<< BOS走行会 1泊2日和歌山の旅 第2話 >>
2010年 10月 20日
1泊2日和歌山の旅 第3話
 
という話。

サブタイトル的には寺ズッキュンでしょうか。
とか書いていると、何年後かにこの日記を読み返した時に、寺ズッキュンて何やねんってなるのでしょうか。

そんな訳で、第3話はお寺へin!
和歌山→お寺→高野山。
なんて分かり易いんだおっかさん。


と言いつつ、米市農園から高野山へ向かう途中にある丹生都比売神社(ニウツヒメジンジャ)へ。
米市農園のお母さんお勧めの神社で、これから向かう高野山を開いた弘法大師空海にもゆかりのある神社で、高野山参詣の際には、先ずここを参拝するのが慣わしだったらしい。


と、慣わし通りの参拝順序で高野山を目指し、先ずは大門。
いつ見てもデカイのう。
素晴らしい天気に恵まれた中の素晴らしい輝度差にD300のCMOSセンサーが泣いた。
というか、日中の社寺仏閣外観の写真って、大概CMOSセンサーが泣くなぁ。
嗚呼、フルサイz...


とかなんとかブツブツ思いつつ小腹が空いたので、一般的にカフェと呼ばれるお店へin。
inしたのは、梵恩舎(BON ON ShyA international CAFE)というカフェで、5ヶ国語を操るオーナーと、フランス人の奥さんが経営しちゃってます。


高野山に訪れる外国人に人気とだけあって、数名の外国人観光客さんが来店。
修行中?の外国人お坊さんも来店し、絶妙なニホンゴで楽しく会話していましたよ。
真ん中の子は、オーナー夫妻の愛娘ちゃん。

それにしても、古民家を再生した造りがいいですなぁ。
店内には陶芸のギャラリーも併設って感じ。


そんな梵恩舎でチョコケーキを頂きマッタリしつつ、高野山MAPを見ながら作戦会議。


会議終了。
先ずは金剛三昧院にinと無駄に韻を踏んでみる。(照)
高野山では数多くのお寺が宿坊を行っているのですが、こちらも宿泊可。
中々男前なお値段ですが、精進料理や住職の有難いお言葉付き。
webサイトによると、“「そば」や「大豆」と言ったアレルギーへの対応は可能ですが、「お肉などを出して欲しい」、というようなご注文にはお応えできかねます。”との事。
そんな注文をする輩は幼稚園から出直してくるといいと思います。

で。

少々工事中の境内には、恐らく住職の子供と思われる子供達が元気良く遊んでいましたよ。
なんか普通の家みたいだ。(笑)
世界遺産のお寺に住むってどんな感じ?
背の高さに柱に傷付けちゃ駄目だゼって感じ?


いやいやそうじゃなくって。
この金剛三昧院にある多宝塔、無彩色で実に渋い塔なのですが、北条政子が建立した国宝指定の塔。
大津にある石山寺の多宝塔に次いで、2番目に古い多宝塔らしい。


の後は、次の目的地へ向けて移動。
メインストリート脇にはビッチリと商店が立ち並ぶ高野山界隈。
古~い商店が多くて休まるわぁ~。


で、到着したのは金剛峯寺。
高野山真言宗総本山は金剛峯寺!という訳で、入口から大人気ですよ。


どひゃ~... 素敵だ!
この落ち着いた佇まい。
人の流れがきれるまでどんだけ待った事か、の一枚。

そんな金剛峰寺の細かい装飾なんかを眺めていると、モゾモゾと動く物体が視界の隅に。


誰!?


ゆるキャラか!


こうやくん。

ストレートだ、余りにもストレートだ。
きっと、こうやくんの中の人が視界を得るのは口部分。
もしかしたら、傘上部の黒い部分は目の細かいメッシュで出来ていて、内部にはバッテリー駆動(エネループ)の排気ファンが付いているかもしれない。
ハイテクだなぁ。

と、脅威のパフォーマンスを発揮しまくりなこうやくんに感心しつつ次の目的地へ移動していると、素敵なエキゾーストノートと共に現れたのは...


ビッカビカに綺麗なケンメリ。
GT-Rのエンブレムが無いので通常バージョン?


ハァハァしつつ目的地の奥の院へ。
日本統一を目指して戦った武将や、近代の戦争に従軍した軍人(や部隊)、企業や財閥の創始者達のお墓が立ち並ぶ通りを歩き、奥の院を目指します。


5つのエレメント(空風火水地)を示す梵字が刻まれた仏塔が並びます。
そんな通りを、近くを歩いていた観光ツアーの一団に紛れて進みます。
そうすると、ツアーガイドさんの有難~い話が聞けちゃうという特典が。(笑)
比叡山に火を放ったりと散々暴れ倒した織田信長のお墓が実はこの中にあるんです、とか。


そんな話を聞きつつ、かなり歩いてようやく奥の院へ到着。
弘法大師空海の御廟のある奥の院は撮影禁止です。


でも、やっぱり高野山と言えばこれ(根本大塔)だなぁ、と思った、撮りながら思った。
西日を受けて輝く根本大塔。
塔の扉が閉められ、サーッと観光客が引いていった根本大塔。
また翌朝までの間静かに闇に包まれる前の根本大塔。
奥の院への参拝に少々疲れた両の足も幾分癒された気分であります。(笑)

~ 終 ~




先日のラーメニングin尼崎。
チャーハンセットを頼んだら、半チャンではなくフルチャンで来た。
フルチャンのチャーハンセットの場合は、ラーメン+チャーハン(フル)って書いといて欲しい。
オナカイッパイ。
by bananaoka | 2010-10-20 00:00 | Comments(2)
Commented by かずか at 2010-10-26 03:56 x
お久しぶりです。

高野山におしゃれなカフェとか、私が行った時には無かったですよ。
さすが世界遺産に登録されただけのことはありますね。
Commented by バナOKA at 2010-10-26 12:49 x
かずかさん>
こんにちは!
高野山、盛り上がって(?)ましたよ~。
流行のゆるキャラも装備され...

世界遺産として古い街並みを残しつつ、少しだけアレンジという方向でやっていってもらいたいものです。
<< BOS走行会 1泊2日和歌山の旅 第2話 >>