2009年 01月 30日
コンデジ備忘録
 
という話。

プロフィールに、これまで使ってきたコンパクトデジタルカメラのリストを書いてみた。
ので、そのまま日記にしてみた。
最早日記でも何でもなく、ただの備忘録。(´ヘ`;)

ツラツラ~と書いてみたので、皆様がこれまで使ってきたコンデジの中で一番思ひ出に残ってる機種とか、コレがオモロかったとか、イケてなかったとか、満点大笑いとか、その辺をツラツラ~と教えてくれると楽しかったりします。
メーカー名を明記すると角が立つかもしれないので、SONYの場合S○NY、Canonの場合Can○n、Nikonの場合Nik○n等と、程好くボカしてくれると良いと思います。
もちろん、Contaxの場合はC○ntaxとなります。

ではオイラの分を...


■SONY DSC-F1 / 1996年製
記念すべきサイバーショットブランドの第1号機。
背面にある液晶モニターは1.8型。
レンズ部が180度回転し、180度回すと液晶モニターの画像も180度回転し、自分撮りが出来た。
画素数は35万画素(640*480pix)で、記録メディアは4MBの内蔵フラッシュメモリのみ。
このデジカメの撮影データは見当たらない...
一体何を撮っていたのだろう。

■FUJI Finepix700 / 1998年製
後に続くFinepix縦型シリーズの初代機。
150万画素で背面液晶は2型。
レンズは35mm単焦点(35mm換算)で、記録メディアはスマートメディア。(懐)
イメージキャラが藤原紀香で、等身大パネルが店頭にドドンとあったような無かったような。
電源をONした時のピポパ音が何だかなぁと思った。
このデジカメの撮影データも見当たらない...
一体何を撮っていたのだろう。

■SONY DSC-F505 / 1999年製
光学5倍ズーム搭載のレンズ部が本体的な個性あり過ぎな筐体。
211万画素で、記録メディアにメモリースティックが登場。
SUBARU主催のイベントでプロドライバーの走りを流し撮りしたりして遊んだ。
この次の世代の機種にはEVFが付いたんだよなぁ~。

■SONY DSC-P5 / 2001年製
光学3倍ズーム搭載、画素数は320万画素。
光学ファインダーが付いていた。
ボイスメモとか付いていたけど、使った記憶は無い。(´ヘ`;)

■SONY DSC-U10 / 2002年製
ツーリングの集合場所に向かう道中のヤマダ電気で専用ポーチと共に衝動買い。
130万画素のものっそい小さいデジカメ。
電源スイッチを兼ねるレンズカバーを開くと即撮影モード。
単4電池2本で駆動するので旅先でも安心...と言っても、旅先で慌てた事は無い。
優香婦人の元に嫁いだ。

■OLYMPUS C-730UltraZoom / 2002年製
光学10倍ズームで画素数は320万画素。
EVF付きだったので、岡国でも随分と活躍してくれた。
ワイコンとかマクロのアダプターがあったけど、当時は広角や接写に興味が無かった。(´ヘ`;)
記録メディアは幻となりそうなxDピクチャーカード。

■CASIO EX-Z3 / 2003年製
光学3倍ズームのカード形デジカメ。
背面の液晶モニターは2型で画素数は320万画素。
充電用のクレードルにヌッ刺すと、メモリー内の画像をスライドショーしてくれたりする。
デジタルフォトスタンド的に使えてグッドだったが、あまり見なかった。(´ヘ`;)

■SONY DSC-H1 / 2005年製
nak氏より譲り受けた。
510万画素で光学12倍ズーム。
レンズフードなんかが付いててやる気にさせる。
背面の液晶モニターは2.5型で明るい屋外でも良く見えた。
単3電池2本で駆動するので旅先でも安心...と言っても、旅先で慌てた事は無い。
EVFが付いていたので、12倍ズームと相まって岡国で流し撮りしたり...
が、最早物足りず、デジタル一眼レフの世界へ。

■Panasonic DMC-FX30 / 2007年製
28mmからの広角レンズ搭載!と言っても今は普通。
720万画素で、アスペクト比を変えて撮影出来たのがナイス。
当然3:2で撮影していた。
手ブレ補正が付いているデジカメを始めて使った。
デジタル一眼レフのサブとして使っていたが、サブもデジタル一眼レフとなりドナドナ。



そして現在、D50 → D200 → D300+D40と、Nikonデジタル一眼レフ時代にin。
日常の別にどうって事無いシーンまでデジイチで撮る生活です。(´ヘ`;)


無論、カメラ好き過ぎる皆様の足元には遠く及ばないのであるが...
ダラダラと書いてしまってげめんなさい。(´ヘ`;)
# by bananaoka | 2009-01-30 10:15 | Comments(0)
2009年 01月 27日
南米の密林からの荷物
 
という話。

昨日、仕事を終えてバナナハウスへreturnして暫くすると、クロネコさんがやって来て小ぶりな断ボール箱を置いていった。


発送元にはSECAUCUS, NJ, USと書かれている。
米国ニュージャージー州からの荷物って事は...
キタ!発送主ADORAMA CAMERA INC.キタ!


