2008年 10月 14日
淡路島周遊ツアー
 
という話。

バナナツーリスト秋の特別企画、オニオンアイランド周遊ツアー!
謎のパラダイスへのオプショナルツアーは水仙の時期ではないのでキャンセル!(´ヘ`;)

というワケで、名谷の無印良品で買い物をした後、垂水ICから高速道路にヌルッとin!


もはや後戻りは出来ぬ!出来ぬのだ!


明石海峡大橋を使い、明石海峡上を移動移動移動。
この橋使うのは2回目かな?


渡りきったらオニオンアイr... 淡路島。(゚∀゚)
直ぐに淡路サービスエリアにin!
今日はとっても良い天気の3連休最終日、ものっそい車と人がイッパイですよ奥さん。


ついさっき渡ってきた明石海峡大橋と神戸/明石の街並み。
雲一つ無い秋晴れ。(゚∀゚)


KPGC10キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!
めっちゃ綺麗に乗られています。


何気にロールゲージが組まれていたり、グリル内には永井電子の強化イグニッションシステム!
こ...これは物凄い車両かも!?
この時代の車のフロントガラスの模様もバッチリ!
好きな人はコレだけで御飯3杯はイケるはず。
走行シーンにも遭遇しましたが、とても官能的な排気音で御座いました。(悦)

淡路島ICでいきなりお腹一杯になったので帰りま... せんよ。
今、淡路島では、淡路牛と淡路島産の玉葱やその他産物を使った“淡路島牛丼”なる物を島をあげて展開しているようなので、その中からチョイスした“いづも庵”へ行ってみましょう。
石焼ってのがソソるじゃないですか。


(゚∀゚)キタ!


(゚∀゚)ウマー!

アツアツになった石鍋の上に牛丼がドン。
一緒に運ばれてきた出汁を注ぐと、ジュワワーといい音と共に牛丼のカホリ全開!
ガッガッと混ぜておこげを掘り出しつつ頂きました!(゚∀゚)


いや~、ンマかった!
って事で、“いづも庵”を後にし、海岸沿いの南国ロードを南下していきます。
17mm(35mm換算値25mm相当)で撮影だけど、こんなシーンにはやっぱり超広角だネ。


道ばた売店で玉葱確保!
淡路島特産ですから。
コレで何を作ろうかな~...(゚∀゚)


ユルユルと流れる28号線を更に南下し、季節の風景を撮りつつ...


淡路島牧場にin。
無料試飲コーナーには冷蔵庫の中にタップリと牛乳パックがあり、テーブルの上には紙コップ。
どうぞご自由にお飲み下さいって感じで特に係りの人も居ない。(笑)
牛乳パック一気飲みも可能な実に大らかな雰囲気。


牧場内に入ると、居ました~、乳牛さん。
チビっ子が乳搾り体験をしていました。
オイラはヲトナなのでその辺はゴニョゴニョ。


隣では、ポニーの体験乗馬。
オイラはヲトナなのでそn...


更に、子牛への乳飲ませ体験。
オイラはヲt...
が、既にお腹一杯で満足しているのか、哺乳瓶を持って来てもアツイ反応無し。(´ヘ`;)
久々の牛の舌は相変わらずザラザラでしたよ。
パパンの実家の近くで牛飼ってたから、子供の頃に良く餌やりしたなぁ~...と。


ポニーさん、虚ろな眼ですが、何か悩み事でも?


全体的にこじんまりとしていて、近くにある淡路ファーム イングランドの丘におされてか、観光客は少ないけれど、まんま牧場に飲食店とお土産物屋さんを付けたような感じのユッタリとした経営で宜しい感じかと。
入場料や駐車料はもちろん0円。


オトナになった巨大な牛さん黙々と餌を食べる絵。
乳はパンパンに張っていてまだまだ現役な感じでしたよ。


と、一通り見て回り、牧場と言えばソフトクリームって事で食。(゚∀゚)ウマー


牧場の上の畑の脇では、淡路島で良く見る風景。


と、淡路島牧場を後にし、徐々に強くなる西日の中、北に転進。
途中、長渕剛がガンガン流れる個人商店なアツイ酒屋で淡路島の地ビール“あわぢビール”を購入。
パルシェ香りの館・香りの湯へ向かいます着きました。


大温室は既に営業時間が終了していて残念でしたが、ハーブショップの中にはたくさんの花々が~。


少し絞ってシャープに。


色とりどりです。


ハーブショップでは、ラベンダーソフトクリームを食。
ほのかな香りが漂うソフトクリームで(゚∀゚)ウマー。


左に写っている建物は“香りの湯”ですが、今回は別の温泉に寄る予定なのでスルー。
ハーブの香りが楽しめる気持ちの良い温泉みたいです。
眼下に見える淡路島の山々と遠くに見える瀬戸内海、中々のviewです。


イロイロな香りの素を展示した香りの館を見学し...


