2017年 11月 18日
カリフォルニア&アリゾナ弾丸旅行 Vol.4
 
という話。

b0166783_15050307.jpg

という訳で、Boneyardの遠~くからの空撮を終えてホテルにチェックイン。
いい加減疲れてきたので、肉が食べたい。
ホテルのお姉さんに聞くと、超オヌヌメのステーキハウスが近くにある、と。
ホテルの従業員とタクシーの運転手の言う事は聞いとけって昔から言うので、早速そのステーキハウスへin。
こちらは超盛り上がっていてテーブル待ちの行列がステーキハウスからはみ出る程。
だけどそこはお一人様の特権「バーカウンターでイイヨ」を使い、ヌルっとin。

b0166783_15052074.jpg

お店の中は意外と広く、中央にある巨大な焼き場(もちろん炭火)からはもうもうと肉の匂いが発散されている状況。
そして、メニューにはこれでもかとイワンばかりの肉のオンパレード。
全部見てたらキリがない。
と、やってきたバーのお姉さん。
「お肉?それともお酒?それとも...」「肉を頼もう」(なんだこの訳)
ざっとそんな会話の末、お姉さんが、「今日はコレがオヌヌメよ!」と言ってきたやつに決定して待つ事暫し。
とても素晴らしいステーキingが登場ing。

b0166783_15053317.jpg

うまい、うますぎる。
シェフを呼んでくれ。
この、雑な味がたまらん。(雑:ワイルド)

b0166783_15054926.jpg

そんな感じで、久々のアメリカのビールを飲んで溶かしバターの洪水に埋もれたベークドポテトを食べて終了。

b0166783_15061584.jpg

日本の蛍光灯が煌々としたファミレスと比べると真っ暗と言ってもいいレベルの白熱球やらネオンやら炭火の光やら蛍光灯やらムギ球(!)が私が私がと浮かび上がらせる薄暗い店内にα9先生も大忙し。

b0166783_15063678.jpg

ご馳走様でした。(まんぷく丸)

b0166783_15070949.jpg

お店の名前は、Silver saddle steak house。
アリゾナ州ツーソンにお立ち寄りの際は、是非。

つづく...
# by bananaoka | 2017-11-18 00:00 | Comments(0)
2017年 11月 17日
70-200mmF2.8というレンズ
 
という話。

b0166783_14534950.jpg

各社出しているじゃないですか、ええ。
もう何年前(確か2008年)だろう... Nikon D50で一眼レフを初めてから暫くしてから初めて買った70-200mmはTAMRONが出したSP AF70-200mm F/2.8 Di(初代,手振れ補正無し)。
それからNikonのVR70-200mmF2.8 I型、そしてII型と持ち続けてきた訳ですが、自分の撮影スタイルでは本当に多用するレンズで無くてはならないレンズです。
騙されたと思って使ってもらっても全然問題ないくらいお勧めです。
本当に騙されたと思ったらうちに送ってください、有り難く受け取ります。(なぜ)
今はレンズのレンタルサービスも充実しているので、一度レンタルして街に繰り出して色々撮ってみるといいかもしれませんね。

という訳で、SONYの70-200mmF2.8を待っているのですが、まだメキシコの税関に居ます。

メソメソ。
# by bananaoka | 2017-11-17 00:00 | Comments(0)
2017年 11月 16日
カリフォルニア&アリゾナ弾丸旅行 Vol.3
 
という話。

チュンチュン...
うむ、良く寝た。

b0166783_16055059.jpg

という訳で、早速Mavic Proを飛ばして空撮。
何撮ってんの?

