながらも元気に実っているぶどう達が。
遥か昔からワインの生産が行われていた(世界で初めてワインが作られたとも)この土地で今でもしっかりとぶどうが作られているのですね。


カッパドキア地方にある岩には人工的に加工された跡のある物も多く、ワインの材料であるぶどうや完成したワインの貯蔵庫になったり、その他倉庫や家屋として使用されていました。(もちろん現在も利用されている場所も多数存在,ホテルやペンションとしての利用も有名ですネ)


ギョレメパノラマの後はYUKIEさん宅へ行きチョイと休憩。
セタちゃんとご対面です~。
人懐っこくておりこうさんなゴールデンレトリバー。
ひとしきり撫で回して遊びます。


休憩の後は、車に乗り込みギョレメ周辺探索です。
途中、大型の道路建設工事現場へ。
こうやってどんどん太い道路が作られているのですね。
他の旅の途中でも道路の幅広化やバイパス路線の建設現場に多数遭遇しました。


暫く進みオルタヒサルの要塞の横を通過、その後到着した高台からは通過して来たオルタヒサルが一望出来ます。
遥かウチヒサルの要塞が見えると言うオルタヒサルの要塞は現在登る事が禁止されているらしく残念。
ウチヒサルとオルタヒサルは地下で繋がっている...なんて話もあって大好きなんですよね、この2つ。
2年前にはオルタヒサルは遠くから見ただけだったので今回ので大満足!
自然の岩を使った要塞、何とも言えない迫力です。


そんなオルタヒサルの街並みを左に移動して行くと...
谷に続く斜面にも構造物が点在です。


そしてこれが今回のカッパドキアスペシャルツアーで大活躍の本気仕様ランドローバー。
軍用車の払い下げと言うから本気仕様中の本気仕様。
頼もしいったらありゃしない。


丘を越え、谷を走り、道無き道...はさすがの本気仕様ランドローバーもUターンし...(笑)


車1台分の荒れた道をガンガン走ります。
冬に来てスタックした(夏は40℃にもなろうかというカッパドキア地方だけど冬は雪が降る)事があると言う荒れた道も、夏は少しの湧き水が残るのみ。
ガンガン進みます。
全開に開かれた窓からは両脇に茂る木々達がワシャワシャ侵入!
気分はサファリツアーです。


暫く進み、ムスタファパシャという20世紀初頭までギリシア人が生活していた街へ。
今現在は同じくギリシアに居た(オスマン時代にギリシアに住んでいた)トルコ人との住民交換によりトルコ人が住む街だけど、当時のギリシア様式の建造物が多数です。
前に見えているのは水道橋。


右の岩の家の黒くなった部分は煤(すす)で汚れた跡ですかね。
きっと、台所の排煙部なのでしょう。
そんな街を抜け、ヒッソリとした教会へ向かいます。


通りから少し奥まった所に入り口を持つ教会。
内部はヒンヤリとしていて案外広い。


天井には壁画(フレスコ画ではなく油絵との事)の一部が残っており、12使徒やキリストの姿が描かれていました。
※と言っても完全な状態では無く、時代の流れで色彩は失われている。
※肉眼では黒い煤に見えたが、カメラで撮影すると、僅かに色彩が現れました。


そんな教会郡を後にし“カッパドキアと言えば”なパジャパーへ向かいます。
# by bananaoka | 2008-09-05 00:00 | Comments(0)
2008年 09月 03日
オーバーナイト トラベル
 
という話。

※8月28日~29日朝の日記です。

仕事が終わりました。
明日から、帰国便QR481が飛び立つ14:20までフリーダムです。
という事で、2年前に旅行したカッパドキア地方の中のギョレメへ向かいます。
ギョレメにはYUKIEさんが住んでいるのです。
旦那様も在宅と言う事で、スペシャルなツアー決行!と相成ります。
だがそこはオイラの日記、いきなりギョレメの写真から始まるワケが無いと思っていますよね。