23日にamazon.comで発注したGiSTEQ社のPhoto Trackrキタ!
ケンタッキー,アンカレジ,成田を経由しキタ!

国内専門店の価格が1.6諭吉+送料。
amazon.comのADORAMAでの価格が$74.95で0.67諭吉。($1=\89換算)
ものっそい価格差。
ナゼか国内販売では黒ボディだが、海外では黄色という嬉しい設定。
そして更に、Photo TrackrとNikonの小物($5.95)を購入して運賃($77)を足しても1.4諭吉と国内より安い。
まぁ、運賃が本体価格を越える罠ですが。


で、Photo Trackrって何やねんって事ですが。
先日の日記にUPしていた、携帯GPSロガーです。
電源をポッチしている間、GPS電波を受けて、現在地をロギングし続けてくれるニクイ奴。
その後、ログデータをPCに取り込み、GoogleMapなどの地図に軌跡を表示したり、デジタルカメラで撮影した写真のexifデータにジオタグ(位置情報)を埋め込み、これまた地図上に写真を関連付けたりと、色々使えます。

電源は単3電池で、12時間程度使えるらしい。
エネループ攻撃でイケる。


一緒に買ったNikonの小物は、クリーニングクロスが折り畳まれて入っています。(笑)
一度出すと二度と入らない罠か!?と思ったけど、落ち着いて畳めばキチンと入りましたよ。


そんな感じのPhoto Trackrですが、インスタントマニュアルには日本語表記もあり、付属のソフトウェアも普通に日本語表示対応。
添付の取り扱い説明書は英文ながら、PCで読む日本語ヘルプが付いているので安心。
ただ、インストール時に、GoogleMap APIのキーを入手する時に、リンク先のURLを入力するのだけど、このアドレスがインスタントマニュアルを見ても、英文マニュアル/日本語ヘルプを見ても記載が...
あれこれと調べてhttp://maps.gisteq.comと設定すれば良い事が分かったのですが、これには参った。

そんなこんなで、ソフト及びドライバのインストールは終了。
おもむろにPhoto Trackrの電源を入れ、全くの電源OFF状態から、上空半分が屋根に覆われているベランダに置いてみると、2分程でGPS電波を捕捉したようです。
その後、USBケーブルでPCと接続しログデータを読み込むと、きちんとバナナハウスの場所が表示されちゃいました。

デジタルカメラとの連携や測位精度等はこれから検証していこうと思ってマウス。



添付のカナビラがイマイチなので、SONYのGPS-CS1Kの樹脂製カナビラが別途購入出来ないか問い合わせてみよう。
 ↓
<追記>
最終的に、東急ハンズで買ってきたOリング(をカットして瞬接で小さな輪にしたもの)+金属製の小型の止め具に...
# by bananaoka | 2009-01-27 00:00 | Comments(0)
2009年 01月 26日
冬はうどん / TTL調光コード
 
という話。

寒いですね~...
そんな日こそ、うどんですよ。


って事で、本場讃岐のうどんが食べれるとのウワサの おがた屋 へin。
最近移転した為、新しい店ですが木造の落ち着いた雰囲気の店内。


早速オーダーを済ませると~...
巨大な大根と、おろし金が。(゚∀゚)
こ、これは!

って事で、スリスリしながら待ちます。
てか、本気ででかいよ。(笑)
写真ので半分チョイ摩り下ろしたあたり。


と、ヒーヒーしていると、うどん到着!
到着したのは、讃岐路うどん しょうゆ 温かい 大サイズ。
でかい。(゚∀゚)


摩り下ろした大根をタップリ乗せて、醤油とすだちを適量にねぎを乗せて~...
(゚∀゚)uma-!
コシのある麺と各種薬味の奏でるグッドなお味で御座います。
(゚∀゚)uma-!


因みに、ゴマもスリ放題。


大根も最終的にはこんなに小さく~。
白銀の大根の大津波やぁ~... ピクピク ゛〓■●゛

うどんと思うとチョイと高い値段設定だけど、四国に行くのを考えると良いか、と言った感じで御座いました。
って事で、普段うどんは近所のセルフの製麺所だな。




SC-17 を大海原から格安でで釣上げに成功。
現行のSC-28の市価の半額以下で機能は同等。
三脚に固定したSC-17(スピードライト側)にSB-600を固定していれば、クリップオンだけでは得られなかった自由度が~。
ワイヤレスでTTL発光できるじゃない?
ノンノン、ワイヤレスが使えないD40でもこれならオッケーって事で。

それとは別で...
SB-22sのアクティブ補助光が光ってない件について、一回サービスセンターに持って行ってみようかと。
Nikon F100に装着しても光らなかったしなぁ。
# by bananaoka | 2009-01-26 06:55 | Comments(0)
2009年 01月 25日
冬はおでん / カメラップ
 