b0166783_16055689.jpg

やだな~、コレですよコレ。
ん?しまった、ここはコンクリート製の矢印が見えなくなって倒壊したラジオ塔だけが残っている所だった...
まあいい、カリフォルニア州とユタ州で見に行った2つはコンクリートの矢印が残っていてラジオ塔が無かったのでね。

b0166783_16060109.jpg

上;立ち入り禁止、分かる。
下;ポイ捨て禁止、分かる。
中;銃撃禁止、まぢか。

b0166783_16060694.jpg

そんな訳でフェニックスのスタバマグを購入した後、フェニックスを離脱。

b0166783_16061483.jpg

と、ハイウェイに並走する線路を並走するUPとNSが曳く貨物列車に遭遇。
これは、撮らねば。

b0166783_16065409.jpg

そんな訳で、α9先生を急遽設定して、ご馳走様です。

b0166783_16064160.jpg

フォーカスエリア「ワイド」のAF-Cというカメラ任せのやっつけでしたが、AFもバッチリ。

b0166783_16070033.jpg

シャッター速度を1/250まで落として...
いや~、いつもながらちゃんと振れません。(弱)
そして、振れてきた頃にはその日の撮影は終わっているというアレ。
泣ける。

b0166783_16071354.jpg

と、そんなこんなでフェニックスから南東に移動してツーソンへ到着。
ツーソンでの目的の一つは、ピマ・エアー&スペース・ミュージアム。
そして、デビスモンサン空軍基地に隣接するBoneyard。
スペイン語だとCementerio De Aviones、中国語だと飛機墳場らしい、いわゆる飛行機の墓場ってやつです。
実際は、墓場というより、Inventory yard(在庫置き場)という意味合いが強いのですが、字面的に皆さん墓場って言ってる感じか。
で、このBoneyardは昔は徒歩(!)で巡れたらしい(?)けれど、昨今の安全事情から現在はツアーバスでの巡回のみで、そのツアーバスはピマ・エアー&スペース・ミュージアムから平日に2本出ている、という話。
午前11時と午後2時の2回で、チケットは当日朝の順番待ちからスタートというシステム。
11月からは、emailで2週間以上前に個人情報を登録して、空軍基地のセキュリティでのバックグラウンド調査を経た後にツアーに参加可能となるらしい。

b0166783_16072480.jpg

そんな感じなのですが、いかんせん時間が無い日程の中、ピマ・エアー&スペース・ミュージアムにも室内展示,屋外展示がワンサカあったりしてもう大変!
だので、今日の間にピマ・エアー&スペース・ミュージアムの室内展示は見て終わらせておこうと思ってピマ・エアー&スペース・ミュージアムに突入するも、広大な敷地の当博物館、4時で入館はストップとの事でヌルっとin出来ず。(メソメソ)
明日の作戦を立てる材料にする為に展示物の配置が書かれたマップを貰って今日は終了。

b0166783_16073891.jpg

という訳で、強烈な西日の中、Boneyardの外周で写真が撮れそうな所を探して柵越しに撮影。
空港の周りに良くある「止まるな下りるな歩くな」という泣けてくるサインも掲げられてないので、まあ、よっぽど怪しい行動をしなければ撮ってもOKなのかなと。

b0166783_16075370.jpg

このエリアは完全に解体を目的としたエリアのようで、まさに、墓場といった様相。

b0166783_16080264.jpg

そして最後に、ドローンを飛ばしてもOKな距離ギリギリ(空港施設から6km)から真っすぐ上げたMavic ProでBoneyard方面を撮影。
Boneyardまでの距離は、一番近い所で2km程。
今は出来ないけれど、昔はこの広さを徒歩で散策出来た?
まぢどうかしてるアメリカン。(笑)

※今でも、期間限定でこのエリアを一般に開放する通年行事はあるらしい。

つづく...
# by bananaoka | 2017-11-16 00:00 | Comments(0)
2017年 11月 13日
カリフォルニア&アリゾナ弾丸旅行 Vol.2
 