正解。


という訳で先ずはハレムのオトガル(イスタンブールのアジア側のバスターミナル)です。
途中渋滞があり、時間ギリギリにオトガルにinしたけど、バスの到着も遅れてて全くの頑張り損。
ハレムのオトガルの直ぐ脇はフェリーターミナル。
バスターミナルにフェリーターミナルにボルポラス海峡と遠くにイスタンブールの夜景。
これを旅情と言わずして何を旅情と言うのかね君。


丁度この日(この週末)はトルコの健全な男子の通る道“徴兵”への出発の日で、バスターミナル内にはトルコの国旗を背負い、仲間達から胴上げを受ける若者が沢山。
ある者は肩車され、大声で歌う仲間と練り歩き、ある者は車に箱乗りしクラクションを鳴らしながら走り回る。
血気盛んですよ。
そんなバスターミナルの天井には、そのような若者達が記念に書いた日付なんかが...
んなもんだから、定期的に天井は塗り替えられているって話。


定刻からモリッと送れたバスですが、ガンガン進み、一旦普通の国道を経て、再度高速道路へ。
これは2年前と同じ。


SA向かいのお土産物屋さんも健在。


世界ウサギ発見。


誰も居ないホップコーンの売店がポツリと寂しそうですよ。
そんな中、大阪から来ていると言う2人連れのバックパッカー(♂♀)と少し話しを。


で、SAを出発し、寝たり起きたり...
気が付いたら朝日が出ていますよ。
反対側を見ると、遥か続く畑の奥に真っ白な地帯が。
トゥズ湖(塩の湖)でした。(写真では上手く撮れなかった)
とてつもなくデカイ。


朝を迎えたバスはそのままカッパドキアの玄関口ネヴシェヒルのオトガルへヌルリとin。
荷物を降ろします。
するとやって来たのは、ツアー会社の案内人(と思われる)。
ネヴシェヒルからギョレメまでのセルヴィス(無料バス)があるし、ギョレメで友達が待ってるんだと言っても聞く耳持たず。
ホテルは決まってるの?会社はどこ?インフォメーションがあるから来なさいの一点張り。
ホゥ、そんなに言うなら行ってみようじゃない。
と向かった先はやはりツアー会社のオフィス。
うん、ある意味インフォメーション。
まぁ、そこがどんなアレかは知らないけれど、友達が待ってるからいいって言ってるじゃないって感じでツアーのルートマップだけ貰って退散。
※広大なカッパドキア地方を自力で効率良く回るのは相当至難の業と思われるので、(善良な)ツアーで回るのが現実的だと思います。
※このツアー会社(R○CK T○WN)は色々と有名ですね。 ここではツアー買わない!とハッキリ態度で示すと「もういいよあっち行け」といった態度に急変ですよ。


程無くしてネヴシェヒル社のセルヴィスに乗り、ギョレメのオトガルへ。
2年前に訪れた時の起点はアヴァノスだったので、ここの風景は初めてです。
到着した旨をYUKIEさんへ連絡した直後、オレンジ色の本気仕様のランドローバーが登場。
こいつぁ凄い!
YUKIEさんと旦那様と軽く挨拶の後、先ずは荷物を置きにペンションへ。


ペンションの庭には草花が色鮮やかです。


目玉焼き付きの朝ご飯を作ってもらい大満足。
メロンもスイカも食べ放題です。
朝から大満足。


と、一旦落ち着いた所で、先ずは徒歩で周囲をぐるりと見回せる高台へ向かいます。
# by bananaoka | 2008-09-03 00:00 | Comments(0)
2008年 08月 29日
仕事が済んだら仕事だぜ
 
という話。


本日をもってトルコでの仕事終了!
今日の夜からフリーダム。
帰国のフライトは31日の15時。

という事は...

という事で...