特産館を巡りつつ、夕暮れ時を待ち...


薄い秋の雲が夕日を遮りつつ茜色に。
暫くボケーっと眺めますが、日が暮れると一気に寒くなってきたので車に乗り込み、本日最終ポインツの松帆の郷へ向かいます。


途中、サンセットロードでもう一枚。
すっかり暮れた淡路のノンビリ道路を北上し...


松帆の郷に到着。
駐車場横の広場からは、明石海峡大橋が良く見えます。(゚∀゚)
温泉を楽しみ、マッタリと水戸黄門を見て心身共にスッキリしてから退散デス。


松帆の郷から、たこフェリー乗り場までは直ぐ。
明石海峡を航行するフェリーと並走する感じで、たこフェリー乗り場に到着。
実にナイスなタイミングでinです。


待つ事数分で直ぐに乗船。
バイクツーリング帰りのライダーもタップリ居ましたよ。


たこフェリーでは30分位の航行で明石側へ到着。
あっと言う間の船旅。


フェリーを降りれば見慣れた明石の街。
家に帰るまでがツーリ.. ドライブですって事でバナナハウス着。
蓮根ハンバーグ焼いて食べて寝ました。(゚∀゚)ウマー



と、前置きがものっそい長くなりましたが...
こんな淡路島ドライブレポートをるるぶにでも投稿してみようかなと思ってますが如何でしょうか。


淡路島土産の一例。
# by bananaoka | 2008-10-14 08:04 | Comments(0)
2008年 10月 12日
さようなら加水分解
 
さようなら加水分解

という話。

ひょんなトコロから我が家にやって来たNikon F100ですが、裏蓋の革部分にウレタン樹脂の宿命とも言える加水分解が始まっており、ベタ付きが気になっていました。
やはり、気持ち良くハンドリングしたいと思いつつ、秋晴れの下、ヤフオク湾で釣り糸を垂れていると...

裏蓋が漂っていた。

素早く3枚程の漱石先生を釣針に取り付け入札。
程無くして、無事、裏蓋の釣上げに成功。


裏蓋は、データバックMF-29の箱に入った状態で到着。
F100購入と同時にMF-29を購入し、元の裏蓋はそのままMF-29の箱に入って眠っていた...と言う事らしい。


使用感ゼロでもちろんベタ付きもナシ。
新車買って直ぐにタイヤ交換した場合の純正タイヤって感じですよ。(うまい事言った)


早速交換。
写真に精密ドライバーが写っているけど、精密ドライバーは全く必要ない。(どないやねん)
10秒で交換完了。
さようなら加水分解。
これからは、撮影後のクリーニングに気をつけ、末長く使用していきたい。

後は、F100に似合うF100オンタイムな単焦点レンz...
# by bananaoka | 2008-10-12 08:16 | Comments(0)
2008年 10月 10日
単焦点レンズ3本目
 
という話。

君が動いてフレーミングしてくれ、僕はズーム出来ないけど最大限綺麗に光を通過させる!
と言う潔いスタイルが老若男女を引き付けてやまない単焦点レンズ君。(なんのこっちゃ)

そんな感じでついこないだもヤフオク湾で釣り糸を垂れていたら、お手頃価格で単焦点レンズが漂っていた。


G.ZUIKO AUTO-W 28mmF3.5
チョイと暗めの普及型広角レンズだけど、絞った時の解像感が良好なようです。
レンズ,鏡筒共にとても綺麗で、絞り羽根,ズームリングの動きも滑らかで(゚∀゚)ウマー。
時を同じくしてヤフオク湾には21mmF2や24mmF2.8もあったけど、諭吉出陣価格帯なので華麗にスルー。(´ヘ`;)