という話。

b0166783_05022789.jpg

という訳で、CBXにあるHertzのレンタカーオフィスで車を借りる事に激しく失敗(だって車が無い)した後、サンディエゴ国際空港までタクシーで移動。
と言いつつ、降り立ったのはサンディエゴ国際空港から結構離れた所にあるレンタカー会社が轟いているビルディング。
まさに、車車車、車三つで轟です、というあれ。

b0166783_05035223.jpg

さーて、どれにしようかな。(他にも5つ程のレンタカー会社が轟き中)
何か荷物増えてない?と思った人、正解。

で、あれだ、そう、もう一度Hertzの窓口へ。
この際どこでもいいんだけど、黄色いじゃないですか、会社のロゴが。

そんな感じでHertzの窓口に行って、イイ感じに歳を重ねたメグ・ライアンに色々と愚痴る訳ですよ。
ついさっきこんな事があってさ~、おたくの会社はどうなってるんじゃい(笑)と。
※メグ・ライアンに言ってもしょうがないので、笑い話を聞いてもらう感じで。

そうするとどうでしょう。
「あ~そうのな~?最悪ね~」と、カレー煮込んでたら鍋が倒れてさ~みたいな話の返事みたいな返事を投げかけてくれて、さすがハリウッド女優は違うなと。

b0166783_05040826.jpg

で、メグに言われるままに車を借りまして。
だって、メグが「今夜この車で迎えに来て」って言うもんだから。
あ~、でも、今夜はもう既にフェニックス泊だしな...

b0166783_05070815.jpg

だので、普通の白いカローラにしてサンディエゴを脱出!

b0166783_05073519.jpg

あっという間に郊外に出て...

b0166783_05075312.jpg

あっという間にアウトラン(懐)の世界。

b0166783_05080867.jpg

そんな感じで風車を眺めながら、ボーッと走っていたら気が付いたんです。
気が付いてしまったんです。
ホテルに送っていた荷物のうちの一つを回収し忘れている事に。
そうです、そうなんです。
メキシコの税関にゴリゴリと痛めつけられている昨今(現在進行中)、メキシコに送るからダメなんじゃない?とい考えに至り、となるとアメリカに送って自分で取りに行けばいいんじゃない?という事になり、Amzzon.com mxを激しく閉じてAmazon.comを激しく開いて必要な物資をホテルに送って送って送りまくりingしていたのですよ、小さいのから大きいのまで。
そしてそれらをCBXからサンディエゴ国際空港のレンタカーオフィスに行くまでに急いで回収したのですよ。
そして気が付いてしまったんです。
24-70mmF2.8 GMを回収していない事に。

b0166783_05082669.jpg

これは、い、いかーん!
と、農薬散布の軽飛行機並みにヒラリとUターンしてサンディエゴに戻って回収。
死ぬかと思った。

b0166783_05085468.jpg

そしてついで(?)にサンディエゴのスタバマグを購入...
時は既に19時、これから頑張ってフェニックスまで550km程走ります。

b0166783_05091584.jpg

そして朝の2時にホテルに到着。
こんな時に限ってお風呂がジャグジーかーい!(当然即寝)
貴重な肩まで入れるお風呂....
嗚呼。

つづく...
# by bananaoka | 2017-11-13 00:00 | Comments(0)
2017年 11月 10日
カリフォルニア&アリゾナ弾丸旅行 Vol.1
 
という話。

今入っている現場では、隔週で金曜日と月曜日が出張者の移動日となっていて現場がClose。
一応、出張者的な扱いになっている自分なのだけど、車で2時間の自宅に帰る必要が無ければ4連休となる訳なのですよ。
そう、つまり、弾丸旅行に行ける!という訳なのですよ。

b0166783_00450377.jpg

という訳で、最寄りの空港へin。
金曜から休みと言いつつ、金曜は用事の片付け等のヤボ用があって土曜日の早朝出発。
失敗した。

b0166783_00451059.jpg

で、使用する航空会社はVolaris(ボラリス)というメキシコの格安航空会社で、評判は上々。
ボーディングブリッジから写真を撮ろうとしたら金網にAFが行ってしまって、どうしても金網が撮りたいって言うもんだから...
しょうがなくAFとMFの切り替えのメニューを呼び出して~ってやってたら係員の「写真はいいから乗りなさい」という熱視線に気が付いてしまい終了。
嗚呼。