行ってきます!
# by bananaoka | 2008-08-29 00:00 | Comments(0)
2008年 08月 28日
今回はキュタフヤ 最終話
 
という話。


チニリ・ジャーミィを見て、帰りのバスチケットを購入したら、キュタフヤ城を目指します。
写真は、イスラム教の一派メヴラーナ教団の神秘的な踊りセマーを踊る使徒の像。
コンヤで産まれたメヴラーナの影響がここキュタフヤにもあるのでしょうか。


と、そんな像の横からバスに乗り、山上にあるキュタフヤ城へ。(Google MAP)
どうやら、キュタフヤ城にはレストランがあるとの事。
丁度良い晩ご飯スポットとなりそうです。


バスは、城へ登る一本道の下でストップ。
そこからは歩きでって事で、途中展望が良い場所で、暮れ行くキュタフヤの街を。


更にズンドコ登って行くと、ようやくキュタフヤ城が見えてきました。
いつの時代からある建造物なのだろう...
資料が無くちょっと分かりません。


山頂に到着しました。
駐車場にはかなりの台数の車が...
ものっそい賑わってます。
写真の円柱形の建物がレストラン。
その下には段々畑のように2層になった平面にカフェが営業中。
カフェでは、テーブル毎にチャイを作る為のコンロが置かれ、家族やカップルでチャイを作って飲んだりしつつマッタリと過ごしておりました。
眺めが良く涼しい場所なので、近郊の人々の憩いの場所なのかもしれません。


カフェではお腹に溜まるような食べ物が出ていなかったので、レストランへ向かいます。
円柱形のレストランの中央部の螺旋階段を登ると、屋内/屋外の2層構造になっており、屋内部は360度ゆっくり回る仕掛けが。
屋外にはお決まりの望遠鏡。


そんな中モリッと晩ご飯をたb...
寒い。
ものっそい寒い。


ので、トルココーヒーをチョビリと。
でも相変わらず寒い。
昼間と夜間の温度差がものっそいですよ。

タマラン!って事で下山です。
街から乗って来たバスから降りた地点でバスを待ちます。

バスが来ました。
行き先とかが特に書かれていない古びたメルセデスベンツ製のバス。
乗ります、座ります。
すると、運転手が何か呼んでます。
んぁ?先にお金を払うのか?今まで降りる時で良かったのにね。なんて思いながら聞いてみると「サービス」とか何とか言ってますが...ハテ?
と、既に乗っていたトルコ人の兄さん達がまた何か運転手に言ってます。
「ウンタラカンタラ~ジャポンヤ~ウンタラナンタラ...」と、運転手が、分かったもういいよみたいな感じで運転開始。

!?

その後、近くに座っていたトルコ人の兄さんに聞いてようやく分かりました。
夜勤労働者(恐らく、麓の陶磁器工場で働いていると思われる)の為の巡回バスだった模様。

もうね、座っちゃったしね、走ってるしね。

どこまで行くんだ?ってな事だったのでオトガル行ってエスキシェヒルまで行くんだよってな感じで答えると、ずっと乗ってけヨ~って。
いや~、ぎょめんなさいね、皆さんこれから仕事なのに。

それ以降乗ってくるトルコ人の兄さん達の反応が面白くて...
Newトルコ人「んぁ!? 何でジャポンヤが乗ってるんだ!?」
Oldトルコ人「あ~... 彼らはねぇ~云々」
Newトルコ人「プハーッハッハッ しょうがね~なぁ~
オイラ達「ぎょめんなさいね」


と、予想外のバスに乗り込み、街まで戻って来たのでお土産物屋さんへin。


色鮮やかで良いですね。
実際、イスタンブール市内でも空港でも買えちゃったりするんですが、それはそれ。
作られた所で買う事に意義があるのです。


セマーを踊る人形の焼き物も。


可愛らしい靴もありました。


そんなお土産物屋さんの主人を撮ってサヨウナラ。


バスの時間まで少々あったので噴水が真ん中にあるランナバウト付近に腰掛け、次々と色の変化する噴水を眺めつつ休憩です。


いい時間になったのでテクテク歩いてオトガルまで。


オトガルに到着すると、既にバスが到着していたので、ササッと乗り込みキュタフヤを後に。
時間があればキュタフヤから1時間位のアイザノイ遺跡も回りたかったのですが~...
ローマ時代の遺跡なので、今までとちょっと違った写真が撮れる予定だったのですけどね。
ぎょめんなさい。

