2008年 07月 24日
書き切れない
 
という話。

えぇ、とても書き切れません。
だので、小出しに行きます。

というワケで、ゴソゴソと関空へin。
昼ご飯を食べ、早目にゲートへ行きます。

そして、今回、シンガポールまでお世話になっちゃう機体の...


前輪と脚


主脚とエンジン


地上係り員


を撮影しておきます。


無事、関空を飛び立ち、先ずはシンガポールを目指しますよ。
丁度、主翼付け根辺りの席だったので、こんな景色が楽しみingですよ。


お決まりの、ラピュタの歌を脳内熱唱しながらフライトを楽しみますよ。


そうこうしていると、魅惑のトワイライトタイムに突入。
カメラを持っているGUY'sは皆西向きの窓にへばり付き、撮影タイム。
あちこちでシャッターを切る音が聞こえません。
うん。
オイラだけがひっそりと撮影していました。


そうこうしつつ、夕日を楽しみつつ一眠りすると、シンガポールのチャンギ空港へ到着。
広い... ものっそい広い。


ターミナル間を移動するスカイトレインなる物でターミナル2から3へ移動します。


F1初のナイトレースの関係か、移動途中にルノーのマシンの展示が。
乗り継ぎ時間が短かった為、細部の観察をする事無く通過しちまいやがったのですが、後々、そんなに急がなくても良かったってな感じで地味に後悔。


Nikonの販売ブースがあったので、D700をキャッシュで!と思ったのですが、店員が居なかったので、しょうがなくスルー。
言うのはタダ。


そんなチャンギ空港内を走り回るオバチャン。
華麗なハンドルさばきを流し撮りで。
てか、そんな風景を写真に撮る自分お疲れ様。


と、そろそろ、お姉さんの写真が無い事に苛立ちを覚えている一部の方を落ち着かせる為のショットを一枚。
さぁ、落ち着いてください。
シンガポール航空のお姉さん達は皆さんとってもステキです。
サービスの良さが世界の航空会社のトップに君臨するのも当然ですなぁ。
制服もとってもステキ!

ただ、英語がものっそい早口で聞き取れまs...
お前のヒアリング能力が悪い?
ほっといてつかぁさい。


と、そんな世界ですが、子供はドコ行っても一緒ですなぁ。


無事、乗り継ぎを終え、一路イスタンブールのアタトゥルク国際空港へ!と思いきや、一度ドバイへ寄ります。
イスタンブール行きのレディース&ジェントルメンはそのまま機内待機。
屈強なアラブな警備員にパスポートと旅券を検査されつつ、じっと待ちます。
窓の外には、普段見ないエミレーツ航空の機体がワンサカ。

乗務員の乗り換えもあり、丁度自分の横でキャッキャと楽しんでます。
ここで、日本人の乗務員も全て降りて行きました。
ついでに、横に座っていたおいちゃんも降りて行きました。
このおいちゃん、起きている間、ずっと貧乏ユスリなんですよ。
ユッサユッサなんですよ。
何?ストレス?何?
ユッサユッサしながら徐々に足が広がって、大人しく座っているオイラの足にユッサユッサが当たって、チッみたいな感じで背中をこっちに向けるように体勢を変えるの何?


アラブな国で運び込まれた機内食もステキな感じにアラブ色。


若干、時間の感覚が微妙になるけど、朝になってきました。
空の色がとってもキレイです。
それだけに、重ねガラスの乱反射が残念。
あぁ、ガラスを取ってしまいたい。
うん。
外はマイナスウン十℃の世界。(死)


そんなこんなで、眼下にトルコの広大な大地を眺めつつ、無事、定刻にアタトゥルク国際空港へランディング。
シンガポールを出て12時間、久し振りに地面に足をon、入国検査の窓口へ並びます。
「トルコの人用」「その他の国の人用」と別れているカウンターの「その他の国の人用」に沿って並んでいると、空港スタッフがこっちに来なよ!と、トルコの人用のカウンターへの誘い。
どこでもいいんかい。

んな感じですんなりと入国審査をパスし、ようやくトルコにin!

スーツケースを受け取り、両替を済ませ...
ようやく~... 空港から~...

