<< 750個のピース 増える玩具 >>
2017年 06月 06日
α9
 
という話。

先週末、用事があってメガロポリスOSAKAに行ったのでその足でソニーストア大阪にin。

b0166783_18024377.jpg

第一ビルのカメラの大林には例のブツの展示機も置いてなかった...
ので、テクテク移動して本丸へ。

b0166783_18025259.jpg

という訳で、ソニーストア大阪へin。
おお、あるある。
で、装着されていたのはFE70-200mmF2.8GMで気合十分。
おぉ、左肩におられますのはフォーカスモードとドライブモードのダイヤル様ではないですか。
どれどれ、ドライブモードをHにセットして、例の20枚毎秒の電子シャッター連写をポチッとな。
シュタタタタタタ...
ぉ、ぉぅぃぇ...
デ、デジカメみたいだ。(デジカメです)
撮っている間、有機ELファインダーに写し出される映像が切れる事もなく、動画撮ってるみたいに写真が撮れる的な。
で、メニューからメカシャッターもちゃんと選べるので選んでみると、カシャッと音がしてブラックアウトもする。
いや~、ミラーレス機も遂にここまで来たんですなあ。

展示機が置いてある革張りのパッドの横をチラッと見ると、「お持ち帰り出来ます」。
まぢか!

...。

b0166783_18025833.jpg

その他、「おうちフォト体験」的なイベントが行われていまして。
で、明日は「α9の魅力とαシリーズ紹介」だとか。
うむ、一日間違えた。(照)

b0166783_18030671.jpg

と、そんな一日でしたという行為。



b0166783_18031240.jpg

SONYが販売しているαやサイバーショット等のデジタルカメラには、カメラ内にアプリケーションをインストールして機能を追加する事が出来るPlayMemories Camera Appsという仕組みが備わっています。
それらのアプリケーションをダウンロード(有料/無料共にあり)&インストールする事で、多重露光やタイムラプス、その他カメラ内での画像加工等々の機能が追加できます。
が、カメラの事を、写真となるべくデータ(RAWデータ)を記録する機械と捉えている自分は、カメラ内での画像加工等は行わないので、殆どのアプリケーションは考えるまでもなく華麗にスルーなのですが、Android端末とカメラを接続してライブビュー映像を見たり、カメラの設定を変更したり、シャッターを押したりという機能を持つスマートリモコンというアプリケーションは使うタイミングがチラリズムするので入れておくべきアレ、というか、最初からカメラにインストールされている。(照)
と、そんな事を思いつつ、もしかしたら何か面白いアプリケーションが出てるかもね~、と、チラッとSONYのwebサイトを見てみると、スマートリモコンアプリがバージョンアップしていた。
内容としては、「動作の安定性が向上しました」というサラッとした内容だったけれど、安定しているに越した事は無いので、アップデート。

...という行為。(長)
by bananaoka | 2017-06-06 00:00 | Comments(0)
<< 750個のピース 増える玩具 >>