※実は、バスの切符まで買ったのだけど、係りのオジサンに「今日はキュタフヤに泊まるのか?」と聞かれた時に、エスキシェヒルに帰ると言うと「もう時間が無い間に合わないよ」と教えてもらいバスの切符をキャンセルしたのです。


バスに乗って暫くしてエスキシェヒルのオトガルへ到着。
特に用事は無いのでタクシーに乗り(トラムヴァイは既に終了)、鉄道の駅へ。
駅の外の温度計は17℃。
そりゃ寒いワケでして。


エスキシェヒルの駅(Google MAP)構内にもコインロッカーがありました。
主要な駅には順次設置されているのかな?
因みに、アダパザルには無かった。


時折、夜光特急がホームに入って来ては出て行きます。
アンカラ方面行きと、イスタンブール方面行きと...


夜行列車、良いですよね。
皆さん、行ってらっしゃい。


しかし、外は寒い!
タマランチ!と外での撮影を終えると構内へinですよ。
構内では目的の電車が来るまで寝入っているトルコ人、構内放送が掛かる度に外に出て「俺が乗る電車が来たのか?」と様子を伺うバックパッカーのツーリスト、ただ寝てるだけっぽい人..と、様々。
定刻になっても電車が来ませんが気にするこたぁ~ない。


オヂサン左:なぁなぁ、それってお前んとこの嫁さんじゃねぇか?


オヂサン左:ホラ、これこれ。


オヂサン右:あっ、ホンマや。


って事で、30分程遅れて到着したam2:30発のFATIH EXPRESSに乗り込みます~。
1列+通路+2列のゆったりとした車内。


かなりゆったりです。
実に快適に寝れます。(笑)


後ろに座っていたトルコ人兄さんが「どこまで行くんだ」と聞いてきたので「ARIFIYE」だよとチケットを見せると、「分かった分かった」と。
ホホゥ...って感じで寝ていました。 一応am5:00に目覚まし掛けてガン寝です。
案の定am5:00の目覚ましは不発。
ガン寝続行で行くゼ!イスタンブール!って感じだったのですが...
案の定、後ろの兄さんが起こしてくれました。

何て面倒見が良いんだ。

因みに、車掌さんも時間になったら起こしに来てくれた。

何て面倒見が良いんだ。

日本なら名古屋から新幹線に乗って、西明石をスッ飛ばして姫路や岡山まで行ってしまう人が後を絶たないと言うのに。(笑)
皆さんも、トルコを旅行される場合は、周囲の人々に自分の行き先を激しくアピールしておく事をオススメします。
そうすると、降りるべきポイントになると教えてくれたりします。


で、駅に着いた(Google MAP)のですが、ココは初めてくる駅なんですよ。
ここからの支線となるアダパザルの駅へ行く電車は1時間以上後です。
これでは仕事の時間に間に合わんではないか。


でも、駅前にはタクシーの1台も居ないではないか。
でも、バスの通る気配すら無いではないか。


って事で歩きます。
野生の勘的に、車が走る音が聞こえる方へ。(後でGoogle MAPで調べると、いきなり逆方向に歩いている事が判明! これだから野生の勘は困る。)


朝日が射してきましたよ。
今日も暑くなりそうだ。


途中、ようやく第一村人との接触に成功。
「バスはどこ?」と言う実にダイレクトな問い掛けに答えて貰い、無事バス発見!
後はバス→タクシーのいつもの道順でホテルまで無事到着。