出た!

って所で今回は終了。

次回“彷徨い人バナナの明日はどっちだ”をお楽しみに。
# by bananaoka | 2008-07-24 00:00 | Comments(0)
2001年 01月 01日
プロフィール
 
バイクにてサーキットを走る自分や友人を撮ったり撮られたりし始めた流れで軽い気持ちで入り込んだデジタル一眼レフの世界。
予想以上の激流になす術も無くガンガン流され、気が付いたらNikon D800。
撮影ジャンルにコダワリは無い。

***** カメラ *****

b0166783_371171.jpg

■Nikon
Nikon D800(+接眼目当て DK-19) ×2台
Nikon F100(+F100用Eスクリーン+接眼目当て DK-6)
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
AF-S VR Nikkor 300mm f/2.8G IF-ED
AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II

■Nikon etc...
TC-17EII
SB-600
SB-22s
SC-17
SG-3IR

b0166783_334044.jpg

■OLYMPUS
OM10
G.ZUIKO AUTO-W 28mmF3.5
F.ZUIKO AUTO-S 50mmF1.8

b0166783_943416.jpg

■SONY
α6000
E 10-18mm F4 OSS
Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
FE 70-200mm F4 G OSS
HVL-F32M
HVL-F58AM
ADP-MAA
DSC-RX100M3

b0166783_151442.jpg

■Panasonic
DMC-GF2
LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
LUMIX G VARIO HD 14-140mm
  /F4.0-F5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

b0166783_141480.jpg

■etc...
GITZO GT2531
GITZO GT1541
GITZO GT0541
KIRK BL-D800
KIRK LP-45
KIRK LP-47
KIRK QRC-2
KIRK SS-1
RRS BA6000-L Set
Nissin SC-01
梅本製作所 SL-40ZSC
梅本製作所 SL-50AZD
Manfrotto 234
Velbon Sherpa 443
Velbon RUP-V40R
Kenko AC CLOSE UP No.3(52mm)
Kenko AC CLOSE UP No.5(52mm)
Kenko ND4(52mm)
Kenko ND8(52mm)
宮本製作所 NFG-M4/3(Nikon F → OLYMPUS M4/3)
メーカー不明 OLYMPUS OM → M4/3


■過去一眼レフボディ
Nikon D3s(+E型方眼マットスクリーン VI+接眼目当て DK-19)
Nikon D300(+MB-D10+接眼目当て DK-3)
Nikon D200(+MB-D10+接眼目当て DK-3)
Nikon D50
Nikon D40


■過去レンズ
AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR
AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
Ai AF Nikkor 28mm F2.8D
AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D
AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G
TAMRON 10-24mm(B001)
TAMRON 11-18mm(A13)
TAMRON 17-50mmF2.8(A16)
TAMRON 28-75mmF2.8(A09)
TAMRON 18-270mmVC(B003)
TAMRON 28-300mm(A061)
TAMRON 28-300mmVC(A20)
TAMRON 70-200mmF2.8(A001)
TC-20EII
LUMIX G VARIO 14-45mm
  /F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

■過去デジカメ
SONY DSC-F1
FUJI Finepix2700
SONY DSC-F505
SONY DSC-P5
SONY DSC-U10
OLYMPUS C-730UltraZoom
CASIO EX-Z3
SONY DSC-H1
Panasonic DMC-FX30
RICOH GX200
Panasonic DMC-GF1
Panasonic DMC-GX1
SONY DSC-RX100
SONY NEX-6

***** バイク *****




■バイク歴
Ducati M400'02 → ドナドナ
Ducati SS900ie'01 → 峠で自爆
Ducati M900S'01 → ドナドナ
Buell XB-12R'04 → 鈴鹿130Rで一発廃車
SUZUKI SB250 → ドナドナ
HONDA NSF100 → ドナドナ




■走行経験済みサーキット
・岡山国際サーキット
・鈴鹿サーキット
・近畿スポーツランド
・鈴鹿ツインサーキット
・猪名川サーキット
・北神戸サーキット
・堺カートランド
・桶川サーキットランド
# by bananaoka | 2001-01-01 00:00