2018年 01月 22日
メキシコの交通戦争との闘い
 
メキシコの交通戦争との闘い

という話。

メキシコにおける駆け抜ける喜びは、メキシコの交通戦争との闘いでもある訳で、多種多様なパターンを持つハイウェイのインターチェンジ、ラウンドアバウトを突っ切る直線道路、一瞬どこに向かえば良いのか分からなくなる超狭角X字形交差点、高速の料金所をバックしてくる大型トレーラー、中央分離帯横にポツンと駐車して植え込みの剪定に勤しむ労働者、まるで遊園地のアトラクションのごとく悪路を爆走する市バス、その他多数のラインナップの中、最もエキサイティングなのが、車線の無い(もしくは殆ど消えてる)道路。
嗚呼、どもまでもフリーダム。
激突しなければ大丈夫。(だって走れるし)
接触だけなら大丈夫。(どこに傷がある?)

b0166783_17111148.jpg

この写真は3車線。
車線があったとは思えない。(あったハズと信じたい)

b0166783_17111143.jpg

この写真は4車線と見せ掛けて暫く走るとナチュラルに3車線になって交差点に突入。
かろうじて車線らしき物が見えるが、夜と雨の日は絶対見えない予感。

そんな中、忘れてはならないタイヤと下回りの破壊を目論むトペ様と凹穴。
とまあ、色々ありますが、一言で言うと「楽しい!」です。(照)
# by bananaoka | 2018-01-22 00:00 | Comments(0)
2018年 01月 18日
街ブラ(Irapuato) Vol.2
 
という話。

b0166783_17013032.jpg

Irapuatoの町をブラついた後、今日のメインの貨物列車の空撮の為に郊外の撮影ポイントへ向かいます…

カオスな日曜市を抜け、撮影ポイントの近くまで移動。
最寄の住宅地の脇には市民の足となっている市バスの基地があって、ちょいちょいやってくる。
その市バスの脇には、特産品のイチゴのロゴ。

b0166783_17013531.jpg

そんな感じで撮影ポイントへ到着。
単線が長く続く直線区間…
一つ前のバスの写真を撮った頃に一本貨物列車が通り過ぎるというタイミングの悪さの後の到着。

嗚呼。

b0166783_17013956.jpg

それから1時間…
更に10分、30分、来ない、来ないねえ。

b0166783_17014377.jpg

あまりにも来ないので、撮影ポイントから近くの謎の白いエリアを上空からチラ見。

b0166783_17014617.jpg

まあ、チラ見もなにも、特産品のイチゴの畑なんですが。
とても広い!

b0166783_17014982.jpg

そしていよいよ2時間過ぎ、来ました、撮りました。

が…

何故か、動画の設定が4Kでなく1080p、そして、例のシャープネスの設定が-3のデロデロ画質。
撮れてはいるんですけどね、没であります。
せめてシャープネスが-3でなければ。

嗚呼。

b0166783_17015488.jpg

何だろう、イマイチ不安定なDJI GO4アプリ…
まあなんだろう、設定をキッチリ見てから録画すれば良いって話だけど、考えてみてください。
お手持ちのカメラの画質の設定とか、メニューの奥の奥にあるような設定が、カメラの電源を入り切りする度に初期値に戻ったり、いつの間にか変わったりしますか?って話ですよ。

何がダメなんだろう。
ドローン本体は例の墜落で2台目。
それでも症状は発生する。
という事はDJI GO4アプリか。
が、これはこないだの北米撮影旅行で更新しても同じ。(そのせいで(?)えらい目にあったのだけど、それはまた別の話で…)

なんだかなあ。

で、そんな感じで引き上げ中にもう一両走って来た貨物列車を先回りして撮ったのがこの写真。(動画は例の1080Pのデロデロ画質なので没)
メキシコの会社(Ferromex)だけじゃなくBNSFの機関車もメキシコ内に乗り入れているのですなあ。

おわり…
# by bananaoka | 2018-01-18 00:00 | Comments(0)
2018年 01月 17日
街ブラ(Irapuato) Vol.1
 
という話。

街ブラというか、主に車で駆け抜けるという、いわゆる駆け抜ける喜びなんですけど。
うん。

b0166783_13155601.jpg

という訳で、年末年始に滞在していたIrapuato。
KIBIDANGOという聞き慣れた言葉の通り、どうやら日本料理店っぽい。
行ってないんかいってやつですな。

b0166783_13161140.jpg

何でしょう、古い消防車的な?
と言いつつ、今現役の消防車もかなりレトロでこれと変わらないんじゃないかという。
出撃風景を一度見たけれど、カメラが手元になくてねえ。

b0166783_13162210.jpg

そんな感じで、町の中心部(Centro)へ。
こちらの教会(Templo del Hospitalito)は修復中。
ちょっと小さくて古い感じの可愛らしい教会(寺院)なのだけど、残念である。

b0166783_13163407.jpg

そして、駐車場に車を止めて、駐車場からMavicを飛ばして空撮。
人口52万人の都市なのでそこそこデカい。

b0166783_13163407.jpg

中央にある庭園(Jardin Principal)には丸くカットされた木々。
何かこういう形のアイスクリームがあったような…

b0166783_13165728.jpg

ちょっと高度を下げて一枚。
町の中心部には目立つ電柱も無くスッキリしていて実にいい感じ。
町の規模によっては教会の周りもゴチャゴチャと電線が行き交っているけれど…