到着したのはam7:00だった。
am7:30から仕事だのに。

おしまい。
# by bananaoka | 2008-08-28 00:00 | Comments(0)
2008年 08月 27日
今回はキュタフヤ 第2話
 
という話。

という訳で、エスキシェヒルからの帰りのバスが満席って事で鉄道の駅へ行き、無事帰りの深夜急行の切符を購入した所で前話は終了。
今回はどこまで進むでしょうか。


という訳で、路面電車に乗って駅まで戻ります。
エスキシェヒルの路面電車の切符は磁気カード(紙)だった。
一度改札を通しても吸収されず戻ってきたけど、チャージ出来たりするの?か?


切符買ったので路面電車の駅に向かいます。
靴紐の嵐。


街の交差点の中心には噴水が。
鳩が水飲みに来てますヨ。


路面電車の駅に着きました。


こんな感じで、道路の脇には直ぐに高い建物があります。
結構都会ですよ、エスキシェヒル。


なんてやってると路面電車来ました。


最新式の車両で快適快適。
超低床で車両と車両の間もほぼ同じ幅の通路で繋がっています。


到着したエスキシェヒルのオトガルでキュタフヤ行きのバスのチケットを購入。


キュタフヤ行きのチョイと小さ目のバスに乗り、出発を待ちm... 39℃!?
停車しているバスがたくさん居る付近の温度ですが、ジリジリと暑いです。


バスの中ではアイスクリームのサービスが。
実にありがたい。


1時間半程度でキュタフヤに到着。
入口と出口の門の間には可愛いタイル貼りの装飾が。
因みに、キュタフヤではオトガルの事をチニガル(チニはタイルの意味)って呼ぶそうですよ。
さすが、陶磁器生産の街だね。


夕暮れが近づいて来ているので、タクシーで移動です。
移動した先は...


チニリ・ジャーミィ。(Google MAP) ※中央の青い○がチニリ ジャーミィ
キュタフヤの街を見下ろせる丘の上に建っている全面タイル貼りの小さなジャーミィ。


可愛いね。


チニリ・ジャーミィの後ろは住宅地になっていて、近所の子供達が遊んでいました。
当然「何々?」と集まってきて~... 集合写真。(笑)
この後、帰りのタクシーに乗った頃、この子達のお姉さんが登場。
「ねぇねぇお姉ちゃん、写真撮って貰ったヨ」なんて話してるんでしょうかね。
ようし、お姉ちゃんもとt... ぐぁ!運ちゃんちょっと待って!走り出さないで~...(泣)


チニリ・ジャーミィから見下ろしたキュタフヤの街。(泣)


チニリ・ジャーミィから真っ直ぐ丘を降りると、キュタフヤの鉄道駅があるので寄ってみる。
接続の良い電車があれば乗っていこうかなと。

うん。

全く無かった。


まぁ、急ぐ事は無いので、停車していた機関車を。
力強いね!


運転席の窓がガバッと開いていたので失礼をば。
駅のホームには、電車を待っているのか、ただノンビリしているのか分からない近所の人っぽいオジサン達がベンチに腰掛けてゆったりとした時間を過ごしていました。


駅を出て、一度オトガルへ戻ります。
エスキシェヒルへ戻るバスのチケットを買わないとね。
って事で、買ったど~写真。


同じアングルで今度はトウモロコシ買ったど~写真。
日本でお馴染みのトウモロコシの塩茹でかと思いきや、お湯で茹でたトウモロコシに塩を振るスタイル。
...塩茹でした方が美味しいと思う。


そんなキュタフヤの街も色々と開発が進んでいるようです。
役所の前の広場はドカーンと掘削されており、大きな建物が建つヨカン。


そんな工事現場の横を通りつつ書店を探しますが生憎開いておらず。
キュタフヤの地図が買いたかったんだけどね。
残念。

手持ちの概略地図を見つつ向かった先は...

次回、最終話に続く。
# by bananaoka | 2008-08-27 00:00 | Comments(0)