b0166783_00451642.jpg

という訳で搭乗。
まあ、普通です。

b0166783_00452003.jpg

お隣さんは安定のアエロメヒコ、そしてその奥にVolaris。
Volarisはwebサイト(英語)もしっかりしていて、シンプルで分かりやすい印象。
例によって、追加の荷物等は別料金。
例えば、優先チェックイン/搭乗と座席指定のコンボが169メキシコペソ、荷物をもっと!コンボが629メキシコペソ、等々。
標準仕様は、座席指定無しの機内持ち込み合計10kg(最大2個)まで、という感じ。

b0166783_00452562.jpg

機材はAirbus 319。
で、どこに向かってるのかって?
それは、メキシコとアメリカの国境の町、ティファナ。
メキシコ→メキシコなので、あの忌々しい(笑)税関も無くて、精神衛生上とっても素敵です。
が、タイトルにもあるように、旅の目的地はティファナで夜遊び(危)ではなく、カリフォルニア&アリゾナ弾丸旅行です。
そう、ティファナで国境を渡りアメリカに入国という訳です。

b0166783_00452940.jpg

という訳で、先ずはティファナ空港へ...

b0166783_00453318.jpg

到着。
奥に駐機しているのは同じくメキシコの格安航空会社Interjet(インテルジェット)。
こちらは、Volarisと違い、メキシコの国内線専門。(テキサス州かどこかで撮った気がするけど...)

b0166783_00453897.jpg

そして、ここからレンタカーとかタクシーで国境までgo!かと思いきや、空港内に国境が。
どうやら、ごく最近にCBX(Cross Border Xpress)という素敵ing過ぎて気絶してしまいそうなサービスが開始されたようで、このサービスのチケットもVolarisで航空券を買う時にコンボで付けられるという便利ing過ぎてもう一回気絶していいかも!と思わせる感じ。

b0166783_00453897.jpg

バスかタクシー乗って国境まで行って歩いてアメリカ入ってレンタカー借りて出発という計画が全くもって不要。
もちろん、空港から一歩でも出てしまうとCBXのサービスは無効となるのだけど、ティファナに観光に来た訳ではないので問題ナシ。

b0166783_00454307.jpg

流れに沿って通路を進んで、ホントにこれでいいの?というようなゲートでチケットをもぎ取られて...

b0166783_00454766.jpg

長い通路で国境を越えたら(一応、パスポートのチェックと超適当な税関がある)、後はサンディエゴで浮かれポンチに過ごすもよし!ロスに行ってなんか、こう、バカになるもよし。
が、自分の場合は、あれだ、先ずは車に乗って急がねば。

b0166783_00460470.jpg
br>
ん?タクシーじゃね?

そう、そうなんですよ、聞いてくださいよ奥さん。
なんと、世界に5,000以上の拠点を持つと言われる超大手レンタカー会社Hertzにて1週間程前にバッチリ予約を行い、CBXのカウンターに行った所、「車がありません」という良く聞きなれない言葉が聞こえてきまして。
自分の前に居た2人組みが何か良く分からんけどのらりくらりとカードを通したりあーこれだめだこっちでーとかやってるのを延々と30分近く待った挙句、「車がありません」って、どういう事?
14,582歩くらい譲っても、前の2人で車が無くなる事は分かってたんと違うんかーい。
お願い、ねえお願い、僕の30分を返して。

という訳で、予約をしていたにも関わらず車が無く、「ウェイティングリストで待ちますか?」というウェイウェイな質問を受ける始末。
これはイカン、これはイカンよ。
思わず、「ブッキングって意味知ってますか?」と言ってしまったような気もするし、言わなかったような気もする。

で、どうすんねんという話になると、「サンディエゴの空港に車があります」という、恐らく中学2年生くらいになると薄々分かってくると思うような回答が来まして。
そうだよ、サンディエゴの空港に行けばいいんだよ、気が付かなかったー!ありがとう!って、もうね、うん。

b0166783_00461343.jpg

到着。
タクシー代誰が出すんだよって感じですが、もう面倒なのでいい。
そして、このおっちゃんが面白かったのでいい。
これだから旅は止められない。

つづく...
# by bananaoka | 2017-11-10 00:00 | Comments(0)