という話。

寒いですね~...
そんな日は、おでんですよ。


って事で、新開地の高田屋へin。
昭和6年創業の老舗中の老舗。(゚∀゚)


大きな具がタップリ入った赤銅鍋には継ぎ足し継ぎ足しで大事に育てられている出汁がタップリ。
お店が終わった後に、全ての具を取り出し、出汁を濾して冷蔵庫へ保管、翌朝、更に濾してから鍋に戻しという作業を休まず休まず...との事。
赤銅鍋の前に陣取り、おでんのお世話をする店主のスローリーな動きが何とも言えずグッドです。


さてさて、色々と食べていきます。
白味噌の乗った大きめの具材がドドンと。(゚∀゚)
美味しいのぅ~。
しかも安い!

その他、高田屋さんは居酒屋であるからして、おでんが有名ながら通常の(?)居酒屋メニューもタップリありますよ。
渋~いメニューの内容がずらりです。


スジ肉もトロットロで(゚∀゚)ウマーです。
変り種のロールキャベツも食しますよ。
写真撮り忘れましたが... ピクピク ゛〓■●゛


居酒屋メニューの野菜炒めを食べて終了。(゚∀゚)
熱々ウマウマでグッドで御座いました。


そして、お会計はご主人の奥さんがはじくそろばんにて即座に明朗会計。
電気仕掛けのレジスターなんて物はここには必要無いのですよ。

と、そんな感じで楽しんで参りました。




神戸へ行ったついでにモンベルへinして、D40用にカメラップを購入。


クルンと包んで、隅に付いてるゴム紐を回していい感じ。(゚∀゚)


宮崎あおいカワイイのぅ~。
リリー・フランキーの『仕事と思ってないでしょ~』な自然過ぎる写真写りも最高。(笑)
# by bananaoka | 2009-01-25 06:51 | Comments(0)
2009年 01月 23日
携帯GPSで位置情報をゲット
 
という話。

昨今の携帯電話はGPSを内蔵している事が普通になってますね。
素晴らしい。

そして、携帯電話のカメラ機能で撮影した画像データの中に位置情報を埋め込む事も可能。
素晴らしい。

これといって旅人では無いのですが、海外等へ行った時に...

携帯デジカメで位置情報付きで撮影しておく。
 ↓
デジカメで撮影した画像に携帯デジカメの画像に記録された位置情報をコピペする。

で、何の追加投資をする事無く、ウホッというワケですなぁ。
若干の手間が掛かると思いますが。

ん?海外?

海外でGPS機能使えるの?

調べてみた。

EZガイドマップ
海外旅行に便利! auケータイで海外でも自分の位置が確認できる海外版EZガイドマップ!!
海外での位置検索時は、ケータイとGPSが直接通信! パケット通信料不要で安心。

て事は、exif情報への位置情報の埋め込みもオッケー?

キタコレ!

海外でのご利用上の注意
最初のGPS測位は、場所により5分以上かかる場合がございます。

メソメソ

対応機種一覧

手持ちのW53CAではムリポ。

エクシリウム携帯の現行機種W63CAは対応しているみたいだけど、話によると、動作がモッサリしてて使い難いらしい。
と言うか、W53CAが2年縛りの真っ只中。



となると、素早く目的に一直線な...


GNC-35(Geomet'r社のメーカーwebサイト見付からず)
Nikon純正のGP-1ってのもあるのだけど、デザイン的にこっちの方がいかにも外付け感があってウマー。
実際、神戸軟禁街... 否 南京街で使ってる外国人観光客がを見ましたが、中々スマートで御座いました。
微妙な長さのカールコードを除いては。

若しくは...


GPS-CS1K
こういうのを作るのが大好きなSONY。
撮影時にデータを書き込むだけの GNC-35 と違い、軌跡をプロットしていけるので、歩き回った経路も記録として残しておけるのがグッド。
電力源が単3電池なので、エネループ等で運用可能&まさかの充電切れでも入手性抜群。
このタイプの方が、汎用性があってmoreグッドか!

軌跡をプロット?


BT-Q1300 nano
ってのもある。
薄い!
電力源は内蔵バッテリーで、バッテリーの継続時間は12時間とSONYのGPS-CS1Kと同じくらい。
充電はUSBケーブル経由のみ。
充電の事や内蔵バッテリーの劣化等を考えると、電力源に若干不安を感じてしまいますなぁ。
デザイン的には、このゴールドはいかん。
普通にソリッドな真っ黒とかだったらグッドなんだけど、そこはまぁなんだ、黒く塗ってしまえばオッケー。(オッケーか?)



さてさて、何だか良く分からない事になっていますね。
そろそろ皆様お気付きかと思いますが...

煮え切らない系日記ですよ。 → 煮え切りました。
# by bananaoka | 2009-01-23 00:00 | Comments(0)