こうやって見ると、50mmF1.8の後球のでかさがものっそい。



OM10に付けているDIYなストラップは、コバを蜜蝋で、床面をCMCで処理してみました。
更にイロイロと調べてますので、再製作も踏まえて、その話しはまた別の機会に。
# by bananaoka | 2008-10-10 08:25 | Comments(0)
2008年 10月 04日
AiAF Nikkor 50mmF1.8D
 
という話。

OM10が稼動し始めた所で、Nikon製フィルム一眼レフF100も稼動したいんジャー...と。
当然の事ながら、手持ちのFマウントなタムロンレンズ達が装着出来るワケですが、そろそろ単焦点レンズも欲しいなぁ...って事で。


AiAF Nikkor 50mmF1.8Dなる単焦点レンズがバナナハウスにin。
初Nikkor単焦点レンズで御座います。
鏡胴はマットな仕上げです。
何とも普通のレンズ。
ガンダムで言うと、ジムって所かな?


そんなジムを早速F100に装着。
こないだ間違って購入した52mmのメタルフードがまさかの復活劇。
ジムがジムキャノンになった。(なりません)
このレンズって前玉が奥まって付いていて、前玉へ伸びる筒内側がフードの役を兼ねてそうだけど、フードを付けたい人なので。(´ヘ`;)
んでもって早速フィルム充填。
近所をチラチラと撮影。
シャッター押した後についついカメラ背面を見てしまうのはなぜだろう。(´ヘ`;)
裏蓋に『また見ましたね』とかステッカー貼ってみよかな。(゚∀゚)


んで帰ってきてゴソゴソとリモートコードMC-20をF100に装着してみたり。
F100でブツ撮りしてみようと思ってね。

んが、説明書に書いてあるように操作してみるもシャッターが落ちない。(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)?
いや、正確には長時間露光モードで一回だけ落ちた。
電池切れ? いやいや液晶コントラスト高いし照明は明るく光る。
面白い壊れ方してるのかな?(´ヘ`;)

D200でテストしても同じ。
まぁいい。
今度サービスセンターに行く時にでも持っていってみよう。


って事で、ジム(50mmF1.8)をD200に装着して試し撮り。
先ずは全開バリバリ開放(F1.8)で。 ISO100 1/20秒 F1.8


その他は同じでF11まで絞って。 ISO100 2秒 F11
横幅480pixまでリサイズしているので、“撮ってみましたよ”報告的写真です。

うーむ...

だから何だと言われると困る日記を書いてしまった... ピクピク ゛〓■●゛



割とどうでもよい情報ですが、晩ご飯はハンバーグです。
# by bananaoka | 2008-10-04 18:47 | Comments(0)
2008年 09月 22日
接点清掃とかスクリーン交換とか
 
という話。

ガシガシとレンズ交換していた昨今...
撮影中にD200の液晶にErr表示が出たり、絞り値が--になったりする時が。
CPUレンズの接点が汚れてきたな...
って事で


接点クリーニング液を買ってきた。
カメラ用として売っているヤツでなく、AV用のオーディオテクニカ製。
その名も接点クリニカ。
歯磨き粉みたいなネーミングだが気にしない事に。
綿棒は耳掃除用に買ってあったヤツ。


早速、綿棒にしみ込ませフキフキ。(写真はF100の同部分)
レンズ側の接点もフキフキ。

これでErr表示も無くなりました。
適度なクリーンUPが必要ですね。


そんでもって、F100のフォーカシングスクリーンも交換。
交換方法そのものは見れば分かる的なので省略。(笑)
方眼マットスクリーンなので、水平垂直が出しやすくてグーかと。
※ファインダー側からLEDライトで光を入れて撮影。

スクリーン側に付いているのかな?と思われたファインダー内のホコリはどうやらそうじゃないみたいで(一部の大きなホコリは取れた)、ファインダー側からアクセス出来る部分でも無い。
結果、ペンタプリズム~接眼レンズ間だとすると、分解清掃?
写りに影響する部分じゃないので気にしないに限るのだけど、今度何かでサービスセンターに行く時にでも見てもらおう。


で、スクリーンに付いてくるこのピンセットってどう使うのだろう。
先端がカギ状になっていて開口部が完全に離れる事は無いのだが...(説明し難い)
# by bananaoka | 2008-09-22 08:00 | Comments(0)