b0166783_13171142.jpg

そんな感じで軽くバッテリー1個分飛ばして撤収。

b0166783_13171990.jpg

駐車場は町のでも1時間10ペソ(約60円)程度が多い。
ちゃんと管理人も居るので路上駐車するより幾分か安全と思われる。

b0166783_13173051.jpg

そんな感じで、Centroを離れて貨物列車の空撮に向かいつつ駆け抜ける喜び。
公道上最強オブジェクトである歩行者は基本どこでも渡ります。
130km/hとかでぶっ飛ばす車が走っているハイウェイも渡ります。
時々、馬も渡ります。

b0166783_13173843.jpg

メキシカンポリス。(交通整理係的な?)
日本でいう白バイになっているのは、写真のような謎の小さなオフロードバイクから、BMW R1200GSのような立派なマルチパーパス、そして、古いハーレーまで幅広いラインナップ。

b0166783_13174659.jpg

そしてあちこちに点在するラウンドアバウト。
ただでさえアグレッシブなメキシコの交通事情の中のラウンドアバウトはさぞやカオスと思いきや、割と皆さん阿吽の呼吸でスルリスルリと抜けていくと思いきや、とんでもない角度から突き抜けてくる一点集中タイプも居るのでやはり注意がネセサリー。
まあ時々自分も「あっ!」ってなって突き抜けるのだけど。(ダメ)

b0166783_13175512.jpg

今日のType 1は真っ赤なこの人。
やっぱり小径ホイールに分厚いタイヤですな。

b0166783_13180861.jpg

いつ来るか分からない貨物列車を待つのにお腹が空くと悲しくなってくるのでスナックを買いにOXXO(コンビニ)へ。
こんな所にもハンドスピナー。
アメリカ発の謎の玩具ハンドスピナーがこんな所にも…
次は2019年6月頃に「インドの毬」が世界中流行ると思うので、仕入れるなら今です。(嘘)

b0166783_13181663.jpg

いくつかの集落を抜けつつ撮影ポイントとして目を付けている場所まで向かいます…
車齢何歳か全く不明な緑さん。
が、この緑さんはまだちゃんとしている方で、ワイルド過ぎるトラックがガンガン走っているビバ・メヒコ。

b0166783_13182849.jpg

この日は日曜日だったのだけど、居住区を囲う道を完全に塞いでの日曜市が盛大に執り行われている所に遭遇。
あまりものカオス具合に突入する元気が出なかった…
のだけど、カオス区間を迂回してカオス区間の反対側の入り口に車を止めて暫し…
やはり突入は無理だ。(汗)
だので、道端の自転車修理店を撮ってお茶を濁す訳で。

b0166783_13183816.jpg

と、こちらで聞き慣れないツインの排気音(こちらでは圧倒的に単気筒バイクが多い)に振り替えるとパパンとママンがカオス区間に突入体勢。
バリバリノーヘル!だけじゃない、真ん中にチビちゃん!だけじゃない、後ろにバギーのチビちゃん!
齢5歳にして既にメキシコの交通戦争に参戦!
英才教育ですな。

つづく…

# by bananaoka | 2018-01-17 00:00 | Comments(0)
2018年 01月 15日
イチゴの日
 
という話。

先日UPした事により皆様ご存じ、Irapuatoはイチゴが特産。

b0166783_14234125.jpg

という訳で、工場からホテルへの道沿いにある販売所へin!
トイレのピクトグラムの男女の別は女性がショルダーポーチを下げている、男性は下げていない。
分かり難い!

b0166783_14242056.jpg

をを~!
イチゴが山盛りじゃ~!
字にすると…
イチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴ
イチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴ
イチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴイチゴ
(以下エンドレス)

しかしどうする?
こんなに食べる?
こんなにネセサリー?

b0166783_14250901.jpg

と思ったら、大きなカゴの裏に小さなカゴが控えていて一安心。
ママン!小さい方ちょうだい!

と、小さい方のカゴにイチゴを詰めていくママン。

あ、あの… ママン…
もう既にカゴいっぱいなんですがそれは。

b0166783_14334052.jpg

そんな叫びは背後のハイウェイ(だと思う)を爆走するトラックの音に掻き消され…

ズゴゴゴ…

イチゴタワー堂々の完成。

小さなカゴに付いてる持ち手はただの飾りだったようだ。


b0166783_14252678.jpg

最後に上手くビニールを乗せてイチゴタワーが崩壊しないように仕上げて、この微笑みである。

これだけの量で60メキシコペソ。(約330円)
どうなってんだ。

b0166783_14253253.jpg

そんなイチゴタワーを助手席に乗せてホテルまで帰る訳で。

b0166783_14253626.jpg

気になるイチゴタワーの高さは30cm!
フード順付けの100-400mmGMよりちょっと高い!

味?

美味いに決まってるじゃないですかやだもー。
# by bananaoka | 2018-01-15 00:00 | Comments(0)
2018年 01月 14日
Gripen
 
という話。

Instagramで繋がりのあるThailandの映像関係の仕事(?)をされている方のフィードに軽快に飛行するGripenの動画が!
まさかSwedish Fighterがタイ王国空軍で飛んでいたとは、知らなんだ…
グリペンが飛んでいる姿を見れる(日本から)一番近い場所はタイだったのか。

で、サーブと言えば半世紀以上前に設計されたDrakenなんだけど、あの設計と性能を人力(FBWじゃない)で飛ばしていたってんだから凄いよなあ。

b0166783_14043089.jpg

これは、2015年の駆け抜ける喜びで立ち寄ったスウェーデン空軍博物館で見たGripen。
何か隅の狭い所に展示されていてどうにもこうにも。(メソメソ)
そして...

b0166783_14083553.jpg

Viggen...

b0166783_14090482.jpg

Drakenと時代を遡り...

b0166783_14092591.jpg

最後はDrakenの操縦席。
丸いオシロスコープ的なレーダーのスクリーンが時代を感じさせる...
# by bananaoka | 2018-01-14 00:00 | Comments(0)