<< 口直し 年賀状 >>
2017年 12月 27日
プリンター
 
という話。

b0166783_10572811.jpg

年賀状絶賛印刷中な訳ですが、プリンターは昔からずっとEPSON製を使い続けています。
そんなEPSON、去年だか一昨年だかに東南アジア向けのラインナップにインクタンク式のプリンターを展開し、どうやらそれから国内向けにも展開しているようですね。
メキシコの家電用品店の店頭にも、インクタンク式のプリンターが置いてありました。
で、今回ちょっと迷った訳でして...
先ず使う予定としては、今年の年賀状,来年のカレンダーと年賀状の印刷。
となると、ローエンドのこれまで通りのインクカートリッジ式にするか、ローエンドのインクタンク式にするか、はたまたハイエンドのモデルにするか。
で、写真が超綺麗に出せるハイエンドモデルはまだインクタンク式にはなっておらず、ここでそれを選択してアメリカに持って行って?さてさて?となり...
ローエンドのインクタンク式とカートリッジ式の価格差とインクの入手性を見ると、実に微妙な判定だけど、ここはローエンドのカートリッジ式かな、という判定に。
6色インクのインクタンク式は今後出るんでしょうかね。
by bananaoka | 2017-12-27 00:00 | Comments(2)
Commented by night music at 2017-12-30 17:52 x
なかなか鋭いですなぁ~

ウチの担当営業いわく、ホントはインクタンク式売りたくないみたいですが海外メーカーがやってるので、仕方なく参入したようです。東南アジアは改造プリンタが多すぎて先行して投入したと言ってました。

ただ、個人的に使うならカートリッジでしょうね。
業務的に使うわけでもないし・・・
Commented by バナOKA at 2017-12-31 01:54 x
night musicさん>
そうそう、東南アジアは電気屋さんの店内で普通に分解して改造していたから...(笑)
インクタンク式にすると、儲けもだけど、今までになかった他のトラブルもあるだろうな~、と。
<< 口直し 年賀状 >>